2017/06/02

2歳馬近況(2017.5.31・6.1・6.2)

こんばんは。

ノルマンディー・シルク・ワラウカドで出資させて頂いている2歳馬の近況(全8頭)について、書かせて頂きたいと思います。

セルヴァ
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:508kg
20170531[2]
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間より週2回は15-15のペースで登坂しています。速めのキャンターを重ねるにつれ前進気勢が出始めて、実際の時計よりもスピードが感じられる走りになってきました。夜間放牧も継続していますし、オーバーワークには留意しながらこの馬の良さを引き出していこうと考えています」と話していました。


ロワセレスト
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:515kg
20170531[1]
現在はパドック放牧のみにとどめて様子を見ています。騎乗担当者は「順調に乗り込んでいましたが、この中間に左前挫石を発症したため一旦騎乗運動を控えました。徐々に痛みが和らいできて、歩様も良化しているため、近日中には運動を再開する予定です。ルーラーシップ産駒は年齢を重ねて頭角を現すタイプと見ており、今後も体の成長に合わせて、芯が入ってくるまでは焦らずじっくりと進めていくつもりです」と話していました。


ペルランドール
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:468kg
20170531[1] (2)
現在は馬場1周と坂路2本を(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「青草を存分に摂取できるようになってから馬体にハリが出てきたため、この中間より不定期ながら15~16秒台のメニューを取り入れています。徐々にトモがしっかりとしてきたことで動きも良くなっていますから、この調子で軌道に乗せて行きたいと考えています」と話していました。


ツァイトライゼ
更新日:2017年6月2日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:441kg
20170602[1]
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。普段はおとなしく扱いやすいですし、調教では自分からハミを取って前向きに走っており、オンとオフの切り替えがすごく上手。飼い葉もしっかり食べており、数字が示す通り馬体にも幅が出てきました。早ければ来週にも入厩の予定で、2回福島開催(7/1~)、もしくは2回新潟開催(7/29~)でのデビューを視野に入れています。


シンシンパッションの15
更新日:2017年5月31日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:498kg
20170531[1] (3)
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「右前膝の腫れも完治したため、24日(水)より騎乗運動を再開しました。思っていたよりも休みが長引き元気が有り余っていましたが、徐々に冷静さを取り戻していますし、様子を見ながらペースを上げていこうと考えています」と話していました。


グローリーヴェイズ
更新日:2017年6月1日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
馬体重:467kg
d_02660002[1]
担当者「この中間も引き続き坂路コースで、ハロン15秒ペースの調教をコンスタントに行うことができています。先月よりもだいぶ余裕を持って登坂することができていますね。特に後肢の踏み込みに力強さが加わったことが余裕の出た原因だと思います。四肢をリズミカルに力強く回転させる走りができるようになりました。このまま問題なくこの調教を維持できれば、1か月ほどでいつ入厩してもいい状態に仕上がってくれるものと思っています」


スターヴォヤージ
更新日:2017年6月1日
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日はウォーキングマシン
馬体重:451kg
d_02660011[1]
担当者「この中間、坂路でのペースをやや上げて調教を行っています。リフレッシュ中に体重が450kg台まで増えましたし、毛ヅヤも良く体調面に不安はありません。ただ坂路での本数を重ねるとまだ体重が落ちやすいので、速めの調教は週1回に留めております。調教中の手応えからリフレッシュ前よりも体力はついていると感じますので、今後は徐々にペースを上げて行こうと思っています」


バブルドリームの2015
在厩先:吉澤ステーブル
馬体重:470kg
5/19 近況
先週は早いペースで調教を行いましたので、今週は18Fで各コースを使用しながら調教を進めました。コントロールが課題ですが、順調に調教は進んでいます。強めの調教を行ったので週頭は少し疲れが見えましたが、現在は飼い葉食いもよく体調も問題ありません。
短信&近況写真 from ハリー:5/25
本日、吉澤ステーブルで本馬を見てきました。元気にしてはいるのですが、左前球節にほんの少し腫れがあり熱があったので、明日レントゲンを撮ってもらうようお願いしました。歩様は問題なく、リラックスしている様子ですので心配はしていませんが、大事な時期ですので、念のためと言うことでお願いして来ました。
5/26 近況
昨日見つかった球節の腫れについて、本日患部のレントゲン撮影を行いました。特に異常は見られず、痛がる様子もありません。歩様もしっかりしていますので安心ください。15-15の調教を行ったあとでしたので、少しハリが出ていたと思われます。落ち着いて過ごしており、飼い葉もよく食べています。
5/31近況写真
スタッフで本馬の様子を見に行ってきました。調教の状況は金曜に改めて報告しますが、足元の問題はなく、元気に過ごしている様子でした。
930d4de9-4144-536d-9f29-c4163722bf8d[1]

a48b2b1b-1cb6-54a0-92d4-1bc25715304a[1]
6/2 近況
今週はリフレッシュを兼ねて軽めの調整を行いました。まだトモの緩さも見られるのですが、焦ることなく様子を見ながら少しずつ強めの調教を行う予定です。飼い葉食いも落ちることなく、元気に過ごしています。


日本ダービーが終わり、2015年産の新馬戦がいよいよ今週から始まります。来年のダービーへ向けての戦いが始まりますね。私としては、2014年産からノルマンディーOCで一口馬主を始め、2015年産ではシルクHC及びワラウカドへ入会し、3クラブ体制で楽しむ初年度となります。2014年産のクラシック戦線を見て感じたことは、クラシック戦線へ出資しているお馬さんが出走して欲しいという夢でした。勿論そこだけが目標ではなく、まずは未勝利戦を勝ち抜け、長く活躍して欲しいという想いもあるんですが、2015年産の出資馬については、クラシック戦線出走を目指して欲しいと思うお馬さんにも出資した気持ちはあります。まずは、8頭ともに無事にデビューすること、8頭ともに未勝利戦を勝ち抜けて欲しいということが目標となりますが、各々のお馬さんがどのような活躍をしてくれるのか、とても楽しみに見守りたいと思っています(*^^*)
そんな新馬戦が始まるなか、ノルマンディーは4次募集を行うようであります。かなりお腹いっぱいな状況であり、2016年産の出資検討の時期が近づいているので、出資するとは言い難いんですが、募集予定馬5頭のなかで2頭程、気になっているお馬さんがいます。リンダムーンの15及びタニノジャドールの15の2頭が気になっています。預託厩舎及び募集金額次第では、出資検討したいかなとも思っています。しかし、もう1頭出資すると、2014年産と同じ出資馬9頭になってしまうんですよね。。。(^^;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント