2016/09/30

2歳馬出走(2016.10.2)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーでの一口馬主デビューを飾ってくれたホウロクダマの2戦目になります。

ホウロクダマ
☆10/2(日)阪神・2歳未勝利(ダ1200m)森裕太朗騎手

29日(木)に坂路コースで4ハロン54.9-40.2-26.1-13.0を単走で一杯に追い切りました。
「今日の栗東坂路の重い馬場で、この時計で動けるのはたいしたものですよ。やはり馬力はありますよね。ダート替わりが非常に楽しみです。前走から今日の追い切りを入れて4本、しっかりとやれていますので、重め残りでの出走にはならないでしょうし、一度実戦を経験したことでの上積みも十分感じます。再度3kg減の森騎手を起用しましたので、デビュー戦のようにスムーズに先行できれば、出走メンバー的にもチャンスは十分あると思います」(中竹和也調教師)


中竹先生からは、期待のコメントを頂いておりますね。
ただ、前走に引き続き、今回も3kg減量騎手が騎乗となりますね。減量騎手に拘って配していますね。力量的に、まだまだと思っているんでしょうか(^^;)
ダート変わりはいいと思いますし、距離短縮もいいと思います。血統配合としては、ダート1200mはベストだと思います。メンバーも手薄に感じますし、人気はないと思いますが、意外とチャンスあるんじゃないかと期待しています。逃げる先行力はありますので、一変したレースを期待しております(*^^*)
スポンサーサイト
2016/09/26

2015年産一口出資(予定)馬決定!

こんばんは。

一昨日のノルマンディー募集馬検討会を経て、ブログに記載することで整理させて頂き、昨日一日悩み検討させて頂きました。
本日、先行募集の出資(予定)馬として、ポチらせて頂きました。
(予定としているのは、抽選があった際を危惧しているためです(^^;))
ノルマンディー先行募集での出資(予定)馬は、以下の通りとなります。

メルセダリオの15
父ルーラーシップ 母メルセダリオ 母父タニノギムレット 美浦:尾形和幸厩舎入厩予定

2015008[1]
初志貫徹になります。
岡田将一代表も、自分がいいと思った馬に出資して下さいと仰っていましたので。
北海道セレクションセールで購入された際から、血統配合・動きがとても気に入り、そのときから出資したいと思っていました。
預託厩舎である尾形和幸先生は、私の一口馬主初勝利兼初口取りを経験させてくれましたキャラメルフレンチを管理して頂いている先生ですから、とても縁を感じますし、私にとっては最上級の先生だと思っています。岡田将一代表も、直接お聞きしました話では、クラブとしてとても信頼し腕のある先生だと思っているから、今回本馬を預けることとしましたと仰っていました。高木先生と同様、ノルマンディーではエース級の立場になったのかなと解釈しました(^-^)お馬さん本位で、慎重且つとても大切にレースを使ってくれる先生だと思っています。私としても、とても信頼できる先生だと思っています(*^^*)
岡田将一代表からは、本馬のいい点と不安点と両方お聞きすることができました。私としては、その両方を受け入れ、出資することができると十分に判断することができました。惚れ惚れする馬格・アクション・動きは、私としても本馬を出資する大きな理由の一つでありますので。ルーラーシップ産駒、母父ロベルト系、ノーザンダンサー4×3クロス、ダイナカールとアンデスレディーの3×2ニアリークロス、この配合はほんとに魅力的だと思っています。昨日、ルーラシップ産駒のキングズラッシュが芙蓉Sを勝ちました。このお馬さんは、ルーラシップ×ロベルト系(シンボリクリスエス)の配合になります。やはり、キンカメ産駒同様、ルーラーシップ産駒は、ロベルト系との配合は合うのかなと思いました。
本馬は、予定通り、1頭目として出資させて頂きました。

オークルームの15
父アイルハヴアナザー 母オークルーム 母父ペンタイア 美浦:大竹正博厩舎入厩予定

2015003[1]
もう1頭~2頭は、どのお馬さんに出資するか、ほんとに悩みました。
最終的な決定材料は2点。
1点目は、検討会に参加させて頂いた縁、岡田将一代表と直接話をさせて頂いた縁を大切にしました。帰り際に、ご挨拶も兼ねて、岡田将一代表のところに直接伺いました。その際、最後に、本馬のことをお聞きしました。内容としては、芝ダート両方いけるということ、ダートでも潰しがきくということ等は、私にとってプラスではあったんですが、その内容よりも、強い自信を感じてしまったんですよね(^^;)これは、完全に感覚的なものなんですが。このことが、大きな理由の1つとなります。
2点目は、預託先が大竹正博先生であることになります。2014年産のソルオリーヴァには出資することができなかったんですが、大竹先生が管理されるお馬さんには、ぜひ一度出資してみたいと強く思っていました。それであれば、今回出資してみようと思ったことも、大きな理由の1つとなります。
血統配合としては、父アイルハヴアナザーがポイントになると思います。しかも、母父非サンデー系になりますので。芝適性が未知数だと思っています。しかし、代表曰く、ダートでも潰しがきくと仰っていたことは、とても力強く感じました。母産駒は、15歳のときの産駒で、そこそこ高齢ではありますが、ここにきて、イオラニ(2011年産)・カルヴァリオ(2013年産)と活躍馬が出てきたことは、今が旬な母産駒なのかなと捉えております(*^^*)
本馬を、2頭目として出資させて頂きました。

先行募集では、2頭の出資(予定)とさせて頂きました。
2頭ともに、抽選にならないことを祈るばかりです(^^;)
ネット競馬・ブログ・ツイッター等を拝見する限りでは、ルーシーショーの15オークルームの15が人気のような感じがします。それもあって、オークルームの15に出資した部分もあります。出資するのであれば、先行募集でしないと厳しいかなと。
無事2頭ともに出資が決定した際は、もう1頭は、一般募集の際(割と早いタイミングで)、出資しようと考えております。候補としては、ホリデイトウショウの15トーセンリリーの15メロークーミスの15ルーシーショーの15(残っていないかな。。。)の4頭の内、1頭に出資したいと思っております。今から出資検討をボチボチ行い、残口表示を見ながら、出資したいと考えております(*^-^*)
借金してでも買いなさいと言われました(^^;)、キョウエイトルースの15は、やはり金額的に厳しいですので、成長状況をしっかり見させて頂き、様子見させて頂きたいとは思っています(^-^)
先行募集での出資結果については、10月4日(火)には出ると思いますので、無事出資が決定してくれればと、心から願っております(*^-^*)
2016/09/24

ノルマンディー募集馬検討会(秋葉原 2016.9.24)

こんばんは。

今日は、ノルマンディーの2015年産募集馬検討会に行ってきました。
アットホームな会合で、とてもいい雰囲気で、ノルマンディーらしい会合だったと思います。
代表である岡田将一氏の募集馬に関するコメントが多くを占める会合でした。
ゲストは、チェアユーアップの15を管理される田島俊明先生とエンシャントアーツの15を管理される牧田和弥先生でした。
また、今回も抽選会があり、目玉は、なんと一口出資権が3名に当たる太っ腹なものでした。
エンシャントアーツオークルームチェアユーアップタニノエクセレントメロークーミスルーシーショーの6頭の内1頭)
私は、何も当たりませんでした(^^;)
このタイミングでの一口出資権は、当選された方がかなり羨ましいなあと思いました(^^;)

それでは、岡田将一氏が話をされたコメントを記載させて頂きたいと思います。
前提として、今回の1次募集馬については、1000万下まで勝ち上がれるかを基準に、厳選して選んだと仰っていました。
2次募集以降あるかもしれないが、今回選んだ馬以上の馬が募集できるとは思えない。それくらいいい馬を選定したと思っているとも仰っていました。
では、各馬のコメントになります。
(私がメモした内容ですので、仰っていたことと多少ずれているかもしれませんが、ご了承ください)

タニノジュレップの15
全兄ファインキャプテンよりも筋肉が強い。距離は1600m~1800mまで。筋肉・バネで押し切る競馬。器用さがある。また、直接お聞きした話ですが、40口の募集馬については、預託厩舎を厳選するようなことを仰っていました。

エンシャントアーツの15
スピードで押し切る。スピードはある。器用さはない。芝・ダートを問わず、短い距離が合う。また、初仔は母から虐待を受けてしまい、ダメになってしまった。強い仔を出したいと思い、ショウナンカンプを付けた。結果、母の虐待まで直ってしまったというエピソードを話されていました。

オークルームの15
期待値は高い。金額に現状の評価が出ていると思って欲しい。岡田将一氏の1番の期待馬のようです。また、直接お聞きした話ですが、オークルームが好き。芝・ダート両方いい。ダートでもつぶしがきくと仰っていました。

チェアユーアップの15
丈夫な馬。半年後にまず良くなる。気性は荒いが、競馬でいい方に向くと思う。適性はダート。短距離~1600mまで。

ホリデイトウショウの15
筋力が強い。緩さがでていない。スマートファルコン産駒は、緩さがでている馬が多いなか、緩さが出ていない馬を募集したく、本馬を選択した。

ホワイトピクシイの15
現状、馬格があり、柔らかさがある。これは、本馬がレースする上での武器となる。早くからデビューし、長い競走生活を送れる馬になると思う。クラブでは初、LEXでも数少ないサウスヴィグラス産駒から選んだ1頭。

マルカデスティニーの15
ショウナンカンプ産駒であるが、少し器用さがある。筋肉が強い。距離に融通さがある。芝適性もあるのでは。半兄のデスティニーソングにプラスして器用さを備えたような馬。

メルセダリオの15
ノルマンディーでは高い馬。それだけ自信があると受け取って欲しい。セリで金額が上がった際迷ったが、逃したくないと思い、購入した。ルーラーシップ産駒は、骨質が良くない特徴がある。本馬も決していい骨質とは言えないが、それを凌駕する馬格・アクション・動きがある。ほんとに惚れ惚れする。岡田将一氏の2番目の期待馬のようです。また、直接お聞きした話ですが、芝・ダートの適性は、どちらにもありそうと仰っていました。尾形先生のことはべた褒めでした。エース級であるため、本馬の管理を依頼したと仰っていました。

キョウエイトルースの15
絶対的な自信がある。黙って買ってください(借金してでも買ってくださいとも)。但し奥手。3歳秋以降から走る。今の馬体は忘れていい。3歳秋以降には全く違う馬になっている。また、直接お聞きした話ですが、ノルマンディーでも母馬優先を行うようですね。最初は、シュヴァリエになりそうと仰っていました。今お腹のなかに、スクリーンヒーロー産駒がいるそうです。

タニノエクセレントの15
マツリダゴッホ産駒の一番馬はウチから出すという強い思いがある。本馬はバランスがいい。このバランスの良さは競馬に向く。適性は芝。距離は1800mくらいまで。

トーセンリリーの15
半兄と比較して筋力は上。かなり好きな筋肉をしている。今後、締まってくると思う。デビューも成長曲線も早くないと思う。

ブリュメールの15
デカい。体重もある。使い減りしない。このような馬は山内先生は大好き。山内先生には、牡馬がいいとのリクエストで牡馬を見せたが、結局、牝馬である本馬を選んだ。調教を重ねていくことで強くなる。2歳6月から早期デビューさせたい。また、直接お聞きした話ですが、今回の募集馬で調教師の先生が選んだのは、山内先生が選んだ本馬だけのようです。他の馬は、基本クラブで先生を選択したようです。

メロークーミスの15
バネがある。器用さがある。背中はガチガチ。硬い。ダート適性が高いと思う。セリでの購入金額はかなり安く買えたと思う。募集金額が高くなったのは、自信の表われと受け取って欲しい。

ルーシーショーの15
背中を使って小気味よく歩いている。勝ちきれない部分があるかもしれないが、コツコツ稼いでいくと思う。適性は短い距離にあると思う。

アンローランサンの15
バランスがいい。この母と産駒はきれると怖い部分があるが、競馬ではいい方に出る。バランスの良さで勝てると思う。ダート向き。ローズジュレップに続いて欲しいと思っている。

また、岡田将一氏の全馬のコメント後に、岡田将一氏がピックアップしたお馬さんについて、追加でコメントするコーナーがありました。そこで選ばれたお馬さんは、オークルームの15・メルセダリオの15キョウエイトルースの15ブリュメールの15メロークーミスの15の5頭でした。期待値の高いお馬さんと捉えていいように思います(^-^)
(コメント内容は、上記に記載させて頂いたなかに入っております)

話されていた内容は以上になります。

今回の検討会では、私が拝見させて頂いているブログを書かれている方、キャロット・シルクにも出資されている方、サンデーRにも出資されている方とも話をさせて頂き、とても楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました(*^-^*)
また、岡田将一氏には、メルセダリオの15の話を中心に、色々と話をお聞きすることができました。とても丁寧に楽しく話をして頂き、大変感謝しております。ありがとうございました。
検討会自体も、アットホームな感じで、とても楽しい会合でした。開催・運営して頂いたノルマンディーOCのスタッフの皆様、ありがとうございました。12月の懇親会にも参加させて頂きたいと思っておりますので、宜しくお願い致します(*^^*)
2016/09/24

2歳馬近況(2016.9.23)

こんばんは。

本日、ノルマンディーの2015年産募集が始まりました。ブログ等を拝見すると、もう出資を済ませている方もいるようですね。私は、明日の募集馬検討会に参加しますので、そこで頂いた情報をもとに、悩み最終的な検討をさせて頂き、先行募集中に2頭~3頭出資したいと考えております。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年9月23日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
18日(日)に坂路コースで4ハロン58.6-42.6-28.2-13.6を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、56.9-41.7-27.9-15.1を一杯に追い切りました。
「まだそれほど体力があるわけではないのに、力んでムキになりワーッと気持ちだけで行ってしまう。今週の追い切りもまさにそんな内容で、同じタイミングでゲート試験を合格した併走馬に最後は突き放されてしまいました。坂路ではあまり動かないタイプにも映りますが、全体的にもっとリラックスして走れるよう矯正していかなければなりませんね。4回京都開催(10/8~)がひとつの目標ではありますが、デビューまでには少し時間をいただくことになるかもしれません」(昆貢調教師)


まだ気性的に幼いということでしょうか(^^;)まあ、調教良くても走るとは限らないので、じっくり調整してもらいたいと思っています。血統配合としては、未勝利を勝ち抜けないレベルのお馬さんではないと思っておりますので、昆先生が納得された段階で、新馬戦を使ってもらえたらと思っております(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2016年9月23日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:456kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整しています。まだ若干、右肩の出に硬さはありますが、運動していくうちにほぐれる程度で、痛みや触診反応もありません。帰厩を見据えて先週からペースアップしましたが、体重は増加傾向にあり、フックラと映ります。ただ、まだまだパワー不足で乗り役が動かさないと推進していきませんね。早ければ来週帰厩の予定と聞いていますので、非力な面が少しでも解消できるようなメニューで調整していきます」(担当者)


順調なようですね。「乗り役が動かさないと推進していきませんね」とのコメントは少し不安ですね(^^;)やはり、外枠を引いて、促して逃げるような競馬をする必要がありそうですね。次走は新馬戦と同じ新潟ダート1200mを使うようですので、何とか外枠を引いて欲しいと思います(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2016年9月23日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
9/25(日)阪神・2歳未勝利(ダ1400m・混)非当選
18日(日)に坂路コースで4ハロン56.2-41.5-28.3-14.3を単走で馬ナリに追われ、22日(木)にも坂路コースで4ハロン56.2-40.3-25.5-12.6を単走で末強目に追い切りました。
「今週のダ1400mに出馬投票しましたが、出走間隔が足りず、残念ながら除外されてしまいました。少し忙しい距離のような気もしますが、来週10/2(日)阪神・2歳未勝利(ダ1200m)に目標を切り替えます。体調も変わらず問題ありませんし、終いの伸びも週を追うごとに鋭くなってきていますので、来週は4Fの時計を詰める追い切りを予定しています」(中竹和也調教師)


除外はまあ良かったかなという感じです(^^;)個人的には、血統配合からはダート1200mは合っていると思います。本馬については、減量ジョッキーよりもある程度乗れるジョッキーを手配して欲しいと思っています(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年9月23日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
★9/17(土)中山・2歳新馬(芝1200m・混)木幡巧也騎手 結果:優勝
「レース前日の金曜日にタクヤを調教で跨らせ、良い感触を掴んでもらっていたので、ある程度は自信を持って当日臨みました。直線で抜け出す際に口向きの課題を残しましたが、デビュー戦を勝利で飾れましたし、上々のレース内容だったと思います。レース後は両前に少しソエが出かかっているものの、馬体に異常やダメージは見られません。もう少しトレセンで状態を確認させていただいて、今後のことは決めさせてください」(尾形和幸調教師)


一口馬主初勝利兼一口馬主初口取りを経験させて頂いた本馬。ほんとに最高のひとときでした(#^^#)レース後、馬体に異常やダメージが見られないことは何よりです(^-^)尾形先生は慎重ですね。トレセンで状態を確認の上、次を決めるとのこと。やはり信頼できる先生だと感じております。また、コメントからは本馬への期待を感じることができますね(^-^)谷口調教厩務員も、コラムで次はもっと良いはずと仰っておりますし、次走以降も期待を持って見守りたいと思います(*^^*)

クレムフカ
更新日:2016年9月23日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
18日(日)に坂路コースで4ハロンから1.2秒先行して併せ、64.2-42.5-25.8-12.5を馬ナリに追われ、21日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.2秒先行して併せ、55.4-40.1-26.0-13.0を一杯に追い切りました。
「厩舎に来た当初と比べれば、だいぶ体力が付いてきて動きも良くなっているのは明らかなのですが、坂路ではなかなか時計が詰まってきません。それでも、遅生まれだけに脚元がしっかり固まってくるまでは、なるべくトラックコースの追い切りで負荷をかけるのは避け、レースを使いつつ乾燥させていきたいと考えています。今週の出馬状況を見る限りは混み合っていて除外も覚悟しなければなりませんが、来週10/2(日)中山・2歳新馬(ダ1200m・混)から投票していく予定です」(矢野英一調教師)


なかなか時計が詰まらないようですね(^^;)しかし、9月に美浦トレセンに入ってから、坂路で時計を既に6本出しており、内強めを2本一杯を2本とある程度負荷を掛けて調教をしてくれていますね。遅生まれですし、レースを使いながら状態・レベルを上げていく方針なんでしょうから、私もじっくりと見ていきたいとは思っています。しかし、シニスターミニスター産駒は、きっちり勝ち上がるお馬さんが多いですから、本馬も順調に数使えれば、勝ち抜けられるお馬さんだと思っております(^-^)

テオドルス
更新日:2016年9月23日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:500kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。
物見が激しくまだまだ幼さの抜けない走りではあるものの、隣に馬がいる併せ馬の際にはハミを取って集中して走れています。
ここにきて体力もだいぶ付いてきたため、来週からはペースアップして進めていく予定です。


まだ幼さはあるようですが、併せ馬の際、ハミを取って集中して走れている点は好感が持てます。11月の東京開催くらいでデビューして欲しいと思っております(^-^)

来週又は再来週くらいにクレムフカがデビューを迎えそうです。これで4頭目のデビューになりそうです。まだ、北海道に3頭おりますが、皆、無事に育成が進み、デビューできることを、まずは願っております。その上で、キャラメルフレンチに続き、新馬・未勝利を勝ち抜けてくれればと願っております。ノルマンディーの2014年産は、既に中央で3頭・地方で1頭が勝ち上がっております。しかも、ディバインコードはもう2勝しており、次走は重賞に出走予定ですからね。この波に、私の出資馬も上手く乗って欲しいと思っております(*^-^*)
2016/09/22

2015年産出資について(3)

こんばんは。

いよいよ、明日からノルマンディー2015年産の募集が開始します。
また、明後日はノルマンディーの募集馬検討会が開催されます。検討会へは、私も参加させて頂きます。
検討会へ参加するにあたって、現段階での私の出資する意向を、以下の通り、(自らの備忘録の意味合いも含め)まとめておきたいと思います。
(馬体・動き・測尺・皆さんのブログでの情報を拝見することにより、正直、かなり迷い悩んでいる状態にあります。私は、馬体・動きを見る目がありませんので(勿論好みはありますが)、基本、血統配合と厩舎で出資を決めさせて頂いております。情報を拝見し、気になったお馬さんの血統配合を調べると、結構光るものがあるお馬さんが多いんですよね。ですので、印は前回から一部変更となっております(^^;))

[ノルマンディーOC]
メルセダリオの15
2015008[1]
セールで購入して頂いてから、私の中では不動の◎です(^-^)正直、不安点はありますが、それ以上に魅力を感じているためだと思います。
血統配合としては、ノーザンテーストの4×3クロス、ダイナカールとアンデスレディーの3×2ニアリークロスがあります。父ルーラーシップ×母父非サンデー系(タニノギムレット)の配合。祖父キングカメハメハと同様、母父非サンデー系で大物を出すと思っております。勿論昨年のシルクで募集のあったカラルのように、母父サンデー系の方が、安定感はあると思いますが、母父非サンデー系の方が、爆発力はあるように思っています。父キンカメで見ると、母父ブライアンズタイムではダートの活躍馬が多くいます。母父タニノギムレットではデビューした産駒数が5頭しかいません。同じロベルト系で母父グラスワンダーではヤマカツエースが活躍しています。母父であるタニノギムレットは牝馬の日本ダービー馬ウオッカの父ですから、爆発力はあると思います。また、上記クロスもかなり爆発力のある配合だと思います。父ルーラーシップは、2014年産が初年度となりますが、かなりの確率で成功する種牡馬だと思います。母エアグルーヴの血は素晴らしいですよね。母父非サンデー系での活躍馬、ダートでの活躍馬を輩出すれば、キンカメレベルの種牡馬になる可能性も十分あると思っています。さらに血統配合を見ると、母方の曾祖母ペルースポート産駒であるシャダイチャッターは、キンカメ産駒のG1馬ラブリーデイの4代母になります。この母系は、ルーラーシップ←キングカメハメハ←キングマンボの父系ととても相性が良いと思います。しかも、母第3仔ですから、とてもフレッシュですね。
また、預託厩舎については、尾形和幸厩舎に入厩予定となります。私にとっては、先日一口馬主初勝利・一口馬主初口取りを経験させてくれたキャラメルフレンチを預かって頂いている先生ですので、縁を感じています(キャラメルフレンチの勝利は、さらなる後押しとなりました(^-^))。まだ4年目で、今後、勝ち星を重ねていく先生だと思っています。
本馬は、出資させて頂きたいと思います(*^^*)
(抽選にならないことを祈るのみです(^^;))

トーセンリリーの15
2015011[1]
栗田博憲厩舎へ入厩予定とのことで、気になったお馬さんです。血統配合を調べると、なかなかいいんですよね。
血統配合としては、1/4サンデーサイレンス系・3/4ノーザンダンサー系は今の血統配合のトレンド。母トーセンリリーは、ノーザンダンサーの3×4クロスがあり、父ハーツクライとの配合には合っていると思います。地味な母産駒ですが、父はトーセンダンス産駒2頭・タニノギムレット産駒1頭・キングカメハメハ産駒1頭・トーセンファントム産駒1頭の内訳で、その内のキンカメ産駒は未勝利を勝ち抜け、4歳セン馬で現役としてレースしています。サンデー系のランキング上位種牡馬に付けたのは、本馬が初めてですので、その意味でも面白いと思っています。母トーセンリリーは、エーデルワイス賞(ダート1800m)を勝利、フラワーカップ(芝1800m)を2着しており、優秀な成績を収めたお馬さんでした。母産駒5頭の内4頭を島川さんが所有していることからも、繁殖牝馬としての高い期待を感じることができます(キンカメ産駒は、セレクトセール当歳で1,890万円で購入しています)。馬体重が420kg程度しかないことも、同産駒の活躍馬であるヌーヴォレコルトが440kgでデビュー、マジックタイムが444kgでデビュー、レッドセシリアが426kgでデビューしており、本馬が5月生まれであることからも、全く気にならないと思っています。
栗田博憲先生は、2019年2月末で定年になります。2015年産は、最後のクラシックシーズンになると思います。募集金額は、少し高いとは思うんですが、そんな栗田先生には、牧雄氏も自信のあるお馬さんを預託すると思うんですよね。イオラニ・ルグランパントル・デオグラシアス・ディバインコードのコメント等を拝見しますと、ほんとに信頼できる先生だと思います。牝馬クラシックを意識する血統配合だと思いますので、厩舎面も含め、前向きに出資検討したいと思っております(*^^*)

メロークーミスの15
2015013[1]
〇⇒☆に印を変更しました(^^;)正直、本馬に対する私の評価は、当初から変化はないんですが、他に魅力的なお馬さんがいるため、出資頭数・出資金額の兼ね合いで、☆印に下げる形となりました。
血統配合としては、父パイロ×母父ダンスインザダークは、今年の桜花賞へ出走したメイショウスイヅキと同じ配合ですね。芝ダート兼用、短距離~マイルで活躍が見込めますね。母系の曽祖母にアグサンの血があり、ビワハイジ一族が近親になる血統にもなりますね。牧場の方のコメントでは、芝でも走れそうとのことでしたので、桜花賞目指してという可能性も十分あると思います。父パイロは、ダーレーの方もべた褒めでしたが、かなり優秀な種牡馬だと思います。馬体重が420kg程度しかないことも、メイショウスイヅキが444kgでデビューしていることから、それ程気にならないと思っています。
預託厩舎である渡辺薫彦厩舎は、今年デビューの厩舎となります。私は、2014年産でサワヤカフェスタへ出資させて頂いているように、期待している先生であります。今後、勝ち星を重ねていく先生だと思っております。
印は☆印に下げましたが、勿論、前向きに出資検討している1頭となります(*^^*)

オークルームの15
2015003[1]
先日は、残念ながら負けてしまいましたが、カルヴァリオの半弟。しかも、大竹正博厩舎入厩予定。やはり、魅力ありますよね。
血統配合としては、父アイルハヴアナザーがポイントになるんでしょうね。本馬のタイプとしては、父マツリダゴッホのカルヴァリオよりは、父キングカメハメハのイオラニに近いような感じはします(同じミスプロ系でノーザンダンサーの血がありますので)。あとは、アイルハヴアナザーにどの程度芝適性があるか。私は、アナザートゥルースに出資させて頂いておりますが、どちらかというと、ダート適性を感じて(芝適性があれば尚いいですが)、出資させて頂いております。ダート適性は間違いなくあるとは思っております。ただ、この母の産駒は、明らかに芝適性のある仔を出しておりますので、やはり、アイルハヴアナザーの芝適性はポイントになると思います。
大竹正博先生は、いい先生ですよね。私は、ぜひ出資させて頂きたい先生だと思っております。半弟であるカルヴァリオを預かって頂いている先生ですので、ベストな選択だと思います。
出資を検討させて頂きたいと思っております(*^^*)

ルーシーショーの15
2015014[1]
馬体を見て、また、ブログで拝見し、気になったお馬さんです。本馬も、なかなかいい血統配合をしているんですよね。
血統配合としては、父クロフネ×母父フジキセキは、ダート馬で数頭の活躍馬を輩出していますね。そのなかでも、本馬はホワイトフーガの血統配合にかなり近い配合をしていますね。もちろん3/4同血ではありますが、残り1/4の血にミスプロとノーザンダンサーがある点で共通しています。クロフネ産駒においては、サンデーとミスプロの血がある母方との相性はいいんですよね。また、曾祖母であるダンスチャーマーは、ジャングルポケットの母になります。牝馬のダート馬だと思いますが、かなりいい血統配合をしていると思います。母産駒の第3仔とフレッシュであることもいいですね(初仔は勝ち上がっていますね)。馬体重が500kg近くあることも、ホワイトフーガが大型馬(516kgでデビュー)であることから、それ程気にならないと思っています。
預託厩舎である菊沢隆徳先生は、ジェラシー・ウキヨノカゼ・パワースポットと牝馬での活躍馬が目立っております。その意味では、牝馬である本馬にとってはプラスだと思います。ただ、どちらかと言えば、芝馬の方が活躍馬が多く勝ち星が多い実績ともなっております。あとは、今年の勝ち星の半分、昨年の勝ち星の半分弱を横山典弘騎手があげていることから、主戦は横山典弘騎手なんだと思います。個人的には、あまり印象のない先生ではありますが(^^;)、いい選択なのかなと思っています。
出資を検討させて頂きたいと思っております(*^^*)

ホリデイトウショウの15
2015005[1]
残念ながら牧場閉鎖したトウショウ牧場から購入した母の産駒ですね。
血統配合としては、父スマートファルコン×母父タイキシャトルの配合。シュエットヌーベルと3/4同血の配合ですね。牡馬であり、母母にミスプロの血が入っているため、ダート馬としては、シュエットヌーベル以上の血統配合だと思います。母産駒の第2仔とフレッシュであることもいいですね。
預託厩舎である黒岩陽一厩舎は、リッカルドでお馴染みの厩舎ですね。勝ち星は少し伸び悩んでいますが、ミュゼエイリアン・リッカルドで重賞勝ちをしておりますし、まだまだ勝ち星を伸ばす先生だと思っております。
出資を検討させて頂きたいと思っております(*^^*)

キョウエイトルースの15は。。。
先行募集での出資は見送ることとしました。やはり、金額が高いことが一番ですかね。あとは、測尺の数値ですね。それでも、牡馬であれば、出資検討したとは思いますが。様子見はしたいと思っています。

◎であるメルセダリオの15は、先行募集で出資させて頂きます。先行募集では、あと1頭~2頭(計2頭~3頭)出資したいと思っております。2015年産は厳選しますからね。☆5頭から1頭~2頭へ絞るのは大変だと思いますが(^^;)、検討会での情報をもとに(さらに迷うことにもなりそうですが(^^;))、来週中には出資馬を決定し、出資したいと思っております(*^-^*)
2016/09/19

2歳馬近況(2016.9.16)

こんばんは。

キャラメルフレンチの新馬戦勝利。
私にとって、一口馬主初勝利・一口馬主初口取りを経験させて頂きました(*^^*)
1日経った今日も、まだ余韻に浸っております(^^;)
皆様から祝福メールを頂き、さらに喜びを感じさせて頂いております。ほんとにありがとうございます。
キャラメルフレンチにおいては、新馬勝ちですので、先々ほんとに楽しみですね。
芝ダートを問わず、短距離でかなりの活躍が見込めると期待しております(^-^)
新馬勝ちですから、桜花賞出走すべくレース選択して欲しいと期待する面も勿論ありますが(^^;)、その反面、半姉2頭を見る限り、ほんとに良くなってくるのは古馬になってからだと思いますので、尾形先生には、成長に合わせた無理をしないレース選択をして欲しいとも思っております(尾形先生ですので、無理をするレース選択はまずしないと信頼もしております)。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年9月16日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
昨日15日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。
「試験は寄りつきからスムーズで、ゲート内でも悪さをすることはなく無事に一発合格できましたよ。現在は坂路コース主体に16~18秒ペースの調整を行っていますが、緩さの中にも光るモノがあるなというのが見ていて率直な感想です。ただ、馬格はあるものの早い時期から詰めて使っていくタイプではないように映りますので、成長過程を慎重に見極めながら育てていきたいと思います。芝、ダートの適性はまだ掴めていませんが、本質的に長い距離に向いていそうですね。京都開催でのデビューを目標にジックリと進めていきます」(昆貢調教師)


ゲート試験無事合格しましたね(^-^)先日、半兄カフジナイサー(父ワイルドラッシュ)が2勝目をあげました。母クイーンナイサーの産駒は、4頭の内3頭が中央でデビュー(残り1頭はデビューできず)、その3頭の内2頭が勝ち上がり。なかなか優秀な繁殖牝馬だと思います。初年度産駒の半兄ダークナイサー(父ダンスインザダーク)は1勝馬で3歳4月で引退、僅か7戦しかしていませんが、エアソミュールの0.3秒差2着・マウントシャスタの0.1秒差4着があり、無事に使えていれば、もっと勝ち星を重ねていたお馬さんだと思います。本馬は、ダークナイサーと同じサンデーサイレンス直仔の父スペシャルウィークとなりますので、順調にいけば、かなり上のクラスで戦えるお馬さんになると期待しております(^-^)デビュー戦は、半兄カフジナイサーを勝利へ導いてくれた四位騎手でお願いしたいと思っております(*^^*)

シュエットヌーベル
更新日:2016年9月16日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:452kg
「現在は角馬場で軽めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(20~22秒ペース)のメニューで調整しています。こちらに来た当初は右肩と左トモに硬さが感じられましたが、日を追うごとに解消されてきて、脚捌きも随分と良くなりました。精神的な幼さはありますが、パニックになるようなことはありません。ゆったりとしたキャンターの際にユルさを感じますので、そのあたりの強化が今後の課題でしょうか。今月末には帰厩し、4回東京開催の2週目(10/15・16)、3週目(22・23)もしくは同週の新潟開催2週目で復帰予定とのことなので、状態と相談しながらペースアップを図っていきます」(担当者)


新馬戦は、臆病な面がもろに出て、最内枠が完全にアダとなり、全くレースになっていない印象でした。馬具等対策を行い、外枠を引いて、スピードを活かせるレースが出来れば変わるのでは・・・と期待を持っております。東京のダート1400m又は新潟のダート1200mの未勝利戦が目標となりそうですね。1400mでもオールダートの東京の方がいいか、芝スタートでも牝馬限定の1200mの新潟の方がいいか、難しいところですよね(^^;)何れにせよ、次走で一変することを期待しております(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年9月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:500kg
左後肢の打撲で一時騎乗を休止しましたが、5日(月)より騎乗運動を再開しました。
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週2回は上限15秒)のメニューで調整しています。
まだ走りに集中力しきれていない面はあるものの、日頃から坂路で力強い動きを披露しており、兄姉同様にこれからさらに成長が見込めることでしょう。
もうしばらくは北海道で鍛えて更なるレベルアップを目指す予定です。


軽傷だったようで、既に運動再開していますね(^-^)デビューは年明けでしょうから、とにかく順調に育成が進めば良いと思っております。アイルハヴアナザー産駒も既に6勝しており、なかなかな成績をあげていますので、本馬も益々期待が高まりますね。アイルハヴアナザー産駒の代表馬になるレベルのお馬さんになる素質を持っていると思っておりますので、今はとにかく順調に育成が進んで欲しいと思っております(*^^*)

ホウロクダマ
更新日:2016年9月16日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
14日(水)に坂路コースで4ハロン55.8-39.8-25.5-12.7を単走で強目に追い切りました。
「デビュー戦の疲れも完全に抜け切ったようで、とにかく元気一杯です。飼い葉食いの量も全く落ちませんね。追い切りも終いを伸ばすようなイメージで少し仕掛けてみましたが、よれたりすることなく、まっすぐに登坂してきましたよ。来週の9/25(日)阪神・2歳未勝利(ダ1400m・混)に向けて調整していきます」(中竹和也調教師)


新馬戦は逃げるスピードは見せてくれましたが、収穫はそれのみのレースでした(^^;)血統配合としては、ダート向きかなと思っておりましたので、ダート変わり大型馬の2戦目で一変して欲しいと願っております。9月25日(日)2歳未勝利阪神ダート1400m(混)と次走レースは決まっているようですので、ある程度の騎手を手配して欲しいと思っております。

クレムフカ
更新日:2016年9月16日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
11日(日)に坂路コースで4ハロンから0.8秒先行して併せ、67.5-44.3-27.2-12.6を強目に追われ、14日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、54.3-39.8-26.6-13.5を一杯に追い切りました。
「乗り味の良さから素質の高さは感じるものの、今週も一杯での追い切りにしては少々物足りない動き。体の緩さなどもあるし、前後のバランスがまだまだ繋がってこない。本当に良くなってくるまではもう少し時間がかかりそうです。現状では器用さに欠けるため、東京開催までデビュー予定を延ばすことがベターかもしれませんが、実戦を使っての良化を見込みたい考えから、10/2(日)中山・2歳新馬(ダ1200m・混)から投票していくことも検討しています」(矢野英一調教師)


18日(日)にも、64.2-42.5-25.8-12.5を馬なりで追い切られていますね。美浦トレセン入ってから、既に5本の追い切りを消化してくれていますね。5月25日生まれの遅生まれ、2歳戦から動くタイプにはあまり見えませんので、東京開催からでいいように思います。東京ダート1400mでのデビューがいいのではないでしょうか。シニスターミニスター産駒は、ダートを使っていけば、何とか未勝利戦は勝ち抜けてくれるお馬さんが多いですので、未勝利戦を勝ち抜けて、長く楽しませてくれることを期待しております(^-^)

テオドルス
更新日:2016年9月16日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:500kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。
引き続きジェルミナシオンをパートナーに毎日乗り込みを進めています。
従順性はあるものの、日頃の調教でも集中力に欠ける走りで、いきなり立ち上がったり横っ飛びしたりと精神面でまだ幼さを覗かせています。
もう少し体力を付けさせつつ、徐々にペースアップを図り、来月中旬には美浦へ送り出す予定です。


気性の幼さがコメントされていますね(^^;)マツリダゴッホ産駒は、気性面に課題がありますので、幼さが解消されてくることを願っております。デビューは、11月の東京開催くらいでしょうか。順調に育成が進んで欲しいと思います。

ビターレ
更新日:2016年9月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:464kg
右前脚の傷もだいぶ治まってきたため、前後脚に追突防止のプロテクターを装着して、2日(金)より騎乗運動を再開しました。
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。
まだ慣れていないためか激しく物見して、坂路コースの屋根部分の入り口や馬場の窪みで集中力を欠く面を覗かせますが、素軽い動きとバネの良さには目を見張るものがあります。
休ませていた割には腹回りもまだ寂しく映るため、もうしばらくは北海道で鍛えてレベルアップを図り、移動の態勢を整えていきます。


騎乗運動を再開しましたね。もう少しふっくらさせて欲しいと思いますので、しばらくは北海道でじっくり育成して欲しいと思っております。デビューは年明けでしょうから。ノルマンディーファームで見学させて頂いた際、ほんとにいい歩様をしていました。コメントにある通り、「素軽い動きとバネの良さ」は、素人の私が見ても目を見張るものがありました。無事にいけば、血統配合からも動きからも、かなり上のクラスで戦えるのではと期待しております(*^^*)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年9月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:439kg
現在は馬場2周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は13~15秒)のメニューで調整しています。
馬体重の増加に伴って、走りもだいぶしっかりしてきましたが、坂路でもまだ併走馬と比べると力強さに欠ける印象ですので、もうしばらくは北海道で鍛えてレベルアップを図り、移動の態勢を整えていきます。


まだまだ北海道ですかね(^^;)まあ、デビューは年明けでしょうから、じっくりと育成して欲しいと思っております。何とか未勝利を勝ち抜けることができれば、長く楽しめるお馬さんになると思っております。

8頭ともに、そのお馬さんなりに順調なようですね(^-^)次のデビューは、クレムフカブラックジェイドですかね。ホウロクダマシュエットヌーベルも2戦目を迎えそうですね。2戦目を迎える2頭には、ぜひ一変したレースをして欲しいと思っております。クレムフカは、使いつつのようですので、実戦を使うことで良くなって欲しいと思います(そうは言っても、次に繋がるレースはして欲しいですね(^^;))。ブラックジェイドは、芝ダート適性は分からないですが、未勝利でもたもたされては困るレベルのお馬さんだと思っておりますので、キャラメルフレンチに続く新馬勝ちをも期待しております(*^^*)
ますは、全てのお馬さんが、無事にデビュー戦を迎えて欲しいと願っております(^-^)
2016/09/17

一口馬主初勝利且つ一口馬主初口取り!(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

今日は、中山競馬場の新馬戦でノルマンディーのキャラメルフレンチがデビュー戦を迎えました。
私にとっては、出資馬3頭目のデビュー戦となります。
今回は、初の口取り申し込みをさせて頂きましたので、現地で応援させて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1020941.jpg

P1020943.jpg

P1020945.jpg

P1020955.jpg

P1020968.jpg

P1020972.jpg

馬体動きを見る目はないのですが(^^;)、
パドックの歩様を見る限りは、とても良く見え、期待が高まっていました(^-^)
馬体は、牧場で見たときの印象と同様、素晴らしいトモをしており、筋肉ムキムキで、短距離馬としては、いい馬体しているなあと感じました(^-^)
返し馬の入りを見た際は、少しかたいかなあと感じ、もしかするとダートの方がいいのかなと少し感じていました。
レース前は、かなり心臓バクバクの状態でした。期待半分不安半分ですかね。頑張って走って、無事にゴールしてという気持ちでした。
そして、ファンファーレ。枠入りが終わり、スタートしました。
スタートはまずまずでしたが、出てからの行き足が良く、逃げるのかと思いましたが、枠の差もあり5番が主張したため、2番手での競馬となりました。
道中は、上手くなだめながらいい感じで進んでいるなあと思いました。
前半3ハロンが35.4秒のペース。完全に先行競馬になるなあと思いました。
3コーナーから4コーナーで逃げた5番との間に1番に入られたものの、なかなかの手応えで4コーナーを回ってきます。
これは伸びてくるぞと思い、そこからは、「タクヤ!」「タクヤ!」「タクヤ!」「行け!!」と叫んでいました。
坂を上がってからはさらに一伸び、1馬身1/4差の完勝でした。
すぐに集合場所に向かい、そのままウィナーズサークルへ。
そして、木幡巧也騎手に「ありがとうございます」とお礼を言い、すぐに口取り撮影。
その後、巧也騎手サイン入りの勝利ゼッケンと記念撮影を取ってもらい、終了しました。
勝利~口取り~記念撮影までは、夢を見ているような気分でした。
勝利したときの気持ちは、今までのものとは、少し異質なものに感じました。
ほんとに、嬉しさが溢れてくるような気持ちになりました(^-^)
(嬉しすぎて、涙がこぼれてしまいました(^^;))
一口馬主初勝利、一口馬主初口取りをさせて頂き、
キャラメルフレンチ、ノルマンディーOC・尾形調教師・谷口調教厩務員・木幡巧也騎手を始め関係者の皆様、ほんとにありがとうございました(*^-^*)
一口馬主を始め、ほんとに良かったと思った1日でした(*^^*)
以下は、木幡巧也騎手のコメントになります。

★9/17(土)中山・2歳新馬(芝1200m・混) 馬体重:450kg
木幡巧也騎手 結果:優勝(3人気)

「調教で跨らせてもらった際に、スピード感のある走りで能力の高さは感じていました。口向きにまだ課題は残りますが、コーナーのハミの取り方が実戦では全然違っていたし、あとは直線どう抜けてくるかだけでした。凄くいい馬ですね。気性的にもこの距離が合うし、内容も良かったと思います」(木幡巧也騎手)


「スピード感のある走り」「能力の高さ」は、尾形先生のコメントと一致していますね。課題である口向き・前向きな気性(谷口さん曰く、真面目すぎる性格)が、レースに行って、いい方に出てくれたようですね。「凄くいい馬ですね」とのコメントは、シンプルでとても嬉しいですね(*^-^*)
中山芝1200mで2番手先行競馬での新馬勝ち。今後の可能性を大いに拡げた勝利だと思います。これで、芝ダート兼用の短距離馬として、いい方向に成長していってくれるのではないかと期待しております。半姉を見ても、このお馬さんが良くなってくるのはまだまだ先だと思いますので、新馬勝ちできたことは、今後、このお馬さんの成長に見合ったレース選びができる点でも、とてもプラスに働くと思っています。
この後は、飛節軟種がスッキリしていないこともありますので、少し休養に入ることになるんでしょうね。11月2週目には福島2歳ステークス(福島芝1200m)があり、12月2週目には黒松賞(中山芝1200m)があり、12月4週目にはクリスマスローズステークス(中山芝1200m)がありますので、そこを目標にしていくことになるんですかね(^-^)
もちろん、新馬勝ちをしたんですから、桜花賞を目指して欲しい気持ちはありますが、本馬の成長を鑑みると、古馬になってから良くなってくるのかなとも思いますので、尾形先生ですから、お馬さんの成長過程を見ながら、じっくりと無理せず使ってくれると思っております(*^^*)
一口馬主初勝利且つ一口馬主初口取りを経験させてくれた勝利、一生忘れられない勝利になると思います(*^-^*)
これからも勝ち星を重ねていってもらい、短距離のオープンクラスで勝ち負けできるお馬さんになってもらい、長く楽しませてくれることを願っております(#^^#)
2016/09/16

2歳馬出走(2016.9.17)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーでの一口馬主3頭目のデビュー戦になります。

キャラメルフレンチ
☆9/17(土)中山・2歳新馬(芝1200m・混)木幡巧也騎手

14日(水)に坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、55.1-40.8-26.5-13.0を一杯に追い切りました。
「前日の雨による馬場悪化も考慮して、最終追い切りは朝一番の時間帯に行いました。この中間も飛節軟腫の状態は安定していて、走りに支障はきたしていませんね。まだ気持ちのコントロールに課題は残すものの、ハミ受けや口向きも徐々に改善できており、持っているスピードには目を見張るものがあります。他馬とは斤量差が3kgありますので、前々から押し切る競馬でデビュー勝ちを狙います」(尾形和幸調教師)


尾形先生からは期待のコメントを頂いております。
いいスピードを持っているお馬さんのようですね。3kg減量の木幡巧也騎手が鞍上ですので、逃げ先行で押し切る競馬をしてくれそうですね。スタートが大切になりそうです。芝適性があれば、好勝負になると思っています。明日は、一口馬主初の口取り申し込みをしました。中山競馬場で現地観戦します。期待を持って、精一杯応援したいと思います(*^-^*)
2016/09/12

2015年産出資について(2)

こんばんは。

本日、ノルマンディーのサイトにて、2015年産の募集金額が全馬発表となりました。4頭の預託厩舎を除いては、全て発表になりましたね。募集金額を見た感想としては、全体的には少し高い(2割程度?)募集金額だなと思いました。良く捉えれば、自信の裏返しとも思いますし、悪く捉えれば、他クラブも金額アップしている傾向にありますので、それに追随したのかなとも思います(^^;)私が出資(検討含む)したいと思っているお馬さんについて、今日の発表を踏まえ、記載させて頂きます。
(一部印の変更もしております(^^;))

【ノルマンディーOC】
メルセダリオの2015(牡)
募集金額:2,960万円 一口金額:74,000円 美浦:尾形和幸厩舎入厩予定
募集金額としては、想定内でした。預託厩舎については、予想とは違いましたが、私としては歓迎しております。尾形先生は、開業4年目で、まだ実績があまりない先生ですが、そんななか、カラダレジェンドで重賞勝利、現役ではサノイチ・ブラゾンドゥリス・ワイドエクセレントがオープン入りしており、信頼でき腕のいい先生だと思っています。キャラメルフレンチに出資させて頂いている関係で、懇親会でお話させて頂いた際も、誠意のある親切な受け答えをして頂き、とてもいい印象を持ちました。ノーザン・社台系では、それ程、いいお馬さんを預かることはできていないと思いますし、ノルマンディーでブラゾンドゥリスがオープン入り、岡田スタッド産でカラダレジェンドが重賞勝利等、相性の良いノルマンディー(岡田スタッド関係)において、クラシックを目指す高額馬である本馬を預かって頂くことは、とても期待できると思っております(精一杯力を注いで管理してくれるとも思っています)。
本馬については、出資させて頂きたいと思っております(*^-^*)

メロークーミスの2015(牝)
募集金額:1,120万円 一口金額:28,000円 栗東:渡辺薫彦厩舎入厩予定
募集金額としては、少し高いですが、想定内でした。預託厩舎については、期待している渡辺厩舎ですので、私としては歓迎しております(サワヤカフェスタにも出資させて頂いております)。
本馬については、出資させて頂きたいと思っております(*^-^*)

キョウエイトルースの2015(牝)
募集金額:3,800万円 一口金額:95,000円 美浦:高木登厩舎入厩予定
募集金額としては、想定外の高さでした。。。高くても、3,200万円程度かなと思っていました。父がキングカメハメハになり、半兄サウンドトゥルーはG1勝ち、半兄ルールソヴァールも既に3勝、母産駒の活躍は目覚ましいんですが、牝馬であったため、ここまで高額になるとは、正直、全く思っていませんでした(牡馬であれば、4,000万円程度は仕方ないと思いますが)。ダート適性が高そうな牝馬。3,800万円まで高騰すると、正直、迷いますね(^^;)高木先生に預かって頂くことはもちろんプラスですし、この金額設定は自信の表れだと思いますので、色々と考慮し、再度出資検討したいと思っております。

ホリデイトウショウの2015(牡)
募集金額:1,280万円 一口金額:32,000円 美浦:黒岩陽一厩舎入厩予定
募集金額としては、少し高いですね。想定内より少し高いですね。黒岩先生については、私としてはいい先生だと思っています。スマートファルコン産駒、ダート馬としては、いい血統配合していると思いますので、出資検討したいと思っております。

オークルームの2015(牡)
募集金額:1,560万円 一口金額:39,000円 美浦:大竹正博厩舎入厩予定
募集金額としては、想定内ですね。2015年産のなかでは、リーズナブルな金額だと思います。大竹先生に預かって頂くことは、ベストな選択だと思います。アイルハヴアナザー産駒、非サンデー系となるのがポイントだと思いますが、出資検討したいと思っております。

トーセンリリーの2015(牝)
募集金額:1,920万円 一口金額:48,000円 美浦:栗田博憲厩舎入厩予定
新たに出資候補として加えさせて頂きました。募集金額としては、少し高いかなと思います。しかし、栗田先生に預かって頂くことは、かなり魅力的ですね。血統配合からは、牝馬クラシックを目指すお馬さんだと思いますので、そういう意味では、いい先生に預かって頂くことになったと思います。1/4サンデー系・3/4ノーザンダンサー系の配合は、現在のトレンド。母にノーザンダンサー3×4クロスがあり、ハーツクライとの配合相性はいいと思います。母産駒には、中央1勝馬2頭しかいないんですが、ランキング上位のサンデー系との配合は、今回のハーツクライが初めて。父サンデー系との配合相性は、とてもいいと思いますので、兄姉と比較して、かなり上を行く活躍をする可能性は十分にあると思います。出資検討したいと思っております。

◎・〇の2頭は、出資決定だと思っています(*^-^*)
☆の4頭の内1頭~2頭程度、出資したいと思っております。
また、24日の検討会において、出資検討したいお馬さんが出てくる可能性もあると思っております(☆のなかに入るお馬さんが出てくる可能性がありますね)。
今回の募集では、トータルで3頭~4頭と考えておりますので、出資するハードルを上げて、これからもしっかり検討していきたいと思います(*^^*)
2016/09/09

2歳馬近況(2016.9.9)

こんばんは。

北海道馬旅行から帰ってきまして、先週末、一口馬主デビューとなりましたホウロクダマ・シュエットヌーベル。ともに厳しい結果となりました。まあ、これからさらに厳しい戦いがあるわけですから、当然悔しい気持ちは強くありますが、切り替えて見守っていこうと思っています。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年9月9日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
ノルマンディーファーム小野町で調整され、3日(土)に栗東・昆貢厩舎に入厩しました。
「雄大な馬格でスケールの大きな馬ですね。スタッフからは乗り味の良さも伝えられています。いまのところは厩舎でも大人しく優等生ですが、雰囲気からはまだ猫を被っている印象も拭えませんね。先ずはゲート試験合格を目指して進めていきますが、口向きがあまり良くないと報告を受けていますので、その点も矯正しながらやっていきます」(昆貢調教師)


いよいよ栗東トレセンへ入厩しました。私としては、かなり期待しているお馬さんです。昆先生の仰る通り、スケールの大きなお馬さんですから。色々と課題はあると思いますが、そのスケールの大きさで新馬・未勝利戦は早く勝ち上がって欲しいレベルだと思っています。昆先生は、ミュートロギア・メルドオールの件で心に期すものがあると思っていますので、本馬ではぜひ結果を出して欲しいと強く願っております(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2016年9月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
★9/4(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)内田博幸騎手 結果9着
トレセン近郊の茨城県・松風馬事センターに7日(水)に移動しました。
「調教でも並ばれたり前へ出られたりすると他馬を気にする懸念材料はありましたが、実戦でそういった脆さを露呈してしまう結果となってしまいました。テンから行き切れず、逃げ場のない最内枠というのもアダになってしまった印象です。鞍上も『稽古で跨った時とはフォームからして違ってバラバラ。臆病な面が随所に感じ取れた』と話していましたし、次走に向けてはチークやブリンカーなど馬具の装着も検討していきます。レース後も馬体や脚元に異常はありませんが、デビュー予定が延びて長い期間トレセンに在厩していましたし、少し節を稼がないと短距離戦への出走も叶わないため、リフレッシュも兼ねて短期で一旦放牧に出させていただきます」(伊藤圭三調教師)


厳しい新馬戦となりました(>_<)最内枠、テンから行き切れず、最悪のレース展開になったと思います。馬具を装着し、外枠からスピードが活かせるレースになれば、レース内容が一変すると期待しています。次走は、東京開催又は新潟開催になると思いますが、松風馬事センターでリフレッシュと育成放牧をして欲しいと思います(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2016年9月9日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
★9/3(土)新潟・2歳新馬(芝1400m)野中悠太郎騎手 結果16着
「正直なところ、ここまで離されるとは思ってもいませんでした。申し訳ありません。見切り発車的に急仕上げで出走させたわけではありませんので、芝適性に原因があったのではないかと考えています。野中騎手の言う通り、阪神開催のダート戦で仕切り直したいと思います。最後の直線で左にもたれながら走っていた点も気になるので、ハミを変えるなど馬具を工夫して次走に備えます」(中竹和也調教師)


中竹先生はもっと動けると思っていたようですね(^^;)続戦ですね。次走はダート戦を使うようですので、大型馬の2戦目、一変することを願っております(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年9月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
7日(水)にWコースで4ハロン54.7-40.2-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。
「左トモの飛節軟腫の状態は、大きくなったり引いてみたりとまだスッキリしきれてはいませんが、痛みがあるわけではなく調整に影響はありません。今週の追い切りは好時計をマークしましたが、持っているスピードは相当なもので、これくらいは楽々と走ることができますね。課題となる口向きや折り合いの面を改善できれば、短い距離で上のクラスまで出世が見込めるのではないでしょうか。デビュー戦は来週9/17(土)中山・2歳新馬(芝1200m・混)に木幡巧也騎手で予定しています」(尾形和幸調教師)


予定通り17日(土)中山芝1200mでのデビューとなるようですね。3kg減の木幡巧也騎手が鞍上になりますね。スピードを活かした逃げ先行の積極策が合うお馬さんだと思いますので、減量騎手で積極的な騎乗が出来る木幡巧也騎手はいい選択だと思います(^-^)尾形先生のコメント、かなり嬉しく思いますね(*^^*)半姉同様、芝ダート問わず、勝ち星を重ねて欲しいですね。デビュー戦も期待しております(*^-^*)

クレムフカ
更新日:2016年9月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
4日(日)に坂路コースで4ハロン64.4-45.8-29.6-14.7を単走で馬ナリに追われ、8日(木)にも坂路コースで4ハロン57.3-42.7-28.0-14.1を単走で強目に追い切りました。
「帰厩後は坂路コース主体で進めていますが、走る際の首の使い方はだいぶ良くなってきていますね。ただ、前捌きに硬さを感じるのと、速めの時計消化ではまだトモがついてきていない走りになっている印象を受けます。体型的に距離持ちしそうなイメージはあるものの、いまのところはダートの短い距離に適性があるのではと思っていますよ。今週から始まる4回中山開催の後半あるいは東京開催を目標に進めていきます」(矢野英一調教師)


徐々に良くなってきているようですね。遅生まれで早くから動けるタイプではないと思いますし、ダート馬ですから、焦らずお馬さんの成長に合わせて使ってもらいたいと思っています。シニスターミニスター産駒は、お馬さんが良くなってくれば、条件一つで勝ち上がれることが多いですから、順調に使えれば、未勝利戦は勝ち抜けると思っています(^-^)

テオドルス
更新日:2016年9月9日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:499kg
現在は馬場1周と坂路2本を20秒ペースのメニューで調整中です。
ジェルミナシオンをパートナーに毎日休まずに乗り込んでいます。
まだ余裕があるのか集中力を欠く場面も多いですが、これからペースを上げていけば走りに集中できるようになるはずです。
あと一カ月ほどはこちらで調整し、もう1段階レベルアップさせてからトレセンに送り出したいと考えています。


馬体重は前週から+7kg。順調に育成が進んでいるようですね。11月東京でのデビューになりそうですね。マツリダゴッホ産駒は、気性がポイントですので、集中してレースが出来るようになって欲しいと願っています(^-^)

来週末にはキャラメルフレンチがデビューを迎えそうです。鞍上は3kg減の木幡巧也騎手。積極的なレースが得意な本馬に相性の良いジョッキーを選択して頂いたと思います。口向き・折り合いに課題はありそうですが、かなりいいスピードを持っていると尾形先生は思われているようですね。新馬戦においては、そのスピードを最大限発揮してもらい、ぜひ勝利を掴んで欲しいと思っています(*^-^*)

最後に1歳馬の募集についてですが、本日、口数が発表になりましたね。また、預託厩舎も徐々に発表になっていますね。私の出資意欲については、先日の◎~△の印の通りとなりますが、本日の発表で下記の通り、出資意欲に変化があります。
メルセダリオの2015メロークーミスの2015キョウエイトルースの2015・・・400口に決まりました。印通りの出資意欲で変わらずです(*^^*)
タニノジュレップの2015・・・40口になってしまいました(^^;)出資意欲としては、無印に変更となりますね。。。
ホリデイトウショウの2015・・・400口となりました(^-^)美浦:黒岩厩舎が預託厩舎となりました。リッカルドを預かって頂いている先生ですね。勝ち星は伸び悩んでいますが、個人的には好きな先生で期待をしている先生でもあります。出資意欲としては、☆印に上がりました(*^^*)上記3頭に続く4頭目として、出資検討したいと考えております。