2016/10/20

2歳馬出走(2016.10.23)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーのシュエットヌーベルの2戦目になります。

シュエットヌーベル
☆10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダ1200m・牝)木幡初也騎手

19日(水)にWコースで5ハロンから併せ、68.8-52.4-38.8-13.8を直線強目に追い切りました。
「先週よりも一段深くしたブリンカーを着用して追い切りましたが、外を回っても手応えには余裕があり、併せた相手を寄せ付けない動きを披露。この動きを見る限り、ハナさえ叩ければ未勝利クラスで力負けするとは思えませんよ。但し、シュエットヌーベルにとってはやはり精神面が最大の課題で、調教でも他馬が半馬身前を行くだけで気にする素振りを見せてしまいます。作戦は公言通り、序盤の走りが今回も鍵を握るでしょう。明日は騎手を乗せて、より実戦形式に近いゲート練習を行う予定です」(伊藤圭三調教師)


伊藤先生の仰る通り、課題ははっきりしています。深めのブリンカーを着用する対策を行い、2kg減量の木幡初也騎手を配しました。何とか、外枠を引いて欲しいですね。出来れば偶数番の馬番を。調教の走りを見る限り、動きは抜群なんですよね(^^;)問題は、精神面・臆病な面ですかね。何としても、スタートから逃げるレースをし、押し切るレースをして欲しいと願っております(*^^*)
スポンサーサイト