2016/08/20

やはり出資してしまいました。。。

こんばんは。

引き続き、ブログを記載させて頂きます。

前回のブログでも多少フライングで馬名が加わっておりましたが、、、馬欲しい欲しい病に打ち勝つことはできず、病のもと、1頭ポチってしまいました(^^;)そう、あの清々しいお馬さんです。。。

IMG_0405.jpg

サワヤカフェスタ
父ナカヤマフェスタ 母サワヤカスズカ 母父サクラバクシンオー
牝馬 栗毛 2014年4月9日生
生産:むかわ・新井牧場
所属:栗東 渡辺薫彦厩舎入厩予定

20160729[1]

ノルマンディーで一口馬主を昨年9月から始めさせて頂き、まさか初年度から9頭も出資するとは。。。しかし、お馬さんの価格も、牧場での維持費も、会費も安い(しかも会費はキャンペーンで無料になる月もある)ので、正直、最初に想定していた金額よりも掛からないなあという印象を持っております。それで、より多くのお馬さんに出資することができていることとなります。これからデビューし、どの程度活躍してくれるかは分かりませんが、1頭当たりの価格が安く、維持費も安く、会費も安く、しかも多くのキャンペーンを行って頂き、懇親会開催・牧場見学もでき、プレゼントもあり、アナザートゥルースについては命名させて頂くこともでき、ノルマンディーで一口馬主を始めたことについては、ほんとにとても良かったと思っております(#^^#)
今月に入り、出資していない且つ満口になっていない数頭のお馬さんの血統配合を、カタログとネット競馬で眺めておりました。その結果、1頭とても気になるお馬さんが出てきました。それが、清々しいお馬さん、、、サワヤカフェスタとなります。私の印象としては。。。

・父サンデーサイレンス系×母父サクラバクシンオーの血統配合にとても魅力を感じたこと。先月に、サクラバクシンオーの特集がグリーンチャンネルで放映されていて、栗山求氏筆頭にべた褒めだったんですよね。私も現役時代好きなお馬さんで、産駒であるショウナンカンプ・グランプリボス等を応援していました。また、母父としては、キタサンブラック・ハクサンムーン等を輩出し、これからも母父の血統として、大物を輩出していくと思っております。そんな母父サクラバクシンオーの産駒である本馬には、ぜひ出資してみたいと感じたこと。
・父ナカヤマフェスタ←ステイゴールド×母父サクラバクシンオーの血統配合において、ノーザンテースト5×4クロスは、かなりプラスなクロスだと感じたこと。
・祖父ステイゴールド×母父サクラバクシンオー産駒の代表馬としては、ショウナンバッハ・シゲルフセルト・ロジダーリングがおり、祖父ステイゴールド×母父サクラユタカオー産駒の代表馬としては、マイネレーツェルがおります。祖父ステイゴールドと母方プリンスリーギフト系は相性が良い配合と思ったこと。
・ナカヤマフェスタ産駒は、現状、思ったような結果が残せていませんが、ステイゴールドと比較して、晩成血統ではないかと思っており、何れステイゴールド産駒のように、一発ホームラン級の大物を輩出するのではないかと思っていること。
・本馬は馬体が大きくなく、その点はマイナス面かなとも思っておりますが、母サワヤカスズカの代表産駒であるサワヤカラスカルは416kgでデビューし、36戦5勝とオープンクラスまでいき、息の長い活躍をしました。また、先程あげたマイネレーツェルも402kgでデビューし、29戦4勝(内重賞2勝)と活躍をしました。前記牝馬2頭の活躍を鑑みると、馬体が小さいこともあまり気にしなくて良いのではないかと思えたこと。
・活発で前進気勢を表面に出している気性に好感を感じました。走ることに前向きな気性はレースでプラスに働くと思います。芝の短い距離を中心とした活躍が見込めると感じたこと。
・預託厩舎である渡辺薫彦先生は、まだデビュー1年目となりますが、ノルマンディーではマルーンドロップ・ユメミグサを預かって頂いており、その管理内容・レース選択・騎手選択等、かなりいい印象を持っております。今後、毎年20勝以上する先生になるのではないかと期待しており、そういう意味でも魅力的に感じたこと。


上記の通り、いい面を感じました。母高齢・デビュー年明けっぽい・晩成血統で未勝利勝ち上がるのに苦労しそう(しかし、未勝利を勝ち抜けば、先々はかなり楽しめるとも思っております)等、不安面はありますが、今月の競馬が割と調子が良いこと、出資金額が23,000円と安いこと等を鑑み、今回、出資させて頂くこととしました。やはり、出資せずに後悔はしたくないですからね(^^;)
2014年産最後の出資、ノルマンディスト魂を見せる結果となりました!(馬欲しい欲しい病に掛かっているだけという話もありますが(^^;))
これでほんとにほんとに2014年産出資は完了となります(このコメント、何回目でしたっけ?すいません。。。)9月3日4日で2頭デビューしそうな感じでもあり、2014年産の9頭には、ぜひ全頭未勝利勝ち抜けて欲しいと強く願っております(*^-^*)
スポンサーサイト
2016/08/20

2歳馬近況(2016.8.19)

こんばんは。

名古屋でのエスカラードの勝利、良かったですね。名古屋の名手岡部誠騎手が素晴らしい騎乗で勝利へエスコートしてくれました。ナカヤマフェスタ産駒、ルグランパントルの半弟ですので、馬が良くなってくるのはこれからだと思います。古馬になってからの活躍が楽しみなお馬さんだと思います。この時期は、ノルマンディーの3歳未勝利戦出走のお馬さんには特に勝って欲しいとやはり思いますね。ユメミグサ・シュティルヴァルトの勝利を願っております(*^-^*)
(もちろん、馬友さんがご出資されているラタンドレス・リルティングインクの勝利も願っております(*^-^*))

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年8月19日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:534kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒(週に2回は13~14秒ペース)のメニューで調整中です。
数字の上では増加していますが、体付きは徐々に引き締まって動きも素軽くなってきました。
雄大なフットワークから広いコースが合いそうな印象を受けます。
まだ気性的な幼さは残り、馬っ気を見せることはありますが、以前に比べると無駄な動きは少なくなってきました。
来月上旬の入厩に向けてしっかりと乗り込んでいきます。


馬体重は前週から+11kg。数字上は増えているなか、体付きは徐々に引き締まっているとのことですので、ここに来て、さらなる馬体の成長を見せているということでしょうか。500kg~520kg程度でのデビューとなりそうですね。雄大なフットワークから広いコースが合いそうとのこと。気性的にも成長が見られるようです。順調に行けば、10月の京都開催でのデビューとなりそうですね。ほんとに楽しみにしています(*^-^*)

シュエットヌーベル
更新日:2016年8月19日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
19日(金)にWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、56.3-41.1-13.5を馬ナリに追い切りました。
「予定が三週間ほど先に延びましたので、緩急をつけて今週は軽めの調整を行っています。暑さにバテることなく調子落ちも見られませんし、強い追い切りを行えば変わらず時計は出せる状態です。レースまでの期間をどうにか上手く調整していきたいと思います。9/4(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)を内田博幸騎手でデビューさせる予定です」(伊藤圭三調教師)


順調そうですね。3週スライドとなりますので、調子の維持が大切になると思います。あと2週間上手く調整して欲しいと思います。デビュー戦は新潟ダート1200m、内田博幸騎手鞍上となりますので、やはり新馬勝ちを意識してしまいますね。とても楽しみです(*^-^*)

ホウロクダマ
更新日:2016年8月19日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
14日(日)に坂路コースで4ハロン59.1-43.2-28.2-14.3を単走で馬ナリに追われ、18日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、55.8-40.3-26.1-13.1を強目に追い切りました。
「手先が重いところがありますが、動きそのものは素軽いですよ。昨日の追い切りもそれなりに動いてくれました。当初は来週の出走も視野にありましたが、もう少し追い切りを重ね、時計を詰める必要がありますので、再来週のデビューを予定したいと思います。小倉の芝1200mもしくは芝1800mでは、帯に短し襷に長しの印象を受けますので、9/3(土)新潟・2歳新馬(芝1400m)を本命に進めていきましょう」(中竹和也調教師)


1週スライドはいいと思います。大型馬ですので、追い切り本数を増やしてのデビューは間違いなくプラスだと思います。デビュー戦について、小倉芝1200mよりも新潟芝1400mの方が合っているようにも思います。あとは、ジョッキーですね。どのジョッキーを配してくれるのか。とても楽しみにしています(*^-^*)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年8月19日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
昨日18日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。
「ゲートに関しては心配していませんが、まずは合格できて一安心です。左トモの飛節ですが、抗生物質を打ってもらったりして一時は良化傾向にありました。ただ、週明けから再び水が溜まって大きくなっている状況です。現時点ではそれが走りに直接影響することはないですし、ゲート試験も受けられましたが、どうしても気になってしまいます。獣医師からは深刻なものではないと言われているのですが、私としては若いうちにスッキリさせたいという思いがあるんです。もう少しこちらで状態を見させていただき、デビューまで進めていくかどうかを判断させてください」(尾形和幸調教師)


まずはゲート試験無事合格とのこと。良かったと思います。左トモ飛節の件、慎重に見極めて欲しいと思います。尾形先生の若いうちにスッキリさせたいとのお考え、とても良いと思います。無理にデビューさせることは避けてもらいたいと思っています。尾形先生は、古馬になってからの活躍も見据えて、レースを使ってくれる先生だと思っていますので、今回の件もいい判断をしてくれると信じております(^-^)

クレムフカ
更新日:2016年8月19日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:498kg
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。
騎乗開始後も順調でコンスタントに調教を消化することができています。
まだ体付きに余裕が残りますが、この後はトレセンで進めていくことになり、明日20日(土)の検疫で美浦に入厩することになりました。
非凡な素質は感じさせていますが、まだ仕上がり途上なのでトレセンでも焦らずに進めていく予定です。


馬体重は前週から+3kg。いよいよ美浦トレセンへ入厩となります。遅生まれでじっくり育成をする方針であるなか、トレセンに入厩してじっくり進めるとのこと。ノルマンディー及び矢野先生の方針なのでしょうか。個人的には、期待の高さを感じるご判断だと思っています。当面は、デビュー時期をあまり見定めずに調教を積んでいくと思いますので、楽しみに見守りたいと思います(^-^)

来週25日から6日間(土日含む)夏休みを取り、5泊6日で北海道馬旅行へ出掛けます。20代のときから、ほぼ毎年夏は北海道へお馬さんを見に行っております。自分にとっては、最大のガス抜きだと思っております。今年は、ノルマンディストの聖地であるノルマンディーファームへの見学、出資させて頂いているお馬さんがいる養老牧場であるホーストラスト北海道への見学、パカパカファームフェイスブックツアーへの参加、JRA日高育成場への見学、札幌競馬場でのレース観戦(日曜日午後)等を予定しております。前記における旅行活動記については、30日に東京へ戻ってきてから、ボチボチ記載していきたいと思っております。

※ノルマンディーファームでの見学においては、出資馬であるアナザートゥルースアイアンアタックの14サワヤカフェスタ(???)及びスターズファンドで出資させて頂いているプラチナムバレットラピュルテの5頭を見学する予定となっております。ちなみに、出資馬であるテオドルスについては、今週末にノルマンディーファーム小野町へ移動するとのことで、見学できないこととなりました(また、デビットオアクレジットの14も1回見てみたいなあと思い、見学を申し込んだんですが、テオドルスと同様、今週末にノルマンディーファーム小野町へ移動するとのことでした。テオドルス・デビットオアクレジットの14の移動情報は、少しフライングの情報になりますかね(^^;)メールでクラブから頂いた情報ですので、記載させて頂きました)
2016/08/15

2歳馬近況(2016.8.15)

こんばんは。

先週末のノルマンディーは、2着2頭3着2頭となかなかの活躍ではありましたが、勝利を掴むことはできませんでした。しかし、札幌重賞G3エルムステークス、何と黛騎手のリッカルドが優勝。岡田スタッド生産、岡田牧雄氏所有の本馬が重賞初制覇。条件戦ではなかなか勝ちきれませんでしたが、重賞レースで弾けましたね。これから、ダート中距離で楽しめそうなお馬さんですね。しかし、私の見立てとしては、ブラゾンドゥリス・ルールソヴァールは、リッカルドに負けないレベルのお馬さんだと思っていますので、この2頭は、無事であれば、やはりダート重賞を取れる可能性は高いなあと改めて思いました(*^^*)カルヴァリオを含めて、この4歳3頭は、間違いなく重賞レベルのお馬さんですね。ノルマンディーが重賞を取るのも、かなり近いと思います(*^-^*)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

アナザートゥルース
更新日:2016年8月15日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:496kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。
高木調教師は定期的に馬の確認をおこなっており、「この血統は古馬になってからが本領発揮ですからね。未完成でも力ですぐに勝ち上がれると思いますが、兄たちと同じように焦らずに育てて本格化させたいですよね」とこの血統を熟知している師ならではの方針を語っていました。
少なくとも夏場は北海道で鍛練を重ねる予定です。


馬体重は前回から-4kg。いいですね。サウンドトゥルー・ルールソヴァールと同様の成長過程を歩んでおり、高木先生も兄同様焦らずにじっくり育てて本格化させる方針。POG本で西園先生が「牧場と共通認識がある血統で、成長過程がそのイメージに合っていたときは信用できる」とおっしゃっていました。本馬はまさにそれ!夏場は北海道でじっくり育成してもらい、12月・1月の中山開催又は2月の東京開催くらいでデビューしてくれればいいと思っております(*^-^*)

テオドルス
更新日:2016年8月15日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:511kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。
先日には木村哲也調教師が来場し、「まだ緩さはありますが、見る度に進化していますね」と成長を感じ取っている様子でした。
師の言う通りに緩さは残りますが、着実にスケールアップしてきているので、今月中の移動を見据えながらしっかりと乗り込んでいきます。


馬体重は前回から-1kg。木村先生が来場し、進化の程を感じ取って頂いたようですね。本馬は、募集時から+80kg程度馬体重が増えており、ほんとにすごい進化を遂げていると感じております。私が牧場見学した際は480kg程度の馬体でしたが、そのときでも募集時とは別馬と感じ、そのインスピレーションを信じ、出資させて頂きました(*^^*)今月下旬~来月上旬に小野町へ移動になりそうですので、11月の東京開催くらいでのデビューになりそうですね。私のなかでは、クラシックへの出走が本馬における夢だと思っていますので、どんな走りをしてくれるか、楽しみにしたいと思っております(*^-^*)

アイアンアタックの14
更新日:2016年8月15日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:457kg
調教中に自らの後肢が右前脚に接触した際に裂傷を負ったため、現在はパドック放牧をおこなっています。
傷がやや深いことから、塞がるまでは少々時間を要す見込みです。
骨格からすればもう少し馬体に余裕を持たせたいため、この機会に出来るだけふっくらさせたいと考えています。
素質は確かな馬なので見切り発車はせず、まずはしっかりと患部を完治させる予定です。


馬体重は前週から-2kg。裂傷を負ってしまったようで、順調さを欠いてしまっているようですね。1ヶ月~1ヶ月半程度は放牧でしょうか。検討会においては、牧雄氏ももう20kgくらいはふっくらするかと思っていたとおっしゃっていたようですので、この機会にもう20kgくらいふっくらさせて頂ければと思います。3/4同配合のキングズガードは年明け5月デビューでしたので、本馬も焦らずじっくりと育成してくれれば良いと思っています。ダート短距離戦にターゲットを置けば、未勝利戦を勝ち上がるのに苦労するレベルのお馬さんではないと思っております(*^-^*)

テオドルスは11月東京開催くらいにデビュー出来るかなと思っておりますが、アナザートゥルースアイアンアタックの14は年明けデビューになりそうかなと思っております。しかし、アナザートゥルースアイアンアタックの14は、血統的に見ても、年明けデビューでいいと私としては思っております。早めにデビューした方が数が使えて、勝つチャンスが増えるとは思いますが、高木先生がおっしゃっているように、晩成型血統のお馬さんは焦らずに育てて本格化させることで、古馬になった際に素質が爆発し、大きな活躍に繋がると思います。力があるお馬さんは、適性さえ間違わなければ、未完成ななかでも未勝利戦では力が違うと思っております。前記2頭は、そういうレベルのお馬さんだと勝手に思っております(*^-^*)

※またまた、ここに来て馬欲しい欲しい病にかかってしまっております(^^;)2014年産は出資完了と決めているはずなのに。。。今月は、何故だか、馬券の調子がまずまずいいんですよね。儲かった金額で出資しようかなと。。。それなら、2015年産に行けばいいのにとも思うんですが、様子見をしていたところ、ここに来て、ノルマンディー2014年産で1頭気になってしまっているお馬さんがいます。先日の牧場見学の際は拝見していないお馬さんなんですが、血統配合を見て、安い金額の割に、なかなか面白い配合をしているなと感じています。しかも、リオキャンペーン対象馬なんですよね。どうしようか。キャンペーンは21日までですので、それまで悩もうと思っております(^^;)
(しかし、他クラブの2015年産でも2頭程、いいなと思っているお馬さんがいるんですよね。。。2015年産、ノルマンディー1本で行くか、もう1つクラブを増やすか、これもかなり悩みますね(^^;))
2016/08/12

2歳馬近況(2016.8.11・8.12)

こんばんは。

2014年産については、本日、チャランダの14が満口に。現在、37頭中16頭が満口。さらに、ノルマンディー最高額のデビクレちゃんがもう残144口に。もしかすると、満口になる可能性もあるかも。。。ブラゾンドゥリスがオープン馬となり、価格を鑑みると、楽しめるお馬さんが多くいることもあり、人気クラブになってきているなあと感じます。2015年産については、先行募集での満口もあるかも。狙っているお馬さんが無事出資出来ればいいなあと思う次第であります。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年8月12日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:530kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒(週に2回は13~14秒ペース)のメニューで調整中です。
若干ペースを上げて乗り込んでいますが、飼い葉食いがいいこともあって幾分の余裕を感じさせます。
これから併せ馬を積極的に取り入れて移動の態勢を整えていく予定です。
昆調教師にも報告をおこなっており、来月上旬に栗東へ送り出したいと考えています。


馬体重は前週から+7kg。夏負けからは完全に復帰したようですね。そのおかげで飼い葉食いが良く、少し余裕があるようですね(^^;)しかし、育成場では、これくらいで良いように思います。いよいよ入厩が近づいてきましたね。10月京都開催でのデビューですかね。期待の大きい本馬ですので、ほんとに楽しみしています(*^-^*)

シュエットヌーベル
更新日:2016年8月11日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
8/13(土)小倉・2歳新馬(ダ1000m・混)D.バルジュー騎手 除外(非当選)
10日(水)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、52.9-38.7-26.1-13.3を一杯に追い切りました。
「スタートを決めて揉まれず先行できれば、1000mのスピード競馬でも勝機十分と見ていただけに正直、痛恨の除外です。追い切りは先週よりも坂路の外目を通っており、また全体的に力の要る馬場でしたのでタイム的には十分合格点を与えられるものでした。この中間はゲート練習も再度行いましたが、試験の時よりも出が速かったし、入りや駐立も実に優秀ですよ。除外の可能性を考慮して、小倉移動の予定を出馬投票後に遅らせたことだけは幸いしましたね。ダートの番組が組まれておらず、日程を少し先へスライドさせることになりますが、デビュー戦は除外1の権利を持って、9/4(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)に内田博幸騎手で臨むことにします」(伊藤圭三調教師)


14/17で除外となってしまいました。しかし、除外即内田博幸騎手を配して頂き、除外1で新潟最終週ダート1200mを目指すこととなりました。3週スライドになりましたが、小倉への長距離輸送がなくなり、しかも除外1を取ることが出来、内田博幸騎手で新潟ダート1200m新馬戦へ向かうことができたので、結果オーライかなとプラスに捉えております。ゲートの出も良さそうで、スピードを活かし逃げ先行のレースをしそうなイメージがあり、頼りになる内田騎手が鞍上でもありますので、新馬勝ちを意識したいなあと期待しております。伊藤先生は、ダート短距離に拘って頂いており、鞍上もD.バルジュー騎手⇒内田博幸騎手を配して頂き、本馬への期待の高さを伺うことが出来、先生に対する印象もかなりアップしております。伊藤先生は、タイニーダンサー・イッシンドウタイが現役ダート戦線で活躍しており、ダート実績に長けたグランド牧場が実家となる方なので、ダート短距離を主戦場にしそうな本馬には、とても合っている先生だと思います。暑いなか3週スライドは調子の維持が大変だとは思いますが、先生の腕に期待しております(*^-^*)

ホウロクダマ
更新日:2016年8月12日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
昨日11日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。
「水曜日の練習でダッシュも利くようになり、試験本番でもゲートが開いたら上手にこなしてくれましたよ。まずは第一関門突破ですね。飼い葉食いの量も落ちていませんし、体力もありますので、デビューに向けてこのまま自厩舎で調整していきます。大型馬でなるべく脚元に負担を掛けないようにしたいので、坂路中心で仕上げていくつもりです。8/27(土)小倉・2歳新馬(芝1200m)を考えています」(中竹和也調教師)


ダッシュも利くようになり、無事ゲート試験も合格。なかなか物覚えが良く、飼い食いも良く、体力もあり、手が掛からない本馬、ほんと優等生ですね(^-^)小倉芝1200mデビュー予定とのこと。なんと、私の一口馬主デビューは本馬になりそうな感じですね。あの大きいホウロクダマが、ここまでほんとに順調に調整が進み、夏競馬でデビュー出来るとは、正直嬉しい誤算ですね(^^;)血統通り、芝短距離でのデビュー戦、2歳の芝レースに強いショウナンカンプ産駒ですので、あのビワハヤヒデを彷彿させるレースを期待したいと思っています(*^-^*)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年8月12日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
この中間もゲート練習中心の調整をおこなっています。
「少々口向きの矯正に手を焼いてはいますが、ゲート自体は着実に進歩していて、もう試験を受けてもいいかなと思えるレベルまできています。ただ、左トモの飛節部の内外に軟腫が出てきていて少しずつ大きくなっている状況です。現段階では大きな心配はないですし、このまま合格までは進めていきたい考えは持っています。しかし、まだ先のある馬ですし、無理だけはさせたくありません。沈静化すれば来週にも受験したいのですが、厳しいようであればひと息入れることも検討したいと思います。念のため、本日に血液検査を受けましたが、問題はありませんでした。いずれにせよ、もう少しこちらで様子を見させてください。入厩早々にご心配をおかけして申し訳ありません。期待馬ですので、最善を尽くさせていただきます」(尾形和幸調教師)


口向きの矯正に少し手を焼いており、左トモの飛節部の内外に軟種が出てきているとのこと。少し順調さを欠いているのかなあといった感じです。ダート短距離を主戦場にしそうな本馬。尾形先生のおっしゃる通り、無理をせず、いい状態でデビュー戦を迎えて欲しいと思っております。札幌検討会では、牧雄氏がかなり期待が高いとおっしゃって頂いた本馬。尾形先生も期待して頂いているようでもありますので、じっくりしっかりと調整して頂き、ほんとにいい状態でデビューを迎えて欲しいと思います(^-^)

クレムフカ
更新日:2016年8月12日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:504kg
疲れが取れてきたことから、8日(月)から騎乗を再開しました。
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。
まだ非力さがあり、休ませた分だけ体に余裕があって走りに重さを感じさせますが、絞れてくれば走りの質も変わってくるでしょう。
入厩前のワンクッションとして、美浦近郊の育成場に移動させることも検討しています。


馬体重は前週から+9kg。休ませていましたので、余裕のある体なのかなと思います。これから、再度育成を進めていくことになると思います。美浦近郊育成場への移動も検討しているとのこと。大事に育成して頂いているなあと感じます。札幌の検討会では、キャラメルフレンチに続いて、牧雄氏がかなり期待が高いとおっしゃって頂いた本馬。遅生まれであり、ダートマイル~中距離を主戦場にしそうな本馬ですので、じっくり育成して頂ければと思っています(*^^*)

今週、シュエットヌーベルが除外となった関係もあり、ホウロクダマが、私の一口馬主デビューになる可能性が出てきました。2歳の芝レースに強いショウナンカンプ産駒でもあり、ここまでほんとに順調に調整が進んでおりますので、期待して待ちたいと思っています。中竹先生が誰を鞍上に迎えてくれるか、かなり興味深く見守っております(*^^*)
2016/08/06

ホーストラスト北海道(1)

こんばんは。

今回は、養老牧場であるホーストラスト北海道さんについて、書かせて頂きます。

私は、ここ4年~5年くらい前から、引退後のお馬さんの馬生について、関心を持つようになりました。そんななか、3年前に現役時代大好きだったダイタクバートラム(以下タクちゃん)が種牡馬を引退して、ホーストラスト北海道さんで馬生を過ごしていることを知り、ホーストラスト北海道さんの取り組み内容を読み、賛同したため、2年前に一口里親にならせて頂きました。その2年前の夏から、毎年夏にホーストラスト北海道さんに行き、半日滞在し、タクちゃんを中心にお馬さんと触れ合い、責任者である酒井さんと話をさせて頂いております。酒井さんは、受け入れの要請がある際は、基本的に受け入れるようにしていると話をされております(もちろん、諸々条件はありますが)。牧場施設を拡げ、さらに受け入れられるようにしているようですが、人の問題等、なかなか苦労されているのかなと感じております。私としては、今まで30年程度競馬を趣味としてどっぷり嵌り、お馬さんが走り、精一杯応援させて頂いたことで、人生を楽しませてもらっていると感じております。その応援しているお馬さんが引退し、幸せな馬生を過ごすために、少しでも貢献したいと強く想うようになり、ホーストラスト北海道さんの趣旨に賛同し、タクちゃんの一口里親となった次第です(^-^)
今回、今年の6月の函館SSに出走し、レース後屈腱炎となり引退したセイコーライコウが、竹國オーナー・竹内調教師の計らい(乗馬ではなく、養老牧場でゆっくりと残りの馬生を過ごしてもらいたいとの考え)により、7月31日にホーストラスト北海道さんに入りました。セイコーライコウは、7歳にして、芝直線1000mの重賞アイビスサマーダッシュに優勝し、重賞初制覇。鈴木康弘調教師の引退前に、約15年ぶりの最後の重賞勝利をプレゼントしました。私は、かなり好きなお馬さんでした。約2年のブランクがあるなか、7歳にして、韋駄天Sを持ったままで完勝。アイビスサマーダッシュも2枠2番からのスタートで、前半多少追っ付けぎみに追走し、後半伸びてきてからは、外に合わせていくだけで抜け出し完勝。芝直線1000mのレースを、オープン・重賞級のレースで、こんなに差して楽に勝つお馬さんは、セイコーライコウ以外見たことがない、オンリー1ではないかと思っております。ほんとにレースぶりに惚れてしまいました(*^-^*)引退レースとなった函館SSまで応援させて頂きました。また、名伯楽である鈴木先生が引退するシーズンに、約15年ぶりに最後の重賞勝利をプレゼントしたことも、ほんとに孝行なお馬さんで、いいなあと思っております。そんなセイコーライコウが、ホーストラスト北海道さんに入ったため、昨日、酒井さんに連絡し、一口里親にならせて頂きました。私の競馬ライフを楽しませてくれたセイコーライコウの、残りの馬生のために、少しでも貢献できたらなあと思っております。今月下旬に、今年もホーストラスト北海道さんに伺いますので、タクちゃんとセイコーライコウ(何て呼ぼう?ライコウかな?)と触れ合いたいと思います(*^-^*)
13681059_625093537664676_5366288159205314812_n[1]
※セイコーライコウがホーストラスト北海道さんに入ったときの写真です
(ホーストラスト北海道さんのフェイスブック写真から転載させて頂きました)

最近は、引退馬の馬生については、色々な取り組みが行われるようになってきております。特に、サンクスホースプロジェクトの取り組みは、超一流の調教師である角居先生を筆頭に、大竹先生、福永騎手、武豊騎手等が参加し、マスメディアにも様々に取り上げられています(先日はフジテレビのみんなの競馬でも取り上げられていました)。競馬を楽しんでいらっしゃる皆さんが、少しでも引退後の馬生に関心を持って頂き、何かしらの取り組みに賛同し、参加して頂ければ、少しづつかもしれませんが、引退したより多くのお馬さんが幸せな馬生を過ごすことができるのかなと思っております。私も、微力ではありますが、今後とも、ノルマンディーを中心とした一口馬主を楽しむ一方、引退馬の馬生に関する取り組みにも、賛同し、参加していきたいと考えております(*^-^*)

※ホーストラスト北海道さん(鹿児島県にあるホーストラストさんも同様)の一口里親は、一口3,000円でお馬さんのスポンサー(お馬さんを特定するもの及び特定しないものがあります)になる制度です。月々の預託料は、スポンサーの出資金(重賞勝ち馬はJRAから助成金が出ますので、それも加わります)で賄われています。スポンサーになりますと、毎月、写真付報告書及び写真が送られてきます。また、年4回、四季インフォーム(会報)が送られてきます。もちろん、事前連絡すれば、牧場に入り、お馬さんと触れ合うこともできます。自分が応援していたお馬さんの引退後の馬生を近くで見守ることができ、触れ合うこともできるので、自分自身にとっても、とても楽しくいいものだと思っております(*^^*)
2016/08/05

2歳馬近況(2016.8.5)

こんばんは。

他クラブは2015年産の募集にシフトしているなか、ノルマンディーは、ここにきて、2014年産最後のキャンペーンを行うようですね。明日は、札幌で検討会も行いますし、最後まで2014年産を売り切るという姿勢は、ノルマンディーらしいと感じます。私は、2014年産は打ち止めとしておりますので、そろそろ、ノルマンディーの2015年産の募集馬を知りたいなあとは思っています(^^;)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年8月5日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:523kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒(週に2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。
だいぶ気持ちが乗ってきており、同じペースでも手応えよく走れるようになってきました。
恵まれた馬体の持ち主で素質も感じるだけに期待値は高値安定しています。
ここにきて復調してきていますが、夏場に無理はさせずにもう少し上向かせてから移動する旨を昆調教師とも確認しており、今月下旬~来月上旬の入厩を目標に進めていく予定です。


馬体重は前週から-2kg。夏負けからは復調し、体調は大分上向いているようですね。秋の阪神開催後半~京都開催くらいでのデビューとなりそうですね(^-^)期待値は高値安定とのことですので、芝ダート問わず、大きな活躍を期待しております(*^^*)

