2017/05/28

アナザートゥルース号ゼッケン

こんばんは。

本日は日本ダービーでしたね。
2014年産の頂点を決めるレース。
私がノルマンディーで一口馬主を始めて、最初の日本ダービーとなりました。
優勝したのはレイデオロ。キャロットクラブのお馬さんでした。藤沢先生にとっては悲願のダービー制覇。タイキシャトルの頃から応援させて頂いており、尊敬している先生ですので、個人的にはとても嬉しく思いました。残念ながら、馬券を取ることはできませんでしたが、とても素晴らしい日本ダービーだったと思いました。
あと、やはり私自身が出資しているお馬さんで、日本ダービーへ出走してみたいと強く思いました。来週からは2歳新馬戦が始まります。2015年産の出資馬については、チャンスがあるお馬さんへ出資していると思っていますので、日本ダービー出走という夢をみたいと思っています(^-^)

IMG_0828(2).jpg

アナザートゥルース命名の記念品として、ゼッケンが届きました(宅急便の品名には「アナザートゥルース号ゼッケン」と書かれていました(^-^))。デビュー勝ちした際のゼッケンを希望していましたが、命名者が2名いましたので、抽選で負けてしまいました(^^;)先日の青竜Sのゼッケンを頂くこととなりました。10着になってしまった際のゼッケンではありますが、2連勝しオープン特別へ出走した際のもので、私も現地応援観戦させて頂いたレースで使用したゼッケンでもありますので、そのとき撮った写真とともに、大事に額へ入れて飾らせて頂きました。私にとって初の命名馬。しかも初のオープン戦出走をしてくれたお馬さん。今回は残念な結果となりましたが、1000万下から出直し勝ち上がることで、再度オープン戦でリベンジしてくれると思っています。その際はバリバリのオープン馬になってくれているとも思っています。完全な晩成血統であるなか、デビューから2連勝し、3戦目でオープン戦を使うことができましたからね。相当な素質・器のお馬さんだと思っています(*^^*)
スポンサーサイト
2017/05/21

5/21レース結果(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているテオドルスの3戦目、東京3歳未勝利ダート1600m戦への出走、及び、シュエットヌーベルの8戦目、東京3歳500万下ダート1400m戦へ出走しました。
口取り申し込みをすることができましたので、現地観戦をさせて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

テオドルス
P1030641.jpg

P1030665.jpg

P1030670.jpg

P1030673.jpg

P1030676.jpg

シュエットヌーベル
P1030681.jpg

P1030709.jpg

P1030714.jpg

P1030718.jpg

P1030724.jpg

まずはテオドルス
結果は、3.5秒差の15着となりました。
以下は、柴田大知騎手のレース後コメントです。

テオドルス
★5/21(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m) 馬体重:480kg
柴田大知騎手 結果15着(12人気)

「悪くないですよ。道中もしっかりハミをとってましたし、素早く反応してスッとは動けなくとも、エンジンがかかると盛り返すだけの力があります。ダートも合っていますし、距離も今日の1600、東京なら2100もいいかもしれません。レースぶりからも今までより成長が見られたはずですし、1戦1戦使うごとに着実に力をつけていくタイプでしょうね」(柴田大知騎手)


続いてはシュエットヌーベル
結果は、1.2秒差の9着となりました。
以下は、大野拓弥騎手のレース後コメントです。

シュエットヌーベル
★5/21(日)東京・3歳500万下(ダ1400m) 馬体重:452kg
大野拓弥騎手 結果9着(10人気)

「いい馬だというのは聞いてたんです。実際に跨って素直にその通りだなと思いましたよ。内枠だったので道中気分良くとはいかない中でもしっかり走れてましたので、もう少しスムーズに外に出してあげたかったですね。昇級緒戦から悪くない内容でしたから、クラスになれて展開がハマればチャンスはありますよ」(大野拓弥騎手)


テオドルス
デビュー戦以来、パドックで見た印象としては、本馬なりに気性面が成長していると感じました。ピーピー鳴く姿もあまり見せていませんでした。馬体面はまだまだ緩い感じではありますが、決してここまで走らない馬体には見えないんですよね。
スタートは普通に切ることができ、あまり促すことはせず、ある程度馬なりで外目の中団~中団やや後ろで追走します。直線入り最後までビッシリ追う競馬をし、3.5秒差の15着となりました。着順としては、前走同様ブービーとなってしまいましたが、今回は競馬に参加していましたし、改めてパトロールビデオを見ますと、大知騎手が競馬を教えているようにも見えました。調教からしっかり教え込んでくれている大知騎手ですので、競馬でも同様に教えてくれているのではないかと思うレースぶりだったと思います。この1戦が次走以降に繋がるといいなと思います。大知騎手のコメントからは、次走は東京ダート2100m戦を使うのもいいのかなと思います。次走どこを使うのか注目したいと思いますし、次走も大知騎手に乗ってもらいたいと思います(^-^)
シュエットヌーベル
パドックを見ました印象としては、前走も感じましたが、気性面がほんとに成長していますね。チャカチャカすることもなく、ソワソワした感じもなく、厩務員さんに甘える仕草もほぼ見せず、しっかり歩けていました。馬体面は、まだまだ緩い感じではありますが、以前から素晴らしいトモをしており、いいダート短距離馬になるような感じがする馬体をしております。
スタートは普通に切り、馬の気に任せる競馬で後方を追走します。直線に入ると、本馬の外目を回っていた田辺騎手鞍上のネコビッチが落馬した影響もあり、馬場の真ん中からやや内目に入り追い出します。そこから徐々に外目に出していき、1.2秒差の9着となりました。パトロールビデオを見ますと、田辺騎手が落馬をした影響で、直線真ん中からやや内目に入り追い出しているのが分かります。落馬したお馬さんの居る方に出すのは危ないですからね。当然の判断だと思います。そこから徐々に外目へ出していき脚を使っています。なかなかいい伸びを見せていますね。上がり3Fの時計を見ても全体で4番目の時計を出しています。今日のダートコースは追い込みが届きにくい馬場だったことも鑑みると、500万下で十分に戦っていける目途の立つレースをしてくれたと思っています。大野騎手のコメントからも、そのことが伝わってきますね。次走ももう1戦、東京ダート1400m戦を使って欲しいですね。現状では、このコースで前半脚を溜めて、出来れば3角~4角で外へ出して追い出す競馬が合っているように思います。次走は前進が見込めるように思っています(^-^)
2017/05/20

5/20レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているクレムフカの3戦目、東京3歳未勝利ダート1400m戦への出走、ブラックジェイドの7戦目、東京3歳500万下ダート2100m戦へ出走しました。

クレムフカ
★5/20(土)東京・3歳未勝利(ダ1400m) 馬体重:452kg
柴田大知騎手 結果13着(14人気)

「スタートが決まり、ブリンカーの効果もあって他馬とのポジション争いで譲らず、自分から前に推進して行けたのですが、隊列が決まりかける3コーナー手前でキックバックを受けてからはリズムがどんどん悪くなってしまいました。こちらがイメージしていた以上に、砂を被って怯んでしまう脆さがありますね。直線最後はスペースを確保できるとまたジリジリ盛り返す面を見せたものの、現状では距離を延ばして一列目で競馬を進めた方が前進できるように思えます」(柴田大知騎手)


ブラックジェイド
★5/20(土)東京・3歳500万下(ダ2100m・混) 馬体重:520kg
横山典弘騎手 結果2着(2人気)

「本当にいい馬。まだ物見したり、他馬を蹴りに行くような幼い面があると聞いていたが、今日はそういった面を潜めていた。連闘だったり輸送競馬だったりと必ずしもいい条件ではなかったと思うが、それでいてこれだけの競馬ができるんだから能力が高い。道中びっしりとマークされていたし、並んで口向きの悪さを出していたけど勝ち馬も強かったね」(横山典弘騎手)


クレムフカの3戦目。
スタートは割と良く、大知騎手が押して先行する競馬をしてくれました。しかし、2列目での先行競馬ですので、キックバックを受け、段々番手を悪くします。直線入ったところでは、全く勝負になる番手に居ることはできず、3.1秒差の13着となりました。かなり厳しいレースとなりました。前走と同コース同距離同馬番でのレースとなり、結果としては、1着とのタイム差着順ともにほぼ同じ結果となりました。今回は、ある程度先行する競馬をしてくれましたが、結果は前走と同様となりました。これは厳しいですね。。。大知騎手のコメントにもあります通り、距離を伸ばして、出来れば外目の馬番を引いて、1列目で先行するレースをしてみて欲しいと思います。変わり身に期待したいですね(^-^)
ブラックジェイドの7戦目。
どうしても、生のブラックジェイドのレースが見たく、何とか仕事を午前中で終わらせて、レースの10分前に東京競馬場へ到着、現地応援観戦させて頂きました。
返し馬の入りを画面越しに見た印象としては、割と落ち着いているなあと思いました。
レースは、いいスタートを切って、楽に逃げる感じで1角に入るレースとなりました。とてもいい1角の入りだったので、この時点で勝ち負けを意識しました。典さんのペースでの逃げですので、やはり絶妙なペースだったと思います。ラスト4F12.9秒-3F12.4秒で後続を引き付け、2F11.7秒で突き放しにかかるレースをしたなか、一瞬振り切りそうになったんですが、勝ち馬に付いてこられて、最後ハナ差差されてしまいました(>_<)勝ち時計が2分12秒8ですので、この時期の3歳馬の時計としては、速い時計だったと思います。やはり、500万下に居るレベルのお馬さんではないと改めて思いました。このあとは、一旦放牧になると思います。放牧後はダートを使うのか芝を使うのか、難しい選択になりますね。夏競馬で行けば、新潟ダート1800m戦は合っていると思います。札幌洋芝2600m戦も面白いと思います。今後も、かなり楽しませてくれるお馬さんだと思います。ゆくゆくはバリバリのオープン馬になる素質を持っていると思っています(^-^)

明日は、出資馬テオドルスシュエットヌーベルが出走します。2頭共に、口取り申込をすることができましたので、明日も現地応援観戦したいと思います。
テオドルスは、大知騎手が付きっきりで調教を付けてくれて、調教の時計・動きも変わってきているように思います。レースでも大知騎手が志願して乗ってくれます。どんなレースをしてくれるのか、期待して観戦したいと思います。願わくば、今後に繋がるレースになればいいなあと思っています(^-^)
シュエットヌーベルは、格上げ初戦となります。前走と同様、東京ダート1400m戦への出走となり、適性が高いと思いますので、楽しみに観戦したいと思います。3枠6番に入り、あまりいい枠番ではありませんが、精神的にも成長が見られますので、どんなレースをしてくれるのか期待を持って観戦したいと思います(^-^)
2017/05/18

3歳馬出走(2017.5.20・21)

こんばんは。

今週も何とノルマンディーでの出資馬4頭が大挙出走となります(^-^)
5月20日(土)がクレムフカの3戦目・ブラックジェイドの7戦目、5月21日(日)がテオドルスの3戦目・シュエットヌーベルの8戦目になります。

クレムフカ
☆5/20(土)東京・3歳未勝利(ダ1400m)柴田大知騎手

14日(日)に坂路コースで4ハロン62.4-42.2-26.1-12.6を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にはWコースで4ハロンから1.4秒先行して併せ、54.1-40.2-12.7を一杯に追い切りました。「先行させて終いだけ一杯に追う内容でしたが、動きはなかなか良かったですよ。ブリンカーの効果は稽古でも窺えますし、脚捌きも力強くだいぶしっかりしてきた印象。実戦慣れが見込める今回こそはの気持ちです。少しでも前半スムーズに運ばせたい考えから、当初は距離を延ばすつもりでいましたが、相手関係も吟味したうえでもう一度1400m戦に投票させてもらいました。スタートして流れに乗れればもっとやれるはず。ここは前進を期待しています」(矢野英一調教師)


ブラックジェイド
★5/13(土)京都・3歳500万下(ダ1800m・混)太宰啓介騎手 結果5着
☆5/20(土)東京・3歳500万下(ダ2100m・混)横山典弘騎手

「前半行き切れていればまた違う結果になっていたかもしれませんが、勝ち馬も内枠からダッシュよく、引く気配はなかったからね。パワータイプなので時計の速い馬場もブラックに合わなかったように思えます。あれがこの馬の力ではないし、走りきっていないので疲れはまったく感じられない。週中の様子も元気一杯のため、ここは連闘させてください。幸いにも今週末の東京は良馬場が望める予報で、輸送にへこたれるタイプではなく、左回りにも実績があるだけに巻き返しを狙います」(昆貢調教師)


テオドルス
☆5/21(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m)柴田大知騎手

14日(日)に坂路コースで4ハロン57.1-41.5-26.9-13.5を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、53.4-39.5-25.8-13.1を強目に追い切りました。「4週連続で追い切りに跨ってくれている大知君から『半馬身遅れはしましたが、古馬相手に最後までしっかりハミを取って走ってくれました。本当に良くなってきましたね』とのコメントが出た通り、昨日の追い切りは坂路4Fでの自己最速タイムでした。現状ではほぼベストの状態に持ってこれたと思っています。大知君とも意思統一をしましたが、今回がデビュー戦のつもりで一から競馬を覚えさせ、最後までしっかりと走らせることが最重要課題であり第一目標です。そのうえで適性を図り、今後の路線を決定しようと考えています」(粕谷昌央調教師)


シュエットヌーベル
☆5/21(日)東京・3歳500万下(ダ1400m)大野拓弥騎手

17日(水)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、55.8-40.6-27.0-13.3を馬ナリに追い切りました。「除外で一週スライドとなりましたが、稽古の感じからデキ落ちはまったく見られません。併走馬との手応えの差が歴然で、キビキビした動きの中にも力強さが感じられます。ここにきて着実に力を付けていると思いますよ。スムーズな競馬さえできれば、能力的に昇級戦でも見劣りはしないでしょう。鞍上には出たなりの運び方を指示するつもりですが、やはり揉まれぬ展開が理想。メドの立つ競馬を期待したいですね」(伊藤圭三調教師)


先週に引き続き、出資馬4頭の出走。ビックリしました(*_*)
5月20日(土)、まずはクレムフカが3戦目を迎えます。デビューから2戦ともに後方からの競馬で、かなり厳しい競馬になっています。東京ダート1600m戦を使うのかなと思っていましたところ、前走と同様東京ダート1400m戦を選択しました。条件としては、東京ダート1400m戦の方が合っているように思います。今回は、鞍上が柴田大知騎手となります。前半に中団から前目で流れに乗れれば、変わってくる可能性はあるように思います。大知騎手には、積極的なレースをして欲しいと思います。外枠が欲しいですね。そろそろ目途の立つ競馬をして欲しいと願っています(^-^)
ブラックジェイドの7戦目となります。まさかの連闘です。ビックリしました(*_*)昆先生のコメントからは、「疲れが全く見られない」「元気一杯」とのコメント。連闘で、輸送のある東京競馬場への出走、しかも鞍上は横山典弘騎手。昆先生、勝負をかけていると思います。勝算を持ってこその出走だと思います。私も、東京ダート2100m戦は合っていると思っていましたので、使ってみて欲しいなあと思っていました。しかも、出来れば鞍上は典さんでとも思っていました。連闘はビックリですが、本馬の適性を鑑みますと、この条件は合っていると思います。昆先生が連闘で使う。状態は問題ないと信じています。500万下は何時でも勝ち上がれるお馬さんだと思っていますので、今回、勝ち上がって欲しいと強く願っております(^-^)
5月21日(日)、まずはテオドルスの3戦目となります。デビューから2戦は全く競馬に参加することができず、木村厩舎から粕谷厩舎へ転厩となりました。粕谷厩舎に転厩してからは、とても有難いことに、柴田大知騎手が付きっきりで調教を付けてくれています。そして、今回鞍上も自ら志願して大知騎手が乗ってくれることとなりました。今週の最終追い切りの時計を見ますと、大知騎手のコメントにもあります通り、本馬なりにかなり良くなってきているように思います。前半から競馬に参加し、現状でどれだけ動けるのか、注目したいと思っています。どんなレースをしてくれるのか楽しみにしたいと思っています(^-^)
シュエットヌーベルの8戦目となります。先週除外となってしまったのは、残念でしたが、今週の追い切りも3歳未勝利馬に胸を貸す内容で、伊藤先生のコメントからも状態はいいようですね。東京ダート1400mコースは、前走の競馬からも、条件は合っていると思います。前半は馬のリズムを大切にし、外目を追走し出来る限り揉まれない形で直線を迎えれば、いいレースが出来るように思います。メンバー構成としては、割と恵まれた方だと思いますので、十分勝ち負けまで可能だと思っています。鞍上は大野騎手になります。田辺騎手に先約があるなか、とてもいい鞍上にお願いしてくれたと思います。本馬とは割と手が合いそうな感じがしています。スムーズに出来る限り揉まれないレースをしてもらい、連勝してくれれば最高だと思っています(^-^)

土曜日は残念ながら、仕事が入っているため、現地観戦することはできないと思います。生でブラックジェイドが見たかった。。。日曜日は、口取り申込が出来る出来ないに関わらず、東京競馬場で現地観戦応援をしたいと思っています。2頭出走しますので、どんなレースをしてくれるのか、楽しみに観戦応援したいと思います(^-^)
2017/05/17

2歳馬近況(2017.5.12・5.15・5.16)

こんばんは。

ノルマンディー・シルク・ワラウカドで出資させて頂いている2歳馬の近況(全8頭)について、書かせて頂きたいと思います。

セルヴァ
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在は馬場1周と坂路2本(上限16秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き週2回は16~18秒台までペースを上げて元気一杯に坂路を登坂しています。気持ちが前向きになってきたことで動きに推進力が出始めており、今後はもう少し体全体を柔らかく使えるように周回調教を多めに取り入れながらフォームの向上に努める方針です。


ロワセレスト
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も週2回は15~16秒台のラップで登坂しています。ルーラーシップ産駒らしくジワジワとエンジンが掛かり、やや長めの距離で真価を発揮しそうなタイプと見ています。まだビュッと反応し切れてはいませんが、速めのキャンターを重ねつつ体全体を上手く使えるようになれば動きにキレも出てくるはずです。


ペルランドール
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。まだ体質がしっかりしていない部分が垣間見えるため、この中間も無理に負荷を強めず軽めのメニューに終始しています。ハミをしっかりと銜えてバランス良く走れるようになってきましたが、トモの踏み込みに力強さが備わってくれば、もうワンランク上の走りが期待できるはずです。


ツァイトライゼ
更新日:2017年5月12日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:450kg
現在は馬場2周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整中です。普段の調教はヴィアプライドと併せていますが、馬場入り初日こそ少し暴れたものの、2日目以降はすっかり落ち着いて調教もスムーズにこなしています。姉2頭(ジェイラー、マリーナプリンセス)と比べて気性は素直で、人間の手を煩わせるようなことは全くありません。ただ、現状ではまだ馬体に幅がなくこぢんまりと見えるだけに、今後は馬体面の成長を促していきたいところです。


シンシンパッションの15
更新日:2017年5月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:-
現在はパドック放牧のみにとどめています。先月28日(金)にノルマンディーファームへ移動し、軽めのメニューを継続しながら環境に馴染ませていましたが、この中間に馬房で右前ヒザを打撲したため一旦小休止を挟みました。患部が若干腫れましたが、腫れ自体は徐々に引いてきているため経過を見ながら夜間放牧と運動を再開する予定です。なお、今月9日(火)には栗田博憲調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。


グローリーヴェイズ
更新日:2017年5月15日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
馬体重:463kg
担当者「この中間も順調で、坂路コースではハロン15秒ペースの調教をコンスタントに行うことができています。脚元・体調面ともに問題はなく、馬体にも筋肉が付いてきて、以前より引き締まってきました。欲を言えば横にもう少し厚みが出てきてほしいところですね。このまま問題なく調教を進められれば、夏過ぎには入厩の目途が立ってくると思います」


スターヴォヤージ
更新日:2017年5月15日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,800m、残りの日はトレッドミルでキャンター
馬体重:443kg
担当者「この中間は馬体の成長を促すため、調教強度を落としリフレッシュを図りましたが、今週からまた坂路調教を再開しています。狙い通り馬体重が増えて、見た目にもフックラしてきました。馬体に関してはまだ成長の余地を残しており、これからもっと大きくなってくると思いますので、今後も焦らずに馬の状態に合せて進めていきたいと思います」


バブルドリームの2015
在厩先:吉澤ステーブル
5/5 近況
坂路では18/Fのペースで調教を行いつつ、先週と同じメニューをこなしました。体力がついてきており、反動を見せることがなくなりました。調教後も飼葉を残すことなく食べています。体調良好です。 馬体重は来週計測する予定です。
5/12 近況(馬体重470kg(+2kg))
今週は強度を少しあげ、坂路でしまい13Fの調教を行いました。まだペース対応ができていないため余裕がない様子ですが、体力もついてきているので徐々に対応できてくると見ています。ややうるさくなってきており、ハミ受けがよくないところがありますので、改善をさせるよう努めて行きます。体調良好で飼い葉食いも良好です。


8頭共に大きな問題はないですね。8頭ともに年内にデビューしてくれればいいなあと思っています。先陣を切るのは、現状ではツァイトライゼが切ってくれそうですね(^-^)
POG本を読んだり、グリーンチャンネルのPOG関連番組を見ていますと、2015年産はクラシック戦線を意識できるお馬さんがいるのかなと期待しています。昨日のグリーンチャンネルPOG番組で、馬サブローの木村さんが牡馬ドラフト3位でグローリーヴェイズを上げてくれていました。正直ビックリしました。そういうレベルのお馬さんに出資しているんだなあと改めて思いました。実馬を見ました印象としては、バランスの良い馬体、扱いやすくオンオフがしっかりあるいい気性、調教乗り込みながら馬体重も増えてきており、無事であれば、まず走るお馬さんだと思いました。クラシック戦線に名を連ねてくれれば、夢が見れますね(^-^)
あと、スターヴォヤージ。かなりステイゴールド産駒の特長を引き継いでおり、そんななか気性は問題ないお馬さんですので、上手く成長してくれれば、桜花賞戦線に名を連ねる可能性も十分にあると思っています(^-^)
ノルマンディーでは、ロワセレストが大物感があり、化けるかもと思っています。芝・ダートどちらに適性があるか分からないんですが、芝適性が高ければ、クラブ及び尾形先生が仰る通り、クラシック戦線に名を連ねるかもと思っています。距離は中距離~クラシックディスタンスに適性があると思いますので、本馬も夢が見れるお馬さんだと思っています(^-^)
あと、勿論セルヴァもとてもいいお馬さんだと思っています。こちらは、NHKマイルカップですかね。今年のディバインコードのような走りをしてくれれば最高ですね(^-^)
今月末日本ダービーが終われば、2015年産新馬戦が開始します。2014年産未勝利戦はサバイバル戦に突入する訳ですが、2015年産についてはいよいよといった感じになります。全8頭ともに無事デビューを迎えて頂き、クラシック出走という夢を見たいですね(^-^)
2017/05/14

5/14レース結果(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているアナザートゥルースの3戦目、東京青竜S(3歳オープン)ダート1600m戦に出走しました。
口取り申し込みをすることができましたので、現地観戦をさせて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1030593.jpg

