2017/07/30

7/29・30レース結果

こんばんは。

今週は、ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬ビターレの3戦目、札幌3歳未勝利ダート1000m戦への出走、及び、3歳馬ブラックジェイドの8戦目、札幌3歳以上500万下ダート1700m戦へ出走しました。

ビターレ
★7/30(日)札幌・3歳未勝利(ダ1000m) 馬体重:436kg
藤岡佑介騎手 結果8着(5人気)

「大人しい馬なので、ゲート内でも落ち着いていましたが、まだトモに緩さがあって機敏なスタートは切れませんでした。この距離はやや忙しかったですが、出てからはジワッとスピードに乗っていけました。馬場の外目から上がっていこうかとも考えましたが、無理せずに内で脚を溜めて直線勝負にかけました。何とか優先出走権は確保したかったのですが、脚を溜めた割には終いの伸びがもう一息でした」(藤岡佑介騎手)


ブラックジェイド
★7/30(日)札幌・3歳上500万下(ダ1700m・混) 馬体重:516kg
横山典弘騎手 結果3着(1人気)

「久々のせいか、返し馬に跨った感触からは前走の方が出来は良かったね。スタートしても脚が出ず、あの位置取りに。向正面で捲り気味に上がっていって、直線でもよく粘っていたけど、最後は休み明けの分と多少ノドを気にしていて、苦しくなってしまった」(横山典弘騎手)


ビターレ
パドック周回では、落ち着いて外目を周回しており、いいように見えました。
スタートは完全に1完歩出遅れましたね。ダート1000m戦では、この時点でほぼ勝利は厳しいレースとなりました。離れた最後方で脚を溜めるレースをします。直線入り、内目を突くレースをして、1.1秒差の8着となりました。上がり時計自体は、1番時計(2頭)となりました。
ダート1000m戦は、明らかに距離不足のように感じました。使って行けば、慣れは見込めるんでしょうが。スタートが速くないですし、この条件で勝ち抜けるのは厳しいのかなと思いました。次走については、札幌で続戦になると思いますので、それであれば、札幌ダート1700m戦を使って欲しいように思います。少し距離が長いようには思いますが、中団くらいで上手くなだめて脚を溜める競馬が出来れば、チャンスはあるのではないかと思います。何れにせよ、札幌ではあと2戦程度だと思いますので、何とか未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと願っています。
ブラックジェイド
パドック周回は、とても良かったと思います。このクラスでは、完全に1枚上の馬っぷりをしていると思いました。
スタートはあまり出ず、中団前くらいで1コーナーを回ります。向正面で外目から上げていき2番手追走となります。内目の逃げ馬より手応え良く4コーナー入りましたので、勝ち負けを意識してレースを見ましたが、そこからは苦しいレースになり、逃げ馬も抜くことが出来ず0.8秒差の3着となりました。
明らかに息が出来ていない感じのレースだったと思います。昆先生のコメント通りですね。能力だけで3着に来た感じだと思います。適性についても、岡田牧雄氏の仰る通り、芝長距離にあるように思います。芝長距離で速めマイペースで逃げるレースがいいのかなと感じます。横山典騎手の「多少ノドを気にして・・・」とのコメントはとても気になりますが、今回が実戦を使っての調教変わりだと考えるのであれば、(状態に問題なければ)次走は連闘がいいように思います。8月6日札幌3歳以上500万下芝2600m戦を使って欲しいと思います。500万下で留まっているレベルのお馬さんではないと思いますし、1回使っての変わり身も大きく見込めると思いますので、次走では勝利を期待したいと思っています。
2頭ともに、お疲れ様でした(^-^)
スポンサーサイト
2017/07/30

シルクホースクラブ募集馬見学ツアー(その2)

こんにちは。

シルク募集馬見学ツアーレポートのその2になります。

【ノーザンファームY9&Y10】
フサイチパンドラの16
P1030906.jpg

メジロフランシスの16
P1030909.jpg
いい歩様をしていると思いました。

ブラックエンブレムの16
P1030911.jpg
気性面は大人しい。内に秘めたものを持っていると思う。素質馬らしい雰囲気があると思う。この母産駒において、馬体が大きく出たことは良いように思うと仰っていました。現状の馬体・動きを見て、特にいいなあとは思わないんですが、実馬を見た印象として、自分好みないい雰囲気(及び馬体のバランス)をしているように思いました。

グランプリエの16
P1030913.jpg

ラッドルチェンドの16
P1030914.jpg

ツルマルワンピースの16
P1030915.jpg

トップライナーⅡの16
P1030916.jpg

【ノーザンファームY11&Y12】
アーデルハイトの16
P1030920.jpg

ケアレスウィスパーの16
P1030924.jpg
堅実に走ってくれると思う。3勝程度は見込めるように思うとのこと。なかなかいいように思いました。

ショアーの16
P1030927.jpg
鹿戸先生が評価していたと仰っていました。なかなかいいように思いました。

リアアントニアの16
P1030932.jpg
いい馬体していると思いました。

プチノワールの16
P1030934.jpg
いい馬体していると思いました。

レジェンドトレルの16
P1030935.jpg

バラダセールの16
P1030939.jpg
いい馬体していると思いました。

ターシャズスターの16
P1030940.jpg

ヒカルアマランサスの16
P1030944.jpg
いい動きをしていると思いました。

モシーンの16
P1030946.jpg


レポートは以上になります。最後まで拝読頂き、ありがとうございました。
現状で人気のお馬さんは総じて、いい馬体しているなあと思うお馬さんが多かったように思いました。
今回の先行募集においては、2頭~3頭の申込みを考えております。粗方は決めることが出来たと思っています。明日中に出資申込みを行いたいと思っています。
2017/07/30

シルクホースクラブ募集馬見学ツアー(その1)

こんにちは。

引き続き、シルク募集馬見学ツアーについて、簡単なレポートを書かせて頂きます。
レポートと言いましても、ほぼ写真だけになります(^^;)
牧場スタッフさんのコメントを聞けたお馬さんについては、コメントも記載しております。私の印象についても、一部のお馬さんについては、少し書かせて頂いております。

早来ファーム
プリモスターの16
P1030835.jpg
いい馬体をしていると思いました。

シルキーラグーンの16
P1030836.jpg
気性面は大人しいとのこと。成長曲線はゼーヴィント同様早くはなさそうとのこと。馬体は小さいですが、とてもバランスの良い馬体だと思いました。7,000万円でクラシック向きではないため、出資し難い面はありますが、とてもいいお馬さんだと思いました。

スナッチドの16
P1030837.jpg
いい馬体していると思いました。

ルシルクの16
P1030842.jpg

ウインフロレゾンの16
P1030843.jpg

キューティゴールドの16
P1030846.jpg

ゴールドティアラの16
P1030847.jpg
気性面は大人しいとのこと。とても人懐っこく可愛らしいお馬さんでした。

シルクユニバーサルの16
P1030849.jpg

ノーザンファームY5&Y6
シーイズトウショウの16
P1030855.jpg
術後経過は良好。今後の影響はないとのこと。現状、筋肉が落ちてしまっているが、今後の育成で十分カバーできるとのこと。気性面は普段は穏やかだが、ダイワメジャー産駒らしくピリッとしたところがある。芝短距離~マイルが適性だと思うとのこと。適性がはっきりしている馬体だと思いました。ダイワメジャー産駒らしい馬体をしていると思いました。

リードストーリーの16
P1030867.jpg

ロジャーズスーの16
P1030868.jpg

アンナヴァンの16
P1030872.jpg

ヒッピーの16
P1030873.jpg
いい馬体をしていると思いました。

ウルトラブレンドの16
P1030875.jpg
いい馬体をしていると思いました。スタッフの方が褒めている声が多かったように思います。

ロザリンドの16
P1030876.jpg

ビアンカシェボンの16
P1030877.jpg

スカイクレイバーの16
P1030880.jpg
気性面は大人しい。賢いとも仰っていました。兄姉は地方での活躍が目立つが、本馬は栗東高野厩舎へ入厩予定、期待が高いように思うとのこと。DVDでの動きがいいなあと思っていましたが、実馬を見ても同様の印象。素晴らしい馬体・動きをしていると思いました。

ノーザンファームY3
サロミナの16
P1030889.jpg
パワーのありそうないい馬体していると思いました。

シェアザストーリーの16
P1030891.jpg

ヴィヤダーナの16
P1030893.jpg

ラトーナの16
P1030894.jpg

ユキチャンの16
P1030897.jpg
初めて白毛馬をこんなに間近で見ました。

サマーハの16
P1030898.jpg
映えのいい大物感のある馬体をしていると思いました。芝でも走れそうな印象を持ちました。

ウイングステルスの16
P1030900.jpg
気性面は気が強いとのこと。この血統で日本の競馬に適性があるかどうかは走ってみないと分からないですねと仰っていました。


その2に続きます。
2017/07/30

北海道出資馬レポート

こんにちは。

7月27日~28日に掛けて、北海道へ出資馬見学(ノルマンディー・ワラウカド)及びシルクツアーへ参加しました。
簡単なレポートを記載したいと思います。
まずは、出資馬見学レポートになります。

オカダスタッド
P1030802.jpg

アナザートゥルース
父アイルハヴアナザー 母キョウエイトルース 母父フジキセキ

P1030792.jpg

P1030797.jpg

・馬体重は492kg。
・パドック放牧とウォーキングマシンでの運動で調整。
・暑さに堪えることもなく、元気いっぱいな感じでした。まだまだ未完成ではありますが、やはりいい馬体していますね。北海道に居る間に、もう10kg~20kgくらい太らせていいように思います。
・現状では、復帰時期は全くの未定ですが、冬の中山開催あたりかなと勝手に思っています。

パカパカファーム
ブローインバブルス
父キングズベスト 母バブルドリーム 母父Akarad

P1030805.jpg

P1030810.jpg

P1030816.jpg

・ワラウカドさんの事務所内(元賀張小学校)にある応接室(ラウンジ)で待たせて頂き、そこからパカパカファームさんに伺いました(応接室(ラウンジ)へは私が初めて会員として入らせて頂いたとのことでした。まだ、未完成な状態ではありましたが、とてもいい感じのお部屋でした(^-^))。
・疲れが出たとか体調を崩したとかではなく、馬体の成長に対して筋肉の成長(特に後肢(トモ)の成長)が追い付いていないため、パカパカファームに戻して、ふっくらさせたいとのことでした。期間に関しては全く決めてはいないが、1ヶ月程度が目安とのことでした。
・明るい時間帯は、放牧及び軽い運動を行い、暗い時間帯は厩舎内で過ごしているとのことです。牧場自体が結構高低差のある土地にありますので、その高低差のあるところを歩いたり、軽いキャンターをしたりしているようです。
・気性面は穏やかな感じで、とても人懐っこい性格でかわいらしいお馬さんでした。体力面がしっかり付いてくれば、芝中距離~長距離に適性があるように思います。牧場長さんも、しっかり体力が付いて、トモを中心に成長してくれば、走ってくるように思うとのことでした。デビューに関しては、年内に間に合えばという感じでした。
・ワラウカドさん及びパカパカファームさんのスタッフの方々には、明るく丁寧な対応をして頂きました。昨年のツアーのときも感じましたが、とてもおもてなしの心を持った方々だと思いました。ほんとに、ありがとうございました!

吉澤ステーブル
P1030817.jpg

レイロー
父オルフェーヴル 母タイキクラリティ 母父スペシャルウィーク

P1030825.jpg

P1030828.jpg

P1030832.jpg

・馬体重は518kg。
・気性面はテンションが高くなることはあるが、何かしてやろうという感じではなく、走りに前向きな気性だと思います。
・歩いている姿よりも、走らせている姿の方が断然に良く見える。
・デビュー時の馬体重は、470kg~480kgくらいだと思う。
・現在、飼葉食いは問題ない。馬体重のある馬だし、厩舎に入ってからも、友道先生が上手く管理してくれると思う。
・パカパカファームの牧場長さんが10日前くらいに見に行ったとのことで、「馬体重が増えているなか、馬体はシャープになっており、とてもいい馬体をしている。気性面も良くなっている」と仰っていました。
・ハミ受けを変えていたようで、とても大人しかったです。歩かせてもゆっくり歩いていました。吉澤ステーブルのスタッフさん曰く、ハミが効きすぎてしまったかなと苦笑いされていました(^^;)ただ、写真を見て頂いても分かります通り、とても映えのする馬体をしていると思います。何か大物感のある馬体をしているように思いました。気性面がいい方に向けば、かなり走ってくると期待を持っています。ワラウカドのスタッフさんと話をした感じでは、デビュー時期は、秋の京都開催くらいが目途かなと感じました。


牧場の関係者の皆様、ありがとうございました!
続きましては、シルク募集馬ツアーについて、簡単にレポートさせて頂きたいと思います。