2017/02/02

2歳馬近況(2017.2.2)

こんばんは。

シルクで出資させて頂いている2歳馬の近況について、書かせて頂きたいと思います。

メジロツボネの15
更新日:2017年2月2日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週2~3回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、他の日は軽めの調整
馬体重:436kg
d_02620002.jpg
担当者「引き続き周回コースと坂路を併用した調教を行っていますが、ハロン17秒ペースの調教に慣れてきましたね。体重は減りませんが増えもしませんし、もう少し力強さが欲しいところなのですが、トモの使い方はだいぶ改善されて理想的なフォームに一歩ずつ近づいてきていると思います。体の使い方がよくなったことで以前と比較すれば走っている時にフラフラするのもなくなってきました。今後も様子を見ながらペースアップするタイミングを図っていきたいと思います」


ターシャズスターの15
更新日:2017年2月2日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回は屋内坂路コースでハロン17のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20~22秒のキャンター2,400m
馬体重:426kg
d_02620011.jpg
担当者「問題なくメニューをこなしていることから坂路入りの回数を増やしましたが、今までよりも走りに力強さがでてきましたし、安定した走りも出来るようになり成長を感じます。数字が示す通り飼い葉をしっかり食べてくれていますし、気性面でも落ち着きがあっていい状態を保てています。先日ご覧になった斎藤誠調教師も『アズールムーンとはタイプが違うけどステイゴールド産駒らしく切れのあるタイプになってくれそう』と期待していました。このまま焦らずに馬の様子を見ながら進めていきたいと思います」


2頭ともに順調ですね。
メジロツボネの15
やはりバランスの良い馬体していますね。動きを見ても、いい動きをしているように思います。欲を言えば、もう一回り二回り馬体が大きくなってくれれば尚良いと思います。このまま、順調に成長して欲しいと思います(^-^)
ターシャズスターの15
馬体重は変わりませんが、少しパワーアップしたように見えます。少しずつではありますが、付くべきところに肉が付いてきているように思います。本馬は、あまり馬体は大きくならないと思いますので、気性面も含め、このまま上手く成長してくれればと思います(^-^)
2017/02/01

2/1レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているシュエットヌーベルの5戦目、川崎交流戦アメジストフラワー賞ダート1400m戦に出走しました。

シュエットヌーベル
★2/1(水)川崎・アメジストフラワー賞(ダ1400m) 馬体重:449kg
内田博幸騎手 結果2着(2人気)

「先手を奪えなくとも好位で運ぶ心づもりで乗りましたが、スタートでやや出負けし、隣の馬に弾かれるような格好で後方からの競馬に。キックバックや馬ごみで揉まれるのを嫌い、これまでならその時点で馬の気持ちが諦めてしまっていたけど、なんとか追っ付けて外に出すと物凄い伸び脚を見せてくれた。馬が成長している点が大きいが、自分が乗った中で一番良い内容の競馬だったし、今日は負けてしまって残念だけど、これで逃げにこだわらなくても脚質の幅が広がった。今後に向けて収穫のあるレースだったと思いますよ」(内田博幸騎手)


スタートでやや出負けして、隣のお馬さんに弾かれたときは、正直万事休すだと思いました(^^;)道中もかなり揉まれ、前に進んでいく感じがなかったので、惨敗も覚悟して見ていました。しかし、3角手前で外へ出して、内田騎手が追っ付けて、何とか上がっていったので、どこまで伸びるのかなと思い見ていたところ、直線はかなりいい脚を使っての2着まで来てくれました。メンバーからは正直勝ち抜けて欲しかったところではありますが、小回りコースであれだけ揉まれるレースをし、差す競馬が出来たことは、内田騎手のコメント通り、大きな収穫だったと思います。スタートからの出足があまり良くないようですので、今後は、差す競馬で勝ち抜けることを目指した方がいいのかなと思います。外目で出来る限り揉まれず差す競馬が出来れば、どこかで勝ち抜けるチャンスもあるかなと思えるレース内容だったと思います。交流戦も積極的に登録して頂き、何とか未勝利を勝ち抜けて欲しいと思います(^-^)