2017/05/13

5/13レース結果

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているビターレのデビュー戦、京都3歳未勝利ダート1400m戦への出走、ブラックジェイドの6戦目、京都3歳500万下ダート1800m戦への出走、及び、キャラメルフレンチの7戦目、新潟はやぶさ賞(3歳500万下)芝直線1000m戦へ出走しました。

ビターレ
★5/13(土)京都・3歳未勝利(ダ1400m) 馬体重:436kg
藤岡康太騎手 結果16着(13人気)

「スタートの芝の部分の走りもスムーズで、その後の二の脚も利き、スピードに乗っていましたよ。道中で砂を被って頭を上げながらも、やめるようなところはありませんでした。最終コーナーで14番の馬(ラインゼウス)が外側に膨れてきて、後ろから接触されバランスを崩してしまったので、最後の直線は無理していません。右前と左後脚に外傷を負っていますが、おそらく大事には至っていないと思います。今日がデビュー戦ということを考えても、この不良馬場で前向きに走れたことは評価していいですし、不利を受けなければ渋太く粘れていたのではないでしょうか。もったいない競馬でした。使いながら体力がつきレース慣れすれば、そこそこやれそうですよ」(藤岡康太騎手)


ブラックジェイド
★5/13(土)京都・3歳500万下(ダ1800m・混) 馬体重:524kg
太宰啓介騎手 結果5着(1人気)

「キレる脚が使えないのでハナが理想でしたが、内の馬も速かったですし、芝の時と比べて行きっぷりがいまひとつでしたね。3コーナー手前から前を捕まえに行こうとしたのですが、ガツンと来るような手応えがなく、逆に怪しくなっていました。ご期待に応えることが出来ずに申し訳ありません。いずれにしてもダートであれば、パワーを要し時計の掛かるパサパサの馬場が合っていると思います」(太宰啓介騎手)


キャラメルフレンチ
★5/13(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m・混) 馬体重440kg
中井裕二騎手 結果7着(15人気)

「ギリギリまで我慢させたのですが、最後の50mは甘くなってしまいました。それでもスピードをいかした千直は合ってますね。千直にこだわって狙って使っていくのも良いかもしれません。1200を使うのであれば、ブリンカー着用でグッと集中させた方が良いでしょう。千直の場合だとブリンカーは前半力んでしまう可能性があるので、チークでちょうど良いと思います」(中井裕二騎手)


まずは、ビターレのデビュー戦。
厳しいレースになりました。4.9秒差のしんがり負け。何とかタイムオーバーは真逃れました。スタートを切ってから、中団やや後ろの外目でずっと追い通し、4角入る時点では後方に下がり、そこで後ろの馬と接触し、直線は追わなかったようなレースだったと思います。接触がなければ、1秒~2秒くらいは詰められたかもしれませんね。藤岡康太騎手のコメントからは、思った程厳しいコメントは出ませんでしたが、未勝利戦があと4ヶ月程度で終わる時期を考えますと、この後1戦~2戦で大きな変わり身を見せないと、かなり厳しい結果が待っているように思います。次走の変わり身に期待したいと思っています(^-^)
ブラックジェイド
これはかなり残念な結果になってしまいました。スタートからあまり行きっぷりは良くなく、2番手を追走していましたが、4角の手応えからは既に勝ち負けできるものではありませんでした。直線は粘り切るレースができず、0.9秒差の5着となりました。太宰騎手のコメントからは、時計の速い脚抜きのいいダートコースはあまり得手ではないということだと思います。乾いたダートコースであれば、変わってくるとは思います。今回にしても、1秒は負けていない訳ですので、500万下を勝ち抜けるのは時間の問題だとは思っています。続戦するのであれば、中2週で6月4日東京3歳以上500万下ダート2100m戦又は中3週で6月11日阪神3歳以上500万下ダート2000m戦を使ってみて欲しいように思います。京都・阪神ダート1800m戦よりも適性があるように思います。続戦しないのであれば、一旦短期放牧に出してもらい、未勝利戦を楽勝し、血統配合からも鬼だと思われる7月中京開催のダート1800m戦又はダート1900m戦を使ってもらいたいと思います。本馬が本格化するのは、もう少し先だと思いますので、現状は状態を最優先に考えて頂き、出走してもらえればと思っています(^-^)
最後にキャラメルフレンチ
0.9秒差の7着でした。結果は掲示板を外してしまいましたが、これまでのレース内容からしますと、かなり収穫があったレースだったと思います。スタートダッシュ良く逃げる競馬をしました。新潟芝直線1000mで逃げるスピードがあるということは、本馬のこれからにおいて大きな武器になると思います。今回の状態でも、外枠を引いて、ラチを頼る競馬が出来れば、十分に掲示板内に入れる可能性があったレースだったと思います。最後の100mは完全に甘くなってしまいましたね。本馬が本格化するのは、古馬になってからだと思いますので、その際は芝ダート問わず1200m戦で勝負できると思っていますが、現状では、新潟芝直線1000m戦は最適な条件であるように思います。現状では、馬体重がギリギリなように思いますので、一旦放牧し馬体を膨らませてもらい、夏の新潟開催、芝直線1000m戦を狙って使ってもらいたいと思います。まだまだこれから成長するお馬さんだと思いますので、本馬も状態最優先でレースを使ってもらいたいと思います(^-^)

明日は、いよいよアナザートゥルースが青竜Sに出走します。
専門誌を見た感じからは、3人気~5人気くらいでしょうか。全般的には、持ち時計がないため、時計勝負になった際不安という評価でしょうか。評価の高い方のコメントでは、サウンドトゥルーの下という血統背景を評価していたり、前走の走法から東京ダート1600mが合うのではないかといったコメントもありました。
明日は重馬場くらいのような感じがします。時計が速くなるでしょうから、時計勝負になった際の不安があるという点は、勿論あります。ただ、本馬は素晴らしいレースセンスしていますし、4ヶ月在厩でかなり成長もしていると思います。勝負根性もありますし、全く底を見せていないとも思います。そして、サウンドトゥルールールソヴァール等の下という素晴らしい血統配合をしたお馬さんですので、条件が変わりクラスが上がっても、適応する可能性も高いように思います。前走については、かなり特殊なドスローペースの逃げで展開に恵まれたとは思います。ただ、ドスローな展開のなかでの2馬身差は決定的な差だとも思います。しかも、追い込んできたサノサマーとともに上がり最速36.7秒で纏めています。オープンクラスで戦える勝ちっぷりだったと思っています。しかも、前走2着・4着・6着馬が既に500万下を勝ち抜けています。レースレベルは高かったと言えると思います。青竜S、不安よりも期待の方が大きいレースだと思っています。十分勝ち負けできると思っています。勝って3連勝となりますと、かなり大きく夢が広がります。明日は、口取り申込が出来ていますので、東京競馬場で現地観戦し、精一杯応援したいと思います(*^^*)
スポンサーサイト