2016/10/31

【追記有り】1歳馬近況(2016.10.31)

こんばんは。

昨日は、ブラックジェイドがデビューしました。期待と不安の気持ちが入り乱れる新馬戦でしたが、いいレースをしてくれました。息遣いも良くなく、まだ余裕のある馬体、新馬戦向きでもないように感じるなか、レースセンス・気性・根性、実戦向きなお馬さんだと感じました。1回使ったことで、変わり身が大きいように思いますので、スタートからの行きっぷりもさらに良くなるように思います。逃げ先行から粘り強いレースができるお馬さんだと思います。早いタイミングで未勝利を勝ち抜けてもらい、成長を促してもらい、古馬になるまで、長く楽しめるお馬さんになって欲しいと思っています。上手く成長できれば、オープンクラスまで。。。期待して見守りたいと思います(*^^*)

それでは、今回からノルマンディーで出資させて頂いている1歳馬の近況について、書かせて頂きたいと思います。

オークルームの15
更新日:2016年10月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:509kg

20161031[1]
成長期のためか右前脚に骨瘤が出てしまい、2日(日)にノルマンディーファームに移動しました。
徐々に治まりつつある状態で、現在は昼夜放牧を行っています。
半兄イオラニ、カルヴァリオの同時期と比べて気性面は穏やかな印象を受けます。
馬っぷりの良さは父アイルハヴアナザー譲りで、馬体のバランスも良く、軽い身のこなしや動きの柔らかさからは芝での活躍を期待できそうです。


この時期の骨瘤は気にしなくていいですよね。順調そうですね。馬体を見る目があまりない私から見ても、ボリューム感のあるいい馬体していますね。先行募集で抽選になったのも分かる映えのする馬体ですね。芝で活躍してくれれば、嬉しいですね(^-^)

メルセダリオの15
更新日:2016年10月31日
在厩先:えりも分場
馬体重:495kg

20161031[1] (2)
引き続きえりも分場にて昼夜放牧を行っていますが、近日中にノルマンディーファームに移動して騎乗馴致を開始する予定です。
少々のことでは動じない精神的な逞しさがあり、大物感を漂わせています。
近親にはインティライミやサンバレンティン、アロマティコなど芝の中距離で活躍した馬が名を連ね、首差しの長さから中距離以上の距離適性が窺えますね。
香港のクイーンエリザベス2世Cを制するなど、2000m前後の距離が主戦場だった父ルーラーシップ同様、本馬にも芝中距離での活躍を期待したいところです。


馬体は早くも冬仕様になりつつありますね(^^;)ノルマンディーファームへ移動し、騎乗馴致を開始する予定のようですね。順調そうで何よりです。芝中距離で活躍してくれれば嬉しいですね。クラシックで勝負できるお馬さんになって欲しいなあと夢を見ております(*^^*)

ホリデイトウショウの15
更新日:2016年10月31日
在厩先:えりも分場
馬体重:457kg

20161031[1] (5)
引き続きえりも分場にて昼夜放牧を行っていますが、近日中にノルマンディーファームに移動して騎乗馴致を開始する予定です。
父スマートファルコンの競走成績や、本馬の血統背景からはダートに高い適性を感じさせる一方、シャープな体つきや放牧地を素軽く駆け回っている姿を見ると、芝でもやれるのではと期待が膨らみます。
時折見せるキッとした鋭い目つきには、内に秘める闘争心の強さを感じさせますし、やや遅生まれなので今後の馬体の成長余地もかなりあるのではないでしょうか。


えりも分場にいるお馬さんは、やはり寒いためか、早くも冬仕様になりつつありますね(^^;)募集時の馬体重から+59kgになっており、写真を見比べても、たった1ヶ月で別馬になりましたね。かなり太い馬体をしておりますが、いいダート馬になりそうですね。ダートの短距離~マイルくらいで活躍して欲しいですね(^-^)

【追記】
ほんとに写真は別馬だったんですね(^^;)馬体重も+22kg。まあ、そうですよね(^^;)しかし、別馬ではありませんが、全体的にボリュームアップしており、ダート馬として、とてもいい馬体になってきていますね。やはり、いいダート馬になりそうな感じがします(^-^)

チェアユーアップの15

更新日:2016年10月31日
在厩先:えりも分場
馬体重:452kg

20161031[1] (4)
引き続きえりも分場にて昼夜放牧を行っています。
この中間で体が一回り大きく成長し、肩 周りの筋肉の発達も顕著で逞しさが増してきました。
母は現役時代、芝とダートで勝ち星を挙げた万能タイプでしたが、半姉ジェイラーやマリーナプリンセスのレースぶりからも産駒には豊かなスピードが受け継がれているように思えます。
骨量のある四肢は造りも良好で、丈夫さが最大のストロングポイントとなることでしょう。


本馬も募集時から馬体重が+32kg。ダート馬として、いい感じのお馬さんになっていますね。丈夫とのコメントは嬉しいですね。ダート短距離~マイルくらいを中心に、息の長い活躍を期待したいですね(*^^*)

4頭ともに順調そうで何よりです。あと、募集から1ヶ月程度なんですが、4頭ともに馬体重が大幅に増えていますね。これはいい傾向だと思います。これからも、とにかく順調に成長して欲しいと思います(*^^*)
スポンサーサイト
2016/10/30

10/30レース結果

こんにちは。

今日は、ノルマンディーのブラックジェイドのデビュー戦、京都ダート1800m新馬戦に出走しました。

ブラックジェイド
★10/30(日)京都・2歳新馬(ダート1800m) 馬体重:512kg
太宰啓介騎手 結果2着(5人気)

「普段は横にいる他馬を噛んだり蹴りに行ったりと、けっこうヤンチャ坊主でなんですよ。今日は馬場入場時に立ち上がろうとする素振りは見せたものの、比較的落ち着いていました。そういう意味でも実戦タイプの馬だと思います。ゲートの出が速く、練習ほどダッシュを効かせては行けませんでしたが、好位に取りついて競馬を進めることができました。ムキになってハミを噛むこともありませんでしたし、息遣いとは裏腹に手応えは終始楽なまま直線勝負に持ち込めたのですが…相手が強かったですね。体にも少し余裕があって、まだ秘めているものを全部は出せていませんので、一度叩いたことで変わってくるはずですよ」(太宰啓介騎手)


期待と不安が入り乱れたデビュー戦。いいレースをしてくれました(^-^)ゲートの出は速く、促していって2番手での競馬。前半1000m63.8秒のペースのなか折り合いは付いて楽に追走。直線では勝った馬には離されましたが、逃げた馬はしっかり差しての2着。今日の段階では、勝ったキャロットクラブのエルデュクラージュとは力の差がありましたが、本馬も逃げ先行する脚があり、折り合いも付きやすく、直線しっかり伸びる脚もあり、勝ったお馬さんにも一瞬喰らいつく根性も見せました。レースセンスが良く、気性も実戦向きで、かなり走るお馬さんだと感じました。これは、ダートレースであれば、結構やってくれると思います(*^^*)太宰騎手のコメントを見ますと、普段はヤンチャ坊主でありながら(^^;)、実戦では落ち着きのあるレースができている。気性が実戦向きなようですね。まだ息遣いは良くないなか、終始手応えは良く、直線もしっかり伸びてくれたようですね。体に少し余裕があり、まだまだ引き出しがありそうで、ここを使っての変わり身も十分にありそうですね。次走は、続戦であれば、中1週で11月12日(土)京都ダート1800m未勝利戦、中2週で11月19日(土)京都ダート1800m未勝利戦・11月20日(日)京都ダート1800m未勝利戦の何れかでの出走になりそうですね。今回使っての変わり身も大きそうですので、ぜひ次走で未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと思います(*^-^*)
2016/10/28

2歳馬近況(2016.10.28)

こんばんは。

日曜日、出資馬のブラックジェイドが京都4R2歳新馬ダート1800mでデビュー戦を迎えます。私のなかでの期待値はかなり高いお馬さんです。内臓脂肪が蓄積されていることにより、息遣いが良くないようです。時計を見る限り、十分レース出来る状態にあると思いますが、まだ仕上がり途上なんでしょうね。栗東Eコース、ゲートから馬なりで2F11.8秒を計時しています。スタートを普通に出れば、逃げ先行の競馬ができると思います。あとは、息が持つかどうか。新馬戦向きではないと思いますが、ダートへの適性・能力から鑑みて、使っていけば、まず未勝利戦でもたもたするお馬さんではないと思います。しかし、この状態で新馬戦、どんなレースをしてくれるのか、期待を持っております。勿論、新馬勝ちという結果であれば、最高だとも思っています。グリーンチャンネル観戦で、精一杯応援したいと思っています(*^-^*)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

シュエットヌーベル
更新日:2016年10月28日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
★10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダ1200m・牝)木幡初也騎手 結果4着
「大外枠から抜群のスタートを決めてくれましたが、内側の他馬を気にして序盤はテンからのダッシュが利きませんでした。それでも諦めずに追走して好位までポジションを上げられましたし、ブリンカー効果も確認できて初戦より数段レース内容はアップできたと思います。レース後の状態も安定していることから、次走は中一週で来週11/5(土)東京・2歳未勝利(ダ1300m・混)に向かうつもりです。芝スタートが苦手というイメージは持っていませんが、一度オールダートの競馬を試してみましょう。鞍上については現在調整中です」(伊藤圭三調教師)


ジョッキーのコメント通り、やはり内側の他馬を気にして二の脚が利かなかったようですね(^^;)それが理由で、前半かなり無理をしてポジションを上げる競馬となりましたが、そのなかで1.2秒差(2着からは0.3秒差)の4着となり、優先出走権を獲得しました。ブリンカー効果もあり、なかなか頑張ってくれたと思っています。伊藤先生の仰る通り、オールダートを試してもらい、スタートからの二の脚が付けば、次走は勝ち負けになる可能性も十分あると思っています。鞍上が誰になるのか、楽しみにしたいと思います(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年10月28日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:503kg
引き続き馬場1周、坂路2本を18~20秒ペース(週2回13~15秒程度)のメニューで調整しています。
トモにまだ緩さが残っており、体つきからも良化の度合いが少々遅い印象は否めませんが、現状でも速めの追い切り時には、前を行く他馬に余力を持って並びかける鋭い動きを披露しています。
兄姉同様に奥手の傾向があるため、今は焦らず基礎を固めて力を付けさせたい方針です。


もう少し北海道にいるようですね。半兄ルールソヴァール同様、2月の東京開催でのデビューとなりそうですね。じっくりしっかりと育成をして頂いているようで、至って順調であることは、とても嬉しい限りですね。動きもかなり良いようですので、現状では全く問題ないように思います。新種牡馬である本馬の父アイルハヴアナザーについては、既に芝4勝・ダート3勝の計7勝しており、なかなかの成績を収めております。明日は、岡田牧雄氏所有(LEX所有)のシグルーンがアルテミスSへ出走します。ここで勝つようですと、さらに種牡馬として楽しみになると思います。私は、明日応援したいと思っています。何れにせよ、本馬は、ダートであれば、かなり上のクラスで戦えると思っていますので、とにかく順調に育成が進んで欲しいと思っています(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2016年10月28日
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:540kg
「現在は600mの坂路とダートコースでキャンター2000mを16~18秒ペースのメニューで調整しています。当初は馬格の割にトビの小さい印象でしたが、状態が上向くにつれて大きくなり、パワフルなフットワークになってきました。この中間15-15の時計消化をおこなってみましたが、その反動も見られませんので、明日15-14-13を追い切ってみます。再来週までには送り出しの態勢が整いますので、5回京都の最終週(11/26・27)には間に合いそうですよ」(担当者)


大分調子が上向いてきているようですね。いい状態でトレセンに戻って欲しいと思います。5回京都最終週とのことですので、11月26日の京都ダート1400m未勝利戦が目標になるんでしょうか。次走は、是非とも掲示板は確保してもらい、上手く行けば勝ち抜けて欲しいと期待しております(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年10月28日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
松風馬事センターで順調に調整され、本日28日(金)に帰厩しました。
「体高や幅は変わっていませんが、一回りまたお尻が大きくなったように感じます。前走後は内面の疲れからか首周囲に皮膚病が見られ、毛ヅヤもパサついていましたので、いいリフレッシュができたのだと思いますよ。放牧先では飛節の腫れも落ち着きをみせているようですし、何の心配もなく進めていくことができそうですね。次走は11/19(土)東京・2歳500万下(芝1400m・混)を予定しています」(尾形和幸調教師)


リフレッシュし、いい状態のようですね(*^^*)飛節の腫れも落ち着き、何の心配もなく進めていけるとのこと、順調でほんとに何よりです。次走は、本馬の距離適性を優先し、11月19日の東京芝1400m2歳500万下戦を目標とするようですね。どんなレースを見せてくれるのか、ほんとに楽しみです。ここで勝つようですと、いよいよ桜花賞。。。まあ、とにかく次走に期待したいと思っています(^-^)

クレムフカ
更新日:2016年10月28日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:505kg
背腰からトモにかけて疲れが溜まっているため、現在はウォーキングマシン運動1時間のみのメニューで調整しています。今週一杯は同メニューにとどめるつもりですが、顕著に疲れの感じられた右トモの状態にだいぶ良化が見られるため、来週から馬場入りを再開する予定です。


馬体重が先週から+13kg。大分ふっくらしているようですね。疲れも大分取れたようで、来週から馬場入りをするようですね。ここからリスタートですね。デビューは年明けになりそうですが、今度は無事デビューを迎えられるよう、しっかり仕上げていって欲しいと思います(^-^)

テオドルス
更新日:2016年10月28日
在厩先:大瀧馬事苑
馬体重:516kg
先週22日(土)に美浦近郊の大瀧馬事苑に移動しました。
「現在はダートコースでキャンター3600mを18~20秒ペースのメニューで調整しています。木村厩舎の馬房の都合と入厩までの総仕上げということで、こちらでお預かりしていますが、体はしっかりと造られており、体力も十分に備わっている印象ですね。大型馬ということもありますので、脚元にはしっかりと注意を払い、いつ入厩の声が掛かっても大丈夫なように来週から調教のピッチを上げ、送り出しの最終態勢を整えていきます」(担当者)


木村厩舎の馬房の都合。。。多くのブログを拝読し、理解はしていましたが、やはり馬房のやり繰りが。。。先行きが少し不安に感じますね(^^;)まあ、もうじき入厩にはなると思いますので、入厩してから、どのように仕上げてくれるのか、見守りたいと思います。木村先生からマツリダゴッホ産駒をやりたいとのオファーで預かることとなった本馬ですので、しっかり仕上げ、いいレースをしてくれると期待しております(^-^)

ビターレ
更新日:2016年10月28日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:474kg
現在は体力強化のため馬場での乗り込み量を増やしています。
21日(金)には馬場5周坂路1本(15秒程度)の調教をこなしました。
馬場での周回運動では、最初は落ち着きがなく煩いところを見せるものの、周回を重ねるごとに落ち着いて集中して走っている様子が窺えますし、坂路においては引き続き素軽く、しなやかな動きを見せています。
調教を積み重ねながら馬体重も増えていることから、日々のトレーニングがしっかりと実になっているのは間違いありません。
ただ、坂路ではスイッチが入り過ぎるところもあるため、気性面の問題も踏まえて今後も馬場での運動を中心に調教を積み重ねていく予定です。


馬体重が増加傾向にあるのはいいですね。動きについては、常にいい動きをしているようですね。スイッチが入り過ぎるところがあるようですが、良質なバネのある走りはかなり魅力的ですよね。デビューは2月の京都開催くらいになるような気がしますが、ダート短距離であれば、かなりの活躍が期待できると思っております(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年10月28日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:436kg
この後は福島県のノルマンディーファーム小野町で進めていくことになり、22日(土)に移動しました。
24日(月)から馬場入りを開始し、現在は馬場1周と坂路1本を20秒ペースのメニューで調整中です。
輸送熱などもなく到着後も至って順調ですが、まだ体つきが華奢で体力が付き切っていない印象です。
坂路では傾斜がキツくなる後半の400mでアップアップとなり、最後はバテてフォームも乱れてしまいます。
それでも自分からハミを取って一生懸命走っており、気性も前向きなため、量を乗り込んで体力面が強化されてくれば変わってくるはずです。


小野町へ移動しましたね。まだまだ体力が付いていないようですね。無理せずじっくりと育成して欲しいと思います。デビューは年明けでいいと思っています。血統配合からは、間違いなく晩成だと思いますので、無理をして壊さないようにだけはして欲しいと思っています。未勝利を勝ち抜けられれば、先々なかなか楽しめるお馬さんだと思っていますので、体力をしっかり付けて、渡辺先生に預けて欲しいと思っています(^-^)

本日、カジノフライトの臨時更新があり、引退となってしまいました。ノルマンディーの2歳世代については、ルナシンフォニーに引き続き、デビューを迎えられないお馬さんが2頭目となってしまいました。改めて、デビューを無事迎える大変さを感じました。幸いにして、私の出資している2歳世代の9頭は、今のところ、無事デビューしているか、デビューに向けて無事進んでいる状況にあります。日曜日は、ノルマンディー2歳世代において、4頭目のデビューとなるブラックジェイドがスタンバイしておりますが、残りの5頭についても、無事デビューして欲しいと強く思っております(^-^)
2016/10/27

2歳馬出走(2016.10.30)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーでの一口馬主4頭目のデビュー戦になります。

ブラックジェイド
☆10/30(日)京都・2歳新馬(ダ1800m)太宰啓介騎手

23日(日)に坂路コースで4ハロン61.0-42.7-27.0-12.6を単走で末一杯に追われ、26日(水)にはCWコースで6ハロンから0.2秒追走して併せ、82.1-66.4-52.5-38.8-12.2を一杯に追い切りました。
「追い切り時計や動きからは十分に合格点を与えられます。乗り込み量豊富で仕上がりも悪くありませんが、問題なのは息遣いが変わってこない点。喉に疾患があるわけではないので、蓄積された内臓脂肪を減らさないことには改善されないかもしれません。デビュー戦は1800mを使うことでそれがどう影響するのか、一抹の不安は残るものの、ダートコースでの走りの良さに期待しています」(昆貢調教師)


9月3日にトレセンに入厩し、9月15日から時計の出る追い切りを始め、ここまで14本追い切りを行いました(内一杯の追い切りを8本)。息遣いが良くなく、しかも一杯に追うとバテバテになる状態から、みっちり追い切りを行ってくれました。昆先生は、最近では珍しく、騎手を騎乗にトレセンでしっかり仕上げてくる先生ですので、本馬もレース出来る状態まで仕上がることができたと思います。9月29日から6本追い切りを行ってくれた太宰騎手が、本馬のデビュー戦でも騎乗することとなりました。四位騎手が他の昆厩舎のお馬さんに騎乗するのは、少し複雑な気持ちですが(^^;)、ずっと追い切りを付けてくれた太宰騎手なので、それもデビュー戦の鞍上としてはいいかなと思っています。追い切り時計を見る限り、昆先生の仰る通り、十分レースになる仕上がりだと思います。ただ、息遣いが変わってこない点は、やはり内臓脂肪が蓄積されているからなんでしょうね。そういう意味では、息が持つかどうかが心配な点になるんでしょうね。栗東Eコースでのゲートの出を見る限り、2F目で11.8秒という数字がありますので、ダート1800m新馬戦であれば、逃げ先行する競馬はできると思います。あとは息が持てば、ダートでの走りの良さから、粘り込みのレースで勝ち負けになると思います。新馬向きではないように思いますし、使っていけば、まずダートの未勝利戦を勝ち抜けることはできると思います。期待と不安が入り乱れる新馬戦ですが、先々に繋がるレースをしてもらいたいと思いますし、さらにこの状態で勝ち負けのレースができると、ほんとに先々の期待値が高まりますので、そのようなレースをして欲しいと強く期待しております(*^-^*)

話は変わりますが、先日、ノルマンディーの懇親会に申し込みを行いました。昨年も参加させて頂きましたが、とても楽しい会でしたので、今年も再度参加させて頂くこととしました。ブログをお読みの方で参加される方がおりましたら、ぜひ、交流を深めたいとも思っております。宜しくお願い致します(*^^*)
2016/10/23

10/23レース結果

こんにちは。

今日は、ノルマンディーのシュエットヌーベルの2戦目、新潟ダート1200m牝馬限定未勝利戦に出走しました。

シュエットヌーベル
★10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダート1200m・牝) 馬体重:448kg
木幡初也騎手 結果4着(4人気)

「理想はハナでしたけどね…。ポンっとスタートを出てくれましたが、内の速い馬を意識してか二の脚がつきませんでした。揉まれず、砂を被らないポジションを取り、流れに乗るために押っつけて脚を使ってしまったのが、最後の直線に響きましたね。1000~1300m戦でハナを切る競馬が出来れば、十分にやれそうですよ」(木幡初也騎手)


スタートはポンっと出たんですが、二の脚が付かず逃げられませんでした。そこからかなり追い通しで先行集団に付けて、最後は少し脚が上がっての4着でした。気性面を考慮したことにより、結構ロスが多く厳しい競馬になりましたが、そのなかで1.2秒差(2着からは0.3秒差)の4着ですので、悪くはない結果だったと思っています。優先出走権も取れましたし。木幡初也騎手の「内の速い馬を意識してか二の脚がつきませんでした」とのコメントは気になりますが、スタートからの二の脚が付くレースが出来れば、勝ち上がりも見えてくるレース内容だったと思います。私的には、オールダートコースであれば、スタートからの二の脚が変わるかもと思いますので、次走は東京ダート1300mのレースを見てみたいと思っております。11月1週目又は3週目に東京ダート1300m未勝利戦がありますので、出走してくれればいいなと思っています。今回は、今後の目途が立つレースをしてくれたこと、優先出走権を取れたことが、大きな収穫だったと思っています。次走以降も、期待したいと思っています(*^-^*)
2016/10/22

2歳馬近況(2016.10.21)

こんばんは。

明日は、出資馬のシュエットヌーベルが新潟1R2歳牝馬限定未勝利ダート1200mに出走します。枠順は8枠15番の大外枠に入ることとなりました。これは、運が向いてきたかも。。。東スポの聞き耳というコラムには、「体調面の上積みは相当。前走が能力ではない。」との厩舎関係者のコメントが記載されております。調教ではゲートも速いようですので、外枠から何が何でも逃げる競馬をしてもらいたいと思っています。一変したレースを期待しております(#^^#)
あと、菊花賞は、日高の服部牧場産の皐月賞馬であるディーマジェスティを応援したいと思っています。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年10月21日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
16日(日)に坂路コースで4ハロン55.3-39.6-26.1-13.1を単走で末一杯に追われ、19日(水)にはCWコースで6ハロンから併せ、83.0-67.9-53.4-39.6-13.3を一杯に追い切りました。
「今朝、ダート馬場のEコースで実戦形式にゲート練習を行ったところ、スタートよく飛び出してダッシュも速く、テンから3ハロン12.6-11.8-12.7とウッドチップの時とは走りがまるで違いました。息遣いはあまり変わってこないものの、鞍上からは『今朝の感じからは、ダートなら短距離でもやれそうなほどスピードを感じた』と報告を受けています。当初は芝デビューの予定でしたが、あの走りを見たらダート戦からデビューさせた方が結果につながるように思えますね。追い切りでは外側に併せると、まだ少し気の悪さを出す場面が見られます。本番でそうならないよう、矯正にも力を入れて取り組んでいきます。来週10/30(日)京都・2歳新馬(ダ1800m)を太宰啓介騎手で予定しています」(昆貢調教師)


デビュー戦が決まりましたね。来週日曜日の京都2歳新馬ダート1800m戦、太宰騎手でデビューすることとなりました。四位騎手でのデビューを希望していましたが、ずっと調教を付けてくれている太宰騎手でのデビューでもいいかなと思っています。ダートでのゲート練習では、素晴らしいスタートダッシュを決めたようですね。また、走りもかなり良かったようですね。ワイルドラッシュ産駒の半兄であるカフジナイサーのレースぶりを見ますと、スペシャルウィーク産駒の本馬も、まずダートは向いていると思います。調教ではまだまだな感じですが、案外初戦からいいレースをしてくれるのではないかと期待しております。スタートダッシュを決めて、前々でレースを進めて欲しいと思っています(*^^*)

ホウロクダマ
更新日:2016年10月21日
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:548kg
「現在は600mの坂路とダートコースでキャンター2000mを20~24秒ペースのメニューで調整しています。乗り出し当初は全身のコズみから歩様も硬かったのですが、乗り込みが進むにつれ、動きにも徐々に柔らかみが出てきました。到着当初ガレ気味に映っていた馬体も、今はすっかり戻って元気も出てきましたね。先週が底辺だとすると、ここからは上がっていくだけなので、このまま順調にペースアップを図っていきます」(担当者)


先週から馬体重が+20kg。回復が早いですね。前走から短期放牧に出して頂いたことは、中竹先生の良い判断だったと思います。ここで立て直し、またレースを使っていって欲しいと思います。適性は、ダート1200m~1400mだと思いますので、そこへ向けたレース選択をして欲しいと思います(*^^*)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年10月21日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:464kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整しています。先週に引き続き背腰と左トモにショックウェーブ治療を施しました。ショックウェーブを続けておこなった効果で、随分と歩様もスムーズになり、動きもシャキッとしてきた印象を受けますね。帰厩に向けて来週から15-15の時計消化を取り入れます」(担当者)


大分リフレッシュできているようですね。次走は、11月3週目の予定ですので、ここから入厩に向けて、仕上げていって欲しいと思います(*^^*)

クレムフカ
更新日:2016年10月21日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:492kg
現在はウォーキングマシン運動1時間のみのメニューにとどめて調整しています。
歩様などでは異常を確認できませんが、背腰からトモにかけてだいぶ疲れが感じられます。
体も寂しく映るため、もう少しの期間は同メニューで馬体回復に務める予定です。


かなり疲れがあるようですね。少しトレセンに入れるのが早かったかなと思います。異常がなく疲れだけだったことは良かったかなと思います。矢野先生の判断は良かったと思います。まあ、遅生まれで成長曲線も早くないと思いますので、一旦緩めて、再度作り直して欲しいと思います(*^^*)

テオドルス
更新日:2016年10月21日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:520kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整中です。
スピードに乗ればいい走りを見せるのですが、遅いペースの調教では物見したり集中力に欠けるところがあるため、意識的に週二回は15-15を切る速めの追い切りを消化しています。
体力もだいぶ付いてきたことから木村調教師にはすでに入厩を打診しており、明日22日(土)に美浦近郊の大瀧馬事苑へ移動し、早ければ来週の検疫で美浦トレセンに入厩する予定です。


いよいよ入厩ですね。一旦、大瀧馬事苑というところに入るようですね。木村先生は、やはり一杯お馬さんを預かっていますからね(^^;)来週には、入厩するでしょうから、順調に乗り込んでいって欲しいと思います。11月後半の東京開催又は12月の中山開催くらいでのデビューとなりそうですね(*^^*)

いよいよブラックジェイドのデビュー戦ですね。ダート1800mに矛先を変えたことは、吉となりそうな感じがします。ダートでのゲートの出は良いようですので、スタートを決めて、先行する競馬をして欲しいと思います。かなり期待している本馬ですので、とても楽しみにしております(*^-^*)
2016/10/21

2015年産ノルマンディー1次一般募集一口出資馬決定(2)(*^^*)

こんばんは。

ノルマンディー1歳馬、本日、もう1頭出資させて頂きました(^-^)

IMG_0650.jpg

チェアユーアップの15へ出資させて頂きました(*^^*)
1次募集馬は3頭出資の予定だったんですが(^^;)、今週に入り、残口のあるお馬さんの血統配合を眺めていましたら、気になってしまいました。出資金額は最安値なんですが、なかなか見どころのある血統配合をしているんですよね。
父タイムパラドックス産駒においては、母方にニジンスキー・ミスプロ・ノーザンテーストの血があるお馬さんと配合相性が良いようです。タイムパラドックス産駒の獲得総賞金上位10頭の内、以下の8頭には何れかの血が母方に入っています。
ソルテ:ニジンスキー
タイムズアロー:ノーザンテースト・ロイヤルスキー(ニジンスキー近親)
エイコーンパス:ノーザンテースト・ミスプロ・ニジンスキー
インサイドザパーク:ノーザンテースト・ミスプロ・ニジンスキー
ドラゴンエアル:ミスプロ
オウマタイム:ニジンスキー
エアポートミサ:ミスプロ
コスモミレネール:ロイヤルスキー
本馬については、母方にロイヤルスキー・ノーザンテースト・ミスプロの血があります。
タイムパラドックス産駒の獲得総賞金上位10頭を見ますと、内9頭が牡馬、さらに上位25頭を見ても、内23頭が牡(セン)馬となっており、ロベルト系の特徴である牡馬の方が圧倒的に走る傾向は、タイムパラドックス産駒にも引き継がれているようです。本馬が牡馬である点はかなりプラスだと思います。
また、本馬については、リファール4×5クロスがあります。タイムパラドックス産駒では、現役道営オープン馬であるオグリタイムにリファール4×4クロスがあります。
タイムパラドックスの母父Alzaoは、ディープインパクト・ブラックタイドの母父でもあります。ディープインパクト・ブラックタイド全兄弟は、リファールクロスがあることで成功を収めていますね。そのリファールらしさをONする意味で、リファールクロス+母方にノーザンダンサー・Fair Trial・Never Bendの血があるお馬さんが成功を収めています。ディープインパクト産駒であるジェンティルドンナディープブリランテトーセンラースピルバーグ等に前記の血が入っています。また、ブラックタイド産駒では、リファールクロス+母方にノーザンダンサー・NeverBend・ミスプロの血があるフィールザスマート(現役中央OP馬)、リファールクロス+母方にサクラユタカオー(←Fairway[Fair Trialの父])・ノーザンテースト(←ノーザンダンサー)の血があるキタサンブラックが成功を収めています。本馬においては、リファールクロス+母方にノーザンダンサー・Fairway(Fair Trialの父)・Never Bendの血がありますし、さらに、リファールクロス+母方にサクラユタカオー・ノーザンテースト(←ノーザンダンサー)及びNever Bend・ミスプロの血があります。本馬は、タイムパラドックス産駒になりますので、一概に成功パターンとは言えないんですが、リファールクロスの持ち味である粘り強さを最大限活かせる配合ではないかと思います。タイムパラドックス産駒の代表馬であるソルテのように、ダート戦で逃げ先行競馬をして、粘り強さを活かすレースが出来る配合ではないかと思います。
母チェアユーアップを見ますと、現役時代は、岡田代表が所有されており(検討会ではかなり思い入れがある話をされていました)、中央で芝・ダートで1勝ずつ(計2勝)しております。産駒の初仔ジェイラー(岡田代表の所有馬)は4戦目で未勝利を勝ち抜け、ここ2戦の500万下でもコンマ差の競馬をしております。500万下は勝ち抜けることができる能力はあるように思います。本馬は母9歳の時の第3仔となり、かなり走り頃な時の産駒ではないかと思います。
預託厩舎である田島先生は、母チェアユーアップを管理していた先生となります。母のことを管理していたことは、プラスに働くと思います。今年で8年目のキャリアとなり、毎年10勝~20勝くらいの勝利を収めている中堅の厩舎だと思いますが、ノルマンディーではクリプトスコードを預かって頂いており、3歳ながら既に2勝を収めています。ノルマンディーとは関係も良好であり、相性の良い先生ではないかと思います(検討会の際、ゲストで来ていましたが、とても人当たりの良いいい感じの先生でした。岡田代表とも信頼関係があるように感じました)。
本馬は、検討会の際に岡田代表も仰っていましたが、ダート専門で短距離~マイルくらいで活躍するお馬さんだと思います。また、丈夫で息の長い活躍が期待できると思っています。ダートの短いところを逃げ先行で粘り切るレースをするイメージを持っております。適性がはっきりしているので、未勝利は勝ち抜けると思いますし、1000万下までは行ける(3勝は期待できる)と思い、出資させて頂きました。上記記載させて頂いた血統配合がいい方向に向けば、ブラゾンドゥリスのようにオープンクラスまで行く可能性も十分あるとも思っています。血統配合を調べれば調べる程、出資したいと思いました。最安値のお馬さんではありますが、なかなか活躍できるのではないかと大いに期待しております(#^^#)
最後に、ご紹介と公式サイトより近況報告(2016.9.30)を記載させて頂きます。

チェアユーアップの15
父タイムパラドックス 母チェアユーアップ 母父エアジハード
牡馬 栗毛 2015年4月25日生
生産:新ひだか・岡田スタッド
所属:美浦・田島俊明厩舎入厩予定

20160930[1] (7)
更新日:2016年9月30日
在厩先:えりも分場
馬体重:-
現在はえりも分場で1日に20時間ほどの昼夜放牧をおこなっています。
父タイムパラドックスは、ダートにおけるブライアンズタイム直仔の代表種牡馬ですが、パワフルかつ機敏な四肢の捌きをする本馬も、やはり短距離~マイルのダートが主戦場となりそうです。
毛ヅヤや馬体の張りからは良好な体質面も窺わせ、高いレベルで丈夫に息長く走ってくれることがイメージできるので、お手頃な価格も魅力のひとつと言えるでしょう。


これで、オークルームの15メルセダリオの15ホリデイトウショウの15・チェアユーアップの15の4頭に出資させて頂きました。美浦所属の牡馬を4頭出資することになりました。私が東京に住んでいるので、全て美浦所属であることは問題ないと思っています。現地応援・口取りもし易いですから(^-^)2015年産はあと2頭ですかね。1頭は牝馬に出資したいなあと思っています。まあ、一応もう1つの(入会予定)クラブで狙いはあるんですが。。。ノルマンディーの1次募集馬で4頭目の出資は想定外ではありますが、血統配合を調べて気に入ってしまった訳ですから、出資するしかないでしょうといった感じです(しかも、出資金額が安いですから)。私としては、この4頭への出資は、大変満足している出資だと思っています。来年のデビューまでゆっくりじっくりと成長過程を見守っていきたいと思っています(*^-^*)
2016/10/20

2歳馬出走(2016.10.23)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーのシュエットヌーベルの2戦目になります。

シュエットヌーベル
☆10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダ1200m・牝)木幡初也騎手

19日(水)にWコースで5ハロンから併せ、68.8-52.4-38.8-13.8を直線強目に追い切りました。
「先週よりも一段深くしたブリンカーを着用して追い切りましたが、外を回っても手応えには余裕があり、併せた相手を寄せ付けない動きを披露。この動きを見る限り、ハナさえ叩ければ未勝利クラスで力負けするとは思えませんよ。但し、シュエットヌーベルにとってはやはり精神面が最大の課題で、調教でも他馬が半馬身前を行くだけで気にする素振りを見せてしまいます。作戦は公言通り、序盤の走りが今回も鍵を握るでしょう。明日は騎手を乗せて、より実戦形式に近いゲート練習を行う予定です」(伊藤圭三調教師)


伊藤先生の仰る通り、課題ははっきりしています。深めのブリンカーを着用する対策を行い、2kg減量の木幡初也騎手を配しました。何とか、外枠を引いて欲しいですね。出来れば偶数番の馬番を。調教の走りを見る限り、動きは抜群なんですよね(^^;)問題は、精神面・臆病な面ですかね。何としても、スタートから逃げるレースをし、押し切るレースをして欲しいと願っております(*^^*)
2016/10/15

2歳馬近況(2016.10.14)

こんばんは。

本日、2015年産1歳馬の出資状況が更新されました。10月14日現在、1次募集馬15頭中、満口が6頭・残半分以下が4頭という状況です。この感じですと、10%割引期間に半分以上満口になりそうな勢いですね(^^;)会員数が激増しており、かなり人気のあるクラブになってきているようですね。私は2014年産から出資している新参者ですが(^^;)、その私から見ても、出資の勢いが凄いと感じます。私自身は、2015年産1次募集馬について、3頭出資しており、1次募集馬の出資は完了としております。2次募集を楽しみに待っている状態です(*^^*)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年10月14日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
9日(日)に坂路コースで4ハロン58.7-42.9-27.9-13.8を単走で馬ナリに追われ、13日(木)にはCWコースで6ハロンから併せ、81.1-66.4-52.8-39.4-13.3を一杯に追い切りました。
「先週のように追走して大きく外を回る形ではまだバテてしまいますが、負荷を楽にしてあげれば今週ぐらいの時計では動けます。体はほぼ仕上がっているのですが、普段から調教を付けている太宰騎手に感触を求めると、ゼーゼーと息遣いの悪さが変わってこない点を指摘していました。内視鏡を覗いても喉に異常はありませんので、やはり内臓脂肪がまだ取り除けていないことにより苦しそうな呼吸をしているのだと思います。無駄打ちするつもりはありませんが、レースを使っていかないとなかなか変わってこない印象です。10月30日(日)京都・2歳新馬(芝1800m・混)または11月6日(日)の同(芝2000m・混)でデビューさせるつもりです」(昆貢調教師)


まだまだ息遣いが良くないようですね。レースを使いながらという感じでしょうか(^^;)ただ、内臓脂肪が取れれば一変すると思っています。半兄のカフジナイサーを見ても、血統配合から見て、未勝利クラスでもたもたするお馬さんではないと思っています。新馬向きかどうかは何とも言えませんが、少なくとも、レースを使えば一変すると思っています。昆先生には、このまましっかり乗り込んで頂き、新馬戦を迎えて欲しいと思います(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2016年10月14日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
10日(月)に坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、56.7-41.1-27.7-12.9を馬ナリに追われ、13日(木)にはWコースで4ハロンから併せ、54.0-39.0-13.4を馬ナリに追い切りました。
「ブリンカーを着用して半馬身ほど先行する形で追い切りましたが、新馬勝ちした格上馬相手に圧倒する動きを見せました。精神面が課題のようで、気持ちよく走らせられればやはり動きますね。来週10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダ1200m・牝)を予定しており、今回は2kg減の木幡初也騎手に騎乗依頼しました。指示するべき戦法ははっきりしていますので、あとはレースに向けて態勢を整えていきます」(伊藤圭三調教師)


ほんとに調教は走りますね(^^;)先生も仰る通り、問題は気性面になりますね。減量騎手である木幡初也騎手を鞍上に据えるのは、プラスだと思います。スタートダッシュに繋がるように思います。あとは、外枠を引いてもらい、スムーズに逃げ先行する競馬をして欲しいと思っています。スムーズな競馬が出来れば、ブリンカー効果も相まって、一変する可能性もあると期待しています(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年10月14日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:510kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週2回は上限15秒)のメニューで調整しています。
まだトモには甘さを見せているものの、速めの時計で追い切る際には、併走馬を置き去りにする姿も珍しくありません。
馬っぷりの良さは父アイルハヴアナザー譲りで、走りもだいぶしっかりとしてきたことから、そう遠くないうちに小野町へ移動できる見込みです。


動きも良く、馬っぷりもかなりいいようですね(^-^)アイルハヴアナザー産駒は、既に7勝(芝4勝・ダート3勝)を上げております。その中でも、特に、岡田牧雄氏所有のシグルーンは、かなり上のクラスでやれそうな逸材だと思います。種牡馬としての能力は結構ありそうに思います。本馬も半兄に負けない逸材だと思っております。今回、小野町への移動見込みのコメントが出ましたね。早ければ、年明けの中山開催くらいでデビューできるかもしれませんね。期待してデビューを待ちたいと思います(*^^*)

ホウロクダマ
更新日:2016年10月14日
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:528kg
「現在は600mの坂路とダートコースでキャンター2000mを20~24秒ペースのメニューで調整しています。背腰には極度の疲れはみられませんが、全身がコズんでいて、特に両前の肩周辺に明らかな筋肉痛の症状が出ています。左前の深管に骨瘤もありますので、デビューから2戦のダメージがここにきてドッと出た印象を受けます。来週一杯は現状のメニューと治療で様子見を継続し、ゴトゴトした感じが取れてくれば、ペースアップしていきましょう」


ダメージ・疲れがドッと出ているようですね。一息入れたのは正解のようですね。次走は11月の京都開催の予定ですので、疲れを取りながら調整して頂ければと思います。前走でダート1200m~1400mくらいであれば、ある程度走れる目途は立ったと思いますので、使いながら、未勝利勝ち抜けるチャンスをものにして欲しいと思っています(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年10月14日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:463kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(20~22秒ペース)のメニューで調整しています。背中と腰におこなったショックウェーブ治療の反応も良く、左トモの飛節軟腫も治まりつつありますので、帰厩に向けて立ち上げを開始しました。まだまだ馬体、精神面ともに幼く、その分ここから大幅な成長が見込めそうですね。特に体はもっとムチッとなりそうなフレームをしていますよ。やはりこの時点で1勝を挙げているのは、非常に大きなアドバンテージですね」(担当者)


順調に良くなっているようですね。やはり古馬になってから良くなるお馬さんのようですね。ほんとに、新馬勝ちできたことは、この後無理する必要がなくなったので、古馬になったときにとても大きな意味を持つような気がします。桜花賞へ出走して欲しいという夢もありますが(^^;)、やはり、この時期は無理をせずに、適性に合ったレースを選択し、使っていって欲しいと思います。勿論、それで勝ち上がれれば、桜花賞を使って欲しいとは思っていますが(^-^)

クレムフカ
更新日:2016年10月14日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:-
福島県・ノルマンディーファーム小野町に本日14日(金)に移動しました。
「先週末から角馬場主体で軽めに乗り始め、今週はウッドコースなどに入れて調整を行ってきましたが、右トモの状態にあまり変化が見られません。このままレースに向けて進めていくことが逆に遠回りになる可能性もあると判断し、クラブ側とも相談してここは一旦仕切り直しを図ることになりました。デビュー予定が少し延期となってしまい会員様には申し訳なく思っています。トレセンの負荷をかけたトレーニングで徐々にクレムフカも力を付けていますし、成長過程において今回の休養は必ず良い方向へ事運ぶはずです。ご理解いただければ幸いです」(矢野英一調教師)


仕切り直しですね。デビューを楽しみにしていましたので、残念な気持ちもありますが、遅生まれで成長過程は遅めだろうとも思っていましたので、矢野先生が「急がば回れ」を選択したことは、この後必ずやプラスになると信じています。12月の中山開催くらいでデビューしてくれればと思っています(^-^)

テオドルス
更新日:2016年10月14日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:515kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整中です。
引き続きこの中間も週二回は15-15を切る速めの追い切りを消化しています。
単走ではいまひとつ集中力に欠ける面が見られるため、鐙が当たるくらいの近い距離でビッシリと相手に併せ、闘争心を煽っています。
だいぶ体力面が付いてきたことから木村調教師に入厩の打診をしており、早ければ来週の検疫で美浦に移動する予定です。


ビッシリ追い切ってくれているようですね。集中力に欠ける面はあるようですが、前向きな気性をしているとのこと、いい方に出てくれればと思っています。いよいよ来週美浦に移動するようですね。11月後半の東京開催くらいでデビューしてくれればと期待しております(^-^)

ビターレ
更新日:2016年10月14日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:470kg
この中間も馬場1周と坂路2本を18秒~20秒ペース(週2回上限15秒)のメニューで調整中です。
速めの追い切りではスピードに乗って集中して走れていますが、遅いペースだとまだ物見が激しく集中力や折り合いを欠く面が見られます。
速めを行った後はテンションが高くなり、腹回りが少し巻き上がり気味になる傾向のため、その課題を克服して落ち着きを保たせたいと考えています。
もっと体力面も強化していきたい考えから、来週からは馬場で周回する運動量を増やしていくつもりです。


前回比で馬体重が+10kg。乗り込みながら、少しずつですが馬体重が増えていることは、いいですね。しっかり乗り込んで頂いているようですので、このまま乗り込みながら、少しでも馬体をふっくらさせてくれればと思います。また、気性面の課題も上手く克服していって欲しいと思います(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年10月14日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:449kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週2回は上限15秒)のメニューで調整しています。
継続して調教を積めていますが、外側に反応して物見するなど、以前と比べると走りに集中力を欠いているところが見られます。
ただ走る意欲は十分に持っており、精神面では充実してきている様子が窺えるため、まだまだ体力不足の感は否めませんが、早ければ今月中にも小野町へ移動する予定となっています。


小野町への移動コメントが出ていますね。正直、思ったよりも早く移動できそうです。順調に行けば、1月の京都開催くらいでデビューできるかもといった感じですね。完全に晩成血統だと思っていますので、レースを使いながら、どこかで未勝利を勝ち抜くことができれば、先々なかなか楽しめるお馬さんになると思っています(^-^)

来週は、シュエットヌーベルの2戦目になりそうです。スムーズな競馬が出来れば、能力はあると思いますので、一変する可能性はあると期待しております。また、ブラックジェイドのデビュー戦が再来週かもう1週後の芝1800m又は芝2000m戦になりそうです。なかなか内臓脂肪が取れないようで、本来のポテンシャルを発揮できていないようですが、血統配合から見て、そんなに未勝利戦でもたもたするお馬さんではないと思っています。新馬向きかどうかは何とも言えませんが、期待して待ちたいと思っています。あとは、アナザートゥルースですね。小野町への移動コメントが出ました。半兄ルールソヴァールの過去のコメントを調べたところ、ほぼ同時期に移動コメントが出ていました。同じような成長曲線を描いているということになりますので、これはとてもいいことだと思います。私の中では、順調であれば、ダート戦だとは思いますが、まずオープンクラスで戦えるお馬さんになると期待しておりますので、デビュー戦までの成長過程を楽しみに見守りたいと思います(*^-^*)
2016/10/11

北海道サマーセール・北海道オータムセール注目馬(ノルマンディーF購入馬)

こんばんは。

この3日間開催。私は三連休を取ることができたため、3日間とも競馬三昧でした(^^;)土・日はグリーンチャンネルとパッドで。本日は、東京競馬場で競馬を楽しみました。ノルマンディーのララパルーザと内田騎手1000勝となったトレジャーマップ(ゴールドシップの全弟)の応援馬券を少し買っていたこともあり、少しですが、3日間トータルでプラスとなりました(^-^)また、私が好きなお馬さんであるルージュバックが毎日王冠を勝利し、キングズガードがグリーンチャンネルCで2着となり、なかなか楽しい3日間となりました(*^^*)

本題になりますが、8月22日~26日に北海道サマーセール、10月3日~5日に北海道オータムセールが開催され、(有)ノルマンディーファーム名義で北海道サマーセールでは11頭、北海道オータムセールでは7頭購入しました。そのうち、私が血統配合を見て、注目している4頭(サマー1頭・オータム3頭)について、記載させて頂きたいと思います。

