2017/09/13

クレムフカ(及びノルマンディー2016年産募集馬検討会参加について)

こんばんは。

昨日、クレムフカの引退が発表されました。
これで、3頭目の引退馬になります。
私は、シニスターミニスター産駒好きなので、先日引退しましたビターレとともに、本馬に出資させて頂きました。半姉がヤサカオディールエヴァンジルなので、募集金額720万円と安価ではありましたが、長く楽しめるお馬さんになるかもと思っていました。
デビュー戦は新馬戦のある期間には間に合わず、4月2日中山3歳未勝利ダート1200m戦となりました。私は口取り申込をして、現地応援観戦させて頂きました。4人気となかなかの期待を持っての出走となりましたが、追走に苦労するレースとなり、2.2秒差の12着となりました。それ以降は、特に気性面での問題が浮き彫りになり、競馬に参加できないレベルのレースが続きました。そして、先日の中央競馬最後のレースでは、デビュー戦と同じ条件で、2.1秒差の11着となりました。全6戦のなかでは、先日のレースがベストパフォーマンスだったと思います。現状の力は出し切ったレースだったと思っています。ですので、今回の引退という結果も仕方がないかなと思っています。明日のオークションでいいオーナーさんに購入してもらい、地方競馬で頑張って欲しいと思います。滞在競馬で使って行けば、いくつか勝ち星を積み重ねることができると思います。クレムフカ、お疲れ様でした、そして、ありがとうございました(^-^)
以下は、ノルマンディーの公式サイトのコメントになります。

クレムフカ
★9/09(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m)江田照男騎手 結果11着

これまでの戦歴および現状を踏まえ、本間忍調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央競馬登録を抹消することとなりました。なお、本馬は9/14(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。クレムフカ号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「自厩舎に来てから3戦を使わせていただきました。レースキャリアを重ねるごとにしっかりとしてきた印象があり、最後のレースがベストパフォーマンスだったのではないでしょうか。タラレバになりますが、喉の件さえなければ、スピードを生かして1200mからマイルでもう少しやれたのではないかと思うと残念でなりません。いずれにしてもご期待に応えることができず、申し訳ありませんでした」(本間忍調教師)


クレムフカ デビュー戦写真
P1030273.jpg


最後に、京都で開催されるノルマンディー2016年産募集馬検討会参加について。
北海道オカダスタッドで開催される募集馬見学ツアーに参加したいと思っていましたが、仕事の関係上日程的に参加が不可能であること、及び、昨年秋葉原で開催された募集馬検討会が楽しかったことから、10月8日(日)9日(月祝)で京都遠征し、今年も募集馬検討会に参加させて頂くこととしました。募集馬の検討をしっかり行い、検討会に参加し、色々と情報を得たいと思っています。参加される皆様、宜しくお願い致します(^-^)
スポンサーサイト
2017/09/05

ビターレ

こんばんは。

昨日、ビターレの引退が発表されました。
一口馬主を始めて、2頭目の引退となります。もう1戦スーパー未勝利戦を目指すと思っていましたので、このタイミングでの発表はビックリしました。また、地方出戻りを目指すとも思っていましたので、やはりビックリしました。使ってくれば、変わってくるようにも思えますので、残念に思っています。正直、未勝利戦を勝ち上がれないお馬さんだとは全く思わず、出資させて頂きましたので、色々な意味で今後の出資に向けて勉強させて頂いたお馬さんだと思っています。結果論としては、母の繁殖牝馬としての能力が低かったのかなあと思っています。母自身が中央(地方交流1戦含む)で7戦して全て着外、半姉・半兄計3頭でトータル地方で1勝のみ、半妹(2歳馬)も南関東で5戦して全く競馬になっていませんからね。血統配合の良さ、トレーニングセールでの動きの良さ、写真での馬体の良さから出資しましたが、今後の出資に向けては今回の経験を活かしていきたいと思っています。今後は、サラブレッドオークションに出品して、地方競馬で走ることになると思います。滞在競馬で数を使っていけば、勝ち星を重ねることができる可能性は多分にあると思いますので、元出資馬として、活躍を見守りたいと思っています。ビターレ、お疲れ様でした、そして、ありがとうございました(^-^)
以下は、ノルマンディーの公式サイトのコメントになります。

ビターレ
★9/03(日)札幌・3歳未勝利(ダ1000m・混)坂井瑠星騎手 結果11着

出走回数により、本馬は限定未勝利戦への出馬投票資格を有していますが、節的に出走できる見込みが薄く、これまでの戦歴および現状を踏まえ、羽月友彦調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央競馬登録を抹消することとなりました。なお、本馬は9/7(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。ビターレ号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「今回は大外枠から最後のゲート入りだったため、スタート自体はそれほど大きく出負けしなかったものの、レース前のイレ込みが激しく、そこで体力を消耗してしまって力を発揮できませんでした。前走もそうですが、滞在効果で馬の精神状態は凄く落ち着いていましたし、体も徐々に増えてきてはいるのですが、いかんせんまだ幼さが抜けきらない現状です。いいモノは持っていても、もう少しそういった面を成長させる時間が必要に思えます。期待に応えることができず、大変申し訳ありませんでした」(羽月友彦調教師)


※昨年8月、ノルマンディーファーム見学の際の写真です。馬体がガレていますね。ここからデビューできるまで約9ヶ月弱掛かってしまいました。。。本当に一口馬主の出資は難しいなあと感じました。。。
P1020741.jpg

P1020749.jpg
2017/07/11

テオドルス

こんばんは。

本日、テオドルスの引退が発表されました。
私にとっては、出資馬初の引退となります。やはり、とても残念な気持ちになりますね。勿論、前走の結果を見て、覚悟はしていましたが。。。
本馬は、昨年5月、牧場で実馬を見て、出資を決めたお馬さんです。デビュー戦及び3戦目において、東京競馬場で応援・観戦もさせて頂きました。パドックで良く鳴き(^^;)、気性面の幼さが能力を激減させてしまったのかなと思います。一口馬主を始めて、気性面の大切さは改めてかなり痛感しております。気性面の改善は、なかなか難しいですね。。。今後は、楽天サラブレッドオークションへ出品されるとのこと。いいオーナーに買って頂き、地方競馬で長く現役を続けて欲しいと願っております。テオドルス、お疲れ様でした、そして、ありがとうございました(^-^)
以下は、ノルマンディーの公式サイトのコメントになります。

テオドルス
★7/09(日)福島・3歳未勝利(ダ1700m・混)江田照男 結果13着

これまでの戦歴および現状を踏まえ、粕谷昌央調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央競馬登録を抹消することとなりました。なお、本馬は7/13(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。テオドルス号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「前厩舎の木村哲也調教師や、小野寺祐太騎手、柴田大知騎手、江田照男騎手、そして自厩舎スタッフのさまざまな意見を取り入れ、そのすべてを行動に移し、課題にチャレンジしてきました。跨った関係者が『いいモノは持っている』と言っていたように能力はあったと思いますが、やはり気性面の改善はなかなか一朝一夕にはいかないものです。結果、自厩舎で2ヶ月半の間に3戦を消化して、着順を少しずつ上げることしかできず申し訳ありませんでした」(粕谷昌央調教師)


テオドルス デビュー戦写真
P1030128.jpg


ノルマンディー4次募集について。
リンダムーンの15への出資は、かなり悩みましたが、見送らせて頂きました。。。抽選になるようですね。心の愛馬として、応援させて頂きます(^-^)
そして、2015年産への出資。既に8頭出資しており、出資内容についてはかなり満足しておりますし、新馬戦も始まり1ヶ月を過ぎており、2016年産の募集もシルクで始まる時期でもありますので、これで出資完了でいいかなとも思っています。
ただ、改めて自分の所属するクラブのお馬さんを見てみますと、もともと関心があり(いい血統配合しているなあと思い)、まだ残口のあるお馬さんが2頭程います。

ノルマンディークイーンズトゥルー(キョウエイトルースの15)
ワラウカドレイロー(タイキクラリティの15)

2頭とも共通して言えることは、母系が素晴らしいこと・牝馬であること・出資金額が高額なお馬さんであることの3点だと思います。2頭ともに、夢を見ることができるお馬さんだとも思います。

クイーンズトゥルー
・出資馬アナザートゥルースの半妹。
・G1馬サウンドトゥルーの半妹。
・半弟キョウエイトルースの16が、昨日のセレクトセールで5,076万円で売れ、母系の価値が市場でも大いに認められたこと。また、本馬の募集金額3,800万円についても、市場価格と比較して、決して高くはないこと。
キョウエイトルースの16の募集はなくなり、出資することができなくなったこと。
・預託厩舎は、サウンドトゥルールールソヴァールアナザートゥルースと同じ、ノルマンディーのエース厩舎である高木先生であること。
・父キングカメハメハ×母父フジキセキは成功例の多い配合。1/4サンデーサイレンス系・3/4ノーザンダンサー系の配合は、今のトレンド配合であること。
・デビューは年明けになると思われるが、芝マイル前後での活躍が見込まれ、古馬になってから、牝馬重賞・ヴィクトリアマイルへの出走・勝利という夢が見られる可能性があるお馬さんであること。
レイロー
・昨年のパカパカファームフェイスブックツアーで拝見し、出資したいなあと思っていたこと。
・G1馬クラリティスカイ・オープン馬クラリティシチーの半妹。
・半兄でデビューした4頭は全て勝ち上がり(初仔のみ未デビュー)。素晴らしい母系であること。
・サンデーサイレンス3×3という配合。ギャンブル性の高い配合であるが、2016年産も同配合。この母に2年連続同配合ということは、ハリーさん(パカパカファーム)渾身の配合だと思われること。
・現在の馬体重510kg程度。かなり大物感のある馬体。上手く育つと、かなり大物感のあるお馬さんになる可能性があること。
・適性は、芝マイルくらいにありそう。上手く運べば、桜花賞を目指すことができ、夢を見れるお馬さんであること。
・預託厩舎は、クラリティスカイでG1NHKマイルカップを勝利した友道先生。本馬を預託する上でベストの選択だと思うこと。

出資するのであれば、この2頭の何れかに出資したいと考えております。来週からはシルク2016年産の募集馬の検討を進めたいと思っていますので、今週一杯を目途に出資検討したいと考えています(^-^)