2017/06/04

6/4(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているシュエットヌーベルの9戦目、東京3歳以上500万下ダート1400m牝馬限定戦へ出走しました。
口取り申し込みをすることができましたので、現地観戦をさせて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1030750.jpg

P1030758.jpg

P1030762.jpg

P1030765.jpg

P1030766.jpg

P1030771.jpg

P1030772.jpg

P1030773.jpg

結果は、1.6秒差の10着となりました。
以下は、木幡初也騎手のレース後コメントです。

シュエットヌーベル
★6/04(日)東京・3歳上500万下(ダ1400m・牝) 馬体重:452kg
木幡初也騎手 結果10着(8人気)

「外枠を生かして、道中は脚を溜めつつ直線で外に持ち出すという作戦通りには乗れましたが、4コーナーの手応えから言えば、もう少し粘れても良かったのかなと思います。前が流れずペースが落ち着いてしまって展開が向かなかったこともありますが、パサパサの良馬場よりも初勝利を挙げた時のような重や稍重馬場の方が持ち味を出せそうですね。古馬を相手にするには斤量や展開の助けなど他力本願の部分があることは否めませんが、軽快なスピードがありますので、今後の成長次第では通用すると思いますよ」(木幡初也騎手)


パドックを見ました印象は、前走同様な感じだと思いました。チャカチャカするところがなく、ソワソワする感じもなく、多少厩務員さんに甘える仕草は見せていましたが、ほんとに気性的に成長したなあと改めて思いました。
スタートを普通に切り、外目を楽に中団を追走します。3角~4角も楽に追走しており、これは直線楽しみと思い見ていました。直線入り、外目を満を持して追い出しますが、今イチ伸びません。最後まで伸びずバテずで1.6秒差の10着でした。
前半3F36.4秒のスローペース。スローの上がり勝負が向いていないという点はあったと思います。ある程度流れて、中団から後方を馬なりで追走するレースの方が現状では合っているように思います。あとは、木幡初也騎手のコメントにもありますが、パサパサのダートコースよりは少し湿っているダートコースの方がいいのかもしれません。ただ、後方から脚を伸ばし3着したスールキートスと比較しますと、やはり力不足は否めないようにも思います。まだまだ3歳の春なので、これからの成長に期待したいと思います。しかし、現状でも色々な面で嵌れば、このクラスは勝ち上がれるようにも思います。安定して走るタイプというよりも、勝ち負けがはっきりしているタイプに思っていますので、自分の型をしっかり持っている点も含め、何れ穴をあけるレースをするように思います。
このあとは、一旦休養するように思いますので、ゆっくり休んで成長をして欲しいと思います。今日はお疲れ様でした(^-^)


※今日は、メジロドーベルの仔であるホウオウドリームが4Rの東京3歳未勝利芝2400m戦に福永騎手鞍上で出走し、見事勝利しました。矢作先生も現地に来ており、本馬への期待を感じました。私の大好きだった旧メジロ牧場、メジロドーベルの仔。まずは無事に未勝利戦を勝ち抜けましたので、これからの活躍を大いに期待したいと思っています(*^^*)

P1030742.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント