2017/01/13

3歳馬近況(2017.1.13)

こんばんは。

先日、ノルマンディーの馬名応募について、応募が完了しました。
4頭ともに、自分のなかでは納得できる馬名を付けることができましたので、出来れば1頭はノミネートされたいなあと期待しております(^-^)
また、一昨日ローズジュレップがNAR最優秀2歳牡馬を受賞しました。出資馬ではありませんが、同じノルマンディストとして、とても嬉しく思いました。今年は、南関東3冠に挑戦することになると思いますので、東京ダービーを取って欲しいですね。小久保先生ですから、的場文男騎手で東京ダービーを取れたら。。。ほんとに夢が広がりますね(*^^*)

では、本題になりますが、ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2017年1月13日
在厩先:山岡トレセン
馬体重:524kg
「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本を17~18秒ペース(週二回程度は15秒ペース)で調整中です。ソエについても触診反応はなく、コンコン叩くと嫌がる素振りを見せるものの、痛いからではなく大袈裟なだけで、泣きの面を見せてわざとやっているとしか思えません。調教後は必ず水冷治療をおこない万全を期していますが、乗っていても全く気にならないので、もう心配は要らないでしょう。ここまでは至って順調で、帰厩に向けてこのまま進めていきます」(担当者)


ソエは大分良くなったようですね。しかし、「痛いからではなく大袈裟なだけで、泣きの面を見せてわざとやっているとしか思えません」とのコメント、レース中は後ろ脚で他馬を蹴りにいったり、なかなかな気性ですね(^^;)その気性面がレースに行っていい方に出ているようですので、今後も、気性面で成長をしながら、引き続きいい方に出て欲しいと思っています。次走予定は、2月最終週から始まる阪神開催ですね。成長している姿、楽しみにしております(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2017年1月13日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:461kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限17~18秒ペース)のメニューで調整しています。首の硬さもすっかり解消しましたし、馬体にも張りが出て確かな成長が感じられます。先週に比べて若干ペースを落としたのは、週初めに悪化した馬場状態を考慮したものですから心配は要りません。もういつでも送り出せる状態といえるでしょう。1/12(木)に伊藤調教師から『東京の1週目か2週目に使いたい』という連絡があり、14日(土)の検疫で帰厩する予定です」(担当者)


順調なようですね。東京開催1週目又は2週目に組まれている3歳未勝利ダート1400m(牝馬限定)戦を目指すようですね。差し追い込み競馬を試すと思いますので、楽しみにしたいと思っています。ぜひ、内田騎手に乗って欲しいですね(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2017年1月13日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:499kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペース(週二回は14~16秒ペース)のメニューで調整中です。馬房内で嘶いていたり、単走では馬っ気を見せたりと精神面での幼さは相変わらずですが、併せ馬ではとても綺麗なフットワークを見せており、能力の高さは疑いようがありません。左膝の軟腫はまだ残っているものの、それを庇って走るようなことはありませんし、歩様にも全く出ていないので問題はないでしょう。血統的にも時間を掛けてジックリやればやっただけ良くなってくるイメージですが、声が掛かればいつでも送り出せる態勢にはありますし、トレセンで負荷を掛けていけば更に化けそうなイメージさえ浮かびます。


気性面は相変わらずのようですね(^^;)しかし、走りはかなりいいようですね。「能力の高さは疑いようがありません」とのコメント、いいですね(*^^*)左膝の軟腫も問題ないようですし、そろそろ入厩も近いように思います。この血統ですから、気性面もまずいい方に出ると思っていますので、デビューを心待ちにしたいと思っています(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2017年1月13日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
「普段はおっとりとしているのですが、前走のゲートの中で不思議とうるさかったので、この中間はゲート内で長時間駐立できるかどうかに時間を割きました。休み明けの気負いと何か気になることがあったようですが、おとなしく我慢できるようになりましたので、これで次走は心配ないと思います。今週の京都ダート1200mは4節抽選(中3週必要)で出走可能で、おそらく今後しばらくはこの状況が続くと思いますが、来週の京都もしくは中京(3節)のダート1200mで出走可能となっても対応できるようにスタンバイしておきましょう」(中竹和也調教師)


喉鳴りは心配ですが、来週以降使えれば使う姿勢で臨むようですね。ダート1200m戦に絞るんでしょうか。来週は、京都でも中京でも3歳未勝利ダート1400m戦が組まれていますので、ダート1400m戦で出走可能であれば、出走しても良いような感じがします。前走よりももう1つ2つ前でレースが出来れば、勝ち負けまで期待できると思っています(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2017年1月13日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:463kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限15秒ペース)のメニューで調整中です。左トモの飛節軟腫も引き続き安定していますし、毛足が長い割には艶感もあって、走路での調教の動きも軽快。良化の一途を辿っているのは間違いなく、送り出しに向けて逆算態勢に入ったところです。尾形調教師から明確な帰厩時期は聞いていませんが、2/26(日)中山 3歳500万下(芝1200m・混)で復帰の予定ですから近いうちに声が掛かるでしょうし、それだけの状態にはあると思います」(担当者)


順調なようですね。左トモの飛節軟腫も安定しているようですし、そろそろ帰厩ですかね。次走は、2月26日の中山3歳500万下芝1200m戦を目指すようですね。現状では、芝ダートのどちらがいいかは何とも言えないと思いますので、勝利した新馬戦と同条件のレースを使うのは、いいように思います。懇親会の際、尾形先生は、減量騎手に乗ってもらった方がいいかもと仰っていましたので、減量騎手を配してくる可能性があるように思っています。私としては、新馬戦で勝ってくれた木幡巧也騎手であればいいなあと思っています(^-^)

クレムフカ
更新日:2017年1月13日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:478kg
「現在は40~50分程度の曳き運動のみにとどめています。左トモの傷腫れはまだ残っていますし、傷がまだ痛むのか速歩になると患部を庇うような感じの歩様になります。股関節周囲は触診上問題ないようなので大丈夫だと思いますが、いずれにしても完治には少し時間が掛かるかもしれません。前回の診察時に『乗り運動はしばらく控えるように』と獣医から言われました。今週末に再度診てもらいますが、常歩の分には問題ありませんので、しばらくは長めの曳き運動のみにとどめ、対症療法をおこないながら経過観察していくことになりそうです」(担当者)


少し時間が掛かりそうですね。残念ですね。。。本馬は、デビューするまでが長いですね。。。順調にデビューを迎えることの難しさを感じております。何とか、2月の東京開催でデビューしてくれればと願っております(^-^)

テオドルス
更新日:2017年1月13日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
8日(日)に坂路コースで4ハロン63.6-46.2-30.3-14.8を単走で馬ナリに追われ、また11日(水)にはWコースで5ハロン73.5-57.2-42.2-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「脚元の状態は平行線で追い切りを重ねられていますが、劇的には時計が詰まりませんね。体力も付いてきており、見通し的には明るくなってはきてはいますが、仕上がるにはもう少し時間が必要というのが現状です。入厩当初は来週にはデビューできるという感じでしたが、申し訳ありません、デビュー予定を1回東京開催にスライドさせてください。納得のいく状態で出走させたいと思います」(木村哲也調教師)


入厩してから1ヶ月半、9本の追い切りを消化し、さらに時間を掛けて仕上げてくれるようですね。懇親会の印象では、こんなに丁寧に仕上げてくれるとは、正直思っていませんでした(^^;)東京開催にスライドとなりましたが、取り敢えずデビューさせるというよりは、納得のいく状態でデビューさせてくれた方がいいと思っていますので、さらに調教を積んで、しっかり仕上げた状態でデビュー戦を使って欲しいと思います(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2017年1月13日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
8日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、56.3-40.5-26.2-13.2を馬ナリに追われ、12日(木)にはCWコースで6ハロンから併せ、83.9-67.9-52.9-39.2-12.5を直線強目に追い切りました。「さすがに最後は粗々の手応えでしたが、長めからこの時計で動けているのだから優秀です。まだ華奢な体つきに映りますが、走りはだいぶしっかりしてきましたよ。自分が跨っている感触からダートはこなせるタイプと見ているものの、素軽い走りをするのでやはり初戦は芝から使いたいと思います。来週1/22(日)中京・3歳新馬(芝1600m・混)を荻野極騎手で予定しています」(渡辺薫彦調教師)


渡辺先生が自ら跨ってくれた上で、デビュー戦を決めてくれましたね。芝1600mでのデビュー戦は、血統配合から見ても適性の高い鞍だと思います。タイムを見る限り、なかなか調教も動けているようですね。渡辺先生からも、「優秀です」とのコメントを頂けました。デビュー戦の鞍上は、荻野極騎手になりました。馬体重のないお馬さんですので、牝馬で3kg減量というのは、最大限活かせるように思います。どんなレースをしてくれるのか、とても楽しみにしております(^-^)

いよいよ、来週の中京3歳新馬芝1600m戦で、サワヤカフェスタがデビュー予定となりました。まだ華奢な体つきのようですが、調教はなかなか動けているようですね。芝1600mというのも、血統配合からはピッタリの条件のように思います。鞍上は荻野極騎手ですね。昨年デビューで20勝を上げていますね。牝馬で3kg減量というのは、最大限活かせると思いますので、好走を期待したいと思っています(*^^*)
スポンサーサイト