2017/07/07

3歳馬出走(2017.7.8・9)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
7月8日(土)がクレムフカの4戦目、7月9日(日)がテオドルスの5戦目になります。

クレムフカ
☆7/08(土)福島・3歳未勝利(ダ1700m・牝)藤田菜七子騎手

5日(水)にPコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.9-53.9-40.1-13.1を馬ナリで追い切りました。「昨日の追い切りは悪天候で馬場が悪かったため、脚元への負担やアクシデントの防止を考慮してポリトラックコースでおこないました。全体の時計自体は水準並みですが、動きそのものは良かったですよ。転厩前後も緩めていませんし、これで十分。力は出せると思います。藤田騎手も感触を掴んでくれたのではないでしょうか。他の馬を怖がることはないので馬群で揉まれても影響はなさそうですが、砂を被ると嫌がって走るのをやめてしまうようなので、枠に関係なく前々での競馬をしてもらいます。これまで1200~1400mを使ってきただけに、スンナリと前に行けるだけのスピードはあるはず。3kg減の恩恵と積極的な競馬で変わり身を求めたいですね」(本間忍調教師)


テオドルス
☆7/09(日)福島・3歳未勝利(ダ1700m・混)江田照男

2日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-42.7-28.0-13.9を単走で馬ナリに追われ、5日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、54.0-40.2-26.9-14.0を強目に追い切りました。「昨日の坂路での時計は、転厩後の自己ベストには及ばなかったものの2番目に速い時計。併せた同格の馬に対して食らいついていく根性を見せてくれましたね。土日のダ1700m戦のいずれかに、相手関係などを吟味して臨機応変に投票しようと思っていたので、江田騎手には両方とも空けてもらいました。結果的にいずれも15頭のフルゲートになり、メンバーも甲乙つけがたいですが、テオドルスは相手云々より自分との戦いですからね。ブリンカーも装着しますし、やれることは全てやったと思います。ラストランにはしたくないので、江田騎手の豪腕で活路を見い出したいところです」(粕谷昌央調教師)


クレムフカ
転厩初戦。距離を伸ばして、3kg減量騎手の菜七子騎手を鞍上にし、先行する競馬で活路を見出す。狙いははっきりとしたレースだと思います。キックバックに全く対応できないようですので、逃げるか外目2番手で競馬をして欲しいですね。早め早めの積極的な競馬をして、変わり身を見せて欲しいと思います。5枠9番に入りました。スタートを決めて、積極的な競馬をすれば、狙いが活きるレースが可能かなと思います。何とか掲示板を目指して欲しいですね(^-^)
テオドルス
厳しい一戦になります。条件としては、あまり好転が期待できるものではないように思います。ブリンカー効果及び江田騎手が続戦してくれることに期待したいと思っています。今回は、「ラストランにしたくない」とのコメントがありますね。個人的には、1回芝を使ってみて欲しいと思っていますが。。。ラストランにならないよう、頑張って欲しいと思っています(^-^)


ノルマンディーの4次募集。
かなりいい売れ行きですね。牡馬2頭口数調整は確実、抽選にもなりそうですね。しかも、リンダムーンの15は小野町へ移動。さらに売れ行きに拍車が掛かりそうな感じがします。
私は、4次募集、見送りたいと思っています。2015年産は8頭への出資で確定させたいと思います。私としては、満足できる出資ができたと思っていますので、この8頭を精一杯応援し見守っていきたいと思います。これからは、2016年産への出資に気持ちを切り替えたいと思っています。まずは、シルクの募集が始まります。シルクについては、2015年産同様、2頭程度出資したいと思っています。カタログが届き次第、真剣に検討したいと思っています(^-^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント