2017/08/17

3歳馬出走(2017.8.20)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
8月20日(日)、ホウロクダマの10戦目及びキャラメルフレンチの9戦目になります。

ホウロクダマ
☆8/20(日)小倉・3歳未勝利(ダ1000m)森裕太朗騎手

16日(木)に坂路コースで4ハロン54.5-39.2-25.6-12.5を単走で一杯に追い切りました。「残念ながら8/23(水)名古屋・ラズベリー賞(ダ1400m)に選出されなかったため、昨日の追い切りの内容次第で出走予定レースを決めようと考えていました。その追い切りは馬場の重いなか、力強い回転のきいたフットワーク。動きは躍動感に満ちていて、先週よりも上に映りました。これならばしっかりと力を出し切れる状態で、そのうえメンバー的にも薄いと判断したので、今週の小倉に投票しました。鞍上は2度目の騎乗で、さらに3kg減の恩恵がある森裕太朗騎手。もちろん勝つに越したことはなく、次につなげるには入着(5着以内)が必須となる最重要な一戦。出来得る限りの策を取り、万全の出走態勢を整えられたと思いますので、あとは当日の勝負処からノドが悲鳴を上げるか上げないかだけです」(中竹和也調教師)


キャラメルフレンチ
☆8/20(日)新潟・3歳上500万下(芝1000m・牝)木幡育也騎手

13日(日)に坂路コースで4ハロン53.7-40.5-26.9-13.2を単走で馬ナリに追われ、16日(水)にも坂路コースで4ハロン53.1-38.8-25.2-12.8を単走で一杯に追い切りました。「除外も懸念した先週の追い切り内容に比べ、今週は手加減せず目一杯に時計を出しました。終いまでしっかり踏ん張って脚を伸ばしていましたし、前走を叩いてデキは間違いなく上向いています。テンからスピードを生かして行く戦法にブレはなく、あとは実戦で最後どれだけ粘れるかでしょう。骨っぽいメンバーが揃った印象でも、49kgで出走できるのは大きな強み。斤量差を味方に他馬を封じ込められたらと期待しています」(尾形和幸調教師)


ホウロクダマ
笠松・名古屋の交流戦に漏れ、小倉ダート1000m戦を使うことになりました。崖っぷちの一戦となります。未勝利戦を勝ち抜ける力は現時点でもあると思っていますので、とてももどかしい気持ちでいます。小倉ダート1000m戦ですので、スタートを以前の通り良く切れるかがポイントになると思います。スタートさえ切れれば十分勝ち負けになるレースだと思っています。鞍上は3kg減量の森裕太朗騎手になります。短距離戦は特に減量が活きますからね。狙いははっきりしていると思います。3kg減量を活かして好スタートから逃げ先行し粘り切るレースをするということだと思います。メンバーを見ますと前走同条件で2着しているお馬さんが2頭いますが、この時期の未勝利戦としてはそれ程強力なメンバーではないと思います。小倉ダート1000mへの適性及びノド鳴りの影響が出ないかがポイントとなりますね。期待を持って観戦したいと思っています(^-^)
キャラメルフレンチ
先週除外となり、今週出走となりました。先週と比較して、メンバーは少し楽なような感じもしますし、今週の追い切りでは、除外を気にせずに目一杯追い切ることができましたので、プラスに働くような気がします。前走は2番手からの競馬となり、直線入ってからも馬場の悪い内に入る厳しい競馬のなか6着と粘る内容のレースができました。前々走のレースから見ても、新潟芝直線1000mの適性は高いように思いますので、ここもいい競馬が出来るように思います。あとは枠順ですね。3kg減量の木幡育也騎手が鞍上ですので、外ラチを頼り逃げるレースがしたいですからね。7枠・8枠に入ることが出来れば、勝ち負けまで意識して観戦できると思っています。先週の新潟芝直線1000m戦は、3歳牝馬のワンツーフィニッシュとなりました。やはり短距離戦は、3歳牝馬の計量は有利に働くと思います。今回のメンバーで49kgは本馬のみ。スピードを活かして、粘り切るレースを期待したいと思います(^-^)
スポンサーサイト
2017/08/16

ノーザンファーム天栄出資馬見学レポート

こんばんは。

本日、シルクで出資させて頂いているグローリーヴェイズを見学するため、初めてノーザンファーム天栄に伺いました。やはり、素晴らしい施設ですね(^-^)簡単なレポートを記載させて頂きたいと思います。

ノーザンファーム天栄
IMG_0867.jpg

グローリーヴェイズ
父ディープインパクト 母メジロツボネ 母父スウェプトオーヴァーボード

P1030952.jpg

P1030957.jpg

IMG_0873.jpg

[牧場の方のコメント]
・馬体重は430kg。少し飼葉食いが細く、調教タイムも3F40秒程度で行い、進んでいる影響もあり、天栄入厩当初より少し減っている状況にある。
・気性面は大人しい。背中が良く、フォームがとても綺麗。ストライドの大きい走りをしており、芝1800m~2000mくらいに適性がありそう。
・まだまだ全体的に幼く、良くなってくるのはこれから。来年の秋くらいに良くなってくると思う。
・デビュー戦は来月後半中山開催を予定。芝1600m又は芝1800m戦を予定(2歳新馬戦は、9月16日に中山芝1800m戦・9月23日に中山芝1600m戦が組まれていますね)。
[私の印象]
・順調に育成が進んでいると思います。
・牧場の方のコメントからは、素質はあるが、2歳戦からバリバリ動くタイプではないので、今は我慢して欲しいというように感じました。背中の良さ、フォームの綺麗さの話をしている際は、とても熱が入っていましたので、素質は感じてくれているように思います。
・とてもバランスの良い馬体をしているように思いました。来年夏~秋くらいに成長してくれば、馬体重も増えてくるように思います。また、顔つき・目つきがとても素直そうでいいですね。割とチャカ付きぎみで馬っ気も出している状態でしたが、そんななかでも、写真写りはいいですよね。特に目つきが素直そうで、レースに行っていい方向に出るように思います。現状は気性面も馬体面もまだまだ幼い感じではありますが、大人しく素直そうな気性面は、今後成長した際にレースでいい方向に出るように思います。
・早く1勝し、気性面・馬体面の成長を促せるといいように思います。尾関先生ですので、大事に使ってくれるように思います。3歳春クラシック向きではないように思いますが、来年の夏を越して、成長が見られるように思いますので、3歳秋~古馬になった際には、期待が持てるように思います。そのためにも、早く1勝が欲しいですね(母メジロツボネも3歳4月に未勝利戦を勝利。3歳時2勝・4歳時1勝・5歳時1勝で計26戦4勝と息の長い活躍をしたお馬さんでした。本馬も息の長い活躍を期待したいですね)。
・母メジロツボネと同じ、ノーザンファーム天栄の森厩舎に入っているとのことですので、思い入れを強く持って育成してくれているようです。ツボネにディープインパクトを付けてくれて、繁殖牝馬としての高い期待を感じ、ほんとに嬉しく思いますと仰っていました。
・現役時代大好きだったメジロライアン。メジロラモーヌを含むメジロ血統に惹かれて本馬に出資し、シルクに入会することとなりました。出資馬のなかでも、思い入れの強い1頭だと思っています。私のなかでは、完全な浪漫枠の1頭です。どんな活躍をしてくれるのか、高い期待を持って、しっかりとじっくりと見守っていきたいと思っています(^-^)牧場の関係者の方々、本日は誠にありがとうございました!
2017/08/11

1歳馬近況(2017.8.10)

こんばんは。

シルクで出資させて頂いている1歳馬の近況(全3頭)について、書かせて頂きたいと思います。
[8月12日写真追加(8月12日更新分)]

シーイズトウショウの16
更新日:2017年8月10日
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
馬体重:433kg
d_02681006[1]
Yearling担当者「オペを行った右前膝の状態に関しては、定期検診で経過は良好だということが確認できていますので、現在はパドック放牧を行っています。やはり最初は元気が有り余っているせいで大はしゃぎでしたが、今では落ち着いてパドック生活を謳歌していますよ。このまま順調に進めばウォーキングマシンでの運動を経て、広い放牧地での放牧となる見込みです。馴致は洗いまで無事に終了しています」


ブラックエンブレムの16
更新日:2017年8月10日
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
馬体重:455kg
d_02681014[1]
Yearling担当者「現在は順調に夜間放牧を行っています。春は華奢に映った馬体も夏を迎えてしっかりと成長して、立派な体付きになってきました。硬めの脚元も成長するとともに徐々に柔らか味が出てきているのも、いい傾向だと思います。洗いの練習やウォーキングマシンに慣れさせる馴致を行っていますが、難なくこなし順調に進んでいますよ。今後は育成厩舎への移動に向けて、鞍付けや騎乗馴致も徐々に進めて行く予定です」


