2017/03/03

3歳馬出走(2017.3.5)

こんばんは。

今週は、ノルマンディーのアナザートゥルースのデビュー戦になります。

アナザートゥルース
☆3/05(日)中山・3歳新馬(ダ1800m)大野拓弥騎手

26日(日)に坂路コースで4ハロン56.7-40.9-25.3-12.2を単走で馬ナリに追われ、1日(水)にはWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、70.4-55.3-40.0-13.3を馬ナリに追い切りました。「1月中旬に入厩してから入念に乗り込んできましたので、仕上がりに関しては何の不安もありません。12頭の除外が出るなか、抽選を潜り抜けて予定通りにデビューできるのは、この馬が持っている運なのかもしれませんね。サウンドトゥルー、ルールソヴァールの弟ということもあって注目度が高く、会員の皆様も期待されていると思いますが、恥ずかしい競馬にはならないでしょう。幼い面はなかなか一朝一夕には改善されないものの、日に日にたくましくなってきた印象を受けますし、初戦からパワー全開といきたいですね」 (高木登調教師)


いよいよアナザートゥルースのデビュー戦になります。G1馬サウンドトゥルー及びクラブでの活躍馬ルールソヴァールの半弟、しかも、私にとっては初の命名馬。やはり、2014年産出資馬9頭のなかでも、一番思い入れが強いお馬さんになります。調教でのタイム・動きについては、かなりいいように思います。古馬及び3歳1勝馬を煽る動きをしていますからね。高木先生のコメントからも、出来には自信があるようですし、競馬についても控えめながら自信を持っているように思います。岡田牧雄氏のメルマガでは、奥手であることが強調されているなか、いい競馬にはなると見立てている内容だったと思います。ただ、母キョウエイトルースの産駒については、新馬勝ちをしたお馬さんが1頭もいません。基本、新馬向きではないのかなと思います。そのあたりが、高木先生のコメント及び岡田牧雄氏メルマガのコメントから、少し見ることができるかなとも思います。間違いなく好勝負にはなると思いますが、勝ち切れるかどうかが焦点になると思っています。気性面の幼さがレースにどう影響するかがポイントになるとも思います。私としては、新馬勝ちしてくれるのではないかと強い期待を持っております。この兄弟を良く知る鞍上の大野騎手にも期待したいと思います。日曜日は口取りを申し込むことができました。中山競馬場で現地応援させて頂きたいと思います(^-^)
スポンサーサイト