2016/12/05

ノルマンディー懇親会(2016.12.4)

こんばんは。

昨日は、ノルマンディーの懇親会に参加させて頂きました。
新橋第一ホテル東京での開催。昨年の懇親会よりは参加者が多く、会場も広めとなっていました。
お話しをお伺いしたい方と、ある程度は話を聞くことはできましたが、特にクラブの方(岡田代表等)にお話しを伺うことができませんでした。
また、会合の内容も、半分くらいしか聞けてなかったと思います。
私が聞いた内容について、今回記載させて頂きたいと思います。
まずは、私が撮った写真及びコメントを掲載させて頂きます。

IMG_0673.jpg
まずは、岡田将一代表からのご挨拶で会が始まりました。

IMG_0674.jpg
栗田博憲調教師の乾杯のご挨拶。

IMG_0679.jpg
藤田菜七子騎手ですね。会場がかなりざわつきました。写真・サインで列が出来ました。
左隣りは吉田隼人騎手ですね。直接、話をさせて頂きました。ゴールドアクターの件をお聞きしましたが、勝ったオールカマーにしても、負けたジャパンカップにしても、少し動きが重いと感じたそうです。ジャパンカップについては、昨年の有馬記念のときの動きであれば、勝っていたレースだと感じているようです。有馬記念に向けても、少し不安があるような感じでした。隼人騎手自身は、とても誠実に話をしてくれる方でした。とてもいい印象を持ちました。ゴールドアクターは、私の有馬記念の本命候補の1頭ですので、私も慎重に検討したいと思っています(^^;)

IMG_0677.jpg
善臣先生ですね。ある意味、今回の会の陰の主役でしたね(^^;)赤ワインをバンバン飲み、会の中盤くらいから、かなり酔っていました。私の馬友さんが一緒に飲んでいましたが、とても楽しそうな飲み会に見えました。かなり気さくに、周りの方と飲まれていましたね。

IMG_0682.jpg
岡田牧雄氏のご挨拶。今年は中京には行かなかったようで、最初から懇親会に出席されていました。

IMG_0683.jpg
高木調教師が中京から凱旋帰京しました。サウンドトゥルーのチャンピオンズカップ勝利について、小島友実さんからインタビューを受けているところです。とても嬉しそうでしたね。次走は、問題がなければ東京大賞典に向かうとのことです。私もおかげで馬券を取らせてもらいました(^-^)直接、高木調教師に「おめでとうございます」と言うこともできました。アナザートゥルースについては、デビューはいつと決めず、馬に合わせて使っていきたいと話されていました。この血統は晩成ですからねとも仰っていました。高木調教師に任せていれば、きっと大成させてくれると信じております(*^^*)また、高木調教師のインタビューのあと、サウンドトゥルーの馬主である山田さんも壇上でインタビューを受けていました。かなり上機嫌で、キョウエイトルースの15の宣伝を大々的にしていました(^^;)

IMG_0680.jpg
木幡巧也騎手と写真を撮らせて頂きました。巧也騎手すごくいい笑顔ですよね(^-^)とても好青年な印象でした。キャラメルフレンチの優勝写真にサインも頂きました(*^^*)

IMG_0685.jpg
藤田菜七子騎手と写真を撮らせて頂きました。帰り際、菜七子騎手が一人でいたところ、タイミングよく写真を撮ってもらうことができました。握手もさせて頂きました。帰り際で、ほんとに疲れていたと思いますが、そんななか笑顔で対応してくれました。とても可愛らしい女の子でした(*^-^*)今は、とにかく注目されて、ほんとに大変だと思いますが、何とか頑張って活躍してもらいたいと思います。

IMG_0686.jpg
最後に、入り口に置いてあったブラックジェイドの古川騎手サイン入り勝利ゼッケンと写真を撮りました。これで、1勝目のキャラメルフレンチに続き、勝利ゼッケンと写真を撮ることができました。これはかなりラッキーだなと思いました。懇親会の前日に勝利してくれたおかげだと思います。ブラックジェイドの次走については、芝レースかもなんていう話もチラッと聞きますが、ほんとに良くなるのは古馬になってからだと思いますので、今は成長に合わせて仕上げ使って欲しいと思っています(*^^*)

以下は、話を聞かせて頂いた調教師のコメントになります。
(尚、尾形調教師と石川騎手の(キャラメルフレンチに関する)コメントについては、昨日記載しました本ブログをご参照下さい。また、石川騎手からは、当日のレーシングプログラムのキャラメルフレンチの欄にサインを頂きました(^-^))

〇伊藤圭三調教師
シュエットヌーベルについて
開口一番、すいません(^^;)馬体もいいし、調教での動きもいいんですが、とにかく凄く臆病。周りに馬が居るととにかく気にする。スムーズに逃げる競馬を見たいと思っているんですが。前走は深いブリンカーを付けた効果はあり、揉まれる展開のなか、残り400mまではまともにレースをしていました。ただ、そこからがさっぱりでしたが。。。母親も兄も勝つときと大負けするときとが両極端なレースぶりだったようですので、本馬も未勝利を勝つチャンスはあると思っています。次走については、23日~25日の3日間開催ともにダート1200m戦があるので、何れかに使おうと思っています。一応内田騎手に声を掛けているようで、騎乗可能であれば乗ってもらいたいと仰っていました。
とても丁寧で人の良さを感じる先生でした。とてもいい印象を持ちました。本馬を何とかしようという気持ちが十分に伝わってきました。また、機会があれば、ぜひ伊藤先生に預託するお馬さんに出資させて頂きたいと思う先生でした。

〇木村哲也調教師
テオドルスについて
開口一番、入厩させるよう指示があったから入厩させましたとのコメント(^^;)右前脚繋靭帯の付着部の状態が良くないですね。私から木村先生としてはどうすればいいと思っていますかと聞いたところ、私としては一旦休ませた方がいいと思いますとの回答がありました。何とかデビューまで持っていけるよう。。。との話で締めくくりました。
ゆーちゃんさんが、ブログでシルクのパーティーで話を聞かれた際のことを記載されていましたが、私もほぼ同じ印象を受けました(^^;)今後は、あまり積極的に出資させて頂きたい先生ではないかなと。。。

〇黒岩陽一調教師
ホリデイトウショウの15について
えりもにいるときは、馬を見に行っていないんですよね。遠いですからねとのコメント(^^;)まずダート1本でしょう。ダート馬としては頑張ってくれると思います。コツコツと頑張ってくれる馬になると思います。期待して下さいとのことでした。
とても感じのいい印象を持ちました。話のし易い先生だと思いました。

〇尾形和幸調教師
メルセダリオの15について
先日、本馬を見てきました。募集写真では繋ぎが立っていて少し不安を感じましたが、実馬を見た限りでは、全く問題なかったです。あれは、写真写りの影響だったんだと思います。走ってくると思いますよ。私も期待していますと仰っていました。
とても丁寧で誠実な印象を持つ先生ですね。昨年の懇親会で話をさせて頂いた際も、同様に感じました。そして、とても話しやすい先生でもあります。2歳世代・1歳世代ともに預託厩舎として出資させて頂いております。岡田将一代表からもとても信頼している先生との言葉を検討会の際聞いておりますので、これからのノルマンディーにおいては、高木先生同様エース格になると思っています(^-^)
※余談ですが、2次募集のミラクルガールの15については、尾形先生もセールで目を付けていたような話をされていました。期待していますよと仰っていました(^-^)

〇尾関知人調教師
メジロツボネの15について
シルクのお馬さんなんですが(^^;)、ご来場されていたので、話を伺いました。
クラシック路線を歩みながら、適性を見ていきたい。現状の馬体からは、距離は持つのではないかと感じています。母父スウェプトオーヴァーボードが、今後適性にどのような影響を及ぼすかは未知数だと思います。ただ、母系にメジロラモーヌが居るわけですから、距離適性が短くなるとは限らないとも思いますと仰っていました。とても高い期待を持って頂いていると感じました。
とても誠実に話をされる先生で、とてもいい印象を持ちました。帰り際、先生とエレベーターのなかで一緒でしたので、再度、メジロツボネの15を宜しくお願いしますと挨拶させて頂きました(^-^)

最後に、岡田牧雄氏の1次募集馬と2次募集馬における期待馬について、記載させて頂きます。
まず、牧雄氏のおすすめ馬は、
キョウエイトルースの15トーセンリリーの15を挙げていました。満口にならなくても良い。半分くらい自分で持ちたいくらいと仰っていました。また、2次募集馬では、インマイラヴの15を挙げていました。セールでいくらでもいいから落とせと言ったと仰っていました。
今回は、須田鷹雄氏・古谷剛彦氏・村本浩平氏がおすすめする馬に牧雄氏がコメントする形で進めていました。そのおすすめ馬は以下の通りです。
須田鷹雄氏
チェアユーアップの15
ドゥオナーの15
古谷剛彦氏
エンシャントアーツの15
アンローランサンの15
エスワンスペクターの15
村本浩平氏
メルセダリオの15
ベラルーナの15
上記の募集馬に関する牧雄氏のコメントは聞いていたところだけ。
チェアユーアップの15・・・私も持ちたいくらい。
アンローランサンの15・・・これから変わってくる。
メルセダリオの15・・・距離は長い方が良い。必ず強くなると思う。
ベラルーナの15・・・ルーラシップよりもディープインパクトの方が色濃く出ていると思う。
印象としては、1次募集馬のおすすめ度合が強い印象を受けました。2次募集馬については、それ程多くは触れていない印象も受けました。もう少し、2次募集馬について、熱心に話をすると思っていましたので、少し意外に感じました。現段階での、牧雄氏のおすすめ馬は、キョウエイトルースの15トーセンリリーの15だと思います(^-^)

懇親会については、以上となります。
口取り・検討会・ブログ等でお知り合いになった馬友さんたちとお会いしお話することができ、調教師・騎手・クラブの方々とも、色々と話をさせて頂き、とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました(*^^*)これからも、検討会・懇親会・牧場ツアー等、時間の許す限り、ノルマンディーのイベントには参加させて頂きたいと感じました。ほんとに、楽しい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました(*^-^*)
スポンサーサイト
2016/12/05

12/4レース結果(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、キャラメルフレンチの3戦目、中山2歳500万下ダート1200m戦に出走しました。口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、キャラメルフレンチの写真になります。

P1030055.jpg

P1030069.jpg

P1030079.jpg

P1030081.jpg

P1030083.jpg

パドックでは、かなり気持ちが入っている印象を受けました。少しチャカチャカしている感じがしました。馬体は、前走よりは良く見えましたが、あくまで感覚的なんですが、新馬戦のときが一番良く見えました。返し馬に入った印象では、ダートコースはいい走りするように見えました。
レース結果としては、残念ながら、2.6秒差の9着でした。
以下は、石川裕紀人騎手のレース後コメントです。

キャラメルフレンチ
★12/4(日)中山・2歳500万下(ダ1200m・混) 馬体重:454kg
石川裕紀人騎手 結果9着(5人気)

「スタートセンスがよく、ハナを主張するつもりでいましたが、内から二頭が絡んできて引く構えもなかったため三番手で競馬を進めました。砂を嫌がる素振りもなく走りからもダート自体は問題ないと思いますが、今日は前半3Fの流れが速過ぎた感じですね。いいスピードを持っており、このクラスでも全然やれる能力はあると思います」(石川裕紀人騎手)


今日のノルマンディー懇親会で、石川騎手・尾形調教師が来場されていたので、直接お聞きしました。
石川騎手は、「外枠からスタートも良かったので、ハナに行くつもりでした。しかし、内の2頭が全く引く感じがなかったので、3番手に控えました。結果、(前半3F34.1秒の)ハイペースに巻き込まれてしまったので、今日の敗戦は仕方がないと思います。ダートは全く問題がなく、芝でもダートでも行けるのではないかと思います。スタートセンスが良く、いいスピードを持っているので、とてもいい馬だと思います」とのことでした。
尾形先生は、「新馬戦の時計が遅く、メンバーにも恵まれた感じなので、500万下で勝負するには、もう少し時間が掛かるように思います。現状では、新馬戦のときのように、3kg減量騎手を乗せた方がいいのかなとも思います。調教でもレースでも、いいスピードは持っているんですよね。ダートの方がいいのかなと思い、今回出走させたが、芝ダートの適性は何とも言えないですね。今日は、スピードを活かしレースするよう石川騎手に指示を出した結果、ハイペースに巻き込まれてしまったので、結果は仕方ないと思います」とのことでした。

レースは、外枠からいいスタートを切り、逃げるレースをしようとしましたが、内の2頭が全く譲らず、3番手の外目からのレースとなりました。前半3F34.1秒のハイペース。前に居た2頭も惨敗していますので、今回の結果は私も仕方がないと思います。このスタートセンスの良さ、いいスピードがあれば、レース展開が向けば、何れはチャンスが十分にあると思います。尾形先生からのコメントを見ても、良くなるのは古馬になってからだと思いますので、本馬の成長に合わせ、芝ダート問わず短距離戦を使っていって欲しいと思っています。石川騎手と話をした印象からも、500万下では勝負できるお馬さんだと思いますので、長い目で見守っていきたいと思っています。メンバーに恵まれた新馬戦を使って頂いたおかげで、既に1勝していますからね。長い目で見守ることができます(^-^)

※本日はノルマンディー懇親会に参加させて頂きました。今回は、会場が昨年より広く参加者人数も増えていたことで、なかなか話を聞きたい方(調教師の先生等)に話を聞くのに苦労をしました。そのため、全体の会で話をされた内容についても、あまり聞いていなかった部分も多々ありますが、自分が聞いたことについては、明日以降ブログに記載させて頂きたいと思います(^-^)