2017/03/25

3/25レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているアナザートゥルースの2戦目、中山3歳500万下ダート1800m戦への出走、及び、ブラックジェイドの4戦目、中京大寒桜賞(3歳500万下)芝2200m戦へ出走しました。

アナザートゥルース
★3/25(土)中山・3歳500万下(ダ1800m) 馬体重:476kg
大野拓弥騎手 結果:優勝(5人気)

「スタートが良くて、押し出されるような感じでハナに立つ形に。正直いって想定外だったのですが、うまくペースを落として楽に行けましたし、終いもしっかりしていました。ゴール板を過ぎてから後ろの馬に反応してハミを取っていたように、まだまだ余裕があったくらいです。今回も馬っ気を出していましたが、それでも新馬戦の時に比べればマシ。繊細な面がある兄達(サウンドトゥルー、ルールソヴァール)と違って、いい意味での図太さがありますね。操縦性が高く、どんな競馬でもできそうですし、距離延長にも対応できるでしょう。芝を試してみてもいいかもしれません」(大野拓弥騎手)


ブラックジェイド
★3/25(土)中京・大寒桜賞(芝2200m・混) 馬体重:514kg
太宰啓介騎手 結果2着(6人気)

「1角に入る際に少し外側へヨレてしまいました。着差が着差だけに非常に悔やまれます。この中間は走りにメリハリを利かせる稽古を重点的に行ってきましたが、溜めてキレるタイプではないと思っていましたので、スタートから意識的に積極策でいこうと決めていました。本当に馬は頑張ったと思います。本質的にはトモの使い方などからダートにより適性の高さがあるように感じますが、馬がパンとしてくれば芝でも十分にやれると思いますよ。今日は乗せていただいてありがとうございました」(太宰啓介騎手)


今日は1日仕事だったため、仕事の合間を見て、JRAのリプレイで観戦しました。2頭共にいいレースでしたね(^-^)
アナザートゥルース
好スタートからの素晴らしい逃げでしたね。前半1000m1分6秒6のドスローの逃げ。後半800mを49秒3、ラスト600mを36秒7で纏めました。大野騎手の好騎乗ですね。ただ、ラスト600mの時計は追い込んで2着だったサノサマーと同タイムで最速ですし、ドスローな流れのなか2馬身差の完勝。しかも、ゴール板過ぎてからもハミを取っていたとのこと、余裕があったようですね。このクラスでは1枚上だったのかなとも思います。
大野騎手のコメントからは、精神的にはいい意味で図太さがあるようですし、操縦性が高く、どんな競馬でもできそうなようですね。新馬戦から2連勝、差しても逃げても勝利。ほんとに素晴らしい競馬センスだと思いますし、かなり実戦向きなお馬さんですね。新馬戦では並んでからも強かったですからね。晩成血統で、古馬になってから本格化するお馬さんであり、馬っ気を出し精神的に幼いなか、新馬戦から2連勝。これから、ほんとに楽しみで仕方がありませんね(^-^)
大野騎手のコメントからは、芝でもと新馬戦に引き続きコメントがありますね。次走はどこを目指すのでしょうか。大野騎手は、距離延長、芝とのコメント、このコメントダービーを意識していますよね(^^;)芝を使うのであれば、4月最終週の青葉賞(G2 東京芝2400m)あたりでしょうか。大事にダートを使うのであれば、5月4日にあります兵庫チャンピオンシップ(Jpn2 園田ダート1870m)又は5月2週目にあります青竜ステークス(オープン 東京ダート1600m)あたりでしょうか。私個人としては、一旦短期放牧に出した後、5月2週目にあります青竜ステークス(オープン 東京ダート1600m)⇒6月3週目にありますユニコーンステークス(G3 東京ダート1600m)⇒7月12日にありますジャパンダートダービー(Jpn1 大井ダート2000m)の3戦を目指すなんていいかなあと思っています。ほんとに夢が広がりますね。何れにせよ、次走どこを目指すのか、かなり楽しみに待ちたいと思います(^-^)
ブラックジェイド
こちらも好スタートからのいい逃げでしたね。前半1000m1分0秒9の大逃げ。残り800m~400mで12秒4-12秒5とペースを落として引き付け、残り400mを11秒5-12秒1で突き放すレースをして2分13秒7での2着。最後は勝ったアドマイヤウイナーの切れに負けた感じのレースになりました。太宰騎手、いい逃げでしたね。ナイスな騎乗だったと思います。3着以下には5馬身差ですからね。勝てなかったのが残念というレースでしたね。同日同距離で実施されました中京古馬の500万下の時計が、前半1000m1分3秒4のペースで、2分15秒2の勝ち時計。過去の大寒桜賞の勝ち時計と比較しても、昨年の2分13秒2の時計がありますが、昨年の中京は超高速時計の馬場でしたので、これは参考外だと思います。他の過去4年と比較しても、1秒以上速い時計ですので、かなり優秀な時計だと思います。しかも、自ら逃げて作った時計ですので。
次走は、1回使って良くなると思います。太宰騎手のコメントにもあります通り、ダート適性の方が高いと思います。どこを使うんでしょうか。芝でダービー出走へのワンチャンスに掛けて、青葉賞(G2 芝2400m)・京都新聞杯(G2 芝2200m)・プリンシパルステークス(オープン 芝2000m)の何れかを使うんでしょうか。それとも、ダートの500万下戦を使い、確実に勝ちに行くレースをするんでしょうか。私個人としては、今回叩いたことでさらに良くなると思うこともあり、もう1回芝を使い、ダービーへの夢を見たいかな・・・と思っています。本馬も、かなり夢が広がりますね。何れにせよ、次走どこを目指すのか、本馬も楽しみに待ちたいと思います(^-^)

今日の2頭の好走は、これからの私の一口馬主ライフにおいて、夢が広がる好走だったと思っています。2頭共に、ほんとにありがとうございました(#^^#)
スポンサーサイト