2016/11/30

1歳馬近況(2016.11.30)

こんばんは。

2歳馬近況に引き続き、ノルマンディーで出資させて頂いている1歳馬の近況について、書かせて頂きたいと思います。

オークルームの15
更新日:2016年11月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:506kg

20161130[1] (2)
引き続きノルマンディーファームで昼夜放牧を行い、その後14日(月)より馴致を開始しました。
馴致を開始してから一週間以上が経過し、現在は馬場1周(ダグ)と坂路1本(キャンター)にて乗り運動を行っています。
気性は今のところおとなしく順調に進んでいるものの、兄弟の気性が荒いことからまだ猫をかぶっている部分があるかもしれません。
今年が初年度産駒となる父アイルハヴアナザーは芝・ダート問わない勝ち馬を出しており、半兄イオラニやカルヴァリオと同様に芝での活躍も期待できそうです。


馴致も始めており、順調ですね。アイルハヴアナザー産駒は、現在既に11勝しており、ファーストシーズンサイアーランキングではルーラシップ(12勝)に次ぐ2位(勝数・賞金共に)となっており、順調なスタートを切ったと言えると思います。クラブで活躍しているイオラニカルヴァリオの半弟ですので、同様の活躍を期待したいと思っています。

メルセダリオの15
更新日:2016年11月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:523kg

20161130[1] (3)
現在はノルマンディーファームにて昼夜放牧を行っています。
中間に左前の爪を痛めて二週間ほど休養していましたが、現在は順調に回復を見せています。
父ルーラーシップは現役時代の成績から、産駒も少し奥手のイメージがありましたが、ここまでの2歳戦ですでに11頭が勝ち上がっており、早い時期から活躍する馬も輩出しています。
気性面は良い意味で父譲りの我の強さを受け継いでいる感じがするため、本馬も同様の活躍が見込めるかもしれません。
もうまもなく馴致を開始する予定です。


爪を痛めた分、馴致開始が少し遅れていますが、気にする程のことではないかなと思っています。馬体重が1ヶ月で28kg増えていることにビックリしました。大きいですね(^^;)現在2勝している同産駒のキングズラッシュも、同じ母父ロベルト系で520kg前後でレースしていますので、問題ないかなと思っています。ルーラーシップ産駒は、現在既に12勝しており、ファーストシーズンサイアーランキングでは1位(勝数・賞金共に)となっており、今後、サイアーリーディング上位になる種牡馬だと思います。本馬においては、2歳シーズンから活躍し、芝ダート問わず活躍して欲しいと思っております(^-^)

ホリデイトウショウの15
更新日:2016年11月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:456kg

20161130[1] (4)
引き続き、えりも分場にて昼夜放牧を行っていましたが、馴致を開始するため本日30日(水)にノルマンディーファームへ移動しました。
当歳時には激しかった気性も現在は落ち着きを見せており、馬体も徐々に実が入ってきて逞しく成長してきました。
決して大きな体つきではないものの、放牧地では父スマートファルコンの現役時代を彷彿とさせるスピードを生かした軽快な走りが目につきます。


馴致開始になりますね。ダート馬っぽい馬体になってきたと思います。逞しくなりましたね。スマートファルコン産駒は、現在3勝しており、ファーストシーズンサイアーランキングでは9位(勝数・賞金共に)となっております。少し苦戦していますが(フリオーソ・トランセンドよりは上ですので、まずまずかなとも思います)、活躍の場がダート戦線ですので、これから勝数を上げていくと思っております。本馬もダートでの活躍を期待しております(^-^)

チェアユーアップの15
更新日:2016年11月30日
在厩先:えりも分場
馬体重:457kg

20161130[1] (5)
引き続き、えりも分場にて昼夜放牧を行っています。
放牧地では他の馬にちょっかいを出すなど好戦的な部分も見せていますが、腹袋のボリューム、トモの大きさや張りなどじつにパワフルに感じさせ、一段と逞しく成長しています。
また、歩様に伸びも出てきた印象で状態の良さを窺わせます。
父タイムパラドックスの産駒はダート短距離で実績を挙げる馬が多い印象ですが、本馬もやはり主戦場は同じとなりそう。
まもなく馴致を行うためオカダスタッドに移動する予定です。


間もなく馴致開始になりますね。ダート馬っぽい馬体をしていますね。逞しくパワフルな馬体に見えますね。ダート短距離を主戦場に活躍をして欲しいと期待しております(^-^)

4頭ともに順調そうで何よりです。この時期は順調であれば良いと思っています。この世代の新馬戦が始まるまで、もう約半年程度しかないんですよね。早いもんですね。どんなお馬さんに成長していくのか、楽しみにしたいと思っています(*^^*)
スポンサーサイト
2016/11/30

2歳馬近況(2016.11.30)

こんばんは。

今週の出走馬想定が出ていました。ノルマンディーで3頭出走予定のなか、2頭私の出資馬が出走予定となっております。日曜日、阪神2R2歳未勝利ダート1800m戦にブラックジェイド(太宰騎手)、中山7R2歳500万下ダート1200m戦にキャラメルフレンチ(石川騎手)が出走予定となっております。
ブラックジェイドは、中京と天秤に掛けて、メンバーの比較で阪神に想定を出しているんでしょうか。次走予定では、まだ中京と阪神の両方が載っていますので、明日の登録で何れに出走するか正式に決まるのかなと思います。少し阪神の方がメンバーが軽いかなとは思いますが、中京も想定では8頭ですからね。メンバー比較では難しい選択になりそうですね。中京ダート1800mコースは血統配合からかなり合っていると思いますし、阪神ダート1800mコースは半兄カフジナイサーが2勝上げているコースですからこちらもかなり合っているとは思います。何れに出走するにしても、メンバーを見る限り大きなチャンスだと思いますので、しっかり決めて欲しいと思っています(^-^)
キャラメルフレンチは、今回は石川騎手が鞍上ですね。同厩舎のブラゾンドゥリスではミスリードしてしまいましたので、本馬ではぜひ決めて欲しいですね。怪我明けからあまり乗れていない点が気になりますが、積極的な騎乗が持ち味だと思っていますので、しっかりスタートを決めて、逃げ先行から押し切るレースを期待したいと思っています。メンバーとしては結構軽いかなと思いますので、ダート適性が高ければ、十分チャンスのあるレースになると思っています(^-^)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている(北海道にいる)2歳馬近況になります。

ビターレ
更新日:2016年11月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:480kg
20161130[1]
追突で負った右前球節裏の外傷が思うように良化してこないため、現在はウォーキングマシンでの運動メニューのみにとどめています。
なかなか順調に調整を進めることができずに歯がゆい部分がありますが、成長して体が増えている点は今後大きなアドバンテージとなるはずです。
今は怪我の完治を最優先に経過観察を行っていき、今後の調整を進めていく予定です。


う~~~ん(>_<)順調さを欠いてしまっていますね。辛いですね悲しいですね。。。3月の新馬戦があるうちにデビューが出来ればいいんですが。成長を促すことができ、馬体重が増えている点はプラスだと思っています。無事デビューできれば、能力的に未勝利を勝ち抜けるのに苦労するレベルのお馬さんではないと信じていますので、何とか怪我を治し、再度仕上げていって欲しいと思っています(^-^)
2016/11/30

ノルマンディー2次募集について

こんばんは。

昨日、ノルマンディー2次募集馬の発表がありました。何と15頭の募集です。2次募集があるとは思っていましたが、1次募集と同じ15頭の募集となるとは(^^;)2015年産もこれで30頭の募集となりましたね。もしかすると、2014年産より多い募集馬になるかも(^^;)電子カタログを拝見し、血統配合・預託厩舎・一応馬体(^^;)から気になったお馬さんは以下の6頭となります。

17.ヴイプラドの15 父マツリダゴッホ 母父El Prado 
生産:新ひだか・岡田スタッド 栗東・大久保龍志厩舎入厩予定 1,120万円 28,000円/1口

2015017[1]
2015年度400口募集牡馬唯一のマツリダゴッホ産駒。母にボールドルーラーの血が入っている点は、血統配合として魅力的ではあります。預託厩舎の大久保龍志厩舎は、岡田スタッド産の代表馬スマートレイアーでお世話になっている厩舎ですね。デビューから14年目、全ての年で二桁勝利、内12年は20勝以上、2010年は38勝で6位、2011年は39勝で9位、今年も既に23勝を上げており、素晴らしい成績の厩舎ですね。ただ、母ヴイプラドの産駒は、7頭居て中央で勝ち星を上げているのは1勝馬1頭のみ(初仔のジョープラチネラ)。全兄第4仔のフェスティヴァーロも地方3勝の実績。母14歳時の第8仔として見ると、母の繁殖能力が弱いかなとも思います。

18.ウインディーヒルの15 父アイルハヴアナザー 母父マンハッタンカフェ 
生産:新ひだか・岡田スタッド 美浦・中川公成厩舎入厩予定 1,280万円 32,000円/1口

2015018[1]
2014年産からの新種牡馬アイルハヴアナザー産駒。しかも、母の初仔。分からない部分が多分にありますね(^^;)ただ、アイルハヴアナザー産駒については、母方にサンデーサイレンスの血があった方が相性が良さそうなこと。芝ダート問わず走っていること。本馬の血統配合は母父がマンハッタンカフェですし、ミスプロのクロスがありますので、特にダートでの活躍が期待できそうだと思います。預託厩舎の中川公成厩舎は、ゴールドアクターマジックタイム等、活躍が目立っている厩舎ですね。勝ち星としては、2016年が既に18勝しており、過去最高のものとなっております。これからの活躍が期待できる厩舎ではないかと思っています。少し、募集金額が高いかなという印象もあります。

19.グーテデロワの15 父サウスヴィグラス 母父スペシャルウィーク 
生産:新ひだか・田中裕之 美浦・伊藤圭三厩舎入厩予定 1,080万円 27,000円/1口

