2016/10/01

2歳馬近況(2016.9.29・30)

こんにちは。

ノルマンディー2015年産の中間発表。
凄いことになっていますね。
ルーシーショーの15オークルームの15は、抽選確定ですね。メロークーミスの15も抽選になりそうですね。
私の本命、メルセダリオの15は、何とか抽選にならずに済みそうな感じですかね。
私としては、先行募集では、メルセダリオの15が出資できれば、7割~8割方満足ですので、抽選にならないことを祈るばかりです(^^;)
オークルームの15の抽選結果次第で、一般募集で出資するお馬さんの頭数が変わるかなと思っています。今回の1次募集では、取り敢えず3頭出資したいと考えております。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年9月30日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
25日(日)に坂路コースで4ハロン61.1-44.4-27.9-13.0を単走で馬ナリに追われ、29日(木)にはCWコースで6ハロン85.4-69.1-54.4-40.0-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。
「周回コースで行った今週の追い切りはちゃんと動けましたね。やはり能力は秘めている馬です。これまでの経験から察するに、蓄積された内臓脂肪が落ちてこないことが原因で、まだ体を持て余して走っているのだと思います。飼い葉食いが旺盛なため、なんぼ運動量を増やしてもへこたれることがない。それでいて息遣いはまだ苦しそうに走っていますし、じっくり長めを消化して絞っていくしかないと考えています。早くデビューさせたい気持ちは私自身もヤマヤマあるのですが、少し時間をかけて調整させてください」(昆貢調教師)


Wコースの調教は、しっかり動けていましたね。飼い葉食いが良く、タフそうなのはいいですね。これから、Wコース中心でしっかりみっちり追い切ってくれると思います。ノルマンディーでは、なかなか結果の出ていない昆先生ですが、トレセンでしっかり仕上げてくれる腕は間違いないと思っておりますので、じっくりと仕上げて欲しいと思います。あと、デビュー戦は、出来れば四位騎手でお願いしたいと思います(^^;)

シュエットヌーベル
更新日:2016年9月30日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:460kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整しています。本日、伊藤調教師が状態確認に訪れ『10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダ1200m・牝)の出走を目標に、来週末の帰厩を予定している』とのことでしたが、15-15の時計消化も問題なくこなしており、不安のない状態で送り出せそうです。馬体にボリューム感も出てきていますし、精神的な弱さも感じません。時間は必要ですが、“優等生”的な線の細さがなくなってくれば、十分やれると思いますよ」(担当者)


次走は、新潟ダート1200m牝馬限定未勝利戦のようですね。外枠を引いて、スンナリ先行する競馬が出来れば、一変も期待できるかなと思っております。コメントでは、時間が必要な感じですが、何とか未勝利を勝ち抜けて欲しいと思います(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年9月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:510kg

20160930[1]
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週2回は上限15秒)のメニューで調整しています。
活躍している兄や姉もこの時期はあまり良くは見せませんでしたが、本馬が良化してくるのも、もう少し寒くなってからの時期になるかもしれません。
父の初年度産駒はJRAの2歳戦でここまですでに6勝。
芝、ダートともに勝ち上がりを見せています。
血統的にダートは得意分野と見ていますが、捌きの良さや、躍動感ある動きからは芝もこなせると見込んでおり、今後のさらなる成長が楽しみです。


まだまだ良化は先ですが、現状の馬体を見ても、ほんとにいいお馬さんですよね(^-^)アイルハヴアナザー産駒は、芝で4勝・ダートで2勝、内4頭が新馬勝ち(芝3勝・ダート1勝)。なかなかの種牡馬になりそうな感じですね。私としては、血統配合から鑑みて、ダート適性が高いと思っておりますが、ゆくゆくはオープンクラスで競馬が出来るレベルのお馬さんなってくれると、かなり高い期待を持っております(*^-^*)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年9月30日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:452kg
トレセン近郊の茨城県・松風馬事センターに27日(火)に移動しました。
「両前のソエが少し出かかっている状態でしたので、先週はプール調教などもメニューに組み込みながら運動させました。特別どこが痛いという訳ではありませんが、レースの疲れが背腰に残っているのと、左トモの飛節軟腫の状態も気にかかりますので、クラブ側とも相談してここは短期で一息入れてやることになりました。3週間ほどで帰厩させて、次走は5回東京開催の三週目(11/19.20)を目標にしたいと思っています。牝馬限定の赤松賞(芝1600m)も視野に入れてはいますが、現状は東京芝1400mがこの馬にピタリ合うのではとイメージを持っています」(尾形和幸調教師)


一息入れることになりました。11月3週目の東京開催が目標になりますね。尾形先生の仰るように、東京芝1400mは合いそうですね。ただ、赤松賞で好勝負できるようですと、桜花賞が見えてくるんですよね(^^;)やはり、この時期に新馬勝ちしますと、期待が高くなりますね。ほんとに楽しみですね(*^-^*)

クレムフカ
更新日:2016年9月29日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
10/2(日)中山・2歳新馬(ダ1200m・混)伴啓太騎手 非当選
25日(日)にWコースで3ハロンから0.4秒追走して併せ、41.6-12.6を馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで4ハロンから併せ、54.9-40.3-14.1を一杯に追い切りました。
「残念ながら出走希望馬が多く、今週は除外となってしまいました。昨日は3頭併せの真ん中に入れる形で追い切りを消化しましたが、最後は両サイドに3馬身ほど遅れを取ってゴール。着実に良化は窺えて、入厩当初と比べたら見違えるほど逞しくなってはいるのですが、まだまだ体力、推進力ともに物足りなさを残す現状ですね。ただ、芯は入っていないものの背中の感じは決して悪くありませんので、実戦を使うことによってガラッと変わってくるタイプに思えます。除外1の権利を持って、来週10/10(祝)東京・2歳新馬(ダ1300m)に向かいましょう。初戦は前々からどれだけ粘り込めるかに期待しているため、直線で手応えが悪くなっても、最後まで諦めずに追う騎手に依頼したいと考えています」(矢野英一調教師)


中山ダート1200m新馬戦は除外になりました。私としては、東京開催の新馬戦で使って欲しかったので、除外1を持って、東京ダート1300m新馬戦デビューになったことはかなりプラスに捉えています。シニスターミニスター産駒は、中山ダート戦よりも東京ダート戦の方が断然に成績がいいですからね。オールダートの1300mの方が、コースも距離も合っていると思います。しかも、鞍上にはリサ・オールプレス騎手を配してくれました。矢野先生は、除外1を取って、東京開催デビューというのは、青写真通りではないかと思う程、いい騎手を配してくれました。デビュー戦、楽しみにしています(*^-^*)

テオドルス
更新日:2016年9月30日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:507kg

20160930[1] (2)
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整中です。
ジェルミナシオンに併走して、今朝は15-15を切る速めの追い切りを消化しました。
単走では集中力に欠ける走りが目につきますが、併せると闘志を燃やすのか前向きさが窺えて一生懸命に前へ出ようとします。
体を上手く使えていないため、走りのバランスがまだ良くありませんので、今後もそのあたりを矯正しながら進めていきます。
来月中旬にはトレセンに送り出したいと考えています。


まだまだ幼さがあるようですね。ただ、前向きさがあるとのこと。北海道時代の長岡騎手が乗った際のコメントでも、前向きさがあるとのコメントがあったと思いますので、本馬の強みになるのかなと思います。11月の東京開催デビューになりそうですね。芝マイルくらいが適性になりそうですので、早めに1つ勝てると、かなり楽しめそうだと思っています(^-^)

ビターレ
更新日:2016年9月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:460kg

20160930[1] (3)
この中間も馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。
屋根付きの坂路コースにも慣れ、徐々に落ち着いて走れるようになってはきているものの、まだまだ集中力を欠く面が目につきます。
それでも、坂路でトップスピードに入ってからの走りには良質なバネを感じ、迫力満点の動きには目を見張るものがあります。
血統背景も似ているキングズガード(プロキオンS2着)同様、本馬も気性的には短い距離が合っていそうです。
まだトモに甘さが残りますが、今後も乗り込みを進めていきながら解消させていくつもりです。


バネがあり、迫力満点の動き。いいですね。牧場見学をさせて頂いた際、ほんとにいい歩きをしているなあと感じました。バネがあり、リズムのいい歩き方。まだ馬体は細いのかなと思いますので、じっくり育成して欲しいと思います。デビューは年明けだと思いますが、ダート短距離~マイルくらいが適性でしょうから、未勝利を勝ち抜けるのに苦労するレベルのお馬さんではないと思っています。順調に行けば、かなり上のクラスで戦えるお馬さんだと思っています(*^^*)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年9月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:444kg

20160930[1] (4)
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週2回は上限15秒)のメニューで調整しています。
体は大きくありませんが、トモに力が付いてきたことで、坂路を駆け上がる姿も力強く映るようになってきました。
体型的にまだ幼さが残り、乗り込みを進めつつ馬体重が増加していることからみても、まだまだ成長途上の段階にあります。
もうしばらくは北海道で乗り込みを続けて、移動の態勢を整えていきます。


順調ですね。成長過程は遅めだと思いますので、じっくり育成してもらいたいと思います。デビューは年明けになりますね。何とか未勝利を勝ち抜けてくれれば、長く楽しめるお馬さんになると思っています(^-^)

明日は、ホウロクダマの2戦目。阪神ダート1200m未勝利戦を森裕太朗騎手で出走します。初戦で見せた逃げ先行力を活かし、前々で粘るレースを見せて欲しいと思います。ショウナンカンプ産駒は阪神ダートコースでの成績はいいですし、血統配合からはダート1200mは合うと思いますので、一変したレースを期待しています(^-^)
また、来週の10日は、クレムフカのデビュー戦になりそうです。除外1がありますので、出走はできそうですね。東京ダート1300m新馬戦をリサ・オールプレス騎手で出走予定ですね。リサ・オールプレス騎手は、2015/16シーズンのニュージーランドリーディングジョッキーですからね。矢野先生は、いい騎手を配してくれたと思っています。調教ではまだまだですが、実戦で一変する可能性も十分にありますからね。シニスターミニスター産駒は、ダートではほんとに良く走るので、期待して待ちたいと思っています(*^^*)
スポンサーサイト