シュエットヌーベル
更新日:2016年8月5日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
3日(水)に坂路コースで5ハロンから0.1秒追走して併せ、52.3-38.1-25.0-12.4を強めに追い切りました。
「古馬にしっかりと食らい付き、終いまで脚色が鈍ることなく好時計をマークしました。走りの感じからはダート戦に向いている印象ですが、なかなかスピードに見どころがありますよ。新潟には適鞍と見込む番組が開催最終週にしか組まれていませんし、当然そこを狙ってくる陣営は多いでしょうから、除外になる可能性も懸念せねばなりません。レースを使える態勢はほぼ整ったと判断できるため、クラブ側とも意見を交わした結果、来週8/13(土)小倉・2歳新馬(ダ1000m・混)に向かうことになり、D.バルジュー騎手を確保しました。長距離輸送のリスクは伴うものの、無事クリアできれば初戦から動けそうなイメージがあります。最終追い切りは美浦で行う予定ですが、渋滞などを考慮して早めに小倉競馬場に移動させるつもりです」(伊藤圭三調教師)


私の一口馬主デビューは、本馬となりそうです(*^^*)来週土曜日の小倉ダート1000m、D.バルジュー騎手でデビュー予定となります。調教では、古馬相手に食らいつき、好時計を出しています。血統としては、完全にダート向きだと思いますので、私はダートでのデビューは嬉しく思っています。小倉への輸送は厳しいとは思いますが、ダート短距離という適性を求めての遠征になりますので、何とか乗り越えて欲しいと思っています。D.バルジュー騎手を手配したところから見ても、初戦から勝負になると踏んでいるのではと思います。一口馬主デビュー戦で、一口馬主初勝利も十分あり得ると思っております(*^-^*)

ホウロクダマ
更新日:2016年8月5日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
現在はゲート練習中心の調整をおこなっています。
「飼い葉食いも旺盛でおとなしく、手が掛かりませんね。スムーズにその日のメニューを消化することができているのは好印象です。角馬場でウォーミングアップとハミ受けの確認後にゲート練習を行っています。進入、駐立は全く問題ありませんが、ゲートが開いてからの一歩目が遅いので、ダッシュの稽古を繰り返しているところです。二歩目からは速いですし、スタートダッシュをさえ覚えてくれれば、ゲート試験を受けようと思っています」(中竹和也調教師)


ゲート一歩目が遅いことが課題のようですが、飼い葉食い旺盛、手が掛からない、スムーズにメニューを消化、ゲート内進入・駐立は問題なし、二歩目からは速い、といいコメントが多く、やはり高い期待を持ってしまいますね(*^^*)「あのビワハヤヒデを彷彿させる。。。」本馬がどんな走りを見せるのか、ほんとに楽しみでなりません(*^-^*)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年8月5日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
先週7月30日(土)に美浦・尾形和幸厩舎に入厩しました。
現在はゲート練習中心の調整をおこなっています。
「先週末に無事に入厩しています。牧場でも苦労されていたようですが、やはり口向きに課題がありますね。あっちへフラフラ、こっちへフラフラといった状況ですので、まずはその辺りを改善させたいと思います。ゲート練習を進めており、まだ覚えさせることはありますが、こちらに関しては変な癖などは見せていないので問題なさそうですよ。素質は感じさせる馬ですのでご期待に添えるように頑張ります」(尾形和幸調教師)


いよいよ美浦トレセンに入厩となりました。やはり口向きに課題があるようですね。ゲート練習は問題なさそうですね。尾形先生も素質を感じさせるとコメントして頂いておりますので、口向きの課題を克服して、デビューを迎えて欲しいと思います(*^-^*)

クレムフカ
更新日:2016年8月5日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:495kg
依然として疲れを感じさせることから、引き続きウォーキングマシンの運動をおこなっており、1日に1時間ほど歩かせています。
素質は十分に感じさせますが、まだ良化の余地を多く残している馬なので入厩は白紙にして状態を見ながら大事に進めていく予定です。


馬体重は前週から+1kg。遅生まれですし、小野町でじっくり育成して欲しいと思います。入厩は白紙とのことですので、秋デビューに向けて、大事に進めていって頂ければと思っております。

私が出資した8頭中3頭がトレセンに入厩。そして、いよいよシュエットヌーベルが、私の一口馬主デビューを飾ってくれます。新種牡馬スマートファルコン産駒は、既に地方7勝中央1勝(全てダート)をあげており、2歳戦から活躍をしております。本馬は坂路でとてもいい動きを見せており、やはりいいスピードを持っているなあと思っております。小倉ダート1000mでのデビューですので、輸送さえクリアしてくれれば、勝利が見えてくると思っております(*^-^*)