2016/12/29

1歳馬近況(2016.12.28)

こんばんは。

続いては、ノルマンディーで出資させて頂いている1歳馬の近況について、書かせて頂きたいと思います。

オークルームの15
更新日:2016年12月28日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:501kg

20161228[1] (2)
この中間に右膝を外傷した影響で一週間ほど休ませましたが、19日(月)より乗り運動を再開しました。現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。休んだ影響からか動きはまだ頼りなく映りますが、乗り込みを積み重ねることでどんどん良化してくると思われます。物見が激しく幼い面を覗かせて、ダグの際には少し硬さが感じられるものの、キャンターにおいてはとても良い動きを見せており、落ち着いて走れている点は好感が持てます。

メルセダリオの15
更新日:2016年12月28日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:510kg

20161228[1] (3)
騎乗馴致を終えて7日(水)から乗り運動を開始しました。現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。馴致においては我の強さを時折見せていましたが、乗り運動では併走馬や前にいる馬を必死に追い抜こうとする前向きな姿勢を見せています。動きに柔らかさがあり、父ルーラーシップ譲りのパワフルな走法は魅力的で、前後躯にきっちりと実が入ってくれば力強さもさらに増してくるでしょう。スケールの大きさを感じさせる1頭です。

ホリデイトウショウの15
更新日:2016年12月28日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:465kg

20161228[1] (4)
7日(水)から騎乗馴致を開始し、現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。口向きやハミ受けなど課題は多く、気性面にまだ幼さを感じさせるものの、調整自体は順調で騎乗者は背中の良さや乗り味を高く評価しています。2歳世代の成績から、スマートファルコン産駒にはやや奥手なイメージを持っていますが、入着率は多いためトモがカチッとさえしてくれば勝ち上がり頭数は今後グンと増えてくるはずです。本馬もここにきて幼かった体型のラインは徐々に均整が取れてきており、まだ多分に変わってくる余地が見込めます。

チェアユーアップの15
更新日:2016年12月28日
在厩先:オカダスタッド
馬体重:458kg

20161228[1] (5)
16日(金)にオカダスタッドへ移動し、現在は騎乗運動に向けた馴致を行っています。広大なえりも分場で昼夜放牧を行ってきたことで、以前と比べて馬体は一回り大きくなり、力強さもだいぶ増している印象を受けます。母自身はダート戦で勝ち星を挙げており、その産駒は短い距離を得意としていますが、本馬も血統背景にたがわずダートの短距離戦を得意としそうです。

4頭ともに順調に育成が進んでいるようですね。この時期は、順調でありさえすれば、全く問題ないと思っています。ホリデイトウショウの15・チェアユーアップの15は、かなりダート馬っぽい馬体になってきましたね。いい感じに成長していると思います。メルセダリオの15は、スケールの大きさを感じさせるとのコメントは嬉しいですね。ルーラーシップ産駒は、ここに来て未勝利戦等を見ていると、ダートでも走るお馬さんが出てきていますね。先日は、アディラートが阪神ダート1400m2歳未勝利戦で2着に2.0秒差付ける大差でしかも2歳レコードで勝利を収めていました。祖父キングカメハメハ同様、芝でもダートでも大物を出す種牡馬になりそうですね。オークルームの15は、一頓挫あったようですが、もともと育成の進んでいる組ですからね。休ませたのも1週間程度ですので、問題ないですね。半兄イオラニと同様、早めのデビューが出来るのかなと思い、見守っております(^-^)

これで、2016年のブログの更新は最後になると思います。
私は、今日の午前中で仕事納めとなり、休みに入りました。1月4日まで休みとなります。年末年始は、それなりにバタバタとはしていますが、東京にはいますので、それなりに落ち着いてもいると思います。ノルマンディーの2015年産出資馬の馬名を考え、2015年産においてもう1頭出資するか(出資するのであればどのお馬さんにするか)をじっくり考えたいと思っています。
それでは、2度目になりますが(^^;)、良いお年をお迎えください(^-^)
スポンサーサイト
2016/12/29

2歳馬近況(2016.12.28)

こんばんは。

ノルマンディーで出資させて頂いている(北海道にいる)2歳馬近況になります。

ビターレ
更新日:2016年12月28日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:489kg

20161228[1]
現在は坂路2本を18~20秒ペース(週2回13秒程度)のメニューで調整しています。20日(火)の調教で13秒程度の速い時計を出した際も、ダイナミックなフットワークで躍動感のある動きを見せていました。まだ気性面に課題が残るだけに、速めの追い切り翌日のテンションは気になるものの、年明けにも小野町へ移動できればと考えています。

馬体がふっくらしてほんとに良くなったと思います。夏に牧場で拝見したとき、ほんとにいい歩様・動きをするお馬さんだなと思いました。ただ、馬体はかなり寂しく映っていました。何度か外傷による頓挫があって、かなりデビューが遅れてはいますが、結果として、そのことで焦らずじっくりと育成することができ、馬体の成長に繋がり、かえって良かったのではと思えるくらい、いい馬体になったと思います。3/4同血のキングズガードもデビューは3歳5月ですからね。ここからは、早めに小野町へ移動してもらい、順調に育成が進んで欲しいと思っています。3月の新馬戦でデビューして欲しいとも思っています。未勝利を勝ち抜けるのに時間が掛かるレベルのお馬さんではないと信じています(^-^)

続いて、ノルマンディーで出資させて頂いている1歳馬近況を書かせて頂きます。