2017/07/15

2歳馬・3歳馬出走(2017.7.15)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
2歳馬ツァイトライゼのデビュー戦及び3歳馬ホウロクダマの9戦目になります。

ツァイトライゼ
☆7/15(土)福島・2歳新馬(ダ1150m)石川裕紀人騎手

12日(水)に南Dコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、68.5-52.7-38.5-13.0を強目に追い切りました。「本番を意識して今週はダートコースで追い切っています。コースを変えたことにより先週と比較して楽そうに走れていますし、併せた相手に対して先着できたことは評価できますね。まだ芯がしっかりしきれていないが故に走りのバランスが良くなってくるのはこれからになりますが、走ることに対して前向きな姿勢を見せてくれているのは良いことです。追い切り後の疲労感もなく元気にしており、状態や動きなど総合的に判断して今週末のデビューとなりました。ゲートが抜群に得意というわけではないので、明日練習をして本番に備えます」(田島俊明調教師)


ホウロクダマ
☆7/15(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・混)M.デムーロ騎手

12日(水)に坂路コースで4ハロン55.2-40.3-26.0-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「中1週なのでテンは15-15で入って、終いだけ仕掛けてサッと伸ばしました。前走時の最終追い切りよりも加速がスムーズで、動きそのものもキビキビと映ります。気負いも抜け、いい意味でリラックスしていて、一度叩いた効果は顕著ですね。スタートでトモを滑らせた前走のようなみっともない競馬にはならないはず。ここ2戦連続して騎乗してくれた祐一君が乗れないのは残念ですが、デムーロ騎手なら不足はありません。抜けた馬が見当たらない今回こそ何とかしたいですね」(中竹和也調教師)


ツァイトライゼ
私にとって、2015年産のデビュー戦になります。いよいよ2歳馬の競馬が始まるなあととても楽しみにしております。新聞を見ますと、ほぼほぼ無印ですね(^^;)田島先生のコメントを見ても、完全に使ってからという感じですね。この状態で、どこまでレース出来るのか楽しみにレースを拝見したいと思っています(^-^)
ホウロクダマ
前走は出遅れながら、見どころのあるレースをしてくれたと思います。叩き2走目、叩いた効果は大きいようですし、鞍上はミルコ・デムーロ騎手。大事な一戦になりますね。前走の福永騎手のコメントからも、中京ダート1200mコースは適性がありそうですし、メンバー構成からは上位拮抗の一戦だと思います。スタートさえ決まれば、勝ち切れるメンバーだと思いますので、勝ち上がりを期待して、グリーンチャンネルで観戦したいと思っています(^-^)
スポンサーサイト
2017/07/12

2015年産9頭目(最後の!)一口出資馬決定!!

こんばんは。

今日、午後休みを取ることができ、カフェでコーヒーを飲みながら、2~3時間程度、かなり真剣に出資検討させて頂きました。その結果、1頭への出資を決め、ポチらせて頂きました!!

IMG_0858.jpg

ワラウカドのレイローに出資させて頂きました(*^^*)

本日、ワラウカドに電話連絡させて頂き、以下2点について、確認をさせて頂きました。
(お忙しいなか、ご回答頂き、ありがとうございました)
〇気性面については、ここに来て、コントロールがきくようになっているということ。
〇デビュー時期としては、現状では、秋の京都開催くらいを目途に進めているということ。

出資させて頂いた主な理由は以下の通りとなります。
〇昨年のパカパカファームフェイスブックツアーに参加させて頂き、実馬を拝見させて頂いた際、3頭のうち、最も出資したいと思ったお馬さんであったこと。
〇近況写真を拝見しますと、まだまだ緩い馬体・トモをしていますが、雄大で大物感のある馬体をしており、上手く育てば、クラシックを夢見れるお馬さんだと思ったこと(5月の牧場見学の際、スタッフの方も、男勝りで雄大な馬体をしている仰っていました)。
〇デビューした半兄4頭全てが勝ち上がり(初仔である半姉1頭が未デビュー)。半兄クラリティスカイはG1馬。半兄クラリティシチーはオープン馬。素晴らしい母系であること。
〇サンデーサイレンス3×3の配合はギャンブル性が高く、体質面・気性面で怖い面はありますが、2014年産においては、トラストキョウヘイが重賞を勝っており、この母系でこの配合、上手く嵌れば、かなりの大物に育つ可能性を感じること。
〇現在の馬体重が510kg。オルフェーヴル産駒の牝馬であるなか、この雄大な馬体。やはり大物感を感じること。
〇適性は、芝マイル~中距離、クラシックディスタンスまである可能性有。桜花賞・オークスを目指せる適性であること。
〇預託厩舎は、G1馬クラリティスカイと同じ友道先生。ベストな選択だと思ったこと。

ノルマンディーのクイーンズトゥルーとともに、かなり出資検討させて頂きました。決め手としては、昨年のツアーでの出会い・縁及びクラシックを夢見ることができるお馬さんであることの2点でした(クイーンズトゥルーは心の愛馬として応援させて頂きます)。
ワラウカドでの2頭目の出資となりました。楽しみに応援したいと思います。また、この夏に吉澤ステーブルに伺い、成長した実馬を拝見したいと思っています。以下は、レイローの紹介になります。

レイロー(タイキクラリティの2015)
父オルフェーヴル 母タイキクラリティ 母父スペシャルウィーク
牝馬 鹿毛 2015年3月14日生
生産:新冠・パカパカファーム
所属:栗東・友道康夫厩舎入厩予定
49d9211a-dc80-5e1e-811a-f2562fe144bf[1]
更新日:2016年7月7日
在厩先:吉澤ステーブル
馬体重:510kg(2016年6月30日現在)
今週は15-15のペースで調教を行いました。以前のようにムキになることもなくなってきており、騎乗員のコントロールに素直に対応しています。以前に比べると精神面での成長が見られ、気性もかなり落ち着いてきているとのことです。


2015年産についてはこれで9頭目の出資となりました。今回こそは(^^;)、これで出資完了になります。出資馬は以下の通りです。
【ノルマンディー】
セルヴァ(父アイルハヴアナザー 母オークルーム 母父ペンタイア)美浦:大竹正博厩舎
ロワセレスト(父ルーラーシップ 母メルセダリオ 母父タニノギムレット)美浦:尾形和幸厩舎
ペルランドール(父スマートファルコン 母ホリデイトウショウ 母父タイキシャトル)美浦:黒岩陽一厩舎
ツァイトライゼ(父タイムパラドックス 母チェアユーアップ 母父エアジハード)美浦:田島俊明厩舎
シュネルスト(父タイキシャトル 母シンシンパッション 母父ヘクタープロテクター)美浦:栗田博憲厩舎
【シルク】
グローリーヴェイズ(父ディープインパクト 母メジロツボネ 母父スウェプトオーヴァーボード)美浦:尾関知人厩舎
スターヴォヤージ(父ステイゴールド 母ターシャズスター 母父Spanish Steps)美浦:斎藤誠厩舎
【ワラウカド】
ブローインバブルス(父キングズベスト 母バブルドリーム 母父Akarad)美浦:加藤征弘厩舎

レイロー(父オルフェーヴル 母タイキクラリティ 母父スペシャルウィーク)栗東:友道康夫厩舎
2015年産についても、2014年産と同様9頭への出資となりました(^^;)自分としては、かなり満足できる出資が出来たと思っています。全頭、まずは無事デビューを迎えて欲しいと思っています。
来週には、シルクの2016年産カタログが届くと思います。28日(金)にはシルクのツアーへ参加させて頂きます。これからは、2016年産の出資に向けて、検討していきたいと思います。一口馬主、ほんとに楽しいなあと改めて思っています(*^^*)
2017/06/02

2歳馬近況(2017.5.31・6.1・6.2)

こんばんは。

ノルマンディー・シルク・ワラウカドで出資させて頂いている2歳馬の近況(全8頭)について、書かせて頂きたいと思います。

セルヴァ
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:508kg
20170531[2]
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間より週2回は15-15のペースで登坂しています。速めのキャンターを重ねるにつれ前進気勢が出始めて、実際の時計よりもスピードが感じられる走りになってきました。夜間放牧も継続していますし、オーバーワークには留意しながらこの馬の良さを引き出していこうと考えています」と話していました。


