2017/07/30

7/29・30レース結果

こんばんは。

今週は、ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬ビターレの3戦目、札幌3歳未勝利ダート1000m戦への出走、及び、3歳馬ブラックジェイドの8戦目、札幌3歳以上500万下ダート1700m戦へ出走しました。

ビターレ
★7/30(日)札幌・3歳未勝利(ダ1000m) 馬体重:436kg
藤岡佑介騎手 結果8着(5人気)

「大人しい馬なので、ゲート内でも落ち着いていましたが、まだトモに緩さがあって機敏なスタートは切れませんでした。この距離はやや忙しかったですが、出てからはジワッとスピードに乗っていけました。馬場の外目から上がっていこうかとも考えましたが、無理せずに内で脚を溜めて直線勝負にかけました。何とか優先出走権は確保したかったのですが、脚を溜めた割には終いの伸びがもう一息でした」(藤岡佑介騎手)


ブラックジェイド
★7/30(日)札幌・3歳上500万下(ダ1700m・混) 馬体重:516kg
横山典弘騎手 結果3着(1人気)

「久々のせいか、返し馬に跨った感触からは前走の方が出来は良かったね。スタートしても脚が出ず、あの位置取りに。向正面で捲り気味に上がっていって、直線でもよく粘っていたけど、最後は休み明けの分と多少ノドを気にしていて、苦しくなってしまった」(横山典弘騎手)


ビターレ
パドック周回では、落ち着いて外目を周回しており、いいように見えました。
スタートは完全に1完歩出遅れましたね。ダート1000m戦では、この時点でほぼ勝利は厳しいレースとなりました。離れた最後方で脚を溜めるレースをします。直線入り、内目を突くレースをして、1.1秒差の8着となりました。上がり時計自体は、1番時計(2頭)となりました。
ダート1000m戦は、明らかに距離不足のように感じました。使って行けば、慣れは見込めるんでしょうが。スタートが速くないですし、この条件で勝ち抜けるのは厳しいのかなと思いました。次走については、札幌で続戦になると思いますので、それであれば、札幌ダート1700m戦を使って欲しいように思います。少し距離が長いようには思いますが、中団くらいで上手くなだめて脚を溜める競馬が出来れば、チャンスはあるのではないかと思います。何れにせよ、札幌ではあと2戦程度だと思いますので、何とか未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと願っています。
ブラックジェイド
パドック周回は、とても良かったと思います。このクラスでは、完全に1枚上の馬っぷりをしていると思いました。
スタートはあまり出ず、中団前くらいで1コーナーを回ります。向正面で外目から上げていき2番手追走となります。内目の逃げ馬より手応え良く4コーナー入りましたので、勝ち負けを意識してレースを見ましたが、そこからは苦しいレースになり、逃げ馬も抜くことが出来ず0.8秒差の3着となりました。
明らかに息が出来ていない感じのレースだったと思います。昆先生のコメント通りですね。能力だけで3着に来た感じだと思います。適性についても、岡田牧雄氏の仰る通り、芝長距離にあるように思います。芝長距離で速めマイペースで逃げるレースがいいのかなと感じます。横山典騎手の「多少ノドを気にして・・・」とのコメントはとても気になりますが、今回が実戦を使っての調教変わりだと考えるのであれば、(状態に問題なければ)次走は連闘がいいように思います。8月6日札幌3歳以上500万下芝2600m戦を使って欲しいと思います。500万下で留まっているレベルのお馬さんではないと思いますし、1回使っての変わり身も大きく見込めると思いますので、次走では勝利を期待したいと思っています。
2頭ともに、お疲れ様でした(^-^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント