2017/05/07

北海道出資(検討)馬見学レポート(その4)

こんばんは。

続きましては、ノルマンディーファームでの出資馬・出資検討馬以外における簡単な見学レポートになります。
牧場の方のコメントはあまり覚えていないため(^^;)、割愛させて頂き、写真だけ掲載させて頂きたいと思います。

カシャーサ(メロークーミスの2015)
P1030542.jpg

シークエル(ルーシーショーの2015)
P1030556.jpg

ホマレ(ドゥオナーの2015)
P1030557.jpg

アージェス(ホワイトピクシイの2015)
P1030559.jpg

ナイトジュレップ(タニノジュレップの2015)
P1030576.jpg

ファントムメナス(エスワンスペクターの2015)
P1030578.jpg

クグロフ(グーテデロワの2015)
P1030579.jpg

ガトーショコラの2015
P1030588.jpg

今回の北海道出資馬及び出資検討馬見学レポートは以上になります。昨年も5月に出資馬及び出資検討馬を見学させて頂き、結果として合計9頭出資させて頂き、現在楽しく応援観戦させて頂いております。2歳時に牧場で見学して会って触れた上で、以降デビューを迎えますと、より一層出資馬に対する思い入れが強くなるように思っていますので、今後もこの北海道出資(検討)馬見学は続けていきたいと思っています。今年は、新たにシルクHC及びワラウカドへ入会させて頂きましたため、ノーザンファーム空港・ノーザンファーム早来・吉澤ステーブルにおいても見学させて頂くことができました。各々育成牧場により、色々と違いもあり、各々当然活躍馬を出している訳ですので、そのような施設を拝見することができ、スタッフさんのお話を聞くことができることは、一競馬ファンとして、とても嬉しく思いますし、それだけでも一口馬主を始めて良かったなあと思っています。2015年産は現在7頭に出資しております。そして、もう1頭出資申込をさせて頂きました(^-^)連休明け正式に決定次第、後日、詳細は本ブログにて報告させて頂きます。また、こちらも後日になりますが、社台スタリオンステーション・ビッグレッドファームにも伺いましたので、見学した種牡馬の写真も本ブログにアップしたいと思っております(^-^)4回に分けて、長々とレポートを書かせて頂きました。ご拝読頂きました方々、誠にありがとうございました(*^^*)
スポンサーサイト
2017/05/07

北海道出資(検討)馬見学レポート(その3)

こんばんは。

プラチナムバレット
昨日の喜びも束の間、本日、右前橈骨遠位端の骨折が判明してしまいました。
出資者の方々においては、かなり落胆されていると思います。
年明け5戦目、中2週続きの4戦目。しかも、重賞での厳しいレースとなりましたので、結果としてこのような形になってしまいました。
上のクラスになればなるほど、仕上げもぎりぎりで攻める必要がありますし、そうしなければ勝つことも難しくなりますので、その分故障のリスクは高くなるとは思います。日本ダービーという最高峰のレースを目指し、出走できるところまで来た結果として、このような形になってしまった訳ですので、残念という他はないと思っています。
しかし、重賞を勝利して休養することができる訳ですし、手術が無事完了すれば、逆にいい休養になる可能性も十分にある訳ですので、プラスに捉えることもできると思います。本馬が良くなるのは、古馬になってからだと思いますので、まずは無事に手術が終わることを願い、北海道でいい休養を送ってもらい、一回り成長した姿で、今年の秋以降ターフに戻ってきて欲しいと思います(^-^)

さて本題になりますが、引き続きましては、ノルマンディーファームの見学レポートになります。
ノーザンファーム空港及びノーザンファーム早来においては、個別での見学案内の方法を取っておりました。吉澤ステーブルにおいては、見学が私だけでしたので、個別での見学案内となりました。ノルマンディーファームにおいては、私を入れて3組見学される方がおり、集団見学の方法を取っておりますので、結果として13頭見学させて頂くことができました。今回のレポートでは、私の出資馬及び出資検討馬5頭についてレポートさせて頂き、次の回で他8頭について、簡単にレポートさせて頂きたいと思います。

ノルマンディーファーム
P1030541.jpg

ラヴノット(出資検討馬)
父ノボジャック 母インマイラヴ 母父ダンスインザダーク
P1030544.jpg

P1030546.jpg

P1030545.jpg

[牧場の方のコメント]
・クラブのクボさんに案内をして頂きました。馬体重は463kg。育成のペースとしては早くはない。同じノボジャック産駒のブラゾンドゥリスよりは早くデビュー出来るかもしれない(ブラゾンドゥリスは12月中京デビュー)。
・気性面は全く問題ない。大人しくおっとりした性格をしているが、走りに前向きさがある。
・馬体面においては、まだまだ成長すると思う。
[私の印象]
・馬体面においては、華奢な面は否めないが、バランスの良い馬体をしていると思います。
・気性面においては、穏やかな感じがしました。
・血統配合としては、完全なダート馬なんですが、馬体・歩様を見ますと、芝馬のような印象を持ちます。まだまだ成長するお馬さんだとは思いますが、判断に難しい印象を持ちました。

シンシンパッションの2015(出資検討馬)
父タイキシャトル 母シンシンパッション 母父ヘクタープロテクター
P1030552.jpg

P1030554.jpg

P1030549.jpg

P1030553.jpg

[牧場の方のコメント]
・馬体重は505kg。オカダスタッドでは15秒ペースの調教も行っており、割と育成ペースが進んでいる方に入る。
・気性面においては、走りに前向きさを感じる。
・大型馬でありながら、動きについては、反応が良くスピードある動きをしている。
・適性においては、芝ダート問わず短距離戦での活躍になると思う。
[私の印象]
・馬体面については、タイキシャトル産駒らしく栗毛で映えの良い馬体していると思いました。まだまだ緩い感じですので、かなり成長の余地もあり、絞れて来れば、さらに雄大で映えのする良い馬体になると思います。
・歩様を見ますと、雄大な馬体にして、重々しさは全くなく、キビキビとした運動神経の良さそうな歩様をしていました。個人的には、かなり好きな動きをするお馬さんだと思いました。
・気性面については、短距離馬らしく前向きさのある気性をしていると感じました。
・馬体・歩様ともに私の好みだと思いました。デビューも秋くらいにはしてくれそうな感じの育成ペースですし、関東栗田博憲厩舎入厩予定でもありますので、前向きに出資検討したいと思いました。

ペルランドール(出資馬)
父スマートファルコン 母ホリデイトウショウ 母父タイキシャトル
P1030564.jpg

P1030567.jpg

P1030563.jpg

P1030568.jpg

[牧場の方のコメント]
・馬体重は472kg。一旦休ませていましたが、乗り込みを再開している。現在は通常メニューで調教を行っている。
・気性面は特に問題ない。私から臆病な面があるのですかと質問したところ、そんなことはないですよと答えて頂きました。
・適性としては、当然ダート戦での活躍を期待している。
[私の印象]
・馬体面においては、とてもバランスの良い馬体をしていると思いました。歩かせると、ダート馬らしい力強さを感じる歩様をしていました。5月生まれですし、このまま成長してくれればいいなと思いました。
・気性面においては、車の音にビックリしていた感じで、少し臆病なところがあるのかなと思っていました(質問ではそんなことはないと仰っていましたので、あくまで私の印象です)。同じ父スマートファルコン×母父タイキシャトルの出資馬シュエットヌーベルが臆病な気性で苦労していますので、そこは似ないで欲しいなあと思いました。
・デビューについては、あまり早くはないと思いますが、年内にはデビューして欲しいと思っています。ダート戦でコツコツと稼いでくれるお馬さんになってくれると期待しております。

ロワセレスト(出資馬)
父ルーラーシップ 母メルセダリオ 母父タニノギムレット
P1030570.jpg

P1030573.jpg

P1030574.jpg

[牧場の方のコメント]
・馬体重は502kg。大物感のある雄大な馬体をしている。まだ腰高な馬体ですし、これからどんどん成長していくと思う。
・デビュー時期は未定。適性についても、芝・ダート問わず、見えない部分が多分にある。
[私の印象]
・馬体動きともに、大物感・スケール感のあるものを感じました。
・気性面は、かなり煩い感じで、なかなか写真を撮るにも苦労しました。吉澤ステーブルさんでは、昨年のルーラーシップ産駒は難しいお馬さんが多かったと仰っていましたし、POG本では尾形先生が本馬について、気性面で難しい部分がありそうとも仰っていましたので、今回見た印象のままの気性である可能性も高いかなと思っています。ただ、ルーラーシップ産駒については、そんな気性であるなか、初年度産駒からしっかり走っていますので、本馬もその気性をプラスにして、大いなる活躍をして欲しいとも思っています。
・デビュー時期はあまり早くないのかなと思います。秋の東京開催でデビューしてくれればいいなとは思っています。
・適性については、芝・ダートを問わず活躍して欲しいと思っています。距離は中距離~クラシックディスタンスまで適性あると思っています。

セルヴァ(出資馬)
父アイルハヴアナザー 母オークルーム 母父ペンタイア
P1030581.jpg

P1030586.jpg

P1030583.jpg

P1030585.jpg

[牧場の方のコメント]
・馬体重は502kg。調教は順調に進んでいる。冬シーズンも含め、とてもいい毛艶をしている。内臓面の強さも持ち合わせていると思う。
・気性面については、半兄と比較して、とても落ち着いている。距離適性についても、ある程度融通がきくように思う。
[私の印象]
・馬体面については、馬体・動きともに、今回ノルマンディーファームで見学させて頂いたお馬さんのなかで、現状では一番本馬が良いと感じました。とてもバランスが良く映えのする馬体をしており、毛艶も良く、スケール感のある力強い歩様をしていると思いました。
・気性面については、程よく落ち着いている印象を持ちました。
・デビュー時期については、順調に調教が進んでいますので、秋の中山~東京開催ではデビューしてくれるのではと思っています。
・適性については、半兄2頭ともに芝適性が高いですからね。芝マイル~中距離くらいに適性があればいいなと思っています。

ツァイトライゼについてお聞きしたところ、ヴィアプライドとともに、一番早く育成が進んでいたため、5月2日にノルマンディーファーム小野町に移動しました。順調に育成が進めば、夏競馬でデビュー出来るのではと仰っていました。また、次に小野町へ移動する馬は、オカダスタッドにいるブライターデイズワイエムサチの2015の予定であり、それ以降の移動については、現状未定とも仰っていました。

続きましては、ノルマンディーファームでの出資馬・出資検討馬以外における見学レポートになります。
2017/05/07

北海道出資(検討)馬見学レポート(その2)

こんばんは。

続きましては、吉澤ステーブルの見学レポートになります。

吉澤ステーブル
P1030449.jpg

ラヴアンドバブルズの2015(見学馬)
父ディープインパクト 母ラヴアンドバブルズ 母父Loup Sauvage
P1030452.jpg

P1030456.jpg

P1030454.jpg

[牧場の方のコメント]
・ワラウカドさんから預からせて頂いた3頭は、さすが初年度募集だけあって、いい馬だと思います。
・馬体重は477kg。3頭のなかで、一番調教が進んでいます。15秒ペースの調教が進んでいます。
・非常に賢い馬で、物覚えもいいと思います。
・気性面は勝ち気なところがありますが、煩い訳ではなく、いい気性だと思います。矢作先生に聞いたところ、全兄ディープブリランテも普段は手の掛からない気性をしているが、レースに行くと、ガッと行く面を見せていた。本馬も似たところがあるように思う。
・馬体・動き・気性全てにおいて、高いレベルの馬だと思う。
[私の印象]
・馬体は、バランスも素晴らしいですし、とても映えの良い馬体をしていると思います。馬体・歩様ともに、惚れ惚れするレベルだと思います。
・歩様については、ディープインパクト産駒らしい柔軟性も感じますし、いい歩様していると思います。
・秋くらいのデビューが出来そうな感じでしたし、クラシックへ乗ってくる可能性は十分にあるお馬さんだと思いました。
・金銭面で出資はできませんが、今後どのような走りをしてくれるのか、注目して見たいと思っています。

バブルドリームの2015(出資馬)
父キングズベスト 母バブルドリーム 母父Akarad
P1030465.jpg

P1030468.jpg

P1030462.jpg

[牧場の方のコメント]
・馬体重は468kg。15秒ペースで調教が進んでいます。ラヴアンドバブルズの2015よりは調教ペースが少し遅れているので、当初は一緒に調教すると苦しい部分がありましたが、現状は問題なく一緒に調教が出来ている状態にあります。
・当初口向きの悪い面を見せていましたが、改善傾向にあります。
・気性面については問題ありません。飼い葉食いも良く、馬体はまだまだ成長すると思います。
キングズベスト産駒は動きが重い感じの馬が見受けられるが、本馬には全くそんなところが見られない。軽さのあるとてもいい動きをしている。
[私の印象]
ラヴアンドバブルズの2015と比較しますと、大分緩い馬体をしていますが、かなりバランスの良い馬体をしており、運動神経の良さそうな歩様をしていると感じました。
キングズベスト産駒にありそうな重い感じの動きではなく、血統配合通り、芝に適性のありそうな歩様をしているように思いました。
・気性面も問題がなさそうで、血統配合通り、芝長距離に適性を見いだせるように思いました。
・デビューは年内くらいかなと思いますが、実馬を見て、期待値が上がった1頭となりました。とても楽しみだと思っています。

タイキクラリティの2015について
[牧場の方のコメント]
・馬体重は511kg。調教は15秒ペースを始めたばかり。3頭のなかでは一番遅いペース。
オルフェーヴル産駒は総じて気性的に難しい馬が多いんですが、本馬はそんなところもなく、若干慎重な部分があり、慣れるまで少し時間が掛かる面はありますが、1回理解すれば全く問題はありません。気性面は問題ないと思う(昨年は、ルーラーシップ産駒に総じて気性面が難しい馬が多かったとも仰っていました)。
・馬体についてはまさに男勝りな馬体。まだまだ緩いので、馬体重は絞れると思うが、飼い食いも良く雄大な馬体をしている。
・牝馬は飼い食いが細くなることが多く、馬体の回復に時間が取られることが多いので、本馬の雄大な馬体は大きなメリットだと思う。

〇昨年、日高育成牧場を見学させて頂いた際、浦河BTCも見学させて頂きました。素晴らしい施設ですので、その施設を利用し、育成を行うことで、ゴールドシップ等素晴らしい活躍を見せるお馬さんを、吉澤ステーブルさんは輩出しているんだと思います。案内して頂いたスタッフの方を中心に、とても素晴らしい対応をして頂きました。話を伺うだけでも、しっかりと育成して頂けていることが理解できました。出資させて頂いているバブルドリームの2015については、今回の見学で想像以上にいい馬体・動きをしていることが確認できましたので、どんな活躍をしてくれるか大いに楽しみにしております(^-^)

続きましては、ノルマンディーファームの見学レポートになります。
2017/05/07

北海道出資(検討)馬見学レポート(その1)

こんばんは。

プラチナムバレット
本日京都新聞杯見事勝利しました。ノルマンディー初の中央重賞制覇。出資者の皆様、ほんとにおめでとうございます!
河内先生のコメントでは、まずは馬の状態を最優先で考え、可能であれば、日本ダービーへ出走する方向とのことですね。本格化は秋以降でしょうから、馬の状態最優先がいいと思います。ただ、日本ダービーはほんとに特別なレースですからね。18頭のなかに入れるだけで、ほんとに名誉なことですからね。スターズファンドのみの出資馬ではありますが、日本ダービーで見てみたいとも思っています(^-^)

さて本題になりますが、5月4日・5日にて北海道へ出資馬・出資検討馬の見学に行ってきました。
4日がノーザンファーム空港~ノーザンファーム早来、5日が吉澤ステーブル~ノルマンディーファームにて見学させて頂きました。
見学レポートについて、上記の見学順において、数回に分けて書かせて頂きたいと思います。
まずは、ノーザンファーム空港及びノーザンファーム早来の見学レポートになります。

ノーザンファーム空港
P1030434.jpg

P1030433.jpg

グローリーヴェイズ(出資馬)
父ディープインパクト 母メジロツボネ 母父スウェプトオーヴァーボード
P1030424.jpg

P1030432.jpg

P1030422.jpg

P1030429.jpg

[牧場の方のコメント]
・事務所に伺いますと、場長の菅谷さんにお出迎えをして頂きました。かなり恐縮してしまいました(^^;)「メジロツボネの見学ですよね。(ここに来て)かなり良くなっていますよ。期待して下さい」と仰って頂きました。
・事務局の宮崎さんに案内して頂きました。馬体重は463kg。15秒ペースまで調教が進んでいる。調教を進めていくなかで、馬体重が増加傾向にあるので、いい傾向にあると思う。
・まだ腰高な馬体をしているので、まだまだ馬体の成長が見込めると思う。
・もともと、デビュー時期は秋くらいを見込んでいたので、現在の調教ペースはいいペースだと思う。秋の東京開催くらいのデビューを目指したい。
・気性についてはとても扱いやすい。全く手の掛からない仔。
・適性については、母父スウェプトオーヴァーボードがどのように出るかが未知な面であり、母がレイクヴィラファームの馬なので、分からない面があるが、芝マイルくらいが適性か、中距離くらいまでは適性があるかもしれない。
[私の印象]
・馬体のバランスが素晴らしいお馬さんだと思います。
・歩いている姿を見ますと、硬さは感じませんでした。宮崎さんも現在は硬さは感じられないと仰っていました。
・気性面については、まだ幼い面はありますが、とても扱いやすいという面を感じることができました。ただ、穏やか・大人しいという感じではなく、オンオフのスイッチがしっかり入りそうな印象を持ちました。
・現状でも付くべきところに筋肉が付いてきており、いい馬体していますが、まだ腰高で馬体の成長が見込めると思いますので、もう一回り大きくなってくれれば尚よいと思います。
・個人的には、母系のメジロライアンメジロラモーヌを中心としたメジロ血統に強い想いがありますので、本馬には高い期待を持っておりますが、実馬を見た印象としては、期待に応えてくれる走りをしてくれるのではないかと感じることができました。いいお馬さんだと思います。

〇ノーザンファーム空港のC-1厩舎は、オルフェーヴルジャスタウェイリアルインパクトネオリアリズム等が居た厩舎だそうです。本馬もそれらのお馬さんに続く活躍を見せてくれればと期待しております(^-^)

ノーザンファーム早来
スターヴォヤージ(出資馬)
父ステイゴールド 母ターシャズスター 母父Spanish Steps
P1030439.jpg

P1030446.jpg

P1030437.jpg

P1030445.jpg

[牧場の方のコメント]
・事務所に伺いますと、丁度兵庫チャンピオンシップの発送時間であったため、スタッフの皆さんと一緒に、観戦させて頂きました。皆さん当然リゾネーターを応援しておりましたが、残念な結果になってしまいました。
・事務局の宮本さんに案内して頂きました。馬体重は443kg。16秒ペースまで調教が進んでいる。馬体の成長を促しながら、調教を進めている。
・馬体の成長を見ながら、調教を進めており、まだまだ成長すると思っている。馬体重については、420kg~430kgくらいでのデビューになるのではと思っている。
・デビュー時期については、秋くらいだと思っている。秋の中山開催~東京開催くらいにデビューさせたいと思っている。
・馬体面については、半姉アズールムーンとは全く違う。父ステイゴールドの特徴を強く受け継いでいると思う。母ターシャズスターの繁殖能力が高いことは分かっているので、半姉と違う父寄りの馬体にでている本馬がどのような走りをするのかと思っている。
・気性面については、全く煩いところを見せていない。ステイゴールド産駒らしくなく、かなり素直な性格をしている。調教を進めていくなかで、煩いところを見せないか、注意をして進めている。
・適性については、半姉アズールムーンよりは、距離は持つように思う。芝マイル、中距離くらいまで持つかもしれない。
[私の印象]
・馬体は、非力な面は否めませんが、とてもバランスの良い馬体をしたお馬さんだと思います。
・気性面は、全く煩いところがありませんでした。写真を撮る際も、全く苦労をしませんでした。私との写真では、思い切りカメラ目線ですからね。
・歩様には柔軟性があり、父ステイゴールドが強く出ているように思います。
・母ターシャズスターの繁殖能力の高さを買い、出資させて頂いたお馬さんです。父ステイゴールドの特徴を引き継いだ馬体をしておりますので、馬体重も大きくならないと思います。半姉とは大分違うタイプのお馬さんになると思いますので、そこがプラスに働くかマイナスに働くかがポイントだと思います。プラスに働けば、距離の融通はきくと思いますので、大きいところが狙える可能性も十分にあると期待しております。

〇帰る際においては、営業部長の中尾さんに見送って頂きました。ノーザンファーム空港・早来ともにですが、とにかくスタッフの方の教育が素晴らしく行き届いていると感じました。日本一の育成牧場でありますが、スタッフの方の質も同様であると感じました(^-^)

続きましては、吉澤ステーブルのレポートになります。