2017/04/28

3歳馬出走(2017.4.29・4.30)

こんばんは。

今週は、4月29日(土)がノルマンディーのキャラメルフレンチの6戦目、4月30日(日)がサワヤカフェスタの3戦目になります。

キャラメルフレンチ
☆4/29(祝)新潟・ゆきつばき賞(芝1200m・混)嶋田純次騎手

26日(水)に坂路コースで4ハロン54.1-39.2-25.6-12.8を単走で末強目に追い切りました。「トレセン帰厩から日はまだ浅いものの、リフレッシュされて馬の雰囲気がいいですね。稽古でもピリピリしたところが見られませんし、気持ちに余裕があるように感じられます。口向きや右に張っていく癖など、少し乗り難しさが残る中で、最終追い切りでも鞍上との呼吸はピタリ合っていた印象を受けます。本人もキャラメルの特徴を掴んで好感触を持っていますので、ここは一度だけチャンスを与えてみましょう。芝の状態が良好な開幕週だけに、先行してスピードをフルに生かす競馬が望ましいと考えています」(尾形和幸調教師)


サワヤカフェスタ
☆4/30(日)京都・3歳未勝利(ダ1400m・牝)田辺裕信騎手

26日(水)に坂路コースで4ハロン56.2-40.5-25.9-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も飼い葉食いの細さは変わらず、体つきがやや寂しく映るものの、重い馬場を苦にせずしっかりとした脚取りで先週、今週と坂路を駆け上がれています。想定段階では抽選も覚悟していましたが、無事に出走枠に入れてホッとしました。見た目は華奢でも走りに非力さを感じさせないタイプなので、もう一度ダートを使わせてください。関東リーディングが乗ってくれるのも心強いですね。まだ経験不足ゆえに、鞍上にはうまく外へ持ち出してもらって、あまりキックバックを浴びない位置でレースを運んでもらえたらと思います」(渡辺薫彦調教師)


4月29日(土)、キャラメルフレンチが6戦目を迎えます。嶋田騎手鞍上とは言え、坂路調教の動き・タイムは大分良くなってきていると思います。調教時の相性を尾形先生が鑑みて、そのまま嶋田騎手を鞍上に据えたようですね。枠順は1枠1番に入りました。戦法は迷いなく逃げて欲しいと思います。芝ダート何れのレースを見ても、スタートからの出はかなり速いと思いますので、枠順を利して逃げてもらいたいと思います。スタートからゴールまでアップダウンの少ないほぼフラットな新潟芝1200mコースですので、どこまで逃げて粘れるかを見てみたいと思っています。左回りに若干不安がありますが、新潟芝1200mコースは現状では合っていると思いますので、次走に繋がるレースを期待したいと思います(^-^)
4月30日(日)、サワヤカフェスタが3戦目を迎えます。飼い葉食いが細く、仕上げに苦労しているようですね。前走もキックバックで大きく位置を下げなければ、もう少しやれていたように思います。今回は外枠が欲しいですね。鞍上は田辺騎手になります。先週、シュエットヌーベルを見事勝利に導いてくれました。素晴らしい鞍上を据えてくれたと思います。前走を見る限り、外枠を引ければ、そこそこやれるのではないかと思っています。掲示板内に入ってもらい、次走の優先権を取ってもらいたいと思っています(^-^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント