2016/12/10

2歳馬近況(2016.12.9)

こんばんは。

ノルマンディー2次募集。募集開始から4日目、もう既に半分以上出資のあるお馬さんが5頭もいるんですね。この5頭は抽選になりそうですね。やはり、重賞も勝利し、さらに人気クラブになっているように思います(^^;)
また、今週は阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に、アリンナが出走致します。私の出資馬ではありませんが、馬友さんが出資されているお馬さんですので、応援させて頂きたいと思っています(^-^)人気になりそうなお馬さんとそう差はないような感じがしています。期待してレースを見たいと思っています。あと、アイルハヴアナザー産駒で岡田スタッド産のシグルーンも注目したいと思っています。

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年12月9日
在厩先:山岡トレセン
馬体重:-
★12/3(土)中京・2歳未勝利(ダ1800m・混)古川吉洋騎手 結果:優勝
この後は岐阜県・山岡トレセンで調整することになり、本日9日(金)に移動しました。
「中一週の競馬でも今回は負荷を強めて調整していたので、少し絞れた状態で出走できるとは思っていました。2コーナー付近で後ろの馬を蹴りに行く場面がありましたが、稽古では徐々にそういった幼さも抜けてきているんですけどね…なかなか我の強さを持っている馬です。レース後の状態次第では、芝を一度試してみようとオーナーサイドと話していたのですが、タイミング悪く右前にソエを発症してしまいましたので、このプランはしばし延期とさせてください。一つ勝ってくれたことで無理をさせる必要はなく、トモの疲れも抜いてまた戻ってきてくれればと思います」(昆貢調教師)


見事、2歳で未勝利を勝ち抜けてくれました(^-^)これで、成長に合わせてレースを使うことができます。間違いなく、今後の本馬の成長において、プラスに働くと思います。ソエが出たとのことで、外厩に移動となりました。かなりタフなお馬さんですが、ここで一旦休みを取ることは、良かったと思います。十分に疲れを取り、リフレッシュされた状態で、再度トレセンに戻ってくれればと思います。次走は芝ですかね。とても楽しみにしています(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2016年12月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
松風馬事センターで順調に調整され、7日(水)に帰厩しました。
「短期間の放牧でも、雰囲気が少し大人びて帰ってきた印象を受けます。前走は中一週の競馬で目に見えぬ疲れがあったのかもしれません。精神面さえ伴ってくれば、すぐ勝ち上がれるだけの力は持っている馬ですので、日頃の調教でも重点的にそこを強化していく考えです。今年度最終週(12/23~25)に組まれている中山ダ1200の番組いずれかを予定しています」(伊藤圭三調教師)


先日の懇親会で話をさせて頂いた際も、臆病な気性が課題と仰っていました(^^;)ただ、母・半兄から見ても、勝つときは鮮やか、負けるときは惨敗というタイプなので、上手く嵌れば、未勝利は勝つ能力もチャンスもあるとも仰っていました。次走は、内田騎手に声を掛けてくれているようですので、乗ってくれれば嬉しいなあと思っています(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年12月9日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:495kg
現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。念のため左膝のレントゲン撮影をおこないましたが、幸いにも骨には異常が見られなかったことから、12/8(木)から騎乗運動を再開しました。患部の熱感や歩様の乱れなどはなかったものの、以前にも増して馬っ気がひどくなり、12/9(金)の調教では何度も立ち上がる素振りを見せていたほど。今後は脚元よりも気性面の方が課題になりそうです。


脚元は大丈夫なようでホッとしましたが、気性面に課題があるようですね(^^;)本馬も半兄同様セン馬の道が待っているんですかね。。。ただ、脚元が大丈夫であれば、育成を進めていけると思いますので、取り敢えずは良かったと思います。ブラックジェイドのように、強い気性がいい方に出てくれればと思っています(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2016年12月9日
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:550kg
「引き続き600mの坂路とダートコースでキャンター2000mを17秒ペースのメニューで調整しています。引き続き順調そのもので、もういつでも送り出せる状態です。12/10(土)の検疫で帰厩すると聞いていますが、時間的な猶予をいただいたおかげでしっかり乗り込めましたので、トレセンでの調教に耐えられるだけの体力は十分付いているはずです」(担当者)


いよいよ明日入厩ですね。23日・24日に阪神2歳未勝利ダート1400m戦が組まれておりますので、そこが目標となりそうですね。まずは、調教での変わり身、及び、どのような騎手を配してくれるかに注目したいと思っています(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年12月9日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:-
★12/4(日)中山・2歳500万下(ダ1200m・混)石川裕紀人騎手 結果9着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、7日(水)に移動しました。
「鞍上にはスピードを生かして前々から競馬するように指示していましたので、差し馬に向くレース展開となり大変申し訳なく思っています。前半の速い流れでもテンから行けるスピードは持っているのですが、いかんせんまだ折り合い面やギアを上げるメリハリという点には課題を残す現状ですね。砂を被って怯んだりもせず、ダート自体の走りは悪くなかったと思いますし、慣れていけばこのクラスで通用するだけの力はありますよ。前走から中一週で使いましたので、さすがにレース後は体が寂しく映り、トモに疲れも感じさせます。一旦、短期で近郊に放牧に出して馬体の回復と成長を促しましょう」(尾形和幸調教師)


前走については、先行する競馬をしたことは、悪い選択ではなかったと思います。展開が向かなかったことは結果論ですからね。あのスタートセンス、先行力は、必ず本馬にとって武器になると思います。ダート競馬で砂を被っても怯まなかったことは良かったと思います。現状では、芝ダート問わず短距離を使っていくことができそうですね。一旦外厩で休養となりました。1勝していますからね。古馬になって良くなるお馬さんですから、今後も成長に合わせて、使っていって欲しいと思っています(^-^)

クレムフカ
更新日:2016年12月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、8日(木)に帰厩しました。
「まだ帰厩したばかりなので何とも言えませんが、トモの感じは休養前と比べてしっかりしてきましたし、乗っていても歩様など気になるところは特にないですね。とはいえまだ全体的に緩くて、体に重め感も残っていますので、デビューに向けて厩舎でジックリと進めていくつもりです」(矢野英一調教師)


思ったよりも少し早い帰厩になりましたね。今回は、何とかデビューまで順調に進んで欲しいですね。使っていければ、シニスターミニスター産駒ですので、未勝利を勝ち抜けるチャンスは十分にあると思っています(^-^)

テオドルス
更新日:2016年12月9日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
9日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。
「入厩前のゲート練習である程度できていたので、こちらで進入、駐立やスタートを確認するだけでしたが、今日の本番もそつなくこなしてくれて、一発合格できました。微調整をこまめにおこないながら削蹄していますので、右前脚は小康状態を保っています。時折、頭を上げながら走ることがあり、まだまだ体力不足の印象は否めませんが、このまま在厩しながらデビューに向けて進めていきます。現状のスケジュールでは年明けになるでしょうか」(木村哲也調教師)


ゲート試験合格しましたね。右前脚を気にしながらの調整ですね。懇親会での話を聞いたためか、かなり不安に思っている部分もありますが(^^;)、何とかデビューまで無事進んでいって欲しいと思っています。1月の中山開催でデビュー出来ればと思っています(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年12月9日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:443kg
現在は馬場1周と坂路1本を16~18秒ペース(週に2回は13~14秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から調教パートナーを変更し、一度トレセンに入厩した馬と併せ馬を消化していますが、最後までしっかり食らいついていました。だいぶトモに力も付いてきたようで、坂路でもまっすぐ駆け上がって最後までしっかり走れるようになってきましたし、フォームも改善されつつあります。それに、以前は他の馬が暴れると一緒になって暴れていたくらいでしたが、今は落ち着きが出てドッシリしてきました。この馬なりではあるものの、心身両面での成長が感じられるだけに、入厩もそう遠くはないでしょう。


大分状態が良くなっていますね。月内では入厩となりそうですね。日を追うごとに、お馬さんが良くなっていますので、私の中で期待度は上がっています。晩成型だとは思いますが、無事デビューし、未勝利を勝ち抜けて欲しいと思っています(^-^)

今月は最終週に、シュエットヌーベルホウロクダマが出走となりそうですね。年明け1月には、クレムフカテオドルスがデビュー出来そうな感じですね。現状では、9頭中4頭がデビューし、2頭が勝ち抜けております。デビューしているお馬さんが少し少ない印象を持っていますが、2歳戦で2頭が勝ち抜けてくれたことは、上出来だと思っています。これからは、全てのお馬さんがデビューをし、1頭でも多くのお馬さんが勝ち抜けて欲しいと思っています。勿論、勝ち抜けたお馬さんには、2勝目を勝ち取って欲しいとも思っています(^-^)
2016/12/08

2015年産出資について(4)

こんばんは。

2015年産出資について、悩み検討をしております。
現在、5頭出資しており、先日、第2のクラブとしてシルクホースクラブへ入会させて頂きました。
出資しているお馬さんは以下の通りです。

【ノルマンディー】
オークルームの15
メルセダリオの15
ホリデイトウショウの15
チェアユーアップの15
【シルク】
メジロツボネの15

全て美浦所属の牡馬となっております。2014年産と違い、かなり偏りがありますね(^^;)
ただ、私が東京在住ですので、美浦所属馬を中心に出資しようとは考えております。現地応援がしやすいですからね。
牡馬のみになってしまったのは、特に意識はしておりません。牡牝は、出資する際、特にプラスともマイナスとも考えていませんので。たまたま、牡馬に出資している形となっております。
2015年産については、あと1頭出資したいと考えております。12月は冬季ボーナス(少ないですが(^^;))が支給される月でもありますので、12月に出資したいと考えております。
ノルマンディーの2次募集から出資するか、1次募集の残口馬から出資するか、シルクの残口馬から出資するか、で悩み検討しています。(パカパカファームへの入会は、基本、2015年産では見送ろうと考えております。3つ目のクラブへの入会は、現状では、少し多すぎるかなと思いますので。。。)
現在、以下の3頭のうち1頭へ出資しようと悩み検討しております。

【ノルマンディー2次募集馬】
エスワンスペクターの15
父ゴールドアリュール 母エスワンスペクター 母父シャンハイ
牡馬 黒鹿毛 2015年5月20日生
生産:日高・広富牧場
所属:栗東・安田隆行厩舎入厩予定

2015020[1] (2)
更新日:12月4日
在厩場所:オカダスタッド
馬体重:497kg(12月2日計測)
募集コメント:母エスワンスペクターは2歳交流重賞の優勝馬で、繁殖牝馬としても準オープン馬のディーエスコンドルなどJRA3勝馬を3頭も輩出。地方からも重賞10勝馬のエスワンプリンスを送り出しており、類い稀な才能を現在もしっかり発揮しています。そんな良質な母系背景に加え、父がトップサイアーのゴールドアリュールといった良血ぶりから、本馬も2016年の北海道オータムセールで存在感を遺憾なく示していました。バランスの取れた素晴らしい馬体からは、素質馬独特の大物感が漂っており、将来が非常に楽しみな逸材です。


セールで購入されたお馬さんのなかでは、1番の注目馬だと思っていました。基本、募集があれば、出資したいと考えていたお馬さんです。母産駒からは、佐賀の名馬通算20勝のエスワンプリンス(牡 父アジュディケーティング)、全姉に中央3勝のロトラトゥール(牝 父ゴールドアリュール)、他にも中央3勝のディーエスコンドル(牡 父フサイチコンコルド)がおり、ダートでかなり優秀な成績を収めております。その母に、ゴールドアリュールを付けて、しかも牡馬。かなり魅力的だと思います。ただ、募集金額がセール金額の倍で、2,160万円となかなか高額になったこと、また、安田厩舎入厩予定となり、私としては、あまり好ましくないと思っていること(勿論早くから活躍してくれれば、問題ないとは思っていますが。。。)、それにより、悩んでいる次第です。

【ノルマンディー1次募集残口馬】
トーセンリリーの15
父ハーツクライ 母トーセンリリー 母父アンバーシャダイ
牝馬 鹿毛 2015年5月17日生まれ
生産:新ひだか・岡田スタッド
所属:美浦・栗田博憲厩舎入厩予定

20161130[1](6)
更新日:11月30日
在厩場所:ノルマンディーファーム
馬体重:446kg
ノルマンディーファームで8日(木)より馴致を開始し、25日(金)からは坂路コースでのキャンターによる乗り運動に移行しました。現在は馬場1周(ダグ)と坂路1本(キャンター)のメニューで調整しています。馬場にまだ慣れていないためか、少し頭を上げる素振りが目につくものの、母や兄姉と比べるとテンション自体は落ち着いていて、いまのところ順調に乗り運動を進めることができています。遅生まれのため、今後も成長を促しながらじっくりと鍛錬していきます。


本馬については、1次募集馬出資の際から、ずっと出資しようか悩んでいるお馬さんです。出資に踏み切れない理由は、母産駒の活躍がイマイチな点からです。ただ、この母にランキング上位のサンデー系種牡馬を付けたのは本馬が初めてで、初仔のトーセンオーラ(牝 父トーセンダンス)の実績を見る限りでは、走ってきそうな感じもします。血統配合としては、1/4サンデーサイレンス系・3/4ノーザンダンサー系という現在のトレンドにあった配合をしており、また、ハーツクライ産駒においては、母に3×4のノーザンダンサークロスがあるのは、とても相性の良い配合となります。懇親会における岡田牧雄氏のコメントで、本馬とキョウエイトルースの15については、自信を持って走ると思っているんだろうなという感じがしました。栗田博憲調教師の最後のクラシックシーズンで預託したお馬さんでもあるので、走ると思っていなければ、預託はしていないとも思うんですよね。やはり、悩み検討しています。

【シルク募集残口馬】
ターシャズスターの15
父ステイゴールド 母ターシャズスター 母父Spanish Steps
牝馬 鹿毛 2015年3月13日生
生産:安平町・ノーザンファーム
所属:美浦・斎藤誠厩舎入厩予定

d_02600011[1]
更新日:2016年12月1日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:周回コースでハロン22~23秒のキャンター1800mと週2回坂路コースでハロン18秒のキャンター
馬体重:429kg
担当者「騎乗馴致も問題なく終わり、現在は周回コースと坂路コースで順調に調教を進めています。まだ力が付き切っていなくて、非力な感じは否めませんが、走りは素軽いですし、良いフットワークを見せています。気性面は特にうるさいわけではありませんが、まだ幼い面が残っていて、今後ピリピリしてくる気配があるので注意が必要でしょう。まだ心身ともに幼いですが、素質の高さを感じるので、慌てず馬の成長に合せて進めていきます」


ステイゴールド産駒の小柄な牝馬。しかも募集金額が控えめ。これが残口がある理由なんだと思います。ステイゴールド産駒は牡馬の方が大物も出しますし、相対的にも走りますので。また、気性的に大外れを出す危険性もあります。ただ、この母の産駒、かなり日本の芝競馬に適性があるような気がします。半姉エスメラルディーナ(牝 父Harlan's Holiday)が全4勝の内芝で1勝(ジュニアカップ)しており、半姉アズールムーン(牝 父Malibu Moon)が芝で2勝しています。父がサンデーサイレンス系ステイゴールドになり、芝で大物になる可能性も十分にあるお馬さんだと思います。ステイゴールド産駒として、母ミスプロ系は、決して相性は良くありません。ただ、母がコテコテの米ダート血統で、父ステイゴールドに付けて、どんなお馬さんになるのかは、かなり興味があり、魅力も感じております。預託厩舎である斎藤誠調教師については、預託馬に出資してみたい先生でもあります。悩み検討している次第です。

もう少し悩み検討し、何れかのお馬さんに出資する方向で考えたいと思っています(*^-^*)
2016/12/05

ノルマンディー懇親会(2016.12.4)

こんばんは。

昨日は、ノルマンディーの懇親会に参加させて頂きました。
新橋第一ホテル東京での開催。昨年の懇親会よりは参加者が多く、会場も広めとなっていました。
お話しをお伺いしたい方と、ある程度は話を聞くことはできましたが、特にクラブの方(岡田代表等)にお話しを伺うことができませんでした。
また、会合の内容も、半分くらいしか聞けてなかったと思います。
私が聞いた内容について、今回記載させて頂きたいと思います。
まずは、私が撮った写真及びコメントを掲載させて頂きます。

IMG_0673.jpg
まずは、岡田将一代表からのご挨拶で会が始まりました。

IMG_0674.jpg
栗田博憲調教師の乾杯のご挨拶。

IMG_0679.jpg
藤田菜七子騎手ですね。会場がかなりざわつきました。写真・サインで列が出来ました。
左隣りは吉田隼人騎手ですね。直接、話をさせて頂きました。ゴールドアクターの件をお聞きしましたが、勝ったオールカマーにしても、負けたジャパンカップにしても、少し動きが重いと感じたそうです。ジャパンカップについては、昨年の有馬記念のときの動きであれば、勝っていたレースだと感じているようです。有馬記念に向けても、少し不安があるような感じでした。隼人騎手自身は、とても誠実に話をしてくれる方でした。とてもいい印象を持ちました。ゴールドアクターは、私の有馬記念の本命候補の1頭ですので、私も慎重に検討したいと思っています(^^;)

IMG_0677.jpg
善臣先生ですね。ある意味、今回の会の陰の主役でしたね(^^;)赤ワインをバンバン飲み、会の中盤くらいから、かなり酔っていました。私の馬友さんが一緒に飲んでいましたが、とても楽しそうな飲み会に見えました。かなり気さくに、周りの方と飲まれていましたね。

IMG_0682.jpg
岡田牧雄氏のご挨拶。今年は中京には行かなかったようで、最初から懇親会に出席されていました。

IMG_0683.jpg
高木調教師が中京から凱旋帰京しました。サウンドトゥルーのチャンピオンズカップ勝利について、小島友実さんからインタビューを受けているところです。とても嬉しそうでしたね。次走は、問題がなければ東京大賞典に向かうとのことです。私もおかげで馬券を取らせてもらいました(^-^)直接、高木調教師に「おめでとうございます」と言うこともできました。アナザートゥルースについては、デビューはいつと決めず、馬に合わせて使っていきたいと話されていました。この血統は晩成ですからねとも仰っていました。高木調教師に任せていれば、きっと大成させてくれると信じております(*^^*)また、高木調教師のインタビューのあと、サウンドトゥルーの馬主である山田さんも壇上でインタビューを受けていました。かなり上機嫌で、キョウエイトルースの15の宣伝を大々的にしていました(^^;)

IMG_0680.jpg
木幡巧也騎手と写真を撮らせて頂きました。巧也騎手すごくいい笑顔ですよね(^-^)とても好青年な印象でした。キャラメルフレンチの優勝写真にサインも頂きました(*^^*)

IMG_0685.jpg
藤田菜七子騎手と写真を撮らせて頂きました。帰り際、菜七子騎手が一人でいたところ、タイミングよく写真を撮ってもらうことができました。握手もさせて頂きました。帰り際で、ほんとに疲れていたと思いますが、そんななか笑顔で対応してくれました。とても可愛らしい女の子でした(*^-^*)今は、とにかく注目されて、ほんとに大変だと思いますが、何とか頑張って活躍してもらいたいと思います。

IMG_0686.jpg
最後に、入り口に置いてあったブラックジェイドの古川騎手サイン入り勝利ゼッケンと写真を撮りました。これで、1勝目のキャラメルフレンチに続き、勝利ゼッケンと写真を撮ることができました。これはかなりラッキーだなと思いました。懇親会の前日に勝利してくれたおかげだと思います。ブラックジェイドの次走については、芝レースかもなんていう話もチラッと聞きますが、ほんとに良くなるのは古馬になってからだと思いますので、今は成長に合わせて仕上げ使って欲しいと思っています(*^^*)

以下は、話を聞かせて頂いた調教師のコメントになります。
(尚、尾形調教師と石川騎手の(キャラメルフレンチに関する)コメントについては、昨日記載しました本ブログをご参照下さい。また、石川騎手からは、当日のレーシングプログラムのキャラメルフレンチの欄にサインを頂きました(^-^))

〇伊藤圭三調教師
シュエットヌーベルについて
開口一番、すいません(^^;)馬体もいいし、調教での動きもいいんですが、とにかく凄く臆病。周りに馬が居るととにかく気にする。スムーズに逃げる競馬を見たいと思っているんですが。前走は深いブリンカーを付けた効果はあり、揉まれる展開のなか、残り400mまではまともにレースをしていました。ただ、そこからがさっぱりでしたが。。。母親も兄も勝つときと大負けするときとが両極端なレースぶりだったようですので、本馬も未勝利を勝つチャンスはあると思っています。次走については、23日~25日の3日間開催ともにダート1200m戦があるので、何れかに使おうと思っています。一応内田騎手に声を掛けているようで、騎乗可能であれば乗ってもらいたいと仰っていました。
とても丁寧で人の良さを感じる先生でした。とてもいい印象を持ちました。本馬を何とかしようという気持ちが十分に伝わってきました。また、機会があれば、ぜひ伊藤先生に預託するお馬さんに出資させて頂きたいと思う先生でした。

〇木村哲也調教師
テオドルスについて
開口一番、入厩させるよう指示があったから入厩させましたとのコメント(^^;)右前脚繋靭帯の付着部の状態が良くないですね。私から木村先生としてはどうすればいいと思っていますかと聞いたところ、私としては一旦休ませた方がいいと思いますとの回答がありました。何とかデビューまで持っていけるよう。。。との話で締めくくりました。
ゆーちゃんさんが、ブログでシルクのパーティーで話を聞かれた際のことを記載されていましたが、私もほぼ同じ印象を受けました(^^;)今後は、あまり積極的に出資させて頂きたい先生ではないかなと。。。

〇黒岩陽一調教師
ホリデイトウショウの15について
えりもにいるときは、馬を見に行っていないんですよね。遠いですからねとのコメント(^^;)まずダート1本でしょう。ダート馬としては頑張ってくれると思います。コツコツと頑張ってくれる馬になると思います。期待して下さいとのことでした。
とても感じのいい印象を持ちました。話のし易い先生だと思いました。

〇尾形和幸調教師
メルセダリオの15について
先日、本馬を見てきました。募集写真では繋ぎが立っていて少し不安を感じましたが、実馬を見た限りでは、全く問題なかったです。あれは、写真写りの影響だったんだと思います。走ってくると思いますよ。私も期待していますと仰っていました。
とても丁寧で誠実な印象を持つ先生ですね。昨年の懇親会で話をさせて頂いた際も、同様に感じました。そして、とても話しやすい先生でもあります。2歳世代・1歳世代ともに預託厩舎として出資させて頂いております。岡田将一代表からもとても信頼している先生との言葉を検討会の際聞いておりますので、これからのノルマンディーにおいては、高木先生同様エース格になると思っています(^-^)
※余談ですが、2次募集のミラクルガールの15については、尾形先生もセールで目を付けていたような話をされていました。期待していますよと仰っていました(^-^)

〇尾関知人調教師
メジロツボネの15について
シルクのお馬さんなんですが(^^;)、ご来場されていたので、話を伺いました。
クラシック路線を歩みながら、適性を見ていきたい。現状の馬体からは、距離は持つのではないかと感じています。母父スウェプトオーヴァーボードが、今後適性にどのような影響を及ぼすかは未知数だと思います。ただ、母系にメジロラモーヌが居るわけですから、距離適性が短くなるとは限らないとも思いますと仰っていました。とても高い期待を持って頂いていると感じました。
とても誠実に話をされる先生で、とてもいい印象を持ちました。帰り際、先生とエレベーターのなかで一緒でしたので、再度、メジロツボネの15を宜しくお願いしますと挨拶させて頂きました(^-^)

