2017/07/15

7/15レース結果

こんばんは。

今週は、ノルマンディーで出資させて頂いている2歳馬ツァイトライゼのデビュー戦、福島2歳新馬ダート1150m戦への出走、及び、3歳馬ホウロクダマの9戦目、中京3歳未勝利ダート1200m戦へ出走しました。

ツァイトライゼ
★7/15(土)福島・2歳新馬(ダ1150m) 馬体重:418kg
石川裕紀人騎手 結果14着(11人気)

「スタートもそこまで遅くなかったですし、ダートに入るまでの芝もそつなくこなしてくれました。ただ、他馬が押し寄せ、砂を被るようになると苦しそうに頭を上げ、右に右に行こうとするので、手綱を外に引っ張ったところ、左のハミをガツンと噛んでしまって…。内ラチを跨ぎそうな勢いで、内にモタれるような走りになってしまい、それを修正し真っ直ぐ走らせることに精一杯で何もできなくて申し訳ないです。まだトモが甘いですし、体がしっかりしてくればハミ受けも変わってくると思います。これだけ右に張ってしまうなら、左回りを試してみてもいいかもしれませんね」(石川裕紀人騎手)


ホウロクダマ
★7/15(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・混) 馬体重:536kg
M.デムーロ騎手 結果7着(4人気)

「スタートがあまり良くなかったですね。4コーナーまではスムーズに追走できましたが、前半から時計が速かったこともあり、直線に入ってからヒューヒューとノドが鳴り始めました。苦しかったのでしょう、テンパってしまったようで、手前を替えることもできませんでした…。背中の感触や走りからは、勝ち上がる力はあると思います」(M.デムーロ騎手)


ツァイトライゼ
私にとっては、2015年産出資馬のデビュー戦になりました。
パドックを見てまず思ったのは、馬体重418kg!?北海道では475kgまであった馬体重が418kgでのデビュー。馬体を見た印象からもあと30kgくらいは欲しいのではと思いました。返し馬では、前向きに走ろうとする気持ちは見られますが、口向きが悪いことと走りがバラバラ特に後肢が付いていっていないように見えました。
スタートは少し遅い程度、2番のお馬さんに少し寄られましたが、中団くらいを追走する形になりました。しかし、砂を被ってか少しづつ後退、3角~直線まで全く追うところがなく、3.8秒差の14着となりました。コメントを拝見し、パトロールビデオを拝見した限り、内ラチへ酷くモタれる走りをしていますね。石川騎手の仰る通り、内ラチにぶつかりそうなレベルでモタれていますね。ですので、全く追うシーンがなく、ただ回ってきただけのレースとなってしまいましたね。私としては、寂しい馬体重及びハミ受けの矯正が必要な状態ですので、一旦は小野町へ戻した方が良いように思います。前向きな気性面はレースにプラスになると思いますので、体がしっかりしてくれば、一変もあり得るように思っています。馬体の成長を促し且つハミ受けの矯正を行い、再度レースを使った方がいいように思います。ただ、ノルマンディーですので、続戦もあり得るのかなとも思います。続戦であれば、左回り新潟ダート1200m戦になると思います。7月29日及び8月13日に新潟2歳未勝利ダート1200m戦がありますね。何れにせよ、馬体が成長してくれば、変わってくるお馬さんのように思っています。
ホウロクダマ
スタートは今一歩。道中は脚を溜めるレースをしていましたね。4角~直線入る際は一瞬ガツんと来る感じが見えましたが、そこからは全く伸びを見せずに、2.0秒差の7着となりました。ミルコ・デムーロ騎手のコメントからは、喉鳴りの影響のようですね。。。これは厳しいですね。未勝利戦終了まであと約2ヶ月程度。どのような選択をするのでしょうか。私としては、地方競馬の交流戦を使って欲しいと思っています。ダート1200~1400m戦がいいですね。メンバーも弱化し、時計の掛かるレースになるので、勝ち上がる可能性が高くなると思います。喉鳴りというリスクは付きまといますが、次走が未勝利戦勝ち抜けラストチャンスになる可能性が高いように思います。喉鳴りがあまり進行していないことを願い、次走の選択を見守りたいと思っています。
スポンサーサイト
2017/07/15

2歳馬・3歳馬出走(2017.7.15)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
2歳馬ツァイトライゼのデビュー戦及び3歳馬ホウロクダマの9戦目になります。

ツァイトライゼ
☆7/15(土)福島・2歳新馬(ダ1150m)石川裕紀人騎手

12日(水)に南Dコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、68.5-52.7-38.5-13.0を強目に追い切りました。「本番を意識して今週はダートコースで追い切っています。コースを変えたことにより先週と比較して楽そうに走れていますし、併せた相手に対して先着できたことは評価できますね。まだ芯がしっかりしきれていないが故に走りのバランスが良くなってくるのはこれからになりますが、走ることに対して前向きな姿勢を見せてくれているのは良いことです。追い切り後の疲労感もなく元気にしており、状態や動きなど総合的に判断して今週末のデビューとなりました。ゲートが抜群に得意というわけではないので、明日練習をして本番に備えます」(田島俊明調教師)


ホウロクダマ
☆7/15(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・混)M.デムーロ騎手

12日(水)に坂路コースで4ハロン55.2-40.3-26.0-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「中1週なのでテンは15-15で入って、終いだけ仕掛けてサッと伸ばしました。前走時の最終追い切りよりも加速がスムーズで、動きそのものもキビキビと映ります。気負いも抜け、いい意味でリラックスしていて、一度叩いた効果は顕著ですね。スタートでトモを滑らせた前走のようなみっともない競馬にはならないはず。ここ2戦連続して騎乗してくれた祐一君が乗れないのは残念ですが、デムーロ騎手なら不足はありません。抜けた馬が見当たらない今回こそ何とかしたいですね」(中竹和也調教師)


ツァイトライゼ
私にとって、2015年産のデビュー戦になります。いよいよ2歳馬の競馬が始まるなあととても楽しみにしております。新聞を見ますと、ほぼほぼ無印ですね(^^;)田島先生のコメントを見ても、完全に使ってからという感じですね。この状態で、どこまでレース出来るのか楽しみにレースを拝見したいと思っています(^-^)
ホウロクダマ
前走は出遅れながら、見どころのあるレースをしてくれたと思います。叩き2走目、叩いた効果は大きいようですし、鞍上はミルコ・デムーロ騎手。大事な一戦になりますね。前走の福永騎手のコメントからも、中京ダート1200mコースは適性がありそうですし、メンバー構成からは上位拮抗の一戦だと思います。スタートさえ決まれば、勝ち切れるメンバーだと思いますので、勝ち上がりを期待して、グリーンチャンネルで観戦したいと思っています(^-^)