2016/12/16

2歳馬近況(2016.12.16)

こんばんは。

今週は、全日本2歳優駿(G1)がありました。ノルマンディーのローズジュレップが北海道競馬代表として出走しました。果敢に逃げての3着でした。何かを行かせて、外から2番手の競馬が理想だったとは思いますが、上手いペースで逃げて、最後は2着のシゲルコングを差し返そうと頑張っての3着。勝ったリエノテソーロは強かったですが、十分頑張った結果だったと思います。これで、南関東競馬へ移籍になりますね。公式サイトの田中先生のコメントを読み、胸が熱くなりました。とてもいい先生ですね。賞金の関係上、南関東への移籍は仕方ないと思いますが、何か惜しい気持ちにもなりますね(^^;)浦和の小久保先生のところへ移籍になる可能性が高いと思っています。距離ももう少しあっても、乗り方ひとつで何とか持ちそうな感じでもありますので、羽田杯→東京ダービーを目指すことになるんだと思います。鞍上は、的場文男騎手になるんですかね。東京ダービーを目指して、レジェンド的場騎手が鞍上となれば、これはかなり期待してしまいますね。的場騎手の悲願のダービー制覇がノルマンディーで達成なんて。。。夢がありますね!出資馬ではありませんが、これからも応援させて頂きたいと思います(^-^)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2016年12月16日
在厩先:山岡トレセン
馬体重:-
「現在は2時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。背腰からトモにかけてはそれほど疲れは感じられないものの、ソエの状態は右前膝下5cm辺りに触診反応が強く、レーザー治療を施していますが、完治には少し時間が掛かりそうです。ソエが固まってから乗り運動に移行したいとのことだったので、ノルマンディーファーム小野町へ一旦戻すことも検討しています」(担当者)


ソエが固まってから乗り運動へ移行する形で進めるようですね。ここは、一旦小野町へ戻しても良いように思います。本馬が本当に良くなるのは、古馬になってからだと思います。未勝利は勝ち抜けていますからね。ここは、さらなる成長を促す意味でも、小野町でじっくり調整してもらいたいように思っています(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2016年12月16日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
11日(日)に坂路コースで4ハロン61.0-42.7-27.8-13.7を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、57.0-40.8-26.5-12.9を強目に追い切りました。
「特に変わった点はなく、この中間も至って順調に調整を進められています。動き自体は悪くないものの、今週の番組ではやや急仕上げな感もありますので、もう一本速めを追い切ればちょうどいい仕上がりで臨めると思います。来週12/25(日)中山・2歳未勝利(ダ1200m・混)を内田博幸騎手で予定しています。併走馬に対しても稽古ではそれほど怯む面を見せないのですが、実戦に行くと脆いタイプなので次走もブリンカーを着用します」(伊藤圭三調教師)


25日(日)有馬記念Day中山2歳未勝利ダート1200m戦に内田博幸騎手を配してくれました。とにかく臆病な点が課題なので、外枠を引いて、逃げる競馬をして欲しいと思っています。伊藤先生曰く、勝ち負けがはっきりしたレースをするタイプとのことですので、嵌れば、未勝利を勝ち抜けるチャンスはあると思っています。ダート短距離戦に内田騎手鞍上は、素晴らしい選択だと思いますので、期待して応援したいと思っています(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2016年12月16日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:498kg
現在は馬場2周と坂路1本を20秒ペースのメニューで調整中です。念のため左膝のレントゲン撮影を再度おこなったところ、異常は全く見られなかったので通常のメニューに戻しました。ただ、精神面の幼さは相変わらずで馬っ気が相当キツく、調教中も嘶きながら走っています。兄ルールソヴァールの同じ時期と比べても少し煩いかもしれません。ただ、前肢の掻き込み、後肢の蹴っぱり共に力強さが感じられますし、いいスピードも持っているだけに能力は確か。この気性面が実戦に行っていい方に作用すれば、兄たちと同等の活躍が期待できるでしょう。以前から生え替わりの歯を馬が少し気にしていたので、この中間に2本抜きました。これでハミ受けがもっとスムーズになるはずです。


まずは、左膝に異常が全くみられなかったとのことで、とてもホッとしました。気性が幼いようで、馬っ気が相当キツく、調教中も嘶きながら走っているとのこと(^^;)しかし、前肢・後肢ともに力強く、スピードも相当あるとのこと。気性面については、この血統ですから、まずいい方に作用してくれると思っています。やはり、半兄2頭同様の走りが期待できるとも思っています。このお馬さんは無事でさえあれば、まず走ると思っています。この母の産駒は、素晴らしいですからね。命名馬であることから、相当な親バカ的な部分はありますが(^^;)、期待して見守りたいと思います(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2016年12月16日
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:554kg
「先週土曜日の検疫で帰厩する予定でしたが、疝痛を起こしてしまったためキャンセルとなりました。幸い程度は軽く、水曜日からは通常の600mの坂路とダートコースでキャンター2000mを17秒ペースのメニューに戻し、明日には13-13の追い切りを予定しています。中竹調教師から来週の検疫を取り直すという確約をいただいていますので、移動後すぐに時計が出せるように状態を整え、あとは残された時間できっちり仕上げるだけですね」(担当者)


来週入厩ですかね。かなり伸びてしまいましたね。。。年内の出走は無理ですね(^^;)1月8日京都3歳未勝利ダート1400m戦、1月14日京都3歳未勝利ダート1400m戦、1月15日中京3歳未勝利ダート1400m(若手騎手限定)戦あたりが目標になりそうですね。何とか、未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと思っておりますし、長く楽しめるお馬さんになって欲しいと期待しております(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2016年12月16日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:456kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(22~23秒ペース)のメニューで調整しています。こちらに到着した当初は疲れが顕著に出ていたため、強肝剤を投与するなどして内面の治療を三日間ほど行いました。その効果はてきめんで、馬体に張りが戻って毛ヅヤも良化しています。左トモの飛節軟腫も落ち着いており、このままペースアップを図っていけるでしょう。いいスピードを持っているだけに、心身が整えば500万クラスでも十分通用するはずです」(担当者)


本馬が本当に良くなるのは、3歳秋以降だと思っています。現状は、しっかり調整し、使いながら良くなってくれればと思っています。次走については、1月15日中山3歳500万下芝1200m戦又は1月22日中山3歳500万下ダート1200m戦あたりを目指して欲しいと思います(^-^)

クレムフカ
更新日:2016年12月16日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
11日(日)に坂路コースで4ハロン62.3-44.4-29.6-14.6を単走で馬ナリに追われ、15日(木)にも坂路コースで4ハロン63.7-45.2-29.5-14.4を単走で馬ナリに追い切りました。
「休養前と比べればだいぶしっかりしてきた印象を受けますが、それでもまだまだトモが甘いですね。体質面でも心肺機能が未完成で、運動後に咳き込む様子が見られるため、そのあたりは吸入治療でケアしています。年明けの1回中山開催(1/5~)デビューを目標に、来週から徐々に調教の負荷を強めていきます」(矢野英一調教師)


まだまだトモも体質面も甘いようですね(^^;)何とかデビューまで持っていって欲しいと思います。現状の感じからすると、ダート短距離戦でデビューさせるように思いますので、1月14日中山3歳新馬戦ダート1200m牝馬限定戦あたりが目標になるのかなと思っています(^-^)

テオドルス
更新日:2016年12月16日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
9日(金)に坂路コースで5ハロン67.0-49.1-31.4-14.5を単走で馬ナリに追われ、11日(日)にも坂路コースで4ハロン62.7-45.7-30.0-14.8を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にはWコースで4ハロン59.5-44.0-15.8を単走で馬ナリに追い切りました。
「徐々に負荷を上げながら攻めていっている段階です。年末から年始にかけてビッシリとやってみて、具体的なデビューのスケジュールを立てますが、1/22(日)中山・2歳新馬(芝1600m)あたりになると思います。見た目のフレームはいいものがありそうなので、あとは搭載しているエンジンをどうチューンナップしていくかですね」(木村哲也調教師)


一応デビュー戦の予定が出ましたね。中山芝1600mを予定とのことで、適性としては、予想通りだと思っています。「見た目のフレームはいいものがありそう」との(微妙ではありますが(^^;))お褒めの言葉も出ましたので、何とかデビューまで持っていって欲しいと思います(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2016年12月16日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:435kg
現在は馬場1周と坂路2本17~18秒ペース(週一回は15秒ペース)のメニューで調整中です。馬体重からはイメージしにくいものの、だいぶ体には幅が出てきた印象です。まだ非力な印象はありつつも、しっかりトモが使えるようになって走りのバランスが良化。カリカリする面はありますが、集中して調教に取り組めています。併せ馬で隣の馬を蹴りに行ったりする気の強い面がある反面、前に馬がいるとそれを目標にしっかりと推進して抜かそうとする勝負根性は本馬のセールスポイント。明日17日(土)の検疫で栗東・渡邊薫彦厩舎に入厩予定です。


いよいよ明日入厩ですね。まずは、無事ゲート試験を合格して欲しいと思います。コメントからは、かなりいい勝負根性を持っているようですね。夏に見学させて頂いた際は、これはかなり時間が掛かるかなと思っていましたが、ここに来て、馬体面も気性面もかなり良くなってきているように思います。本当に良くなるのは、古馬になってからだと思いますが、未勝利を勝ち抜けることができれば、長い間楽しめるお馬さんになると思っています。私としては、ここに来て、かなり期待度が上がっているお馬さんであり、数戦で未勝利を勝ち抜けるレベルにはあるようにも思っていますので、期待して見守りたいと思います(^-^)

今年の最終戦は、有馬記念Dayに出走予定のシュエットヌーベルになる予定です。臆病なお馬さんですので、色々といい条件が重ならないと厳しい戦いになるとは思いますが、深めなブリンカーを付けて、ウチパクさんを配してくれていますので、いい方へ嵌ることを期待して、レースを待ちたいと思っています(*^^*)
スポンサーサイト