2016/08/06

ホーストラスト北海道(1)

こんばんは。

今回は、養老牧場であるホーストラスト北海道さんについて、書かせて頂きます。

私は、ここ4年~5年くらい前から、引退後のお馬さんの馬生について、関心を持つようになりました。そんななか、3年前に現役時代大好きだったダイタクバートラム(以下タクちゃん)が種牡馬を引退して、ホーストラスト北海道さんで馬生を過ごしていることを知り、ホーストラスト北海道さんの取り組み内容を読み、賛同したため、2年前に一口里親にならせて頂きました。その2年前の夏から、毎年夏にホーストラスト北海道さんに行き、半日滞在し、タクちゃんを中心にお馬さんと触れ合い、責任者である酒井さんと話をさせて頂いております。酒井さんは、受け入れの要請がある際は、基本的に受け入れるようにしていると話をされております(もちろん、諸々条件はありますが)。牧場施設を拡げ、さらに受け入れられるようにしているようですが、人の問題等、なかなか苦労されているのかなと感じております。私としては、今まで30年程度競馬を趣味としてどっぷり嵌り、お馬さんが走り、精一杯応援させて頂いたことで、人生を楽しませてもらっていると感じております。その応援しているお馬さんが引退し、幸せな馬生を過ごすために、少しでも貢献したいと強く想うようになり、ホーストラスト北海道さんの趣旨に賛同し、タクちゃんの一口里親となった次第です(^-^)
今回、今年の6月の函館SSに出走し、レース後屈腱炎となり引退したセイコーライコウが、竹國オーナー・竹内調教師の計らい(乗馬ではなく、養老牧場でゆっくりと残りの馬生を過ごしてもらいたいとの考え)により、7月31日にホーストラスト北海道さんに入りました。セイコーライコウは、7歳にして、芝直線1000mの重賞アイビスサマーダッシュに優勝し、重賞初制覇。鈴木康弘調教師の引退前に、約15年ぶりの最後の重賞勝利をプレゼントしました。私は、かなり好きなお馬さんでした。約2年のブランクがあるなか、7歳にして、韋駄天Sを持ったままで完勝。アイビスサマーダッシュも2枠2番からのスタートで、前半多少追っ付けぎみに追走し、後半伸びてきてからは、外に合わせていくだけで抜け出し完勝。芝直線1000mのレースを、オープン・重賞級のレースで、こんなに差して楽に勝つお馬さんは、セイコーライコウ以外見たことがない、オンリー1ではないかと思っております。ほんとにレースぶりに惚れてしまいました(*^-^*)引退レースとなった函館SSまで応援させて頂きました。また、名伯楽である鈴木先生が引退するシーズンに、約15年ぶりに最後の重賞勝利をプレゼントしたことも、ほんとに孝行なお馬さんで、いいなあと思っております。そんなセイコーライコウが、ホーストラスト北海道さんに入ったため、昨日、酒井さんに連絡し、一口里親にならせて頂きました。私の競馬ライフを楽しませてくれたセイコーライコウの、残りの馬生のために、少しでも貢献できたらなあと思っております。今月下旬に、今年もホーストラスト北海道さんに伺いますので、タクちゃんとセイコーライコウ(何て呼ぼう?ライコウかな?)と触れ合いたいと思います(*^-^*)
13681059_625093537664676_5366288159205314812_n[1]
※セイコーライコウがホーストラスト北海道さんに入ったときの写真です
(ホーストラスト北海道さんのフェイスブック写真から転載させて頂きました)

最近は、引退馬の馬生については、色々な取り組みが行われるようになってきております。特に、サンクスホースプロジェクトの取り組みは、超一流の調教師である角居先生を筆頭に、大竹先生、福永騎手、武豊騎手等が参加し、マスメディアにも様々に取り上げられています(先日はフジテレビのみんなの競馬でも取り上げられていました)。競馬を楽しんでいらっしゃる皆さんが、少しでも引退後の馬生に関心を持って頂き、何かしらの取り組みに賛同し、参加して頂ければ、少しづつかもしれませんが、引退したより多くのお馬さんが幸せな馬生を過ごすことができるのかなと思っております。私も、微力ではありますが、今後とも、ノルマンディーを中心とした一口馬主を楽しむ一方、引退馬の馬生に関する取り組みにも、賛同し、参加していきたいと考えております(*^-^*)

※ホーストラスト北海道さん(鹿児島県にあるホーストラストさんも同様)の一口里親は、一口3,000円でお馬さんのスポンサー(お馬さんを特定するもの及び特定しないものがあります)になる制度です。月々の預託料は、スポンサーの出資金(重賞勝ち馬はJRAから助成金が出ますので、それも加わります)で賄われています。スポンサーになりますと、毎月、写真付報告書及び写真が送られてきます。また、年4回、四季インフォーム(会報)が送られてきます。もちろん、事前連絡すれば、牧場に入り、お馬さんと触れ合うこともできます。自分が応援していたお馬さんの引退後の馬生を近くで見守ることができ、触れ合うこともできるので、自分自身にとっても、とても楽しくいいものだと思っております(*^^*)
スポンサーサイト