2016/10/21

2015年産ノルマンディー1次一般募集一口出資馬決定(2)(*^^*)

こんばんは。

ノルマンディー1歳馬、本日、もう1頭出資させて頂きました(^-^)

IMG_0650.jpg

チェアユーアップの15へ出資させて頂きました(*^^*)
1次募集馬は3頭出資の予定だったんですが(^^;)、今週に入り、残口のあるお馬さんの血統配合を眺めていましたら、気になってしまいました。出資金額は最安値なんですが、なかなか見どころのある血統配合をしているんですよね。
父タイムパラドックス産駒においては、母方にニジンスキー・ミスプロ・ノーザンテーストの血があるお馬さんと配合相性が良いようです。タイムパラドックス産駒の獲得総賞金上位10頭の内、以下の8頭には何れかの血が母方に入っています。
ソルテ:ニジンスキー
タイムズアロー:ノーザンテースト・ロイヤルスキー(ニジンスキー近親)
エイコーンパス:ノーザンテースト・ミスプロ・ニジンスキー
インサイドザパーク:ノーザンテースト・ミスプロ・ニジンスキー
ドラゴンエアル:ミスプロ
オウマタイム:ニジンスキー
エアポートミサ:ミスプロ
コスモミレネール:ロイヤルスキー
本馬については、母方にロイヤルスキー・ノーザンテースト・ミスプロの血があります。
タイムパラドックス産駒の獲得総賞金上位10頭を見ますと、内9頭が牡馬、さらに上位25頭を見ても、内23頭が牡(セン)馬となっており、ロベルト系の特徴である牡馬の方が圧倒的に走る傾向は、タイムパラドックス産駒にも引き継がれているようです。本馬が牡馬である点はかなりプラスだと思います。
また、本馬については、リファール4×5クロスがあります。タイムパラドックス産駒では、現役道営オープン馬であるオグリタイムにリファール4×4クロスがあります。
タイムパラドックスの母父Alzaoは、ディープインパクト・ブラックタイドの母父でもあります。ディープインパクト・ブラックタイド全兄弟は、リファールクロスがあることで成功を収めていますね。そのリファールらしさをONする意味で、リファールクロス+母方にノーザンダンサー・Fair Trial・Never Bendの血があるお馬さんが成功を収めています。ディープインパクト産駒であるジェンティルドンナディープブリランテトーセンラースピルバーグ等に前記の血が入っています。また、ブラックタイド産駒では、リファールクロス+母方にノーザンダンサー・NeverBend・ミスプロの血があるフィールザスマート(現役中央OP馬)、リファールクロス+母方にサクラユタカオー(←Fairway[Fair Trialの父])・ノーザンテースト(←ノーザンダンサー)の血があるキタサンブラックが成功を収めています。本馬においては、リファールクロス+母方にノーザンダンサー・Fairway(Fair Trialの父)・Never Bendの血がありますし、さらに、リファールクロス+母方にサクラユタカオー・ノーザンテースト(←ノーザンダンサー)及びNever Bend・ミスプロの血があります。本馬は、タイムパラドックス産駒になりますので、一概に成功パターンとは言えないんですが、リファールクロスの持ち味である粘り強さを最大限活かせる配合ではないかと思います。タイムパラドックス産駒の代表馬であるソルテのように、ダート戦で逃げ先行競馬をして、粘り強さを活かすレースが出来る配合ではないかと思います。
母チェアユーアップを見ますと、現役時代は、岡田代表が所有されており(検討会ではかなり思い入れがある話をされていました)、中央で芝・ダートで1勝ずつ(計2勝)しております。産駒の初仔ジェイラー(岡田代表の所有馬)は4戦目で未勝利を勝ち抜け、ここ2戦の500万下でもコンマ差の競馬をしております。500万下は勝ち抜けることができる能力はあるように思います。本馬は母9歳の時の第3仔となり、かなり走り頃な時の産駒ではないかと思います。
預託厩舎である田島先生は、母チェアユーアップを管理していた先生となります。母のことを管理していたことは、プラスに働くと思います。今年で8年目のキャリアとなり、毎年10勝~20勝くらいの勝利を収めている中堅の厩舎だと思いますが、ノルマンディーではクリプトスコードを預かって頂いており、3歳ながら既に2勝を収めています。ノルマンディーとは関係も良好であり、相性の良い先生ではないかと思います(検討会の際、ゲストで来ていましたが、とても人当たりの良いいい感じの先生でした。岡田代表とも信頼関係があるように感じました)。
本馬は、検討会の際に岡田代表も仰っていましたが、ダート専門で短距離~マイルくらいで活躍するお馬さんだと思います。また、丈夫で息の長い活躍が期待できると思っています。ダートの短いところを逃げ先行で粘り切るレースをするイメージを持っております。適性がはっきりしているので、未勝利は勝ち抜けると思いますし、1000万下までは行ける(3勝は期待できる)と思い、出資させて頂きました。上記記載させて頂いた血統配合がいい方向に向けば、ブラゾンドゥリスのようにオープンクラスまで行く可能性も十分あるとも思っています。血統配合を調べれば調べる程、出資したいと思いました。最安値のお馬さんではありますが、なかなか活躍できるのではないかと大いに期待しております(#^^#)
最後に、ご紹介と公式サイトより近況報告(2016.9.30)を記載させて頂きます。

チェアユーアップの15
父タイムパラドックス 母チェアユーアップ 母父エアジハード
牡馬 栗毛 2015年4月25日生
生産:新ひだか・岡田スタッド
所属:美浦・田島俊明厩舎入厩予定

20160930[1] (7)
更新日:2016年9月30日
在厩先:えりも分場
馬体重:-
現在はえりも分場で1日に20時間ほどの昼夜放牧をおこなっています。
父タイムパラドックスは、ダートにおけるブライアンズタイム直仔の代表種牡馬ですが、パワフルかつ機敏な四肢の捌きをする本馬も、やはり短距離~マイルのダートが主戦場となりそうです。
毛ヅヤや馬体の張りからは良好な体質面も窺わせ、高いレベルで丈夫に息長く走ってくれることがイメージできるので、お手頃な価格も魅力のひとつと言えるでしょう。


これで、オークルームの15メルセダリオの15ホリデイトウショウの15・チェアユーアップの15の4頭に出資させて頂きました。美浦所属の牡馬を4頭出資することになりました。私が東京に住んでいるので、全て美浦所属であることは問題ないと思っています。現地応援・口取りもし易いですから(^-^)2015年産はあと2頭ですかね。1頭は牝馬に出資したいなあと思っています。まあ、一応もう1つの(入会予定)クラブで狙いはあるんですが。。。ノルマンディーの1次募集馬で4頭目の出資は想定外ではありますが、血統配合を調べて気に入ってしまった訳ですから、出資するしかないでしょうといった感じです(しかも、出資金額が安いですから)。私としては、この4頭への出資は、大変満足している出資だと思っています。来年のデビューまでゆっくりじっくりと成長過程を見守っていきたいと思っています(*^-^*)
スポンサーサイト