2015019[1]
サウスヴィグラス産駒ですね。母にニジンスキー4×3クロスがあるのはプラスだと思います。全姉スズカグラーテの走りを見ますと、本馬は牡馬ですし、堅実にダート短距離を走りそうなイメージはありますね。預託厩舎である伊藤圭三厩舎は、シュエットヌーベルでお世話になっている先生ですね。結果は出ていませんが、私としては、レース選択・騎手の選定等、いい印象を持っている先生です。特に、ダート馬の管理はとても上手いと思いますので、本馬には合っている厩舎だと思います。未勝利は勝ち上がってくれそうに思いますし、募集金額は回収してくれそうには思います。良くも悪くもダート短距離を堅実に走ってくれるように思います。

20.エスワンスペクターの15 父ゴールドアリュール 母父シャンハイ 
生産:日高・広富牧場 栗東・安田隆行厩舎入厩予定 2,160万円 54,000円/1口

2015020[1]
2次募集に募集があれば、ほぼ出資しようと思っていました。母産駒を見ると、佐賀の名馬エスワンプリンスがおり、全姉には中央3勝馬ロトラトゥールがおります。しかも、ゴールドアリュール産駒の牡馬。ダート馬として大成するのではないかとの期待が持てますよね。ただ、募集金額がセール価格の倍には驚きました(^^;)1,080万円で購入した本馬を2,160万円で募集するとは。。。やはり割高感ありますよね。あと、預託厩舎である安田厩舎。実績は素晴らしいですが、あまりいい印象がないんですよね(詳細は、PICOT FARM!さんのブログをご参照下さい)。。。本馬が2歳又は3歳の早い時期から活躍し、オープンクラスの活躍をしてくれれば、厩舎もプラスに働くとは思いますが。募集金額は期待値なんだと思いますので、そういう意味では期待が高いとは思いますが、個人的にはトーーーンがダウンしている状況にあります。

22.レットイットスノーの15 父ロージズインメイ 母父ハーツクライ 
生産:新ひだか・岡田スタッド 美浦・小西一男厩舎入厩予定 960万円 24,000円/1口

2015022[1]
ロージズインメイ産駒としては、とても相性の良い血統配合をしていると思います。ロージズインメイ産駒は、母にミスプロとリファールの血があるお馬さんが活躍しています。ドリームバレンチノコスモオオゾラにも、ミスプロとリファールの血があります。本馬の母は、ミスプロ+リファールのクロス(4×3)がある血ですので、相性は抜群にいいと思います。また、母方の曾祖母に名牝スキーパラダイスがおり、爆発力のある母方だと思います。母第3仔とフレッシュですし、嵌るとかなり上のクラスで活躍できるかもと思っています。預託厩舎である小西厩舎は、田辺騎手の所属厩舎ですね。あまり印象にない厩舎なんですが(^^;)、デビュー3年目の1993年から今年まで全て二桁勝利をしているんですね。また、芝107勝に対しダート311勝なので、圧倒的にダート実績の高い厩舎のようですね。本馬には合っている厩舎だと思います。2次募集馬のなかでは、現状、一番注目しているお馬さんとなります。

30.ベラルーナの15 父ルーラーシップ 母父ディープインパクト 
生産:新ひだか・上村清志 栗東・宮徹厩舎入厩予定 1,560万円 39,000円/月

2015030[1]
2014年産からの新種牡馬ルーラーシップは、まず今後リーディング上位の種牡馬になるレベルだと思いますし、母父ディープインパクトはこれからのトレンドになると思います。近親には、米エクリプス賞最優秀短距離馬(2年連続受賞)ハウスバスターがおり、母第2仔とフレッシュでもありますので、かなり魅力的ではありますよね。預託厩舎である宮厩舎は、アインブライドコパノリチャードでG1を取っておりますし、岡田スタッドの2014年産期待馬であるシグルーンの預託厩舎でありますので、ノルマンディーとしては、期待馬を預ける厩舎なのかなとは思います。ただ、私としては、あまりいい印象は持っておりません(^^;)セール金額から350万円程度しか上乗せをしなかったことは、リーズナブルだと思いますし、芝での活躍が見込めるお馬さんかなとは思います。

最後に、一応馬体を見た印象としては、ウインディーヒルの15エスワンスペクターの15レットイットスノーの15の3頭が好みでした。
2015年産については少数精鋭で行くことを決めておりますので、2次募集馬においては出資しても1頭と考えております。まさか、15頭も募集してくるとは思わなかったので、出資頭数を抑えるのは厳しいんですが(^^;)、出資しないことも念頭に置いて、検討したいと思っております。今週末の懇親会へ参加(ご一緒の皆様、宜しくお願い致します)しますので、そこでのコメントも大いに参考にさせて頂き、出資検討したいと思っております。私の個人的な諸事情もあり、慎重に検討していきたいと思っております(諸事情については、後日ブログで記載させて頂きたいと思っております(^^;))。