最後に、岡田牧雄氏の1次募集馬と2次募集馬における期待馬について、記載させて頂きます。
まず、牧雄氏のおすすめ馬は、
キョウエイトルースの15トーセンリリーの15を挙げていました。満口にならなくても良い。半分くらい自分で持ちたいくらいと仰っていました。また、2次募集馬では、インマイラヴの15を挙げていました。セールでいくらでもいいから落とせと言ったと仰っていました。
今回は、須田鷹雄氏・古谷剛彦氏・村本浩平氏がおすすめする馬に牧雄氏がコメントする形で進めていました。そのおすすめ馬は以下の通りです。
須田鷹雄氏
チェアユーアップの15
ドゥオナーの15
古谷剛彦氏
エンシャントアーツの15
アンローランサンの15
エスワンスペクターの15
村本浩平氏
メルセダリオの15
ベラルーナの15
上記の募集馬に関する牧雄氏のコメントは聞いていたところだけ。
チェアユーアップの15・・・私も持ちたいくらい。
アンローランサンの15・・・これから変わってくる。
メルセダリオの15・・・距離は長い方が良い。必ず強くなると思う。
ベラルーナの15・・・ルーラシップよりもディープインパクトの方が色濃く出ていると思う。
印象としては、1次募集馬のおすすめ度合が強い印象を受けました。2次募集馬については、それ程多くは触れていない印象も受けました。もう少し、2次募集馬について、熱心に話をすると思っていましたので、少し意外に感じました。現段階での、牧雄氏のおすすめ馬は、キョウエイトルースの15トーセンリリーの15だと思います(^-^)

懇親会については、以上となります。
口取り・検討会・ブログ等でお知り合いになった馬友さんたちとお会いしお話することができ、調教師・騎手・クラブの方々とも、色々と話をさせて頂き、とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました(*^^*)これからも、検討会・懇親会・牧場ツアー等、時間の許す限り、ノルマンディーのイベントには参加させて頂きたいと感じました。ほんとに、楽しい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました(*^-^*)
2016/12/05

12/4レース結果(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、キャラメルフレンチの3戦目、中山2歳500万下ダート1200m戦に出走しました。口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、キャラメルフレンチの写真になります。

P1030055.jpg

P1030069.jpg

P1030079.jpg

P1030081.jpg

P1030083.jpg

パドックでは、かなり気持ちが入っている印象を受けました。少しチャカチャカしている感じがしました。馬体は、前走よりは良く見えましたが、あくまで感覚的なんですが、新馬戦のときが一番良く見えました。返し馬に入った印象では、ダートコースはいい走りするように見えました。
レース結果としては、残念ながら、2.6秒差の9着でした。
以下は、石川裕紀人騎手のレース後コメントです。

キャラメルフレンチ
★12/4(日)中山・2歳500万下(ダ1200m・混) 馬体重:454kg
石川裕紀人騎手 結果9着(5人気)

「スタートセンスがよく、ハナを主張するつもりでいましたが、内から二頭が絡んできて引く構えもなかったため三番手で競馬を進めました。砂を嫌がる素振りもなく走りからもダート自体は問題ないと思いますが、今日は前半3Fの流れが速過ぎた感じですね。いいスピードを持っており、このクラスでも全然やれる能力はあると思います」(石川裕紀人騎手)


今日のノルマンディー懇親会で、石川騎手・尾形調教師が来場されていたので、直接お聞きしました。
石川騎手は、「外枠からスタートも良かったので、ハナに行くつもりでした。しかし、内の2頭が全く引く感じがなかったので、3番手に控えました。結果、(前半3F34.1秒の)ハイペースに巻き込まれてしまったので、今日の敗戦は仕方がないと思います。ダートは全く問題がなく、芝でもダートでも行けるのではないかと思います。スタートセンスが良く、いいスピードを持っているので、とてもいい馬だと思います」とのことでした。
尾形先生は、「新馬戦の時計が遅く、メンバーにも恵まれた感じなので、500万下で勝負するには、もう少し時間が掛かるように思います。現状では、新馬戦のときのように、3kg減量騎手を乗せた方がいいのかなとも思います。調教でもレースでも、いいスピードは持っているんですよね。ダートの方がいいのかなと思い、今回出走させたが、芝ダートの適性は何とも言えないですね。今日は、スピードを活かしレースするよう石川騎手に指示を出した結果、ハイペースに巻き込まれてしまったので、結果は仕方ないと思います」とのことでした。

レースは、外枠からいいスタートを切り、逃げるレースをしようとしましたが、内の2頭が全く譲らず、3番手の外目からのレースとなりました。前半3F34.1秒のハイペース。前に居た2頭も惨敗していますので、今回の結果は私も仕方がないと思います。このスタートセンスの良さ、いいスピードがあれば、レース展開が向けば、何れはチャンスが十分にあると思います。尾形先生からのコメントを見ても、良くなるのは古馬になってからだと思いますので、本馬の成長に合わせ、芝ダート問わず短距離戦を使っていって欲しいと思っています。石川騎手と話をした印象からも、500万下では勝負できるお馬さんだと思いますので、長い目で見守っていきたいと思っています。メンバーに恵まれた新馬戦を使って頂いたおかげで、既に1勝していますからね。長い目で見守ることができます(^-^)

※本日はノルマンディー懇親会に参加させて頂きました。今回は、会場が昨年より広く参加者人数も増えていたことで、なかなか話を聞きたい方(調教師の先生等)に話を聞くのに苦労をしました。そのため、全体の会で話をされた内容についても、あまり聞いていなかった部分も多々ありますが、自分が聞いたことについては、明日以降ブログに記載させて頂きたいと思います(^-^)
2016/12/04

シルクホースクラブ入会!

こんばんは。

今日は、ノルマンディーのブラックジェイドが見事勝利を収めてくれて、多くの皆様から祝福のご連絡を頂き、ほんとにありがとうございます。一口馬主での勝利は、キャラメルフレンチに続いて2勝目となり、1勝目は現地で口取りまで経験させて頂き、今回は仕事の都合でリアルタイムではなく動画で勝利を知る形となりました。大分違う形で勝利を体験することになりましたが、逆に分かったこととして、やはり一口馬主での勝利は格別なものなんだということが分かりました。今日、動画で勝利を知った際も、ほんとに嬉しい感情が込み上げてきました。この気持ち・感情は、長年競馬ファンをやっておりますが、味わったことがないものだと思っています。ほんとに一口馬主を始めて良かったと感じています。また、ブログを始めたことで、多くの皆様と喜び・悲しみ・辛さ等を共感できることも、一口馬主・競馬を楽しむ上で、とても貴重な経験をさせて頂き、合わせて良かったなと感じています。

今回は、私の個人的事情を報告させて頂きます。
この度、正式にシルクホースクラブへ入会させて頂くこととなりました。
出資させて頂いたお馬さんは、メジロツボネの15となります。
以下は、ご紹介と近況報告(2016.12.1)になります。

メジロツボネの15
父ディープインパクト 母メジロツボネ 母父スウェプトオーヴァーボード
牡馬 黒鹿毛 2015年3月2日生
生産:洞爺湖町・レイクヴィラファーム
所属:美浦・尾関知人厩舎入厩予定

d_02600002[1]
更新日:2016年12月1日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン25秒のキャンターを2500m
馬体重:438kg
担当者「初期馴致を終え、現在は周回コースでの調教を毎日行っています。気性的には非常に素直で、ここまで調教に手がかかることなく順調に進められています。まだ後ろの力が付き切っていないせいか、走りが少しブレることもあるのですが、今後坂路調教を取り入れていくことによって徐々にしっかりしてくるでしょう。脚元・体調面は特に問題なく飼い葉食いも良好で、少しずつですが体重も増えています。ディープ産駒らしい柔らかい身のこなしを見ると、今後の成長が楽しみになってきますね」


2015年産については、ブログでも記載させて頂いた通り、第2のクラブへの入会は考えていました。
第1候補は、これから募集するであろうパカパカファームでした。しかし、メジロツボネの15については、シルクがセレクトセールで落札したときから、かなり気になっていました。そして、シルクの募集馬に入っていた時も。先行募集の際も悩み考えていましたが、その際は出資することを断念しました。先行募集で満口になっていれば、本馬とも縁がなかったでしょうし、今年度でシルクに入会することもなかったと思います。
11月21日の情報で120口以下のところに本馬が載っていた際、再度出資したい意欲が強くなりました。かなり悩みました。そして、最終的に出資する結論を出すに至りました。

出資する理由としては、
血統配合としては、ディープインパクト産駒と相性の良いリファール4×5クロスがあること・ディープインパクト産駒においては母父スプリンター系マイラー系と相性が良く、母父が先日スプリンターズSを勝利したレッドファルクスの父であるスウェプトオーヴァーボードであり魅力的に感じること・父ディープインパクトと曾祖父であるエンドスウィープが母父での産駒としては、活躍馬としてトーセンスターダムがいること・1/4サンデー系3/4ノーザンダンサー系という今の配合のトレンドであること、また、馬体動きは柔らかくバネがありそうであること、預託厩舎である尾関厩舎はぜひ出資してみたい厩舎であったこと等、理由がありますが、そのような理由だけでは、正直ディープインパクト産駒で7,000万円のお馬さんに出資することはなかったと思います。私にとっては、高馬も高馬、物凄い高馬ですので(^^;)
やはり、最大の理由としては、母系がメジロ牧場の血の結晶であることになります。メジロライアン・メジロラモーヌ・メジロアルダン・メジロランバダ・メジロチェイサー・メジロヒリュウ・モガミ等々。特に、メジロライアンは大ファンでした。オグリの勝った有馬記念、私も大川慶次郎氏同様、ライアンと叫んでいました。昨年の夏、メジロライアンにレイクヴィラファームまで会いに行きました。ほんとに大好きなお馬さんでした。そして、今年ライアンが亡くなってしまいました。その今年に、ライアンの血がある(しかもラモーヌの血もある)本馬で夢を見たいと強く思うようになりました。また、フェイスブックでのレイクヴィラファームのコメントにも、かなり心が打たれました。「配合、馬体、レイクヴィラ史上(まだ5年ですが)最高の世代のエースであることは間違いありません」とのコメント。さらに、シルクツアーでのお話、育成牧場へも足しげく通っていること、メジロの血の結晶である本馬への想い・期待の高さを感じることができ、このことも本馬で夢を見たいとさらに強く思うようになりました。
昨年一口馬主を始めた際、ノルマンディーへ入会するきっかけとなったお馬さんは、本日勝利したブラックジェイドでした。理由は、やはり大ファンだったスペシャルウィーク産駒だったからです。そして、今回、シルクへ入会するきっかけになるお馬さんが、メジロツボネの15。やはり、大ファンだったメジロライアンの血、母系がメジロの血の結晶であるお馬さんだからというのも私らしくいいかなと思っています。
会報での尾関先生のコメントを読みますと、本馬への期待の高さを感じることができます。私は、ノルマンディーの懇親会でお会いしましたが、とても好きな先生ですので、きっと上手く育ててくれると期待しております。
出資金額としては、全くの想定外(^^;)の金額ですが、本馬で夢を見たいと思っています(*^^*)

最後になりますが、シルクの会員の皆様、今後とも、宜しくお願い致します(^-^)
2016/12/03

12/3レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているブラックジェイドの3戦目、中京2歳未勝利ダート1800m戦に出走しました。

ブラックジェイド
★12/3(土)中京・2歳未勝利(ダ1800m・混) 馬体重:512kg
古川吉洋騎手 結果:優勝(1人気)

「スタートセンスが良い馬なので今日は行き切る形。調教で跨った感じからは切れる脚を使ってというタイプではなく、後続を離して行く早目の競馬をしたいと思っていました。道中はマイペースとはいえ最後までよく辛抱してくれたし、直線も伸び続けていて強い勝ちっぷりでしたね。2コーナーを回る際、先頭で気持ちよく走っていたのに、外から並びかけてこようとする馬を右トモで蹴りに行く場面がありました。普段の調教ではそういった素振りは見せないのですが、なかなか我の強いところがあります。ここまで啓ちゃん(太宰啓介騎手)が付きっきりで仕込んでいたのを見ていたから、おいしいところだけもらっちゃって申し訳ない気持ちですよ」(古川吉洋騎手)


決めてくれました(^-^)楽逃げ切りでしたね。
先行力のあるスペシャルウィーク産駒、しかも母父がフォーティナイナー。血統配合からは、中京ダート1800mがピッタリ。ぜひ使って欲しいとは思っていましたが、予想以上の楽勝でした。馬体重が絞れ使いながら良化していたことも、この競馬内容に繋がったのかなと思います。内臓脂肪が取れていない、息が荒く、気性もまだ幼い(2コーナーで蹴りを入れていましたね(^^;))なか、この内容ですから、先々ほんとに楽しみに感じています。
スタートセンスが良く、先行して粘り切るレースが出来ますので、現状でも上のクラスに上がっても、好勝負ができるのではと期待しております。
ほんとに良くなるのは古馬になってからだと思っています。この1勝を上げたことにより、本馬の成長に合わせ、仕上げ使っていくことができますので、ほんとに大きな勝利だったと思います。
これからも期待を持って見守りたいと思います。

今日は仕事だったため、仕事の合間である12時くらいにJRAのホームページで動画を見ましたが、仕事の疲れが吹っ飛ぶ勝利でした。ほんとに嬉しくて仕方がありませんでした(*^^*)
2016/12/03

2歳馬近況(2016.12.2)

こんばんは。

今週は、ブラックジェイドキャラメルフレンチが出走です。ほんとに楽しみにしています(^-^)
ブラックジェイドは6枠9番となりました。本当はもう少し内枠が良かったですが、当面の相手と見られるテリトーリアルサンレイシンボルはさらに外枠を引いていますので、悪くない枠順だと思います。非常に先行馬の少ないメンバーですので、スタート決めて、逃げ先行するレースで直線押し切って欲しいと思っています。父スペシャルウィーク及び母父フォーティナイナー共に、中京ダート1800mコースは得意コースですので、ぜひしっかりと決めて欲しいと思っています。古川騎手、宜しくお願いします!!

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

シュエットヌーベル
更新日:2016年12月2日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:460kg
「現在は角馬場で軽めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。以前はスマートファルコン産駒らしくトモの甘さが目立っていましたが、今はその辺が解消して歩様もしっかり踏めています。先週張りがあった右首上部も全く気になりませんし、送り出しの態勢はすっかり整いましたね。ただ、この中間に伊藤調教師が視察に来られた際、『今週中の入厩を予定していたのですが、検疫が混み合っていて…。キャンセル待ちも入らず、帰厩が来週にずれ込むことになりました。当初予定していた5回中山3週目だと急仕上げになってしまうので、4週目の7日目か8日目(12/23、24)のダート1200mに変更します』とおっしゃっていました。帰厩まで今のいい状態を維持できるよう、このまま進めていきます」(担当者)


状態は良いようですね。問題は気性面になりますね。使いながら、何とか少しでも矯正してもらい、何とか未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと願っています。次走は、中山4週目のダート1200m戦になりそうですね。いいレースを期待したいですね(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年12月2日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:484kg
11/29(火)の調教後、左膝に水が溜まっているような感触があったことから、11/30(水)からは舎飼で様子を見ています。
まだ体質が弱いせいか、調教を進めていくと左膝に疲れが溜まってくるのでしょうし、左にササる面はその辺が影響しているのかもしれません。
2~3日はこのまま安静にして、腫れが引けば週明けにも調教を再開する予定ですが、腫れが引かないようならレントゲンを撮影するかもしれません。
この中間もチャカチャカした面を見せているだけに、気性面の成長も欲しいところです。


心配ですね(>_<)何事もなければいいですが。。。とにかく無事でありさえすればと思っているお馬さんですので、本馬の成長に合わせて、じっくりと育成して欲しいと思います。

ホウロクダマ
更新日:2016年12月2日
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:552kg
「引き続き600mの坂路とダートコースでキャンター2000mを17秒ペースのメニューで調整しています。今週に帰厩する予定もありましたが、栗東トレセンの検疫が混み合い、なかなかキャンセル待ちが回ってこない状況で、急な入厩に備えながら13-13の時計消化を行いました。こちらで乗り込みが進めば進むほど、帰厩から復帰戦までの時間も短縮できますからね。いずれにしても帰厩まで秒読みの段階で、10日競馬で使うくらいのつもりで調整していきたいと思います」(担当者)


栗東でも美浦でも検疫が混み合っているようですね(>_<)外厩で仕上げて10日競馬で使うくらいのつもりで調整とのコメントもありますね。まるでノーザンファームみたいですね(^^;)ただでさえ冬場は絞りにくい身体をしていると思いますので、とにかく早くトレセンに入厩して欲しいと思っています。

クレムフカ
更新日:2016年12月2日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:501kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~20秒ペースのメニューで調整中です。
こちらに来た当初に比べれば確実に良くなっていますし、坂路を駆け上がる姿も力強さが増しているのですが、休ませていた期間が長かったせいか毛ヅヤもひと息。
自分からハミを取るような前向きさがまだ見られませんし、走りも今ひとつスピード感に欠ける現状です。
引き続き右トモに何ら不安はないことから、年内には厩舎へ送り出せる態勢に持っていけるように負荷を掛けていきます。


状態は良くなったようですが、仕上がりは今一歩といった感じでしょうか(^^;)年内にはトレセンに入厩してもらい、今度はデビュー戦まで持っていって欲しいと思っています(^-^)

テオドルス
更新日:2016年12月2日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
大瀧馬事苑で順調に調整され、昨日1日(木)に美浦・木村哲也厩舎に入厩しました。
「入厩前のワンクッションの予定でノルマンディーファーム小野町より大瀧馬事苑に移動し、想定外に時間が掛かってしまい、申し訳ありませんでした。まずはゲート試験合格が目標ですが、右前脚繋靭帯の付着部が日によって熱を持つことがあるので、装蹄師とも相談しながら、慎重に進めていきたいと思います。飼い葉もしっかり食べてくれますし、うるさいタイプではないので、調整はしやすそうですし、一旦軌道に乗れば、デビューまで早そうですね」(木村哲也調教師)


やっとトレセンに入厩してくれました。多少不安点はあるようですが、飼い葉食いも良く、調整はしやすいとのことですので、何とか順調にゲート試験を合格し、デビューまで持っていって欲しいと思っています。1月中山開催でのデビューを期待しています(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年12月2日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:443kg
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整中です。
ここにきて非力な印象が抜けつつあり、馬体重以上に体を大きく見せるようになってきました。
飼い葉をしっかり食べていることと、クリュティエを追い掛ける調教をこなしてきたことで確実に力が付いてきたのでしょう。
併せ馬でも前進気勢が窺え、気性面の成長も感じられます。
この中間の良化が顕著なことから、12月中旬を目処に入厩できるよう渡辺調教師に打診する予定です。


かなり良化してきたようですね(*^^*)あと1週~2週での入厩となりそうです。嬉しいですね。本馬は、何か期待できる予感がしています。夏に出資させて頂いたときよりも、体力面も気性面もかなり良化しているように思います。なかなかやってくれるのではと期待しています。1月~2月の京都開催でのデビューが見えてきましたね(^-^)

日曜日は、キャラメルフレンチの口取りを申し込むことが出来ましたので、中山競馬場で現地応援させて頂きたいと思います。岡田牧雄氏のメルマガでも「元々ダート適性が高いと見込んでいた馬なので、ダート戦でこそ持ち前のスピードが生きるはず。好勝負を期待しています。」とのコメントがありますし、谷口調教厩務員のブログでも「初ダート。多分良いですよ!!」とのコメントがありますので、初ダート戦期待して観戦したいと思っています。メンバーもそれ程強くないと思いますので、石川騎手には、スタートを決めてもらい、本馬のスピードを活かした積極的な競馬で、いいレースをしてもらいたいと思っています(^-^)
中山競馬場での観戦後は、ノルマンディーの懇親会に参加致します。ブログ・口取り・検討会等で知り合った方々とお会いできるのも楽しみですし、クラブの方々・調教師の方々・騎手の方々等に色々とお話しを聞けることも楽しみにしております。当日は、宜しくお願い致します(^-^)
2016/12/01

2歳馬出走(2016.12.3-12.4)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーのブラックジェイドの3戦目及びキャラメルフレンチの3戦目になります。

ブラックジェイド
☆12/3(土)中京・2歳未勝利(ダ1800m・混)古川吉洋騎手

30日(水)にCWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、80.7-65.4-51.3-38.2-12.8を一杯に追い切りました。
「中一週でも疲れを感じさせない躍動感のある走りで、仕掛けられるとスムーズに手前を替えて、前へ推進する力がようやく付いてきましたね。阪神とどちらで使うかギリギリまで悩みましたが、コース形態と脚質を考えてより適していると判断したため、最終的に中京に行くことを選択しました。最終追いを含め何度か跨っている鞍上ですので、乗り替わりも問題はないでしょう。相手を抜かそうとする精神面の成長も窺えますし、正直ここは決めておきたいところです。内臓脂肪がなかなか取り除けずに調教でも息遣いの悪さは相変わらず。でもそれでいてこれだけ走れているのだから、トモがパンとしてくればまだまだ変わる要素の多い馬ですよ」(昆貢調教師)


キャラメルフレンチ
☆12/4(日)中山・2歳500万下(ダ1200m・混)石川裕紀人騎手

30日(水)に坂路コースで4ハロン56.4-41.5-26.8-12.9を単走で強目に追い切りました。
「前走から中一週での競馬となりますが疲れはまったく感じさせません。ただ、この中間は気が入ってきていて、調教でも掛かり気味に行ってしまう面が多く目につきます。距離を限定するつもりはなく、抑える競馬も覚えさせていきたい反面、2歳戦の特にこの時期は持ち前のスピードを存分に発揮させる戦いをしても良いのではないかと考えます。ダートは未経験でもスピードで他馬に見劣ることはないはずです。鞍上の石川にはその点をしっかりと伝えて当日に臨みます」(尾形和幸調教師)


今週は、中1週でブラックジェイドキャラメルフレンチが出走となります。
ブラックジェイド
昨日の想定では、日曜日の阪神ダート1800m戦の予定でしたが、最後まで天秤に掛けて、土曜日の中京ダート1800m戦を選択しました。相手関係というよりも、コース形態と脚質から鑑みて選択したようですね。
「疲れを感じさせない躍動感のある走り」「前へ推進する力がようやく付いてきた」「相手を抜かそうとする精神面の成長」というコメントは、期待感がさらにアップしますね。これまで以上の走りが期待できそうです。
血統配合からは、先行力のあるスペシャルウィーク産駒、しかも母父がフォーティナイナー。中京ダート1800mコースは、相性抜群だと思います。先行馬が少ないメンバーですので、スタートを決めて、逃げ先行する競馬で押し切って欲しいと思います。
鞍上は古川騎手に変わりますが、昨日の調教でも乗ってくれていますので、あまり心配はないかなと思います。まあ、昆先生の場合は、基本四位騎手・太宰騎手・古川騎手・鮫島良騎手が乗り、たまに岩田騎手・福永騎手・横山典騎手が乗る感じですので。中京ダート1800mは、先行押し切りが勝ちパターンですので、本馬の脚質を活かし、しっかりと決めてもらいたいと思っています(^-^)
キャラメルフレンチ
今回はダート戦に使ってきました。血統配合及び少し硬い動きする点からは、いい方に出る可能性が高いかなと思っています。
調子はいいようですね。少し掛かる面が出ている点も、ダート1200m戦であれば、それ程心配しなくてもいいのかなと思います。
尾形先生のコメントからは、現状はスピードを存分に活かすレースをしてくれるように思いますので、逃げ先行で押し切る競馬を期待したいと思います。
鞍上は石川騎手ですね。怪我明けからあまり乗れていない点は少し心配ですが、積極的な騎乗が持ち味だと思いますので、1kg減量を活かし、芝でのスタートを決めて、積極的に逃げ先行し、本馬の持ち味を活かして欲しいと思っています(^-^)

2頭ともに、勝つチャンスは十分だと思いますので、精一杯応援させて頂きたいと思います(*^^*)