2016/06/26

東京競馬場馬場開放!

こんばんは。

本日は、朝の開門時から1日東京競馬場で競馬観戦をしました。
普段、朝の開門時から1日競馬観戦することは少ないのですが、今回は、先着3000名に全レース終了後、芝ゴール前及びダート一部の馬場開放イベントがあったため、それを目的に朝から観戦しました。
(案の定、10時前には先着締切となっていました(^^;))
今まで、本馬場を歩いた経験がなかったため、ぜひ歩いてみたいと思い、朝から競馬場に行きました(^-^)

9時前から競馬場に来て、全レース終了し、16時50分から、私的に本日のメーンイベント本馬場開放が始まりました。P1020307.jpg
P1020300.jpg
P1020303.jpg
芝コース歩いてみると、結構足を取られました。そして、この日、メインレース・最終レースとインコースが伸びていたんですが、確かに、私が歩いてもインコースの方が足を取られず、歩きやすいんですよね(^^;)。芝が適度に掘れて、走りやすいんではないかと思います。東京コースは、土曜日外差し馬場であるのに、日曜日イン伸びの馬場になることが多いような気がしますが、こういった原因なのかなと勝手に推測してしまいました。
ダートコースは、割と足抜きが良く、歩きやすい印象でした。今回のイベントでは、今年の日本ダービー優勝馬マカヒキ号名入りの専用ボトルに、ダートコースの砂を持ち帰ることができるサービスが付いており、写真の通り目一杯入れて持ち帰らせて頂きました(^-^)
馬場のスペシャリストである小島友実さんと東京競馬場馬場造園課課長とのトークショーも行われ、色々と楽しくタメになるお話を聞くこともできました(司会は竹山まゆみさんでした)。
先月の日本ダービーで18頭が駆け抜けたターフを自分の足で歩けることは、やはりテンションが上がりますし、とても楽しい時間でした。また、ダートの砂持ち帰りも、結構嬉しいですね(しかも、マカヒキ号専用ボトルもなかなかセンスいいと思いました(^-^))。春の中山開催最終日・東京開催最終日には、毎年このイベントがあると思いますので、今後も、機会があれば、また参加したいと思いました(*^^*)

※馬場開放イベントの前に、東京競馬場誘導馬であるサクセスブロッケンが、障害飛越を行うホースショーが行われました(後輩のネコパンチもいましたよ)。結構難易度のある障害を上手いこと飛越していました(^-^)。下の写真は、障害飛越後、鞍上によしよしされて、「おれ意外といけんねん」と言わんばかりの表情をしているサクセスブロッケンです(^^;)。現役時代、内田騎手とコンビを組んでいたサクセスブロッケン、好きなお馬さんだったので、こうやって充実した馬生を過ごしている姿を見ると、とても嬉しく思います(*^^*)
P1020288.jpg

※ノルマンディー、昨日のオルレアンローズに続き、函館でカルヴァリオ勝利、見事でしたね(*^^*)。3歳馬、見事2勝馬が2頭となりました。2014年産から出資している私にとっても、とても頼もしい限りです。チームノルマンディーとして、これからも、ノルマンディー馬を応援したいと思います(*^-^*)
スポンサーサイト
2016/05/28

日本ダービー

こんばんは。

競馬の祭典「日本ダービー」がいよいよ明日となります。
今回は、私の予想を書かせて頂きたいと思います。
(一応日本ダービーについては、過去3年本命馬が1着に来ています(*^^*))

◎1番 ディーマジェスティ
○3番 マカヒキ
▲12番リオンディーズ
☆8番 サトノダイヤモンド
△14番ヴァンキッシュラン
△5番 エアスピネル
△10番スマートオーディン

今年の私の夢は、蛯名騎手の夢になります。
一昨年は、橋口先生のファンである私は、ワンアンドオンリーを本命で応援させて頂き、勝利を掴んでくれました。
しかし、その結果、蛯名騎手のイスラボニータは2着となり、蛯名騎手の夢は消えてしまいました。。。
関東ノルマンディーの主戦ジョッキーである蛯名騎手には、ぜひダービージョッキーになってもらいたいと強く思っています。
日高の服部牧場生産、関東の名伯楽二ノ宮調教師管理、関東の名手蛯名騎手鞍上の本馬を応援の意味で、本命とさせて頂きたいと思います。
個人的には、上位4頭はほんとに拮抗しており、4頭イーブンに勝つチャンスがあると思っています。
その意味では、1枠1番を引き当てたことは、大きく運を呼び込むことになるのではと思っています。
馬券は、単勝と馬連で買いたいと思います。
明日は、東京競馬場で現地観戦したいと思います(^-^)
2016/05/05

かしわ記念

こんばんは。

本日は、ノルマンディーOCで出資させて頂いているアナザートゥルースの半兄であるサウンドトゥルーを応援するため、船橋競馬場にてかしわ記念を観戦致しました。

前半4F49.5秒⇒後半4F49.7秒のレース。
天皇賞(春)と同様、2番手に居た武豊騎手がレースを支配していたように思います。
コパノリッキー=武豊騎手、見事な勝利だったと思います。関係者の皆様、おめでとうございます。
レースタイム1分39秒2は、奇しくも2年前にコパノリッキーが優勝したタイムと同じタイムでした。
逃げたソルテが2着、3番手に居たベストウォーリアが3着。
自分のなかでの誤算は、モーニンが全く動けなかったこと。
Mデムーロ騎手なので、前にプレッシャーを掛けるレースをすると思っていましたので。
モーニンが動けなかった分、かなり前が楽なレースになったと思います。
武豊騎手は、この後、ケンタッキーダービーですね。
合田氏曰く、日本馬が最も勝ち難いレースの1つ(グリーンチャンネル出演の際、おっしゃっていました)。
挑戦できることだけでも素晴らしいことだと思いますが、勝負になるレースを期待しております(^-^)

サウンドトゥルーは、大野騎手のコメントでは、「脚を取られて走り切れていないような感じ」「砂質が合わなかったのかも」とのことでしたね。
道中は上手く流れに乗れており、直線入ってくる時は伸びてくると思いましたが、追ってからが案外なレースでした。
後ろに居たノンコノユメにもクビ差差されてしまいました。
休み明けで、マイナス11kg、如何にも休み明けのレースだったかなと思っています。しかも展開は全く向かなかったとも思いますので。
モーニンのように大凡走した訳ではないので、次走の帝王賞では、巻き返してくると期待しております(^-^)
高木先生も、春シーズンの目標レースでもありますし、しっかり仕上げてくると信じております。
帝王賞出走の際も、可能であれば、現地で応援したいと考えております!

※本日船橋競馬場で購入した、2015年JBCクラシック出走した際のサウンドトゥルーバッジです。かわいらしいですね。旅行の際使用するリュックサックに付けたいと思います(*^^*)