2016/05/17

ノルマンディーファーム見学(番外編)

こんばんは。

今回のノルマンディーファーム見学においては、もう1人の方と合同での見学となりました。そのため、私が出資馬及び出資検討馬として見学希望したお馬さん以外のお馬さんも見学をさせて頂くことができました。そのお馬さんのこと及び今まで触れていない牧場の方のコメントで印象に残っているコメント等を、ノルマンディーファーム見学(番外編)として、書かせて頂きたいと思います。

テオドルス
父マツリダゴッホ 母デオ 母父フサイチコンコルド 木村哲也厩舎入厩予定[関東]
P1020115.jpg
P1020116.jpg
P1020117.jpg
[牧場の方のコメント]
・父マツリダゴッホに馬体が似てきた。
・ここに来て、馬が非常に良くなり、まだまだ良くなる。
・芝のマイル~中距離で活躍すると思う。
・デビューは秋口くらいになるのではないかと思う。
・木村先生については、社台ノーザン系クラブから非常にいい馬を多く預かっているため、クラブの馬を預けるつもりはなかった。しかし、木村先生からマツリダゴッホ産駒をぜひ預かりたいという強い要望があったため、預けることになった。
[私の印象]
・今回の見学で、写真動画と比較して、一番印象が大きく変わった(良くなった)のは本馬でした。正直、本馬が出てきた時、これがデオの仔⁈とビックリしました。募集時感じた貧相な体つきとは全然比較にならない程、いい筋肉が付いており、全くの別馬でした。1年も経たないなかで、こんなに馬体が良くなるのかと感心しました。馬体動きを見る目はあまりないので、あまり参考にはなりませんが(^^;)、直感としては、これは走ると思ってしまった程でした。
・牧場の方の印象も、父に馬体が似てきたとコメントしている通り、ここに来て非常に成長を感じている点は、プラスだと思っています。
・木村先生は、社台ノーザン系で多くのいい馬を預かっているなか、自ら売り込み、本馬を預かっている経緯があることは、やはり出来うる限り結果を残すよう努めるとは思いますので、プラスだと思っています。競馬王のPOG本のなかで、「すごく線のきれいな馬で柔らかみがあって歩き方がいい。体に幅が出てきて牝系の良さを感じる」と期待のコメントをしております。
・今年出資しているお馬さん(6頭)において、確実に芝で走るというお馬さんが実は少ないと思っています(正直、ある程度意識してダートで活躍が見込めるお馬さんを選んでいますので、想定内ではありますが)。そんななか、本馬は芝で活躍が見込める牡馬だと思いますので、そこは結構魅力だと思っています。出資検討馬の1頭に加えたいと思います。

アースファイヤーの14
父アグネスデジタル 母アースファイヤー 母父クロフネ 清水英克厩舎入厩予定[関東]
P1020110.jpg
満口であるなか、出資検討馬として見学希望していたため、見せて頂くことができました。
牧場の方は、「アグネスデジタル産駒にしては硬さがない。芝でいけるのではないか」「この馬には、清水先生は合っていると思う。同産駒であるモンドクラッセも活躍している」「すぐに満口になったので、あまりの早さにビックリした」とおっしゃっていました。

[以下は牧場の方のコメント]
ナリタオリーブの14について
 「牧場見学に来る方の多くが見学されている。様子見の方が多いと思うので、割と早く満口になるのではないか」「大竹先生は、こんないい馬俺に預けていいのとおっしゃっていた」
ルナシンフォニーについて
 「放牧中に左後肢に外傷を負い、現在運動を控えている」「アドマイヤムーン産駒のいいところが出ている」「ダートでの活躍が見込めると思う」
キョウエイハツラツの14について
 「4次募集馬のなかで人気がないが、本馬はなかなかいい馬だと思う。全姉グリニッチヴィレジが先日未勝利戦を勝ち上がったが、本馬も同様に芝での活躍が見込める」
アリンナ
 「ここに来て、非常に馬が良くなってきている1頭」
○この時期に良くなってくる馬は信用できると思う。ブラゾンドゥリス・リルティングインクは、この時期に馬が良くなり、現在活躍している。
○5次募集については、現状ある可能性もない可能性もある。いいセール馬を購入できた際、牧場にいる馬が募集してもいい状態の馬になった際は、募集する可能性もある。

今回のノルマンディーファーム見学におけるブログ記載については、以上になります。

私は、2014年産駒から一口馬主を始めさせて頂き、ノルマンディーOCで6頭出資しております。2014年産駒については、あと1頭出資するかどうか、悩んでいる次第です。今回、ノルマンディーファームで実馬を見学させて頂き、あと1頭出資する際は、以下の4頭のなかから1頭を選択し、出資したいと考えております。

ヒノアカツキ
[ポイント]馬体・動き共に良い。半姉2頭が活躍している点はプラス。今回の見学で感じたこととしては、ダートでの活躍が見込まれること。ダート馬を出資するのであれば、米血統のお馬さんに出資してみたいなあ・・・とも思っている。
エスエスミラクルの14
[ポイント]血統配合と近しい印象の馬体動きをしている点はプラス(柔らかい動き、米血統らしい筋肉の付き方をしている)。米血統でダート短距離での活躍が見込める点も好印象。岡田社長の期待の大きさ、山内先生に預かって頂くことは大きな魅力。スーパーセイヴァー産駒に出資できる点はかなり魅力。但し、馬体動きについては、まだまだ力強さ逞しさパワーが付いてくる必要有。血統配合としてシアトルスルー4×2を中心とした特異な配合はある意味ギャンブル性は高い。
テオドルス
[ポイント]今回の見学で、一番印象が大きく変わった(良くなった)のは本馬。実馬を見て、直感としては走ると感じた。芝で活躍が見込める牡馬である点は魅力的。但し、芝マイル~中距離路線については、社台ノーザン系のいい馬が多く走る路線であり、競争が相当に厳しいと思う。私が、ダート馬又は短距離馬を中心にセレクトした理由としては、日本競馬においては、中心路線ではない分、若干レベルも下がり、その分活躍が見込める可能性が高くなると考えたためという部分がある。しかし、この中心路線で、ノルマンディーのお馬さんで戦うのであれば、やはりマツリダゴッホ産駒ではないかとも思う。
ダンスウィズユー(シルク)
[ポイント]父シンボリクリスエス産駒であること、レイクヴィラファーム産であること、この2点はかなり魅力的である。芝中距離~クラシックディスタンスでの活躍が見込め、来年のオークスを目指せるという点も魅力的。ノーザンファーム早来においても、ここに来てかなり良くなってきているとのことで、成長力も見込めると思う。但し、現在牡馬3頭牝馬3頭のバランスであるため、本来は牡馬に出資したいと考えている。本馬に出資する際は、シルクRCへ入会することになる。

出資する1頭(出資するかどうかも含め)については、そんなに時間を掛けて決めることは考えておりません(早く2015年産駒の検討へ移りたいとも考えておりますので(^^;))。出来れば、今月中(遅くとも来月上旬)までには決定したいと考えております。決定した際は、ブログでご報告させて頂きたいと思います。

今回のノルマンディーファーム見学におけるブログについて、最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。
スポンサーサイト