2017/04/20

3歳馬出走(2017.4.22・4.23)

こんばんは。

今週は、4月22日(土)がノルマンディーのクレムフカの2戦目、4月23日(日)がシュエットヌーベルの7戦目及びブラックジェイドの5戦目になります。

クレムフカ
☆4/22(土)東京・3歳未勝利(ダ1400m・混)木幡育也騎手

19日(水)にWコースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、55.3-40.1-13.4を強目に追い切りました。「気持ちや集中力もまだ途切れてしまう幼さが残っているため、今週の追い切りでは浅めのブリンカーを着用しました。稽古からその効果はあったようで、3頭併せの真ん中に入れても最後まで怯むことはなく、動き・時計ともに上々。一度使ってピリッとしてきましたし、上積みも感じられるデキに映ります。欲を言えば牝馬限定戦に使いたかった気持ちはありますが、出走枠に無事入れたことはツキを持っている証拠。他馬との斤量3kg差もプラスに働くはずですよ。今回はクレムフカにとってベストの距離と見ている東京ダート1400mですから、前進を期待しています」(矢野英一調教師)


シュエットヌーベル
☆4/23(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)田辺裕信騎手

19日(水)にWコースで4ハロンから0.3秒先行して併せ、53.8-38.4-12.9を馬ナリに追い切りました。「シュエットを先行させて、後ろから厳しく突かせる形の最終追い切りを行いましたが、相手よりも前に出ていれば楽な手応えのまま気分よさそうに走りますね。中間の動きもじつにキビキビしていて、デキに関しては申し分のない状態に映りますよ。福島1150mと東京1400mのどちらにより適性が高いのか、クラブ側とも意見交換を重ねた中で、今回はテンにあまり急かさず後半で脚を使う競馬をさせたい考えが一致し、距離もぎりぎり守備範囲と判断して東京の番組を選択しました。川崎で2着したときの競馬の内容が一番強烈に残っており、道中を気分よく運べれば終いは確実に脚が使えるはずと期待しています」(伊藤圭三調教師)


ブラックジェイド
☆4/23(日)京都・あずさ賞(芝2400m・混)太宰啓介騎手

16日(日)に坂路コースで4ハロン58.4-40.3-24.9-12.1を単走で終い一杯に追われ、19日(水)にはCWコースで6ハロンから0.7秒先行して併せ、82.2-66.3-51.7-38.3-12.5を一杯に追い切りました。「この中間も調整は順調そのもので、今週の競馬に向けてやれるだけのことは準備してきたつもり。相手関係を吟味しましたが、芝・ダートそれぞれの番組に1頭ずつ強敵が名を連ねており、どちらがより結果を出しやすいのかぎりぎりまで判断して投票させてもらいました。逃げ馬不在で今回もブラックジェイドがペースを握れそうなメンバー構成。少頭数なのも競馬がしやすいように思えます。2400mに距離が延びるのは問題ないと見ており、平均ペースで脚を使えるタイプだけに、4角まででどれくらい後続にアドバンテージを持たせられるかで勝負は決まってくるでしょう」(昆貢調教師)


4月22日(土)、まずはクレムフカが2戦目を迎えます。デビュー戦を使って、良くなってきているようですので、今後未勝利戦を勝ち抜けることができるのかを見る上で、今回は大事な1戦になると思います。中山ダート1200mよりは東京ダート1400mの方が適性もあるように思いますし、いいレースを期待したいと思っています。3kg減量の木幡育也騎手鞍上も減量が効くと思いますし、掲示板内に入り、次走への優先権を取って欲しいと思います(^-^)
4月23日(日)、東京1Rにシュエットヌーベルが出走します。今回は、田辺騎手が鞍上となります。想定では内田騎手が別のお馬さんに騎乗する予定であったようですので、それで乗り替わりになったんだと思います。東京ダート1400mのコースで、前半ゆっくり構えて、後半差す競馬を試みるようですね。私も、次走予定を見た際、東京ダート1400m戦を使い、差す競馬を試みて欲しいと思っていましたので、とても期待しております。この乗り方をする際、やはり騎手の腕が大いに必要になると思いますので、田辺騎手鞍上というのは、ほんとに願ったり叶ったりだと思います。交流戦で好走したお馬さんが、人気以上に好走するケースは割とあるように思いますので、本馬も上手く嵌るレースをし、勝ち切ってくれるかもと期待しております(^-^)
京都9Rにブラックジェイドが出走します。22日(土)京都ダート1800m戦を使うのか23日(日)京都芝2400m戦を使うのか、最後の最後まで悩んで頂き、23日(日)京都芝2400m戦あずさ賞を選択しました。逃げ馬不在、7頭立てと少頭数、内1頭は未勝利馬2頭は前走で大きく先着しているメンバー構成、メンバーレベルで見れば、ルメール騎手=アドマイヤロブソンとの戦いになりそう。楽しみの方が遥かに大きく感じております。叩き2走目で状態がかなり良くなっているようですし、芝2戦目で前進が見込めるとも思います。時計の速い京都芝コースへの適性がカギだと思いますが、開幕週の京都芝コース、平均~少し早めのペースで大逃げを打ってもらい、逃げ切る競馬を期待したいと思っております。太宰騎手は、逃げレースとても上手ですからね。本馬の主戦ジョッキーでもありますので、ぜひ勝ち切るレースをして欲しいと思っております。勝てば、次走は京都新聞杯。。。楽しみに観戦したいと思います(^-^)

アナザートゥルース
兵庫チャンピオンシップは補欠4番目ということで、出走は叶いませんでした。次走は青竜ステークス(大野騎手)の予定となりましたね。私としては、以前ブログでも書かせて頂きました通り、青竜S⇒ユニコーンS⇒ジャパンダートダービーというローテーションを夢描いておりますので、あまりマイナスには捉えておりません(^^;)東京ダート1600mで好走出来れば、将来が約束されたものと同じですからね。青竜S、昨年の勝ち馬はグレンツェント(後にレパードS及び東海S勝ち)、一昨年の勝ち馬はノンコノユメ(後にユニコーンS・ジャパンダートダービー・武蔵野Sと青竜Sから4連勝)。昨年の負けたお馬さんには11着にコウエイエンブレム(3月に夢見月S(OP)勝ち)がおり、一昨年の負けたお馬さんには9着にアポロケンタッキー(後にみやこS及び東京大賞典勝ち)がおります。また、昨年3着のキョウエイギアは後にジャパンダートダービーを勝っております。昨年も一昨年もかなりレベルの高いお馬さんが出走となっております。2戦2勝と底を全く見せていないなか、晩成血統である本馬が、現時点でどのような競馬を見せてくれるのか、とても楽しみで仕方がありません。ヴィクトリアマイルの日の準メインレースとなり、混雑が予想されますが、現地で観戦したいと思っております(^-^)

最後にキャンセル募集等の件。
悩んだ末、電話募集に参加させて頂きました。5分~10分弱程度掛けましたところ、全く繋がらなかったため、諦めました(^^;)やはり、凄い人気クラブになりましたね(^-^)
3次募集馬シャルマンレーヌの2015ワイエムサチの2015及び2次募集残口馬ラヴノットの3頭を、出資検討馬として考えております(出資しないことも含め検討しております)。5月GW中に、ノルマンディーF・オカダスタッド・ノーザンF空港・ノーザンF早来に2015年産出資馬を見学に行くこととしましたので(社台スタリオンステーションにおいて種牡馬見学もします!)、その際、上記3頭出資検討馬も見学することとしました。見学した結果をもとに、出資可否を検討決めたいと思っております(それまでに満口になった際は、縁がなかったものと諦めます(^^;))。
スポンサーサイト