北海道サマーセール
チャームウィークの2015 牝 黒鹿毛
父ルーラーシップ 母チャームウィーク 母父スペシャルウィーク
20160801-01-1271[1]
落札金額:7,020,000円(税込)
2015年3月12日生
生産牧場:(有)岡田牧場
飼養者名:(有)目名共同トレーニングセンター
体高:159cm
胸囲:179cm
管囲:19.5cm


父ルーラーシップ×母父スペシャルウィークの牝馬ですね。
現役4歳馬の半兄タマモアタックは中央2勝馬ですね。近走も小倉と阪神で2着しておりますので、もう1つ2つくらいは勝ち星を重ねるかもしれませんね。本馬が母の第4仔となり、フレッシュですね。近親には、中央で9勝・地方で8勝したアラバンサと中央8勝(内重賞4勝)したエアエミネムがいますね。父キングカメハメハ×母父スペシャルウィークでは、リオンディーズ・タガノグランパ・クラリティシチー・クリノヒマラヤオーという活躍馬がいます。その内、リオンディーズとタガノグランパには、本馬と同様、母母にノーザンダンサーの血が入っています。配合相性もいいですし、母系もなかなかいいと思いますので、募集された際は、検討したい1頭となります。

北海道オータムセール
ベラルーナの2015 牝 鹿毛
父ルーラーシップ 母ベラルーナ 母父ディープインパクト
20161001-01-0337[1]
落札金額:12,096,000円(税込)
2015年4月6日生
生産牧場:上村 清志
飼養者名:セールスプレップサービス
体高:151cm
胸囲:172cm
管囲:20.0cm


父ルーラーシップ×母父ディープインパクトの牝馬ですね。
半姉サッチンはデビューして2戦ともに芝で4着ですね。本馬が母の第2仔となり、かなりフレッシュですね。近親には、米エクリプス賞最優秀短距離馬(2年連続受賞)ハウスバスターがいますね。さらに近親を見ると、米での活躍馬が多くいますね(ボトムラインを見ますと、近親に黒太字が多くいます)。日本での活躍馬には、中央で5勝としたヤシマジャパンと中央で2勝(重賞札幌2歳S勝ち馬)したオリエンタルロックがいます。また、ハウスバスターは、本馬の曾祖母ドルフィンズドリームの仔ビッグドリームズと父マウントリヴァーモアの仔。本馬の祖母エンジェルインザモーニングは、父マウントリヴァーモアと母ドルフィンズドリームの仔ですので、ハウスバスターと本馬の祖母エンジェルインザモーニングは、3/4同血となりますね。母父ディープインパクトの産駒は、これからトレンドになると思いますし、父ルーラーシップとは間違いなく相性の良い配合だと思います。ボトムラインもかなり優秀なラインですし、募集があれば、検討したい1頭となります。

エスワンスペクターの2015 牡 黒鹿毛
父ゴールドアリュール 母エスワンスペクター 母父シャンハイ

20161001-01-0441[1]
落札金額:10,800,000円(税込)
2015年5月20日生
生産牧場:(有)広富牧場
飼養者名:(有)ベーシカル・コーチング・スクール
体高:157cm
胸囲:178cm
管囲:21.0cm


父ゴールドアリュール×母父シャンハイの牡馬ですね。
全姉が中央現役3勝馬ロトラトゥールになります。半兄には、佐賀の名馬で現役20勝馬のエスワンプリンスがいます。兄弟6頭中5頭が中央又は地方で3勝以上しており、牡馬については2頭おり、1頭が中央3勝馬、もう1頭がエスワンプリンスになります。母エスワンスペクターは、ダート実績に長けたかなり優秀な繁殖牝馬だと思います。近親を見ますと、中央で2勝・地方で1勝(重賞エーデルワイス賞優勝)している現役馬フクノドリームがいますね。さらに、南関東で羽田杯を優勝した地方で10勝しているキャニオンロマンもいますね。また、父ゴールドアリュール×母父ミスプロ系の配合では、母父ティンバーカントリーのコパノリッキーがいますからね。配合相性もかなりいいと思います。母系はコテコテのダート血統で、全姉に中央3勝馬ロトラトゥールがおり、父ゴールドアリュール産駒で牡馬。母産駒の兄弟を見ても、牡馬2頭ともに活躍馬。しかも、あのエスワンプリンスの半弟。少なくとも、順調に使えれば3つは勝てると思います。上手く育てば、オープンクラスも目指せる配合ではないかとも思います。今回のサマーセール・オータムセール購入馬のなかでは、一番の注目馬となります。中央で400口募集があれば、まず出資したいと思う1頭になります。

クレバーユーミンの2015 牝 黒鹿毛
父ブラックタイド 母クレバーユーミン 母父キングカメハメハ
20161001-01-0473[1]
落札金額:2,268,000円(税込)
2015年6月6日生
生産牧場:(株)ミリオンファーム
飼養者名:(有)チェスナットファーム
体高:153cm
胸囲:173cm
管囲:19.0cm


父ブラックタイド×母父キングカメハメハの牡馬ですね。
半兄サザンオールスターは現役名古屋競馬所属で1勝していますね。本馬が母の第2仔となり、かなりフレッシュですね。曾祖母がラスティックベルですので、近親には中央で5勝(重賞4勝・桜花賞他G13回2着)しているフサイチエアデール、中央で5勝(G1朝日杯FS1着・重賞3勝)しているフサイチリシャール(リッカルドの父ですね)、中央で3勝(重賞クイーンC勝ち馬)しているライラプス、中央で2勝(重賞札幌2歳S勝ち馬)しているアドマイヤエイカンがいますね。ラスティックベルからの母系ですので、とてもいい母系だと思います。父ブラックタイド×母父キングカメハメハでは、デイリー杯2歳Sを勝っている中央現役3勝しているタガノエスプレッソがいますね。タガノエスプレッソの母母には、本馬と同様にノーザンダンサーの血がありますので、本馬の配合相性もいいと思います。血統としては、結構見どころのあるお馬さんだと思いますので、上手く嵌ると、なかなかの大物になる可能性があるように思います。6月生まれとかなり遅生まれで、かなり安価で購入していますので、これからの成長次第という部分が大きいのかなとは思いますが、クラブが募集してきた際は、順調に成長しているということだと思いますので、募集があれば、検討したい1頭だと思います。

今回のサマーセールとオータムセールで計18頭購入しました。1次募集の売れ行きもかなり良く、既に15頭中6頭が満口で3頭が残半分を切っている状態です。検討会の際、岡田代表に直接伺ったところ、2次募集はありそうな感じでした(但し、1次募集馬以上のお馬さんを募集できる自信はないとも。それ位、1次募集馬は厳選したとも仰っていました)。私の予想では、12月の懇親会に合わせて募集するような感じがします。上記4頭が募集された際は、積極的に検討したいと思っています(エスワンスペクターの2015については、基本出資したいとも思っています)(*^-^*)但し、2015年産は、トータルで5頭~6頭の出資にしますので(既に3頭出資済み)、かなり厳選はしないといけないとも思っています。