ショアーの16
更新日:2017年8月10日
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
馬体重:416kg
d_02681030[1]
Yearling担当者「現在は夜間放牧を順調に行っています。また併行して、ウォーキングマシンでの運動を週3回1時間行っています。以前まではスレンダーな馬体をしていましたが、最近は腹袋にボリュームが出てきて、トモにも幅が出て立派になってきましたね。気性面についても以前までは少し幼さを感じましたが、洗い馴致などこなすにつれ落ち着きが出て、成長してくれています。今は鞍付け馴致を始めており、初期馴致もスムーズに完了しそうです。育成厩舎に移動するまで、もう少し夜間放牧でしっかりと馬体重を増やしつつ、運動量も確保していきたいと思います」


私も一口馬主を始めて、いよいよ3世代目になります。嬉しいですね、そして、楽しいですね(^-^)
3頭ともに順調に育成が進み、成長して欲しいと思っています。
3頭ともに各々不安(リスク)はあると思っていますが、上手く育成が進み成長すれば、大きいところが狙える可能性も十分にあるとも思っています。3頭ともに母の繁殖能力が高く、血統配合もかなりいいと思っていますので。
楽しみに育成・成長を見守りたいと思っています(*^-^*)
2017/08/08

8/8レース結果

こんばんは。

今日は、ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬クレムフカの5戦目、地方交流戦船橋ナイスレイン特別(3歳未勝利)ダート1600m戦へ出走しました。

クレムフカ
★8/08(火)船橋・ナイスレイン特別(地方交流・3歳未勝利・ダ1600m) 馬体重:459kg
藤田菜七子騎手 結果10着(7人気)

「返し馬の感じは前走よりも良かったと思います。今日は稍重まで回復していたとはいえ重い馬場でしたし、スタートも決まったのでハナを切ってもいいくらいの気持ちで思い切って行きました。二の脚も速くてスンナリと好位を取れたのですが、向正面で砂を被って嫌がっていたうえに、3コーナー手前から一気にペースが上がった時に付いて行けなくなってしまいました。まだ非力なので力の要る地方競馬の馬場はこたえたようですし、3コーナーあたりから苦しがっていたのでノドを気にしているのかもしれません」(藤田菜七子騎手)


レースは、自宅のインターネット中継で観戦しました。
パドック・返し馬ともに、特に悪い印象はありませんでした。
レースは好スタートを切り、積極的な競馬を見せます。外目2番手を追走し、1コーナーに入ります。いい1コーナーの入りだと思いました。しかし、2コーナー~向正面に入りますと、追っつける形での追走となり、外から被せられると手応えが悪くなります。3コーナーからは後退し始め、3.7秒差の10着となりました。
菜七子騎手は上手く乗ってくれたと思います。そういう意味でも、かなり厳しい結果だったと思います。未勝利戦終了までの時間を考えますと、覚悟を持って結果を受け入れる必要があると思っています。今後については、クラブの判断を待ちたいと思います。
2017/08/07

シルク1次募集馬出資馬決定!

こんばんは。

続きましては、シルクの抽選結果についてになります。
10日発表とのことでしたので、今週かあと思っていた矢先、3日前倒しで発表となりました。
結果は以下の通りとなります。

無題

無事3頭ともに出資することができました。
ブラックエンブレムの16は、200/275の抽選となりましたが、抽選を通ることができました(^-^)ツアーにも行き、かなり悩み検討した出資申込みでしたが、結果としては100点満点の出資となりました。とても嬉しく思っています。では、改めまして出資馬の紹介となります。

シーイズトウショウの16
父ダイワメジャー 母シーイズトウショウ 母父サクラバクシンオー
牡馬 鹿毛 2016年4月2日生
生産:安平町・ノーザンファーム
所属:美浦・萩原清厩舎入厩予定
馬体重:423kg(2017年7月上旬計測)

d_02677006.jpg

ブラックエンブレムの16
父ヴィクトワールピサ 母ブラックエンブレム 母父ウォーエンブレム
牝馬 鹿毛 2016年3月27日
生産:安平町 ノーザンファーム
所属:美浦・小島茂之厩舎入厩予定
馬体重:442kg(2017年7月上旬計測)

d_02677014[1]

ショアーの16
父ブラックタイド 母ショアー 母父Acatenango
牝馬 鹿毛 2016年2月19日
生産:安平町 ノーザンファーム
所属:美浦・鹿戸雄一厩舎入厩予定
馬体重:415kg(2017年7月上旬計測)

d_02677030.jpg

これでシルクの出資は完了となります。あとは、ノルマンディーとワラウカドになります。この2クラブで3頭程度の出資をしたいと考えております。募集は9月~10月になると思いますので、楽しみに待ちたいと思います(^-^)