2017/03/23

3歳馬出走(2017.3.25・26)

こんばんは。

今週は、何と初のノルマンディー出資馬4頭の出走となります。25日(土)がアナザートゥルースの2戦目、ブラックジェイドの4戦目になります。26日(日)がサワヤカフェスタの2戦目、テオドルスの2戦目となります。

アナザートゥルース
☆3/25(土)中山・3歳500万下(ダ1800m)大野拓弥騎手

19日(日)に坂路コースで4ハロン56.4-41.2-26.0-12.1を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にも坂路コースで4ハロン53.8-39.1-24.9-12.1を強目に追い切りました。「正直、まだ半信半疑の面は拭えませんが、昨日の追い切りは終いを少し仕掛けただけでキレましたね。当日のパドックで馬っ気を出したり精神的な部分に左右されますが、デキは間違いなく良いので、この動きがレースに直結すれば十分やれると思います。持ち時計もありませんし、昇級初戦でメンバーも強化されていますが、10頭立てとさばきやすい頭数のうえ、相手なりに立ち回れる器用なところがあるので、好勝負を期待しています」(高木登調教師)


ブラックジェイド
☆3/25(土)中京・大寒桜賞(芝2200m・混)太宰啓介騎手

19日(日)に坂路コースで4ハロン57.5-41.4-27.6-12.4を単走で一杯に追われ、23日(木)にはCWコースで6ハロンから0.3秒追走して併せ、88.4-70.8-54.6-40.1-11.7を一杯に追い切りました。「変則三日間開催の後で今週は火曜日が全休日(重賞登録馬のみ馬場使用可)のため、最終追いは終い重点でレースに疲れが残らぬよう本日サラッと行いました。休養を挟んだことで馬が成長を見せて全体的にしっかりしてきた印象を受けますね。トモの使い方も上手になってきたので、追い切りでは終いの時計を詰めてきています。距離やコースは問題ないと見ており、状態面や仕上がりにもまったく不安はありません。あとは芝適性と久々の実戦がどう影響するかだけでしょう。無理に先手を主張する必要はありませんが、スタートセンスがいいので前々から運ぶ形の競馬をイメージしています」(昆貢調教師)


サワヤカフェスタ
☆3/26(日)阪神・3歳未勝利(ダ1400m)佐藤友則騎手

23日(木)に坂路コースで4ハロン52.3-38.7-25.6-13.0を単走で一杯に追い切りました。「現在の馬体重は408kg。飼い葉食いが細く、進めていくごとに体が減ってしまうため、あまりハードには攻めきれていません。ただ、そんな中でも今朝の追い切りはテンから出して行ったのにバテず、全体時計も優秀にまとめてくれました。左トモにフレグモーネを発症した箇所はもう心配ないものの、帰厩後の乗り込み量が正直まだ不足していますので、初戦からというより一度使ってどう変わってこれるかに期待して今回は臨みます。ダートの短距離戦は血統面や稽古の動きからも合う条件ではと見ています」(渡辺薫彦調教師)


テオドルス
☆3/26(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)小野寺祐太騎手

19日(日)に坂路コースで4ハロン56.6-42.2-27.8-13.4を単走で強目に追われ、22日(水)にはWコースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、56.5-40.9-13.0を馬ナリに追い切りました。「日曜日の追い切りの時点では1回福島開催1週目(4/8・9)で使えるぐらいかなと思っていましたが、格上馬と併せた昨日の追い切りの動きが良く、現時点でのベストパフォーマンスと判断したので、今週使うことにしました。鞍上は初入厩時から付きっきりで稽古をつけて熟知している、自厩舎所属の小野寺でいかせてください。デビュー戦を叩いた効果で馬体が締まり、動きにも素軽さが出てきています。幼い面をブリンカーでカバーできれば、前進が期待できるでしょう」(木村哲也調教師)


25日(土)出走予定のアナザートゥルースブラックジェイドは、既に1勝していますので、500万下での戦いとなります。
アナザートゥルースは、前走の新馬戦同様中山ダート1800mへの出走となります。頭数は10頭立てですが、メンバーはなかなか揃ったかなという印象です。特にフェニックスマークは強敵だと思います。前走同条件の500万下を2着したサノサマーも強いと思います。勝ち負けするには、時計を3秒~4秒程度詰める必要があると思います。ただ、本馬も調教の動きが良化していますし、高木先生が仰る通り、この血統のお馬さんですので、相手なりに立ち回ることができ、時計も詰めることが出来るのではとも思っています。勝ち負けを期待したいと思っています(^-^)
ブラックジェイドは、中京芝2200mへの出走となります。頭数は8頭立て、メンバーもタイム差なしで未勝利を勝ち上がったお馬さんが4頭、500万下入着級のお馬さんが3頭ですので、かなり恵まれたメンバーだと思います。本馬自身の調教の動きも明らかに良くなっていますし、昆先生の仰る通り、休養を挟んで成長を見せ全体的にしっかりしてきたんだと思います。あとは芝適性がどうかに尽きると思います。逃げ先行する競馬はできると思いますので、早め早めのレースをし、勝ち負けに持ち込んでもらいたいと思います。勝てば、次走はダービートライアルになると思いますので、期待を持って応援したいと思います(^-^)
26日(日)出走のサワヤカフェスタテオドルスは、未勝利戦への出走となります。
サワヤカフェスタは、阪神ダート1400mへの出走となります。渡辺先生のコメントでは、使ってからという感じですね。ただ、メンバーとしてはメイショウエイコウ1頭のみが成績が良く、他は今一歩という感じで、かなり恵まれたメンバーだと思います。鞍上も笠松の名手佐藤友則騎手ですので、本馬にダート適性があれば、案外いい競馬になるかもと期待しております(^-^)
テオドルスは、中山ダート1800mへの出走となります。正直、出走にはビックリしました(^^;)今週の追い切りの動きが良いとのことでの出走のようですね。調教パートナーである自厩舎の小野寺騎手が鞍上ですね。前走を見た印象では、もう少し時間が掛かるかなと思っていますので、今回、少しでも前進してくれればいいなと思っています(^-^)

今週は、25日(土)が1日仕事ですので、残念ながら、リアルタイムで観戦することができません(>_<)仕事の合間に、リプレイで確認したいと思っています。2頭ともに期待していますので、ぜひ勝利を掴んで欲しいと思っています(^-^)26日(日)については、グリーンチャンネルで観戦し、応援したいと思っています(^-^)
スポンサーサイト