ロワセレスト
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:515kg
20170531[1]
現在はパドック放牧のみにとどめて様子を見ています。騎乗担当者は「順調に乗り込んでいましたが、この中間に左前挫石を発症したため一旦騎乗運動を控えました。徐々に痛みが和らいできて、歩様も良化しているため、近日中には運動を再開する予定です。ルーラーシップ産駒は年齢を重ねて頭角を現すタイプと見ており、今後も体の成長に合わせて、芯が入ってくるまでは焦らずじっくりと進めていくつもりです」と話していました。


ペルランドール
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:468kg
20170531[1] (2)
現在は馬場1周と坂路2本を(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「青草を存分に摂取できるようになってから馬体にハリが出てきたため、この中間より不定期ながら15~16秒台のメニューを取り入れています。徐々にトモがしっかりとしてきたことで動きも良くなっていますから、この調子で軌道に乗せて行きたいと考えています」と話していました。


ツァイトライゼ
更新日:2017年6月2日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:441kg
20170602[1]
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。普段はおとなしく扱いやすいですし、調教では自分からハミを取って前向きに走っており、オンとオフの切り替えがすごく上手。飼い葉もしっかり食べており、数字が示す通り馬体にも幅が出てきました。早ければ来週にも入厩の予定で、2回福島開催(7/1~)、もしくは2回新潟開催(7/29~)でのデビューを視野に入れています。


シンシンパッションの15
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:498kg
20170531[1] (3)
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「右前膝の腫れも完治したため、24日(水)より騎乗運動を再開しました。思っていたよりも休みが長引き元気が有り余っていましたが、徐々に冷静さを取り戻していますし、様子を見ながらペースを上げていこうと考えています」と話していました。


グローリーヴェイズ
更新日:2017年6月1日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
馬体重:467kg
d_02660002[1]
担当者「この中間も引き続き坂路コースで、ハロン15秒ペースの調教をコンスタントに行うことができています。先月よりもだいぶ余裕を持って登坂することができていますね。特に後肢の踏み込みに力強さが加わったことが余裕の出た原因だと思います。四肢をリズミカルに力強く回転させる走りができるようになりました。このまま問題なくこの調教を維持できれば、1か月ほどでいつ入厩してもいい状態に仕上がってくれるものと思っています」


スターヴォヤージ
更新日:2017年6月1日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日はウォーキングマシン
馬体重:451kg
d_02660011[1]
担当者「この中間、坂路でのペースをやや上げて調教を行っています。リフレッシュ中に体重が450kg台まで増えましたし、毛ヅヤも良く体調面に不安はありません。ただ坂路での本数を重ねるとまだ体重が落ちやすいので、速めの調教は週1回に留めております。調教中の手応えからリフレッシュ前よりも体力はついていると感じますので、今後は徐々にペースを上げて行こうと思っています」


バブルドリームの2015
在厩先:吉澤ステーブル
馬体重:470kg
5/19 近況
先週は早いペースで調教を行いましたので、今週は18Fで各コースを使用しながら調教を進めました。コントロールが課題ですが、順調に調教は進んでいます。強めの調教を行ったので週頭は少し疲れが見えましたが、現在は飼い葉食いもよく体調も問題ありません。
短信&近況写真 from ハリー:5/25
本日、吉澤ステーブルで本馬を見てきました。元気にしてはいるのですが、左前球節にほんの少し腫れがあり熱があったので、明日レントゲンを撮ってもらうようお願いしました。歩様は問題なく、リラックスしている様子ですので心配はしていませんが、大事な時期ですので、念のためと言うことでお願いして来ました。
5/26 近況
昨日見つかった球節の腫れについて、本日患部のレントゲン撮影を行いました。特に異常は見られず、痛がる様子もありません。歩様もしっかりしていますので安心ください。15-15の調教を行ったあとでしたので、少しハリが出ていたと思われます。落ち着いて過ごしており、飼い葉もよく食べています。
5/31近況写真
スタッフで本馬の様子を見に行ってきました。調教の状況は金曜に改めて報告しますが、足元の問題はなく、元気に過ごしている様子でした。
930d4de9-4144-536d-9f29-c4163722bf8d[1]

a48b2b1b-1cb6-54a0-92d4-1bc25715304a[1]
6/2 近況
今週はリフレッシュを兼ねて軽めの調整を行いました。まだトモの緩さも見られるのですが、焦ることなく様子を見ながら少しずつ強めの調教を行う予定です。飼い葉食いも落ちることなく、元気に過ごしています。


日本ダービーが終わり、2015年産の新馬戦がいよいよ今週から始まります。来年のダービーへ向けての戦いが始まりますね。私としては、2014年産からノルマンディーOCで一口馬主を始め、2015年産ではシルクHC及びワラウカドへ入会し、3クラブ体制で楽しむ初年度となります。2014年産のクラシック戦線を見て感じたことは、クラシック戦線へ出資しているお馬さんが出走して欲しいという夢でした。勿論そこだけが目標ではなく、まずは未勝利戦を勝ち抜け、長く活躍して欲しいという想いもあるんですが、2015年産の出資馬については、クラシック戦線出走を目指して欲しいと思うお馬さんにも出資した気持ちはあります。まずは、8頭ともに無事にデビューすること、8頭ともに未勝利戦を勝ち抜けて欲しいということが目標となりますが、各々のお馬さんがどのような活躍をしてくれるのか、とても楽しみに見守りたいと思っています(*^^*)
そんな新馬戦が始まるなか、ノルマンディーは4次募集を行うようであります。かなりお腹いっぱいな状況であり、2016年産の出資検討の時期が近づいているので、出資するとは言い難いんですが、募集予定馬5頭のなかで2頭程、気になっているお馬さんがいます。リンダムーンの15及びタニノジャドールの15の2頭が気になっています。預託厩舎及び募集金額次第では、出資検討したいかなとも思っています。しかし、もう1頭出資すると、2014年産と同じ出資馬9頭になってしまうんですよね。。。(^^;)
2017/05/17

2歳馬近況(2017.5.12・5.15・5.16)

こんばんは。

ノルマンディー・シルク・ワラウカドで出資させて頂いている2歳馬の近況(全8頭)について、書かせて頂きたいと思います。

セルヴァ
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在は馬場1周と坂路2本(上限16秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き週2回は16~18秒台までペースを上げて元気一杯に坂路を登坂しています。気持ちが前向きになってきたことで動きに推進力が出始めており、今後はもう少し体全体を柔らかく使えるように周回調教を多めに取り入れながらフォームの向上に努める方針です。


ロワセレスト
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も週2回は15~16秒台のラップで登坂しています。ルーラーシップ産駒らしくジワジワとエンジンが掛かり、やや長めの距離で真価を発揮しそうなタイプと見ています。まだビュッと反応し切れてはいませんが、速めのキャンターを重ねつつ体全体を上手く使えるようになれば動きにキレも出てくるはずです。


ペルランドール
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。まだ体質がしっかりしていない部分が垣間見えるため、この中間も無理に負荷を強めず軽めのメニューに終始しています。ハミをしっかりと銜えてバランス良く走れるようになってきましたが、トモの踏み込みに力強さが備わってくれば、もうワンランク上の走りが期待できるはずです。


ツァイトライゼ
更新日:2017年5月12日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:450kg
現在は馬場2周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整中です。普段の調教はヴィアプライドと併せていますが、馬場入り初日こそ少し暴れたものの、2日目以降はすっかり落ち着いて調教もスムーズにこなしています。姉2頭(ジェイラー、マリーナプリンセス)と比べて気性は素直で、人間の手を煩わせるようなことは全くありません。ただ、現状ではまだ馬体に幅がなくこぢんまりと見えるだけに、今後は馬体面の成長を促していきたいところです。


シンシンパッションの15
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在はパドック放牧のみにとどめています。先月28日(金)にノルマンディーファームへ移動し、軽めのメニューを継続しながら環境に馴染ませていましたが、この中間に馬房で右前ヒザを打撲したため一旦小休止を挟みました。患部が若干腫れましたが、腫れ自体は徐々に引いてきているため経過を見ながら夜間放牧と運動を再開する予定です。なお、今月9日(火)には栗田博憲調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。


グローリーヴェイズ
更新日:2017年5月15日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
馬体重:463kg
担当者「この中間も順調で、坂路コースではハロン15秒ペースの調教をコンスタントに行うことができています。脚元・体調面ともに問題はなく、馬体にも筋肉が付いてきて、以前より引き締まってきました。欲を言えば横にもう少し厚みが出てきてほしいところですね。このまま問題なく調教を進められれば、夏過ぎには入厩の目途が立ってくると思います」


スターヴォヤージ
更新日:2017年5月15日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,800m、残りの日はトレッドミルでキャンター
馬体重:443kg
担当者「この中間は馬体の成長を促すため、調教強度を落としリフレッシュを図りましたが、今週からまた坂路調教を再開しています。狙い通り馬体重が増えて、見た目にもフックラしてきました。馬体に関してはまだ成長の余地を残しており、これからもっと大きくなってくると思いますので、今後も焦らずに馬の状態に合せて進めていきたいと思います」


バブルドリームの2015
在厩先:吉澤ステーブル
5/5 近況
坂路では18/Fのペースで調教を行いつつ、先週と同じメニューをこなしました。体力がついてきており、反動を見せることがなくなりました。調教後も飼葉を残すことなく食べています。体調良好です。 馬体重は来週計測する予定です。
5/12 近況(馬体重470kg(+2kg))
今週は強度を少しあげ、坂路でしまい13Fの調教を行いました。まだペース対応ができていないため余裕がない様子ですが、体力もついてきているので徐々に対応できてくると見ています。ややうるさくなってきており、ハミ受けがよくないところがありますので、改善をさせるよう努めて行きます。体調良好で飼い葉食いも良好です。


8頭共に大きな問題はないですね。8頭ともに年内にデビューしてくれればいいなあと思っています。先陣を切るのは、現状ではツァイトライゼが切ってくれそうですね(^-^)
POG本を読んだり、グリーンチャンネルのPOG関連番組を見ていますと、2015年産はクラシック戦線を意識できるお馬さんがいるのかなと期待しています。昨日のグリーンチャンネルPOG番組で、馬サブローの木村さんが牡馬ドラフト3位でグローリーヴェイズを上げてくれていました。正直ビックリしました。そういうレベルのお馬さんに出資しているんだなあと改めて思いました。実馬を見ました印象としては、バランスの良い馬体、扱いやすくオンオフがしっかりあるいい気性、調教乗り込みながら馬体重も増えてきており、無事であれば、まず走るお馬さんだと思いました。クラシック戦線に名を連ねてくれれば、夢が見れますね(^-^)
あと、スターヴォヤージ。かなりステイゴールド産駒の特長を引き継いでおり、そんななか気性は問題ないお馬さんですので、上手く成長してくれれば、桜花賞戦線に名を連ねる可能性も十分にあると思っています(^-^)
ノルマンディーでは、ロワセレストが大物感があり、化けるかもと思っています。芝・ダートどちらに適性があるか分からないんですが、芝適性が高ければ、クラブ及び尾形先生が仰る通り、クラシック戦線に名を連ねるかもと思っています。距離は中距離~クラシックディスタンスに適性があると思いますので、本馬も夢が見れるお馬さんだと思っています(^-^)
あと、勿論セルヴァもとてもいいお馬さんだと思っています。こちらは、NHKマイルカップですかね。今年のディバインコードのような走りをしてくれれば最高ですね(^-^)
今月末日本ダービーが終われば、2015年産新馬戦が開始します。2014年産未勝利戦はサバイバル戦に突入する訳ですが、2015年産についてはいよいよといった感じになります。全8頭ともに無事デビューを迎えて頂き、クラシック出走という夢を見たいですね(^-^)
2017/05/09

2015年産一口出資馬決定!

こんばんは。

今回の北海道出資(検討)馬見学を経て、ノルマンディーにて1頭追加出資させて頂きました!

シンシンパッションの15
父タイキシャトル 母シンシンパッション 母父ヘクタープロテクター
牡馬 栗毛 2015年3月21日生
生産:新ひだか・藤本牧場
所属:美浦・栗田博憲厩舎入厩予定

20170430[1] (5)

P1030552.jpg

P1030553.jpg
更新日:2017年4月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:505kg
現在は坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。不定期ではあるものの、この中間も15-15の速めキャンターを消化しており、騎乗担当者は『大型馬でもスッと反応して、スピードに乗るとギアが一段増す推進力溢れる走りをします。先日来場した栗田調教師から、馬格に恵まれているのでドンドン攻めていってほしいという指示を受けたため、疲労の蓄積には留意しながら乗り込みを強化していきたいですね』と話していました。なお、環境変化による調整にも慣れさせる目的で28日(金)にノルマンディーファームへ移動しました。


今回の見学で実馬を見て、馬体・動きが気に入り、出資を決めさせて頂きました(^-^)
主な出資理由は以下の通りです。
・血統配合としては、父方・母方ともに短距離で強みを見せる血統だと思います。母シンシンパッションはD1000m~D1200mで3勝しております。半姉ホットファッション(父スペシャルウィーク)は芝1200m~芝1400mで2勝しております。
・本馬の血統的な特徴としては、曾祖母ビクトリアクラウンから来るボトムラインの素晴らしさだと思います。祖母ビューチフルロマンは芝1800m及びD1200m~D1800mで6勝しております。ビューチフルロマンの孫においては、セイコーサンデー(4勝)・ドットコム(4勝)・アルトップラン(5勝)・カチューシャ(6勝)・テイクザホーク(4勝)等が活躍しています。母シンシンパッションは現役時代3勝しており、同産駒からはまだまだ活躍馬を輩出する可能性が十分にあると思っています。
・預託厩舎が栗田博憲厩舎であること。実質ラストイヤーとなる栗田先生は、ブリリアントリリーに続く、ノルマンディー同世代2頭目の預託となります。少なくともそれなりに走ると思っているお馬さんを預託すると思っています。ルグランパントルディバインコード等を見ていますと、やはりいい仕上げ・レース選択をしていると感じています。栗田先生への預託馬に出資してみたいと思っていました。
・今回の見学において、まだまだ緩い馬体ではありますが、雄大な馬体をしているなか、キビキビとした運動神経の良さそうな動きをしており、馬体・動きともに好みなものでした。秋くらいにはデビュー出来そうですし、芝ダート問わず短距離戦であれば、コツコツと走ってくれるように思いました。
・2014年産においては、父タイキシャトル産駒のキャラメルフレンチが新馬勝ち、母父タイキシャトル産駒のシュエットヌーベルが先日未勝利勝ち。しかも、2頭ともに口取りまでさせて頂きました。タイキシャトル産駒との相性の良さを感じていますので、そのことも本馬を出資した大きな理由となります(2015年産の母父タイキシャトル産駒については、既にペルランドールに出資しております)。

2015年産についてはこれで8頭目の出資となりました。これで出資完了になると思います。出資馬は以下の通りです。
ノルマンディー
セルヴァ(父アイルハヴアナザー 母オークルーム 母父ペンタイア)美浦:大竹正博厩舎
ロワセレスト(父ルーラーシップ 母メルセダリオ 母父タニノギムレット)美浦:尾形和幸厩舎
ペルランドール(父スマートファルコン 母ホリデイトウショウ 母父タイキシャトル)美浦:黒岩陽一厩舎
ツァイトライゼ(父タイムパラドックス 母チェアユーアップ 母父エアジハード)美浦:田島俊明厩舎
シンシンパッションの15(父タイキシャトル 母シンシンパッション 母父ヘクタープロテクター)美浦:栗田博憲厩舎

シルク
グローリーヴェイズ(父ディープインパクト 母メジロツボネ 母父スウェプトオーヴァーボード)美浦:尾関知人厩舎
スターヴォヤージ(父ステイゴールド 母ターシャズスター 母父Spanish Steps)美浦:斎藤誠厩舎
ワラウカド
バブルドリームの15(父キングズベスト 母バブルドリーム 母父Akarad)美浦:加藤征弘厩舎
2015年産については、現地応援し易い美浦所属馬に拘って出資することとなりました(1頭~2頭程度は栗東所属馬を出資してもいいとは思っていました)。牡馬7頭・牝馬1頭と牡馬に偏った出資となりました。牡馬に偏った点は、正直全く意識していませんでした。2014年産も、現状は正直かなり楽しませてもらっている結果だと思っていますので、2015年産については、それ以上の結果が出るよう、どのお馬さんについても頑張ってもらいたいと思っています。まずは無事にデビューを迎えて欲しいと思っています(^-^)