2017/01/27

3歳馬近況(2017.1.27)

こんばんは。

ノルマンディーの馬名投票、29日(日)までですね。まだ、投票を済ませていませんので、この週末しっかり考えて、投票させて頂きたいと思います(^-^)

ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2017年1月27日
在厩先:山岡トレセン
馬体重:524kg
「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本を17~18秒ペース(週二回程度は15秒ペース)で調整中です。ソエの方も全く気になりませんし、乗り込みが進むにつれて馬体も引き締まってきた印象で、ここまでは至って順調に推移しています。来週中頃に13秒ペースの時計消化を予定しており、帰厩に向けて更なるペースアップを図るつもりです」(担当者)


ソエも問題なく、至って順調なようですね。次走は芝を試すんでしょうか。2月最終週からの阪神開催を目標に進めると思いますので、次走の選択を楽しみに待ちたいと思います(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2017年1月27日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
☆2/1(水)川崎・アメジストフラワー賞(ダ1400m)内田博幸騎手

22日(日)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.3-39.7-26.2-12.9を一杯に追われ、27日(金)には北Cコースで5ハロンから併せ、69.3-53.6-39.8-13.0を強目に追い切りました。「本番を想定して今朝は北調教馬場Cコース(左回りダート)で追い切りましたが、この中間も変わらず動きはいいですよ。丸みを帯びた馬体でフックラとしており、体調面も良好に映ります。今週の東京・牝馬限定ダ1400m戦が権利持ちを除き、出走間隔6節で抽選となっており、目標としている来週の同じ条件への出走も微妙な状況です。そのため、クラブ側とも相談して選出された地方交流競走の2/1(水)川崎・アメジストフラワー賞(ダ1400m)に向かうことになりました。1400mという距離に加え、スタートから最初のコーナーまでの入り方など課題は多く残されていますが、中央よりは与し易いメンバーで12頭立ての競馬となるのはプラスに働くはずです。なにより、川崎のコースを熟知している鞍上が前走に引き続き乗れるのは大きな強みとなるでしょう。枠順が決まってからまた念入りに作戦を打ち合わせするつもりですが、出走させるからには結果の欲しい一戦ですね」(伊藤圭三調教師)


次走は地方川崎開催の交流戦アメジストフラワー賞への出走となりました。登録馬を見る限り、メンバーにもかなり恵まれそうですし、12頭立てと少頭数でのレースとなるため、臆病な気性である本馬にはかなりプラスに働くと思います。中央のダート1200m⇒地方のダート1400mに変わりますので、スタートさえまともであれば、スムーズに逃げ先行する競馬ができるとも思います。鞍上は本馬の主戦内田博幸騎手となります。これはチャンスですね。能力を十二分に発揮してもらい、ぜひ勝ち抜けて欲しいと強く願っております(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2017年1月27日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
「入厩後はゲート練習中心のメニューで調整しています。今日の段階では枠入りと駐立は問題ありませんが、スタートがいまひとつといったところなので、もう少し発馬練習を積んで、来週の試験を受ける予定です。環境に慣れたこともあり、調整のピッチのハードルが上がって肉体的にも精神的にも徐々にきつくなってきているのか、いなないたり馬っ気を出したりといった回数が減ってきていますよ。まだまだ成長途上といった感じで体型は幼く、動き自体はモサッとしているものの、フットワークは素軽いので、これからの追い切り次第ですが、芝のレースも視野に入れてみたいですね」(高木登調教師)


順調ですね。来週ゲート試験を受けるようですね。デビュー戦は芝になるのかダートになるのか。何れにせよ、デビュー戦が楽しみでなりません(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2017年1月27日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
★1/21(土)京都・3歳未勝利(ダ1200m)和田竜二騎手 結果2着

「叩き二走目で落ち着いていましたし、万全を期す意味で舌を縛ったのも効果的だったのかな。1番人気の馬を交わした時は、さずがに勝ったと思いましたよ。ゲート練習の甲斐もあってスタートも決まり、その後も流れに乗って、終いまでしっかりした末脚で、目処の立つ内容だったと思います。レース後から今日までは角馬場で調整していますが、大きなダメージや疲れは見られませんね。中1週で2/5(日)の京都・ダ1200mもしくは中2週で2/12(日)の同条件を考えています。来週は2場開催となり、メンバーが揃う傾向にあるので、本命は再来週です。大型馬なのでコーナーはゆったり回れた方が良いと思いますので、今のところ、小倉のダ1000m戦は考えていません」(中竹和也調教師)


次走は、中2週で京都3歳未勝利ダート1200m戦が本線になりますね。相手関係を見極めて出走させてくれると思います。同条件でのレースになりますので、次走も先行力を十二分に活かし、ぜひ勝ち抜けて欲しいと期待しております(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2017年1月27日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:466kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限17~18秒ペース。週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。左トモの飛節軟腫も含めて状態は総じて安定しており、この中間も気になるところは全くありません。尾形調教師からは再来週に入厩の予定と聞いていますので、送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)


順調ですね。再来週入厩、2月26日中山3歳500万下芝1200m戦への出走予定となりますね。まだまだ本格化は先だと思いますが、逃げ先行するスピードがありますからね。展開・メンバー次第では、いい競馬ができるのではと期待しております(^-^)

クレムフカ
更新日:2017年1月27日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:486kg
「現在は30分程度のウォーキングマシン運動のみ(1日2回)にとどめています。左トモの傷自体は徐々に回復していますが、打撲が思いのほか長引いているようで、傷の周辺に触診反応が出ていますし、歩様の方も来た当初に比べれば良化は窺えるものの、まだ患部を庇いながらという印象は否めません。毎週土曜日に回診に来る担当獣医に了承を取り、ウォーキングマシン運動を1日2回に増やして運動量を確保しています。『土曜日に跨った後の状態を見てみたい』と獣医からリクエストがありましたので、28日(土)に角馬場でのダクとハッキング運動をおこない、その後の診断で今後の方向性が決まることになるでしょう」(担当者)


時間が掛かりますね。仕方がありませんね。無理せず患部を治していくしかありませんね。3月の新馬戦には間に合って欲しいと思っております(^-^)

テオドルス
更新日:2017年1月27日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
22日(日)に坂路コースで4ハロン57.8-42.3-27.7-13.7を単走で馬ナリに追われ、26日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、56.0-41.3-27.4-13.6を強目に追い切りました。「昨日はテオドルスを真ん中に置いて、自厩舎の新馬3頭での併せ馬をおこなっています。体は出来上がっていますので、闘争心を刺激し走る気持ちを促し、メンタルの部分を養う段階です。ですので、デビュー戦に関しては、まだハッキリと決めていません。入厩から2ヶ月が経ってしまい、申し訳ありませんが、もう少しお待ちいただければと思います」(木村哲也調教師)


ほんとにじっくり乗り込んでくれていますね。小野寺騎手を背に、一つ一つ課題をクリアにしていっている感じですね。時間は掛かっていますが、ある意味デビュー戦が楽しみになってきました。次の中山開催でのデビューになるかもしれませんが、納得のいく状態でデビュー戦を迎えて欲しいと思っています(^-^)

ビターレ
更新日:2017年1月27日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:463kg
現在は馬場2周と坂路1本を20~22秒ペースのメニューで調整中です。フラットコースでの走りを見る限り、いいスピードと能力を感じさせる一方、坂路では力んでがむしゃらに走ってしまう面があり、右トモが弱いのか流れてしまう分、コーナーをスムーズに曲がることができない現状。その辺が今後の課題になりそうで、しばらくはハミ受けと走法の矯正に重きを置いて調整していくことになるでしょう。


能力はあると思いますが、少し時間が掛かりそうですね。3月の新馬戦には間に合うように、調整して欲しいと思っています(^-^)

明日はサワヤカフェスタのデビュー戦となります。渡辺先生のコメントからは、仕上がり途上なのかなといった感じがします。専門誌の印も少ないですね。人気もあまりなさそうです。ただ、仕上がり早な感じがしますし、いい勝負根性があり、センスのいい走りをしているようですので、小崎騎手には1kg減量を活かし先行する競馬で活路を見出して欲しいと思っています。楽しみにレースを観たいと思っています(^-^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント