2017/08/05

3歳馬出走(2017.8.6)

こんばんは。

今週はノルマンディーでの出資馬2頭が出走となります。
8月6日(日)、サワヤカフェスタの6戦目及びブラックジェイドの9戦目になります。

サワヤカフェスタ
☆8/06(日)札幌・3歳未勝利(芝2000m・牝)原田和真騎手

2日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロン73.5-57.3-42.8-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「最終追い切りは中一週での競馬と札幌競馬場への輸送を考慮して軽くしたもの。状態はいい意味の平行線で変わらずきています。滞在効果でメンタル面も落ち着きを見せていますし、この馬なりにしっかりと飼い葉も食べれていますよ。牝馬限定戦のここを狙ってメンバーは相当揃った印象ですが、前走が未勝利脱出にメドの立つ内容でしたし、あの走りがフロックとは思っていません。道中うまく脚を溜められれば、200mの距離延長も問題ないと見ており、直線また鋭い脚を使ってくれるはずです。なんとかここで決めたいですね」(渡辺薫彦調教師)


ブラックジェイド
★7/30(日)札幌・3歳上500万下(ダ1700m・混)横山典弘騎手 結果3着
☆8/06(日)札幌・3歳上500万下(ダ2400m)横山典弘騎手

「ハナに行けていればまた違った内容だったと思いますが、大味なタイプで小回りコースは忙しい印象。直線の入り口で他馬と接触するアクシデントも痛かったですね。持っている能力は相当でも、パンとして走ってくるのはもう少し先と見込んでいて、古馬相手にちょっと人気を背負い過ぎていたかな。レース後も特に疲れなどは感じられないため、ここは連闘させてもらいます。当初は洋芝を試したい考えから芝2600m戦に投票するつもりでいましたが、トレセンで調整していた前々走の時と比べると前捌きに少し硬さがあり、相手関係からもこちらの方が薄いと判断したためダート戦を選択しました。乗り役からは喉が気になったと進言があったものの、稽古でその症状が出た場面はいまのところありません。距離延長でも引っ掛かることなく前々から運べさえすれば、今回も崩れることはないでしょう」(昆貢調教師)


サワヤカフェスタ
かなり強いメンバーが揃いましたね。本馬を含め、前走掲示板のお馬さんが10頭います。ですので、専門誌の印を見ますと、ほぼ印がないですね(^^;)ただ、前走のレース内容は、未勝利勝ち抜けに向けて目途の立つ内容だったと思いますし、今回のメンバーは抜けて強いお馬さんはいないと思います。前走とほぼ同じ馬番でもありますので、スタートを決めて、中団内目くらいで脚を溜めて、直線外目へ出し差す競馬が出来れば、十分勝ち負けになると思っています。この時期ですので、最低限掲示板内は確保して欲しいですし、勝ち抜けることが出来ればと期待しています(^-^)
ブラックジェイド
前走はいかにも休み明けといった感じのレースだったと思います。スタートの出が悪く、直線入ってからは息が上がる感じの競馬。レース後の疲れがないということでの予定通り?の連闘となりました。1回叩いて確実に調子は上向くと思いますし、前走のダート1700mよりも今回のダート2400mの方がレースもし易いと思います。枠順は前々走と同様の1番枠を引きました。前々走と同様にスタートを決めて、逃げる競馬が現状では1番いいように思います。メンバーは前走と同様、かなり恵まれた感じがします。1番の強敵は前走函館ダート2400m戦で2着だったスズカロングだと思います。ただ、能力的に見ますと、このメンバーでは完全に1枚上だと思いますので、勝って欲しいなあと思っています。勝ち負けというよりも勝利を期待してレースを見たいと思っています。現状でも500万下に居るレベルのお馬さんではないと思っています(^-^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント