2017/07/21

3歳馬出走(2017.7.22・23)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
7月22日(土)がサワヤカフェスタの5戦目、7月23日(日)がキャラメルフレンチの8戦目になります。

サワヤカフェスタ
☆7/22(土)函館・3歳未勝利(芝1800m)原田和真騎手

19日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロン73.9-58.9-43.8-14.6を単走で馬ナリに追い切りました。「最終追い切りの動きを実際に見届けましたが、終いの時計がかかってしまったのは、前を走る馬たちとの間隔が狭まって追いづらくなってしまったためです。函館のウッドコースは幅員も狭いため、馬場入りしている馬が密集するとどうしても窮屈になってしまいますね。動き自体はキビキビしていて、力の出せる仕上がりに持ってこれたと思います。1800mの距離に関してもそれほど不安視しておらず、あとは馬体重…先週ほど寂しくは映らないものの、追い切り後の計量で396kg。輸送のない滞在競馬だけに、なるべく体を増やした状態で出走させるよう尽力いたします」(渡辺薫彦調教師)


キャラメルフレンチ
☆7/23(日)福島・3歳上500万下(芝1200m)野中悠太郎騎手

16日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-41.7-28.2-14.4を単走で馬ナリに追われ、19日(水)には坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、53.7-39.6-26.2-13.3を強目に追い切りました。「最終追い切りも好時計でまとめられたように、ビュッと行くだけのスピードは持っているのですが、どうしても後半につれて脚色が鈍ってしまいます。もう少し粘り強さが出てくれば、このクラスでも十分やっていけるだけの馬なので、いかにそこを補っていくかが今後も課題となってくるでしょう。仕上がりに関しては不安のないデキに持ってこれたと思いますし、鞍上への指示も単純明快。直線どれだけ粘り腰を見せてくれるか、斤量3kg減の恩恵にも期待します」(尾形和幸調教師)


サワヤカフェスタ
前走は、着順こそ11着でしたが、好メンバーのなか見どころある内容だったと思います。今回は試金石になりますね。積極的に先行する競馬をして欲しいと思います。洋芝適性・距離適性と分からないところが多いですが、滞在競馬を活かし馬体重を400kg台で出走してもらい、何とか掲示板を確保し、次に繋げて欲しいと願っております(^-^)
キャラメルフレンチ
調教内容からは、あまり変わり身は見られないように思いますね(^^;)ただ、前走では新潟直線芝1000mの適性は十分に見られましたね。今回の福島芝1200mコースは、新潟直線芝1000mと同様、現状では適性が高いと思っています。中山芝1200mの適性も高いですが、非力なところがあるお馬さんですので、直線平坦右回りという条件は坂のある中山以上に適性があるように思います。3kg減量を利して、とにかくスピードを活かし、逃げ先行で粘り切る競馬を期待したいと思っています。メンバーから見ても、掲示板確保のチャンスは大いにあると思いますので、次走新潟直線芝1000m出走の優先権を取って欲しいと期待しています(^-^)
スポンサーサイト
2017/07/07

3歳馬出走(2017.7.8・9)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
7月8日(土)がクレムフカの4戦目、7月9日(日)がテオドルスの5戦目になります。

クレムフカ
☆7/08(土)福島・3歳未勝利(ダ1700m・牝)藤田菜七子騎手

5日(水)にPコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.9-53.9-40.1-13.1を馬ナリで追い切りました。「昨日の追い切りは悪天候で馬場が悪かったため、脚元への負担やアクシデントの防止を考慮してポリトラックコースでおこないました。全体の時計自体は水準並みですが、動きそのものは良かったですよ。転厩前後も緩めていませんし、これで十分。力は出せると思います。藤田騎手も感触を掴んでくれたのではないでしょうか。他の馬を怖がることはないので馬群で揉まれても影響はなさそうですが、砂を被ると嫌がって走るのをやめてしまうようなので、枠に関係なく前々での競馬をしてもらいます。これまで1200~1400mを使ってきただけに、スンナリと前に行けるだけのスピードはあるはず。3kg減の恩恵と積極的な競馬で変わり身を求めたいですね」(本間忍調教師)


テオドルス
☆7/09(日)福島・3歳未勝利(ダ1700m・混)江田照男

2日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-42.7-28.0-13.9を単走で馬ナリに追われ、5日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、54.0-40.2-26.9-14.0を強目に追い切りました。「昨日の坂路での時計は、転厩後の自己ベストには及ばなかったものの2番目に速い時計。併せた同格の馬に対して食らいついていく根性を見せてくれましたね。土日のダ1700m戦のいずれかに、相手関係などを吟味して臨機応変に投票しようと思っていたので、江田騎手には両方とも空けてもらいました。結果的にいずれも15頭のフルゲートになり、メンバーも甲乙つけがたいですが、テオドルスは相手云々より自分との戦いですからね。ブリンカーも装着しますし、やれることは全てやったと思います。ラストランにはしたくないので、江田騎手の豪腕で活路を見い出したいところです」(粕谷昌央調教師)


クレムフカ
転厩初戦。距離を伸ばして、3kg減量騎手の菜七子騎手を鞍上にし、先行する競馬で活路を見出す。狙いははっきりとしたレースだと思います。キックバックに全く対応できないようですので、逃げるか外目2番手で競馬をして欲しいですね。早め早めの積極的な競馬をして、変わり身を見せて欲しいと思います。5枠9番に入りました。スタートを決めて、積極的な競馬をすれば、狙いが活きるレースが可能かなと思います。何とか掲示板を目指して欲しいですね(^-^)
テオドルス
厳しい一戦になります。条件としては、あまり好転が期待できるものではないように思います。ブリンカー効果及び江田騎手が続戦してくれることに期待したいと思っています。今回は、「ラストランにしたくない」とのコメントがありますね。個人的には、1回芝を使ってみて欲しいと思っていますが。。。ラストランにならないよう、頑張って欲しいと思っています(^-^)


ノルマンディーの4次募集。
かなりいい売れ行きですね。牡馬2頭口数調整は確実、抽選にもなりそうですね。しかも、リンダムーンの15は小野町へ移動。さらに売れ行きに拍車が掛かりそうな感じがします。
私は、4次募集、見送りたいと思っています。2015年産は8頭への出資で確定させたいと思います。私としては、満足できる出資ができたと思っていますので、この8頭を精一杯応援し見守っていきたいと思います。これからは、2016年産への出資に気持ちを切り替えたいと思っています。まずは、シルクの募集が始まります。シルクについては、2015年産同様、2頭程度出資したいと思っています。カタログが届き次第、真剣に検討したいと思っています(^-^)
2017/07/01

3歳馬出走(2017.7.1)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬1頭が出走となります。
7月1日(土)、ホウロクダマの8戦目になります。

ホウロクダマ
☆7/01(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m)福永祐一騎手

28日(水)に坂路コースで4ハロン53.5-38.7-25.9-13.6を単走で一杯に追い切りました。「7/5(水)名古屋・マスカット賞(3歳未勝利・ダ1400m)に申し込んだ結果、補欠の一番手。出走が叶えば恐らく一番人気に支持されるであろうと思われるメンバーだっただけにギリギリまで情報収集をしたところ、繰り上がりの可能性はゼロ。ということで今週の中京に投票しました。ただ、このメンバーでも実績は上位ですし、鞍上は先週1日5勝の固め打ち、昨日の帝王賞も勝って勢いに乗っている福永君。先週、今週と入念に坂路で乗り込み、力を出せるデキまで持ってこれたと思いますし、喉も今のところ異常は見られません。できれば外枠を引いて、前々で粘り込む競馬で中京の坂を克服しましょう」(中竹和也調教師)


ホウロクダマの休み明け初戦になります。
吉澤ステーブルWESTから戻って約2週間での競馬となります。中竹先生のコメントからはデキも問題ないようですし、喉も異常がないようです。中竹先生の東スポでのコメントでは、成長も見られるようなことを仰っています。前走はトレセンに入って5戦目の競馬で、全くおつりのない状態だったと思いますので、前走よりはいい状態でレースが出来るように思っています。鞍上は、前走同様福永騎手になります。スタートの上手なジョッキーで、外枠に入ることも出来ましたので、外目の2番手~3番手で追走し、直線抜け出す競馬を期待したいと思います。メンバーを見ますと、それ程強力な相手ではないと思います。普通に走れば、掲示板を外すことはないメンバーだと思います。あとは、スタートを上手く切り、直線入るまで、2番手~3番手でリズム良く追走出来れば、勝ち負けになると思っています。中京ダート1200mのコースは、圧倒的に逃げ・先行有利。直線入ってからは時計の掛かるレースになり、持続力の求められるコースだと思います。馬場は不良馬場だと思います。本馬には合っているコースのように思っています。勝ち上がりを期待してグリーンチャンネルでレース観戦したいと思います(^-^)


最後に少しだけノルマンディー4次募集について。
本日より4次募集の受付が始まりました。7月11日までの先行募集。
私の出資候補は、タニノジャドールの15リンダムーンの15になります。
タニノジャドールの15
父エイシンフラッシュとの血統配合は魅力的。預託厩舎は昆厩舎、いいですね。募集金額1,280万円は、ほんとに格安。セールで1,800万円主取だったことを鑑みると、安すぎなんですよね(リンダムーンの15との金額差は気になります・・・)。
リンダムーンの15
父スペシャルウィーク産駒は、現役時代大ファンだったので、とても魅力的。ヒンドスタン・シラオキのクロスもいいですね。預託厩舎は畠山厩舎、可もなく不可もなし(^^;)募集金額1,480万円は、割高ですね。クラブ・牧雄氏の自信が金額に出ていると思っています。
シルクの2016年産の募集開始も近づいています。2頭の何れかに出資するか、出資しないか、慎重に検討したいと思います(^-^)
※7月28日(金)、シルクのツアーに参加します。出資できる頭数は2頭程度だと思いますが、実馬を見て、出資検討できる機会となりますので、とても楽しみにしています(*^^*)
2017/06/23

3歳馬出走(2017.6.25)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬1頭が出走となります。
6月25日(日)、サワヤカフェスタの4戦目になります。

サワヤカフェスタ
☆6/25(日)阪神・3歳未勝利(芝1600m・混)高倉稜騎手

18日(日)に坂路コースで4ハロンから2.4秒追走して併せ、58.9-41.7-26.3-12.4を馬ナリに追われ、21日(木)には坂路コースで4ハロン55.6-41.1-27.1-13.1を単走で一杯に追い切りました。「雨の影響でいつもより時計が一つ二つかかる馬場状態でしたが、追い切りは終いまでキッチリと力強く動けていました。リフレッシュさせた効果もあってデキそのものは極めて良好です。華奢で小柄な牝馬ではあるものの、走りを見る限りはダートを苦にするタイプには映らないのですが、いかんせん砂を被ると怯んでしまってレースに参加できていません。今回は芝適性をもう一度確かめてみたいことから、メンバーが揃っているのを承知でこの番組に投票させてもらいました。この後は函館、札幌開催と使っていくつもりでいますが、芝替わりでまずはどれくらい前進できるのか期待しています」(渡辺薫彦調教師)


サワヤカフェスタの4戦目になります。
かなりメンバーが揃った1戦になりましたね(^^;)ただ、芝1600m戦は血統配合からは合っていると思います。ここで芝適性を見て、今後芝を使うかダートを使うか決めていく一戦になるようですので、何とか芝適性を見せてもらいたいと思います。掲示板内に入り、次走の優先権を取って、函館・札幌開催へ向かって欲しいと思っています。残りの未勝利戦を戦っていく上で、今後に期待の持てる内容のレースをして欲しいと思っています(^-^)
2017/06/09

3歳馬出走(2017.6.10・11)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
6月11日(土)がビターレの2戦目、6月12日(日)がテオドルスの4戦目になります。

ビターレ
☆6/10(土)阪神・3歳未勝利(ダ1400m)藤岡佑介騎手

7日(水)にCWコースで6ハロンから0.3秒先行して併せ、86.7-68.7-53.3-39.1-13.0を一杯に追い切りました。「左右にスペースがあり過ぎると、まだブレて真っ直ぐに走れないこともあるため、最終追いは3頭併せの真ん中に入れる形で行いました。最後は苦しくなって逆手前で走っていましたが、ハミを抜かずにちゃんと取ってくれていましたし、動きの面で大きくは変わってこないものの、精神的に落ち着いてきたのも好材料。当初はダ1200m戦の方が出やすいのではと見ていましたが、出走間隔3節で無抽選だったため、もともと希望していた1400m戦に直前で切り替えています。二戦目となる今回は、スムーズな競馬で前進を期待したいですね」(羽月友彦調教師)


テオドルス
☆6/11(日)東京・3歳未勝利(ダ2100m・混)江田照男騎手

4日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、59.8-42.6-27.6-13.7を馬ナリに追われ、7日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.4-40.0-26.3-13.0を一杯に追い切りました。「昨日の追い切りはラスト1ハロンの時計をもう少し詰めたかった…というのが正直なところですが、動き自体は悪くなかったですよ。ウチに転厩してこれが2戦目になりますが、こんな形で順調に調教を積んでコンスタントに出走していけば、いずれチャンスは回って来ると思っています。これまで付きっきりで跨ってくれた大知君は残念ながら乗れませんが、最後まで一生懸命追ってくれる江田君なので、乗り替わりも全く心配してません。距離延長での変わり身に期待しましょう」(粕谷昌央調教師)


ビターレ
前走は外傷を負う程の不利もあり、しんがり負けとなりました。ただ、それが無くても、かなり厳しい着順だったとは思います。調教の動きからは、一変は見込めないように思います。少しでも前進して欲しいですね。正直、出資した当初は、本馬が未勝利戦でこんなに苦労するとは思っていませんでした。。。ダート1400m戦で、鞍上は藤岡佑介騎手を配してくれました。羽月先生は、トレセンでしっかり調教を行ってくれており、鞍上もいい騎手を配してくれていると思います。血統配合からは、ダート短距離戦であれば、どこかで一変があると思っていますので、少しでも前進して欲しいと思います(^-^)
テオドルス
初めて連戦で使うことができます。東京ダート2100m戦。レースぶりに変化が見られれば、面白いと思っています。大知騎手は、残念ながらマイネルのお馬さんに乗ることになりましたが、鞍上は江田照男騎手となります。本馬の現状を鑑みれば、いい騎手を配してくれたと思います。デビューから3戦ともにブービーですので、大きな期待は掛けられませんが、少しでも前進して欲しいと思っています(^-^)
未勝利戦終了まであと3ヶ月強程度しかありません。このタイミングですと、ある程度目途の付く競馬をしてくれないと。。。とは思います。2頭ともに、厳しい戦いになると思いますが、少しでも前進して欲しいと思います(^-^)


シルクで2016年産募集馬予定リストが出ましたね。
2016年産においても、現状ではシルクでの出資馬は1頭~2頭程度で考えています。
リストを見て、気になったお馬さんは以下の3頭です。
スイープトウショウの16
シーイズトウショウの16
ターシャズスターの16
私は、旧メジロ牧場のお馬さんも大好きですが、旧トウショウ牧場のお馬さんも大好きです。2015年産では、ノルマンディーでホリデイトウショウの15(ペルランドール)に出資させて頂きました。旧トウショウ牧場においても、主力級の活躍をしたスイープトウショウシーイズトウショウの産駒に出資できるチャンスがあるなんて、とても嬉しい限りです。預託厩舎次第とはなりますが(ウイッチトウショウの15は預託厩舎の関係で断念しました(*_*))、出資検討したいと考えております。ターシャズスターの16は、私が出資しているスターヴォヤージの半妹になります。牡馬であればとは思いますが、父ゴールドアリュールは配合が合っているように思います。いいダート馬になりそうに思いますので、出資検討したいと思っています(^-^)