2016/09/09

2歳馬近況(2016.9.9)

こんばんは。

北海道馬旅行から帰ってきまして、先週末、一口馬主デビューとなりましたホウロクダマ・シュエットヌーベル。ともに厳しい結果となりました。まあ、これからさらに厳しい戦いがあるわけですから、当然悔しい気持ちは強くありますが、切り替えて見守っていこうと思っています。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年9月9日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
ノルマンディーファーム小野町で調整され、3日(土)に栗東・昆貢厩舎に入厩しました。
「雄大な馬格でスケールの大きな馬ですね。スタッフからは乗り味の良さも伝えられています。いまのところは厩舎でも大人しく優等生ですが、雰囲気からはまだ猫を被っている印象も拭えませんね。先ずはゲート試験合格を目指して進めていきますが、口向きがあまり良くないと報告を受けていますので、その点も矯正しながらやっていきます」(昆貢調教師)


いよいよ栗東トレセンへ入厩しました。私としては、かなり期待しているお馬さんです。昆先生の仰る通り、スケールの大きなお馬さんですから。色々と課題はあると思いますが、そのスケールの大きさで新馬・未勝利戦は早く勝ち上がって欲しいレベルだと思っています。昆先生は、ミュートロギア・メルドオールの件で心に期すものがあると思っていますので、本馬ではぜひ結果を出して欲しいと強く願っております(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2016年9月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
★9/4(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)内田博幸騎手 結果9着
トレセン近郊の茨城県・松風馬事センターに7日(水)に移動しました。
「調教でも並ばれたり前へ出られたりすると他馬を気にする懸念材料はありましたが、実戦でそういった脆さを露呈してしまう結果となってしまいました。テンから行き切れず、逃げ場のない最内枠というのもアダになってしまった印象です。鞍上も『稽古で跨った時とはフォームからして違ってバラバラ。臆病な面が随所に感じ取れた』と話していましたし、次走に向けてはチークやブリンカーなど馬具の装着も検討していきます。レース後も馬体や脚元に異常はありませんが、デビュー予定が延びて長い期間トレセンに在厩していましたし、少し節を稼がないと短距離戦への出走も叶わないため、リフレッシュも兼ねて短期で一旦放牧に出させていただきます」(伊藤圭三調教師)


厳しい新馬戦となりました(>_<)最内枠、テンから行き切れず、最悪のレース展開になったと思います。馬具を装着し、外枠からスピードが活かせるレースになれば、レース内容が一変すると期待しています。次走は、東京開催又は新潟開催になると思いますが、松風馬事センターでリフレッシュと育成放牧をして欲しいと思います(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2016年9月9日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
★9/3(土)新潟・2歳新馬(芝1400m)野中悠太郎騎手 結果16着
「正直なところ、ここまで離されるとは思ってもいませんでした。申し訳ありません。見切り発車的に急仕上げで出走させたわけではありませんので、芝適性に原因があったのではないかと考えています。野中騎手の言う通り、阪神開催のダート戦で仕切り直したいと思います。最後の直線で左にもたれながら走っていた点も気になるので、ハミを変えるなど馬具を工夫して次走に備えます」(中竹和也調教師)


中竹先生はもっと動けると思っていたようですね(^^;)続戦ですね。次走はダート戦を使うようですので、大型馬の2戦目、一変することを願っております(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年9月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
7日(水)にWコースで4ハロン54.7-40.2-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。
「左トモの飛節軟腫の状態は、大きくなったり引いてみたりとまだスッキリしきれてはいませんが、痛みがあるわけではなく調整に影響はありません。今週の追い切りは好時計をマークしましたが、持っているスピードは相当なもので、これくらいは楽々と走ることができますね。課題となる口向きや折り合いの面を改善できれば、短い距離で上のクラスまで出世が見込めるのではないでしょうか。デビュー戦は来週9/17(土)中山・2歳新馬(芝1200m・混)に木幡巧也騎手で予定しています」(尾形和幸調教師)


予定通り17日(土)中山芝1200mでのデビューとなるようですね。3kg減の木幡巧也騎手が鞍上になりますね。スピードを活かした逃げ先行の積極策が合うお馬さんだと思いますので、減量騎手で積極的な騎乗が出来る木幡巧也騎手はいい選択だと思います(^-^)尾形先生のコメント、かなり嬉しく思いますね(*^^*)半姉同様、芝ダート問わず、勝ち星を重ねて欲しいですね。デビュー戦も期待しております(*^-^*)

クレムフカ
更新日:2016年9月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
4日(日)に坂路コースで4ハロン64.4-45.8-29.6-14.7を単走で馬ナリに追われ、8日(木)にも坂路コースで4ハロン57.3-42.7-28.0-14.1を単走で強目に追い切りました。
「帰厩後は坂路コース主体で進めていますが、走る際の首の使い方はだいぶ良くなってきていますね。ただ、前捌きに硬さを感じるのと、速めの時計消化ではまだトモがついてきていない走りになっている印象を受けます。体型的に距離持ちしそうなイメージはあるものの、いまのところはダートの短い距離に適性があるのではと思っていますよ。今週から始まる4回中山開催の後半あるいは東京開催を目標に進めていきます」(矢野英一調教師)


徐々に良くなってきているようですね。遅生まれで早くから動けるタイプではないと思いますし、ダート馬ですから、焦らずお馬さんの成長に合わせて使ってもらいたいと思っています。シニスターミニスター産駒は、お馬さんが良くなってくれば、条件一つで勝ち上がれることが多いですから、順調に使えれば、未勝利戦は勝ち抜けると思っています(^-^)

テオドルス
更新日:2016年9月9日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:499kg
現在は馬場1周と坂路2本を20秒ペースのメニューで調整中です。
ジェルミナシオンをパートナーに毎日休まずに乗り込んでいます。
まだ余裕があるのか集中力を欠く場面も多いですが、これからペースを上げていけば走りに集中できるようになるはずです。
あと一カ月ほどはこちらで調整し、もう1段階レベルアップさせてからトレセンに送り出したいと考えています。


馬体重は前週から+7kg。順調に育成が進んでいるようですね。11月東京でのデビューになりそうですね。マツリダゴッホ産駒は、気性がポイントですので、集中してレースが出来るようになって欲しいと願っています(^-^)

来週末にはキャラメルフレンチがデビューを迎えそうです。鞍上は3kg減の木幡巧也騎手。積極的なレースが得意な本馬に相性の良いジョッキーを選択して頂いたと思います。口向き・折り合いに課題はありそうですが、かなりいいスピードを持っていると尾形先生は思われているようですね。新馬戦においては、そのスピードを最大限発揮してもらい、ぜひ勝利を掴んで欲しいと思っています(*^-^*)

最後に1歳馬の募集についてですが、本日、口数が発表になりましたね。また、預託厩舎も徐々に発表になっていますね。私の出資意欲については、先日の◎~△の印の通りとなりますが、本日の発表で下記の通り、出資意欲に変化があります。
メルセダリオの2015メロークーミスの2015キョウエイトルースの2015・・・400口に決まりました。印通りの出資意欲で変わらずです(*^^*)
タニノジュレップの2015・・・40口になってしまいました(^^;)出資意欲としては、無印に変更となりますね。。。
ホリデイトウショウの2015・・・400口となりました(^-^)美浦:黒岩厩舎が預託厩舎となりました。リッカルドを預かって頂いている先生ですね。勝ち星は伸び悩んでいますが、個人的には好きな先生で期待をしている先生でもあります。出資意欲としては、☆印に上がりました(*^^*)上記3頭に続く4頭目として、出資検討したいと考えております。
スポンサーサイト