2016/12/22

2歳馬出走(2016.12.25)

こんばんは。

18日にノルマンディーのプラチナムバレットが見事デビュー勝ちをしました。池江厩舎で里見オーナー期待のサトノクロニクルを相手に勝利することができました。次走も続戦で、しかも引き続きルメール騎手鞍上で年明け7日にある福寿草特別(2歳500万下 京都芝2000m)へ出走予定となっております。エアスピネルの全弟であるエアウィンザー等が相手となるレースですので、楽ではないと思いますが、ここを勝てば、完全にクラシック出走が見えてくることになります。ルメール騎手鞍上ですので、期待できると思っています。私は、スターズファンドのみの出資となりますが、精一杯応援させて頂きたいと思います(^-^)

また、ノルマンディーの2次募集についてですが、予定通りスルーさせて頂きました。エスワンスペクターの15を筆頭に、気になるお馬さんはいましたが、2015年産は厳選して出資することにしておりますので(勿論予算上の関係も大ですが(^^;))、何とか我慢させて頂きました(^^;)2015年産は、ノルマンディーで4頭(全て牡馬)シルクで2頭(牡馬1頭・牝馬1頭)の計6頭出資しておりますので、基本的には打ち止めと考えていますが、ノルマンディーのトーセンリリーの15だけは気になっており、一応様子見とさせて頂いております(^^;)まだ満口まで時間はあると思いますが、果てしてどうするか。。。様子を見ながら考えたいと思っています。

今週は、ノルマンディーのシュエットヌーベルの4戦目となり、2016年最後の出資馬の出走となります。

シュエットヌーベル
☆12/25(日)中山・2歳未勝利(ダ1200m・混)内田博幸騎手

18日(日)に北Cコースで5ハロンから併せ、69.0-53.4-39.0-12.0を一杯に追われ、21日(水)には坂路コースで4ハロンから1.5秒先行して併せ、55.6-40.5-26.6-12.7を強目に追い切りました。
「最終追いは終いを伸ばすイメージで追い切りを消化しました。相変わらず動きは申し分なく、馬体に張りがあって体調面もすこぶる調子が良さそうに映ります。ここにきて体つきにも幅が出て成長してきている印象を受けますし、当日輸送でも恐らくプラスの馬体重でレースに臨めると思います。スンナリと前に行ければ、これまでの成績を度外視して好結果も期待できるはずです。テンから揉まれず運べる外枠が欲しいですね」(伊藤圭三調教師)


調教は相変わらず動けていますね。体調もすこぶる良く、馬体に幅が出て成長しているようですね。プラス体重での出走となりそうです。本馬については、臆病な気性が大きな課題ですので、やはり外枠を引きたいですね。メンバーとしては、セイウンストリームだけが成績が良く、あとは全てのお馬さんが前走掲示板を外しているメンバーとなりました。また、ダート1200mで先行力があるのもセイウンストリームのみで、逃げ先行するレースをするチャンスも大きいと思います。何とか外枠を引いてもらい、デビュー戦で乗ってくれている内田騎手が上手く逃げ先行する競馬で、勝ち負けに持ち込んで欲しいと期待しております(^-^)
スポンサーサイト