P1030624.jpg

P1030625.jpg

P1030626.jpg

P1030629.jpg

P1030630.jpg

P1030631.jpg

P1030634.jpg

P1030635.jpg

P1030637.jpg

P1030638.jpg

結果は、1.1秒差の10着となりました。
以下は、大野拓弥騎手のレース後コメントです。

アナザートゥルース
★5/14(日)東京・青竜ステークス(3歳OP・ダ1600m・混) 馬体重:476kg
大野拓弥騎手 結果10着(4人気)

「芝スタート、距離、左回りと様々な敗因は考えられますが…。稽古の動きも悪くなかったですし、敗因が正直いまひとつ掴みきれません。ただ、ハミを取っている時の感じは良かったものの、今日は道中も何度か外に張って行ったり、こちらのゴーサインにも反応せずに精神面の幼さが大きく影響してしまった印象です。連勝は止まってしまいましたが、兄たちの成長過程からも血統的に晩成で花開くタイプなので、少し温かい目で見守ってほしいと思います」(大野拓弥騎手)


パドックを見た印象としては、まだまだ緩い感じですが、とてもバランスの良い馬体をしており、歩様には硬さがないんですよね。とてもいいお馬さんだと思いました。気性面については、やや厩務員さんを頼る感じで歩いており、幼さを感じましたが、デビュー戦で見せていた馬っ気も見せず、成長を感じることができました。
返し馬では、とても綺麗な走りをするお馬さんだと思いました。やはりあまり硬さがないんですよね。いい走りをするお馬さんだと思いました。気性面では、尻尾を盛んに振って走っている点が気になり、やはり幼さが残っているなあとは思いましたが、馬っ気を見せることなく走っており、やはり成長を感じることができました。
スタートは芝スタートに少し戸惑ったのか、今一歩なスタートとなりました。しかし、芝~ダートに入るあたりからは、割とスーッと出足が付いて、いい感じで中団に取り付けます。3角~4角あたりで大野騎手が促していきますが、行き足は今一歩な感じでした。直線に入りますと、本馬の前に居る同厩のハルクンノテソーロが伸びていくなか、本馬はやはり行き足が付きません。最終的には、流れ込む形での1.1秒差10着でのゴールとなりました。
連勝が止まってしまいました。大野騎手のコメントからは、気性面での幼さがモロに出てしまった感じですね。このコメントからは、大野騎手がこのレースにかなり期待してくれていたのかなと感じることができますね。やはり、本馬の能力を高く買ってくれていることが分かりますね。初の芝スタート・初の左回り・この2戦から距離短縮・かなり時計の速い馬場・G1前の独特な雰囲気等、精神面で影響が出てしまったのかなと思います。しかし、キャリア2戦であるなか、東京ダート1600mを1分36秒3で駆け抜けており、1着とのタイム差も1.1秒差、そう悲観する内容でもないように思います。青竜Sの過去3年良馬場での勝ち時計は、1分36秒4~1分37秒4の時計となっており、今回の時計は馬場の影響で速すぎる結果だったと思います。本馬の過去2戦が時計の掛かるレースだった点から鑑みますと、少し恵まれないレースになってしまったと思います。今回のレースは、本馬にとって、とてもいい経験になったとも思っています。負けることで学ぶことが多いのが競馬だと思っていますので。次走以降に繋げてくれると思っています。今日パドック~返し馬を見て、このメンバーのなかに入っても、全く見劣りすることはないと思いました。無事であれば、まずバリバリのオープンクラスで戦うレベルのお馬さんだと改めて感じることができました。今回の結果はとても残念だったと思います。ただ、出資馬での初のオープンクラスへの出走。しかも無敗での出走。勝ち負けが期待できるお馬さんでの出走でしたので、この数週間、楽しみで仕方がありませんでした。そのような楽しみ・夢を見せてくれた本馬には、ほんとに感謝したいと思います。ありがとうございます!本馬が良くなるのは、大野騎手のコメントにもあります通り、古馬になってからだと思います。3歳3月デビューでこの春の時点で既に2勝というのは、嬉しい誤算だと思います。私としては、成長を促して欲しいと思っていますので、夏は北海道ノルマンディーファームでゆっくりと休んでもらい、9月の中山開催を目指して欲しいと思っています。1000万下の格付になりますので、2勝を上げている中山ダート1800mコースで走って欲しいと思います。今年の内に2勝し、再度オープンの仲間入り出来れば最高だと思っています(*^^*)
2017/05/13

5/13レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているビターレのデビュー戦、京都3歳未勝利ダート1400m戦への出走、ブラックジェイドの6戦目、京都3歳500万下ダート1800m戦への出走、及び、キャラメルフレンチの7戦目、新潟はやぶさ賞(3歳500万下)芝直線1000m戦へ出走しました。

ビターレ
★5/13(土)京都・3歳未勝利(ダ1400m) 馬体重:436kg
藤岡康太騎手 結果16着(13人気)

「スタートの芝の部分の走りもスムーズで、その後の二の脚も利き、スピードに乗っていましたよ。道中で砂を被って頭を上げながらも、やめるようなところはありませんでした。最終コーナーで14番の馬(ラインゼウス)が外側に膨れてきて、後ろから接触されバランスを崩してしまったので、最後の直線は無理していません。右前と左後脚に外傷を負っていますが、おそらく大事には至っていないと思います。今日がデビュー戦ということを考えても、この不良馬場で前向きに走れたことは評価していいですし、不利を受けなければ渋太く粘れていたのではないでしょうか。もったいない競馬でした。使いながら体力がつきレース慣れすれば、そこそこやれそうですよ」(藤岡康太騎手)


ブラックジェイド
★5/13(土)京都・3歳500万下(ダ1800m・混) 馬体重:524kg
太宰啓介騎手 結果5着(1人気)

「キレる脚が使えないのでハナが理想でしたが、内の馬も速かったですし、芝の時と比べて行きっぷりがいまひとつでしたね。3コーナー手前から前を捕まえに行こうとしたのですが、ガツンと来るような手応えがなく、逆に怪しくなっていました。ご期待に応えることが出来ずに申し訳ありません。いずれにしてもダートであれば、パワーを要し時計の掛かるパサパサの馬場が合っていると思います」(太宰啓介騎手)


キャラメルフレンチ
★5/13(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m・混) 馬体重440kg
中井裕二騎手 結果7着(15人気)

「ギリギリまで我慢させたのですが、最後の50mは甘くなってしまいました。それでもスピードをいかした千直は合ってますね。千直にこだわって狙って使っていくのも良いかもしれません。1200を使うのであれば、ブリンカー着用でグッと集中させた方が良いでしょう。千直の場合だとブリンカーは前半力んでしまう可能性があるので、チークでちょうど良いと思います」(中井裕二騎手)


まずは、ビターレのデビュー戦。
厳しいレースになりました。4.9秒差のしんがり負け。何とかタイムオーバーは真逃れました。スタートを切ってから、中団やや後ろの外目でずっと追い通し、4角入る時点では後方に下がり、そこで後ろの馬と接触し、直線は追わなかったようなレースだったと思います。接触がなければ、1秒~2秒くらいは詰められたかもしれませんね。藤岡康太騎手のコメントからは、思った程厳しいコメントは出ませんでしたが、未勝利戦があと4ヶ月程度で終わる時期を考えますと、この後1戦~2戦で大きな変わり身を見せないと、かなり厳しい結果が待っているように思います。次走の変わり身に期待したいと思っています(^-^)
ブラックジェイド
これはかなり残念な結果になってしまいました。スタートからあまり行きっぷりは良くなく、2番手を追走していましたが、4角の手応えからは既に勝ち負けできるものではありませんでした。直線は粘り切るレースができず、0.9秒差の5着となりました。太宰騎手のコメントからは、時計の速い脚抜きのいいダートコースはあまり得手ではないということだと思います。乾いたダートコースであれば、変わってくるとは思います。今回にしても、1秒は負けていない訳ですので、500万下を勝ち抜けるのは時間の問題だとは思っています。続戦するのであれば、中2週で6月4日東京3歳以上500万下ダート2100m戦又は中3週で6月11日阪神3歳以上500万下ダート2000m戦を使ってみて欲しいように思います。京都・阪神ダート1800m戦よりも適性があるように思います。続戦しないのであれば、一旦短期放牧に出してもらい、未勝利戦を楽勝し、血統配合からも鬼だと思われる7月中京開催のダート1800m戦又はダート1900m戦を使ってもらいたいと思います。本馬が本格化するのは、もう少し先だと思いますので、現状は状態を最優先に考えて頂き、出走してもらえればと思っています(^-^)
最後にキャラメルフレンチ
0.9秒差の7着でした。結果は掲示板を外してしまいましたが、これまでのレース内容からしますと、かなり収穫があったレースだったと思います。スタートダッシュ良く逃げる競馬をしました。新潟芝直線1000mで逃げるスピードがあるということは、本馬のこれからにおいて大きな武器になると思います。今回の状態でも、外枠を引いて、ラチを頼る競馬が出来れば、十分に掲示板内に入れる可能性があったレースだったと思います。最後の100mは完全に甘くなってしまいましたね。本馬が本格化するのは、古馬になってからだと思いますので、その際は芝ダート問わず1200m戦で勝負できると思っていますが、現状では、新潟芝直線1000m戦は最適な条件であるように思います。現状では、馬体重がギリギリなように思いますので、一旦放牧し馬体を膨らませてもらい、夏の新潟開催、芝直線1000m戦を狙って使ってもらいたいと思います。まだまだこれから成長するお馬さんだと思いますので、本馬も状態最優先でレースを使ってもらいたいと思います(^-^)

明日は、いよいよアナザートゥルースが青竜Sに出走します。
専門誌を見た感じからは、3人気~5人気くらいでしょうか。全般的には、持ち時計がないため、時計勝負になった際不安という評価でしょうか。評価の高い方のコメントでは、サウンドトゥルーの下という血統背景を評価していたり、前走の走法から東京ダート1600mが合うのではないかといったコメントもありました。
明日は重馬場くらいのような感じがします。時計が速くなるでしょうから、時計勝負になった際の不安があるという点は、勿論あります。ただ、本馬は素晴らしいレースセンスしていますし、4ヶ月在厩でかなり成長もしていると思います。勝負根性もありますし、全く底を見せていないとも思います。そして、サウンドトゥルールールソヴァール等の下という素晴らしい血統配合をしたお馬さんですので、条件が変わりクラスが上がっても、適応する可能性も高いように思います。前走については、かなり特殊なドスローペースの逃げで展開に恵まれたとは思います。ただ、ドスローな展開のなかでの2馬身差は決定的な差だとも思います。しかも、追い込んできたサノサマーとともに上がり最速36.7秒で纏めています。オープンクラスで戦える勝ちっぷりだったと思っています。しかも、前走2着・4着・6着馬が既に500万下を勝ち抜けています。レースレベルは高かったと言えると思います。青竜S、不安よりも期待の方が大きいレースだと思っています。十分勝ち負けできると思っています。勝って3連勝となりますと、かなり大きく夢が広がります。明日は、口取り申込が出来ていますので、東京競馬場で現地観戦し、精一杯応援したいと思います(*^^*)
2017/05/12

3歳馬出走(2017.5.13・14)

こんばんは。

今週は何とノルマンディーでの出資馬4頭が大挙出走となります(^-^)
5月13日(土)がビターレのデビュー戦・ブラックジェイドの6戦目・キャラメルフレンチの7戦目、5月14日(日)がアナザートゥルースの3戦目になります。

ビターレ
☆5/13(土)京都・3歳未勝利(ダ1400m)藤岡康太騎手

10日(水)にCWコースで6ハロンから0.6秒先行して併せ、84.7-68.9-54.7-41.1-13.2を一杯に追い切りました。「練習で見せるゲートの出は上々でしたが、敏感なメンタル面を抱えているため、初戦からテンにダッシュがつくかは不安要素のひとつです。そのような理由から、今回1200mではなく1400m戦からデビューさせる判断をしました。使いつつ良化してくるタイプに思えますし、まずは流れに乗ってどこまで頑張ってくれるかですね。体力はまだまだ不足していますが、入厩当初と比べてだいぶ走りは常識にかかってきた印象。格好はつけてくれると思います」(羽月友彦調教師)


ブラックジェイド
☆5/13(土)京都・3歳500万下(ダ1800m・混)太宰啓介騎手

10日(水)に坂路コースで4ハロン55.8-39.5-25.2-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「休養明け二戦を消化しているため、先週同様に余力を持たせた調整を行っていますが、デキは変わらず維持できています。普段の稽古ではハミを噛んでムキになるような面も見られませんし、スピードを持続させて走れるタイプですので、ダート変わりがマイナスに働くことはないでしょう。先週の除外を受けて、鞍上も期する思いでここに臨むはずですし、これまで通り積極的な競馬でいい結果を期待しています」(昆貢調教師)


キャラメルフレンチ
☆5/13(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m・混)中井裕二騎手

10日(水)に坂路コースで4ハロン54.2-40.0-26.3-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「飼い葉食いは旺盛なものの、脾腹のあたりがやや寂しく映り、中一週の競馬と輸送も考慮して中間はサラッとした調整を行いました。最終追い切りは坂路で消化しましたが、その際の走りは真っ直ぐに駆け上がれていて、モタれるような面も見せてはいません。苦しくなると出てしまう癖のようですし、いかにスムーズに走れるかが好走のカギを握るでしょう。1000mでもテンのダッシュ力で先行するだけのスピードを持っている馬ですが、ラチを頼って走るところがあるためできれば外枠が欲しいですね」(尾形和幸調教師)


アナザートゥルース
☆5/14(日)東京・青竜ステークス(3歳OP・ダ1600m・混)大野拓弥騎手

7日(日)に坂路コースで4ハロン57.0-41.5-26.2-11.8を単走で一杯に追われ、10日(水)にも坂路コースで4ハロン54.1-39.3-25.9-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りは大野君に感触を確かめてもらいました。動き、気配共に上々で、普段も扱いやすくなっていますし、現状ではこれ以上ないデキで臨めると思っています。前走は展開利があったとはいえ、直線に入るとしっかりと脚を使って後続を突き放し、着差以上の完勝。操縦性が高く自在性もあるので、初めての左回りとなる府中へのコース替わり、マイルへの距離短縮にも十分に対応可能でしょう、何ら心配はしていません。約4ヶ月の間、在厩して鍛えてきた成果をお見せしたいと思っています」(高木登調教師)


5月13日(土)、まずはビターレのデビュー戦になります。正直、ここまでデビューが遅くなるとは、昨年夏の時点では全く思っていませんでした。昨年夏に見学させて頂いた際は、馬体は細かったですが、とてもいい歩様しており、未勝利を勝ち抜けるのに苦労するレベルのお馬さんではないと思っていました。しかし、育成段階でアクシデントもあり、なかなか進まず、3月15日に羽月先生のところに入厩して約2ヶ月、しっかり乗り込んでくれてはいますが、なかなか時計が詰まってこない状況にあります。ダート1400m戦でのデビューは適性としてはいいように思います。この出来でどこまでレースに参加できるのか見届けたいと思っています。この状態で目途の立つ競馬が出来れば、ある意味見通しは明るくなるとも思っています。鞍上は藤岡康太騎手。現在の状態から鑑みれば、いいジョッキーを配してくれたと思います。先に繋がるレースをしてもらい、今後に向けていいアドバイスを頂きたいと思っています(^-^)
ブラックジェイドの6戦目になります。ダート戦に戻りました。結果が求められるレースだと思っています。10頭立てでメンバー構成から見ても勝ち負けになるレースだと思います。逃げに拘る必要はないと思います。先行して自ら逃げ馬を潰しに行く強気なレースをすれば、結果は付いてくると思います。積極的且つ強気なレースをすれば、京都ダート1800m戦であれば、押し切れるように思っています。勝利を期待しております(^-^)
キャラメルフレンチの7戦目になります。新潟直線芝1000m。現状から鑑みますと、合っていそうな条件だと思います。ただ、2枠3番に入ってしまいました(>_<)厳しい枠順ですね。。。スタートを決めてもらい、スピードを活かし、とにかく逃げる競馬をしてもらいたいと思います。それでどこまで踏ん張れるかだと思います。あと、馬体重はこれ以上は減らないで欲しいですね。鞍上は中井騎手ですね。ローレルベローチェの鞍上ですね。同じ脚質ですし、本馬のスピードを活かした積極的なレースをしてもらいたいと思っています(^-^)
5月14日(日)、アナザートゥルースの3戦目になります。青竜S出走ですね。奥手の血統であるなかのデビューから2連勝。非常にレースセンスがいいですし、勝負根性もあります。そして、全く底を見せていないと思います。高木先生のコメントからは、さらに大きな成長を感じることができます。メンバーを見ますと、前走で破っているサノサマーが人気になりそうなメンバー構成。十分勝ち負けになると思います。大野騎手のコメントを見る限り、芝スタートも問題なさそうですし、高木先生のコメントからもまた本馬のレースセンスの良さから鑑みても、左回り東京ダート1600mに変わる点も、それ程問題ないように思います。逃げるのは、武豊騎手のスマートレイチェルのような感じがしますので、2~3番手くらいでレースを進め、直線半ばで先頭に立ち押し切るような競馬をして欲しいと思っています。デビューから3連勝で重賞挑戦して欲しいと思っています。夢が広がりますね(^-^)尚、口取り申込が出来ましたので、当日は現地応援観戦させて頂きたいと思います!!
2017/05/09

2015年産一口出資馬決定!

こんばんは。

今回の北海道出資(検討)馬見学を経て、ノルマンディーにて1頭追加出資させて頂きました!

シンシンパッションの15
父タイキシャトル 母シンシンパッション 母父ヘクタープロテクター
牡馬 栗毛 2015年3月21日生
生産:新ひだか・藤本牧場
所属:美浦・栗田博憲厩舎入厩予定

20170430[1] (5)

P1030552.jpg

P1030553.jpg
更新日:2017年4月30日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:505kg
現在は坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。不定期ではあるものの、この中間も15-15の速めキャンターを消化しており、騎乗担当者は『大型馬でもスッと反応して、スピードに乗るとギアが一段増す推進力溢れる走りをします。先日来場した栗田調教師から、馬格に恵まれているのでドンドン攻めていってほしいという指示を受けたため、疲労の蓄積には留意しながら乗り込みを強化していきたいですね』と話していました。なお、環境変化による調整にも慣れさせる目的で28日(金)にノルマンディーファームへ移動しました。


今回の見学で実馬を見て、馬体・動きが気に入り、出資を決めさせて頂きました(^-^)
主な出資理由は以下の通りです。
・血統配合としては、父方・母方ともに短距離で強みを見せる血統だと思います。母シンシンパッションはD1000m~D1200mで3勝しております。半姉ホットファッション(父スペシャルウィーク)は芝1200m~芝1400mで2勝しております。
・本馬の血統的な特徴としては、曾祖母ビクトリアクラウンから来るボトムラインの素晴らしさだと思います。祖母ビューチフルロマンは芝1800m及びD1200m~D1800mで6勝しております。ビューチフルロマンの孫においては、セイコーサンデー(4勝)・ドットコム(4勝)・アルトップラン(5勝)・カチューシャ(6勝)・テイクザホーク(4勝)等が活躍しています。母シンシンパッションは現役時代3勝しており、同産駒からはまだまだ活躍馬を輩出する可能性が十分にあると思っています。
・預託厩舎が栗田博憲厩舎であること。実質ラストイヤーとなる栗田先生は、ブリリアントリリーに続く、ノルマンディー同世代2頭目の預託となります。少なくともそれなりに走ると思っているお馬さんを預託すると思っています。ルグランパントルディバインコード等を見ていますと、やはりいい仕上げ・レース選択をしていると感じています。栗田先生への預託馬に出資してみたいと思っていました。
・今回の見学において、まだまだ緩い馬体ではありますが、雄大な馬体をしているなか、キビキビとした運動神経の良さそうな動きをしており、馬体・動きともに好みなものでした。秋くらいにはデビュー出来そうですし、芝ダート問わず短距離戦であれば、コツコツと走ってくれるように思いました。
・2014年産においては、父タイキシャトル産駒のキャラメルフレンチが新馬勝ち、母父タイキシャトル産駒のシュエットヌーベルが先日未勝利勝ち。しかも、2頭ともに口取りまでさせて頂きました。タイキシャトル産駒との相性の良さを感じていますので、そのことも本馬を出資した大きな理由となります(2015年産の母父タイキシャトル産駒については、既にペルランドールに出資しております)。

2015年産についてはこれで8頭目の出資となりました。これで出資完了になると思います。出資馬は以下の通りです。
ノルマンディー
セルヴァ(父アイルハヴアナザー 母オークルーム 母父ペンタイア)美浦:大竹正博厩舎
ロワセレスト(父ルーラーシップ 母メルセダリオ 母父タニノギムレット)美浦:尾形和幸厩舎
ペルランドール(父スマートファルコン 母ホリデイトウショウ 母父タイキシャトル)美浦:黒岩陽一厩舎
ツァイトライゼ(父タイムパラドックス 母チェアユーアップ 母父エアジハード)美浦:田島俊明厩舎
シンシンパッションの15(父タイキシャトル 母シンシンパッション 母父ヘクタープロテクター)美浦:栗田博憲厩舎

シルク
グローリーヴェイズ(父ディープインパクト 母メジロツボネ 母父スウェプトオーヴァーボード)美浦:尾関知人厩舎
スターヴォヤージ(父ステイゴールド 母ターシャズスター 母父Spanish Steps)美浦:斎藤誠厩舎
ワラウカド
バブルドリームの15(父キングズベスト 母バブルドリーム 母父Akarad)美浦:加藤征弘厩舎
2015年産については、現地応援し易い美浦所属馬に拘って出資することとなりました(1頭~2頭程度は栗東所属馬を出資してもいいとは思っていました)。牡馬7頭・牝馬1頭と牡馬に偏った出資となりました。牡馬に偏った点は、正直全く意識していませんでした。2014年産も、現状は正直かなり楽しませてもらっている結果だと思っていますので、2015年産については、それ以上の結果が出るよう、どのお馬さんについても頑張ってもらいたいと思っています。まずは無事にデビューを迎えて欲しいと思っています(^-^)
2017/05/09

北海道出資(検討)馬見学レポート(番外編2)

こんばんは。

続きましては、ビッグレッドファームで見学させて頂いた種牡馬(功労馬含む)写真の掲載になります。
ゴールドシップアイルハヴアナザーコスモバルクの3頭の掲載となります。

ゴールドシップ
P1030503.jpg

P1030506.jpg

P1030509.jpg

アイルハヴアナザー
P1030484.jpg

P1030491.jpg

P1030522.jpg

コスモバルク
P1030530.jpg

P1030537.jpg

P1030540.jpg

ビッグレッドファームでは、この3頭しか写真を撮りませんでした(^^;)
完全に私の好みですね。
特にキズナゴールドシップは、現役時代大好きなお馬さんでした。種牡馬になり、こんなに間近で見学できるなんて、夢のような気持ちになりました(^-^)

最後に、この時期の北海道は桜が満開となっております。静内二十軒道路桜並木では桜まつりが開催されており、多くの人が来場していました。私もGW中北海道へ来たのは初めてだったので、北海道で桜が満開になる景色は初めて観ることとなりました。桜並木の写真で今回のレポートを締めさせて頂きたいと思います(^-^)
P1030590.jpg