2017/04/23

一口馬主3回目の口取り!(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

今日は、東京競馬場の未勝利戦でノルマンディーのシュエットヌーベルが7戦目を迎えました。
今回は、口取り申し込みをさせて頂き、現地で応援させて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1030287.jpg

P1030298.jpg

P1030299.jpg

P1030302.jpg

P1030305.jpg

P1030306.jpg

P1030308.jpg

P1030309.jpg

パドックを見ました印象としては、やはり未勝利を勝ち抜けることができないレベルの馬体ではないなと改めて思ったこと、気性的にも大分成長してきているなあとも感じました。チャカつきも大分良くなっていましたし、本馬にしては精神的にも落ち着いて周回できているように見受けられました。返し馬に入りましても、田辺騎手との呼吸も良く見えましたし、パドック~返し馬の印象としては、なかなかいいものに感じていました。
スタートは好スタートからふわっと出す感じで、道中外目を気持ちよく走っている感じでした。そこから早め外目を進出するレースをし、3角~4角ではなかなか速い脚で捲る感じで上がっていきました。この時点で勝ち負けになりそうと思い、レースを観ていました。直線に入り、直線半ばでは先頭に立ち、そのまま押し切るレースとなりました。直線では、田辺~と叫んでレースを観ており、先頭に立ってからは、ご一緒に観戦させて頂きましたこんな時に限ってさんとともに勝利を確信していました。
レース終了後は、すぐに走って集合場所へ行きました。東京競馬場での口取りは初めてとなりました。東京競馬場の際は、通用口から関係者通路を通ってウィナーズサークルへ向かうんですね。関係者と同様、ウィナーズサークルへ向かう坂道を登っていくので、とても気分のいいものでした。
ウィナーズサークルでは、田辺騎手はじめ関係者の皆様に、「ありがとうございました!」と挨拶させて頂きました。田辺騎手からは、「ありがとうございます。強かったすね」とのらしいコメントを頂きました(^-^)
その後、田辺騎手サイン入りの勝利ゼッケンと記念撮影を取ってもらい、終了しました。
3回目の口取り、東京競馬場での口取りは初めてとなりました。私にとっては、子供の頃父親に初めて連れてきてもらった競馬場が東京競馬場になりますので、その東京競馬場での口取りというのは、やはり感慨深いものがありました。あのウィナーズサークルへの坂道を登り、東京競馬場でのウィナーズサークルで口取り写真を撮って頂く。ほんとに最高に素晴らしい気持ちになりました(^-^)
シュエットヌーベル、ノルマンディーOC・伊藤調教師・田辺裕信騎手・内田博幸騎手を始め関係者の皆様、ほんとにありがとうございました。
以下は、田辺裕信騎手のコメントになります。

★4/23(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝) 馬体重:452kg
田辺裕信騎手 結果:優勝(8人気)

「デビュー前から稽古で好時計をマークして、トレセンでも動くと評判になっていた馬。精神面の脆さが能力発揮を妨げていたようですが、外枠も味方して今日はノビノビと気分よく走れていましたよ。作戦通りに乗れました」(田辺裕信騎手)


「デビュー前から稽古で好時計をマークして、トレセンでも動くと評判になっていた馬」とのコメント。伊達に新馬戦1人気馬ではなかったんですね。未勝利戦を勝ち抜けることができて、ほんとにホッとしました(^-^)
「作戦通りに乗れました」とありますが、これは田辺騎手の腕によるところが大きいように思います。スタートをふわっと出して、大外枠を活かし、ノビノビと追走し、馬を気分良く走らせ、能力を最大限出してくれた騎乗だったと思います。東京ダート1400mを選択し川崎でのレース内容から脚をためる作戦を取ってくれたクラブ及び伊藤先生、大外枠を引いた運、そして作戦通りの騎乗をし能力を最大限出してくれた田辺騎手の手腕、全てが噛み合って得た勝利だったと思っています(*^^*)
次走は問題なければ続戦ですかね。5月14日及び5月21日に、東京3歳500万下ダート1400m平場戦がありますね。東京ダート1400m戦を今日のような勝ち方が出来たことは、今後に向けても、レース選択が広がったように思います。これから長く楽しめるお馬さんになってくれるように思います。2014年産出資馬9頭中4頭目の新馬・未勝利勝ち上がりとなりました。未勝利戦もあと5ヶ月程度となり、1ヶ月半程度経てば2歳戦が始まります(3歳未勝利戦のレース数が減ってきますね)。出資馬が1頭でも多く、未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと願っております(^-^)

IMG_0786.jpg

IMG_0785.jpg
スポンサーサイト
2017/04/23

4/23レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているブラックジェイドの5戦目、京都あずさ賞(3歳500万下特別)芝2400m戦へ出走しました。

ブラックジェイド
★4/23(日)京都・あずさ賞(芝2400m・混) 馬体重:520kg
太宰啓介騎手 結果3着(2人気)

「前半にハミを噛み過ぎるところがあり、速いペースで1コーナーを回ってしまいました。2コーナー付近では馬も折り合ってリラックスして走れていましたが、スピードに持続力があって最後も止まっていないだけに、前半もう少し上手く折り合いをつけられたらと悔しさが残ります」(太宰啓介騎手)


惜しいレースだったと思います。
ラップを見ますと、前半1000m59.2秒、次の1000m1分2秒9、上がり3F35.9秒というレースでした。「前半にハミを噛み過ぎるところがあり、速いペースで1コーナーを回ってしまいました」とのコメント、前半1000m59.2秒というラップは、芝2400m戦としては少し速過ぎたのかなと思います(前日の京都古馬1000万下特別芝2200m戦、ヒルノドンカルロが前半59.3秒のペースで逃げて殿負けしています)。前半1000mの入りをもう少し抑えて、ラスト4F~3Fでペースを上げるレースが理想だったのかなと思います。
しかし、本馬は、芝ダートを問わず使ってきて、5戦全て3着以内に入っているわけですから、ほんとに素晴らしいお馬さんだと思います。しかも、まだまだこれから良くなってくるお馬さんだとも思いますし。
次走は、ダート戦に戻すのでしょうか(芝もこなせるとは思いますが、血統配合からもレースぶりからもダートの方がベストかなとは思います)。京都3歳500万下ダート1800m戦は、5月7日・5月13日・5月21日に平場戦が組まれておりますので、何れかに出走となるように思います。次走は、500万下を勝ち上がって欲しいと期待しております(*^^*)

引き続きまして、次は本日現地観戦しましたシュエットヌーベルのことを記載させて頂きます。