2017/02/19

2/19レース結果(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているテオドルスのデビュー戦、東京3歳新馬芝1800m戦に出走しました。
口取り申し込みをすることができましたので、今年初めて出資馬の現地観戦をさせて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1030109.jpg

P1030111.jpg

P1030112.jpg

P1030117.jpg

P1030125.jpg

P1030126.jpg

P1030127.jpg

P1030128.jpg

P1030137.jpg

P1030140.jpg

結果は、3.0秒差の15着となりました。
以下は、藤田菜七子騎手のレース後コメントです。

テオドルス
★2/19(日)東京・3歳新馬(芝1800m・混) 馬体重:496kg
藤田菜七子騎手 結果15着(12人気)

「精神面がまだだいぶ幼いですね。中では落ち着きを見せていたものの、ゲートが開いてからはビービーと鳴きながら走っており、道中もステッキを入れて矯正しようとしても物見ばかりして走りに集中できていません。促し追っても上に上に力が抜けてしまう現状ですので、少し経験慣れが必要かもしれません」(藤田菜七子騎手)


デビュー戦、かなり厳しい結果となりました。
パドックを見た印象としては、馬格がありなかなかいい馬体をしているんですが、気性が幼いこと及びトモがかなり甘い印象を持ちました。あと、感覚的な意味合いなんですが、何かお馬さんがレースに向かっていないというか、覇気を全く感じませんでした。
レースでは、スタートが今一歩、そこからどんどん後退していき、菜七子騎手が一生懸命促し、時には叱咤の意味でムチを入れても、なかなか前に進まない感じの追走となりました。直線に入り、ダントツのビリを覚悟していましたが、何とか1頭だけ交わしゴールとなりました。菜七子騎手のコメントからも、気性が幼い・鳴きながら走っている・物見がひどい・上に上に力が抜けてしまうとのことで、全くレースになっていないという感じですね。菜七子騎手は、一生懸命に騎乗してくれたと思います。最後まで諦めずに叱咤しながら、追ってくれていましたし。
今日のレース内容からは、正直かなり厳しいとは思います。あとは、未勝利戦のある内に、競走馬として大きな変わり身を見せてくれるかの問題だと思います。母デオの産駒は、上2頭ともに走っていませんので、全く自信は持てませんが、出資させて頂いたお馬さんですので、最後まで信じて、変わり身を見せてくれると思い、応援させて頂きたいと思います(^-^)
スポンサーサイト
2017/02/19

2/19レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているホウロクダマの6戦目、京都3歳未勝利ダート1200m戦に出走しました。

ホウロクダマ
★2/19(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m・混) 馬体重:534kg
荻野極騎手 結果4着(1人気)

「駐立も問題なく、出もスムーズにいきましたので、内枠を生かしてロスのない競馬をしようと。先手を主張しましたが、外の馬に競りかけられ、終始プレッシャーを与えられて…。息も入らず、気持ちの面でリラックスできなかったことが、最後の直線に響いてしまいました。あと一歩のところでご期待に応えられず、申し訳ありません」(荻野極騎手)


残念な結果となりました。正直、未勝利勝ち抜けを期待していましたので、テレビの前でガッカリしてしまいました。結果論として、逃げたことが裏目に出たレースだったと思います。逃げて外からプレッシャーを掛けられるレースは不向きな展開だったと思います。外から行かせて2番手の競馬だったら・・・と思うレースでした。走破時計が1分14秒4ですので、やはり中1週続きの4戦目の影響もあったのかなとも思います。まあ、これも競馬ですので、仕方がないと思っています。かなりの強行軍で続戦していますので、この後は外厩で休養・調整して欲しいと思っています。喉鳴りが心配ではありますが、未勝利を勝ち抜けるレベルには十分にあると思いますので、しっかり休んで、次走はしっかり仕上げて使ってもらい、一発解答を期待したいと思います(^-^)

テオドルスについては、東京競馬場で現地観戦しましたので、後程記載させて頂きたいと思います。