2017/04/29

4/29レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているキャラメルフレンチの6戦目、新潟ゆきつばき賞(3歳500万下特別)芝1200m戦へ出走しました。

キャラメルフレンチ
★4/29(祝)新潟・ゆきつばき賞(芝1200m・混) 馬体重:440kg
嶋田純次騎手 結果16着(16人気)

「スタートセンス抜群で、追っ付けることなくハナに立てるダッシュ力も持っています。最終コーナーを回る際に、右モタれの癖で走りづらそうにはしていたものの、道中それほど速いペースで行ってはいないので、もう少し粘ってほしかったですね。他馬に交わされてからは集中力が途切れてしまっていた印象ですし、距離をさらに縮めた1000mの競馬は、スピード豊富なこの馬にとってプラスに働くと思います」(嶋田純次騎手)


前走に続き、しんがり負けになってしまいました。
前走から馬体重が-10kg。デビュー戦から一番軽い馬体重になっていました。私はパドックを見れていないんですが、ネット競馬のコメントを拝見しますと、輸送減りなのかなという感じですね。スタートは良く、割と楽にハナを切る競馬ができたと思います。前半3F34.7秒のペースでの逃げ。昨年の同レースが前半3F33.9秒のペースでブロワが逃げ切り勝ち、3年前の同レースが前半3F33.6秒のペースでクラウンルシフェルが逃げ切り勝ちしていますので、無理のないペースだったと思います。直線入って、レースを止めてしまっている感じがかなり気になりました。着差は1.4秒差ですので、それ程ではないんですが、バテているというよりは止めているように感じます。
次走の選択が難しいですね。中1週で新潟はやぶさ賞(3歳500万下特別)芝直線1000mが組まれています。本馬のスピードが活かせる条件は合っていると思いますが、今回がマイナス体重での出走、しかも再度の輸送競馬になります。一旦、北海道のノルマンディーファームで休ませて、しっかり馬を作り直し、夏の函館開催まで待ち、滞在競馬で使う方がいいかなとも思います。芝1200m戦又はダート1000m戦を使うことができると思います。
本馬については、古馬になってから良くなると思っていますので、3歳のこの時期は大事に使っていく方が良いように思います。スタートセンスの良さ、テンからのスピードは、必ず大きな武器になると思います。何れにせよ、次走の選択を注目したいと思います(^-^)

最後に、ローズジュレップの件。
公式サイトを拝見した際は、ほんとにビックリしました。そして、とても残念と思うとともに、一口馬主の怖さも感じました。無事に使っていくことの大切さを改めて学んだ気がします。
私は2014年産からノルマンディーで一口馬主を始めました。ローズジュレップについては、2014年産最初に満口になったお馬さんで、どんな活躍をするお馬さんになるんだろうととても注目していました。2014年産で最初にデビューし、デビュー勝ちを収めました。そして、重賞兵庫ジュニアグランプリも勝利。南関東クラシックを取るものだと思っていました。出資者の皆様、関係者の皆様の沈痛さは計り知れないものだと思います。ほんとに大変残念だと思っております。ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト