FC2ブログ

記事一覧

9/16・17レース結果(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

昨日は、シルクで出資させて頂いているエレンボーゲンのデビュー戦、中山2歳新馬芝1800m戦へ出走、ノルマンディーで出資させて頂いているシュネルストの5戦目、中山3歳未勝利ダート1800m戦へ出走、本日は、シルクで出資させて頂いているスターヴォヤージの4戦目、中山3歳未勝利ダート1200m戦へ出走しました。
昨日・今日は、中山競馬場へ現地観戦応援しました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

エレンボーゲン
P1050504.jpg

P1050505.jpg

P1050509.jpg

P1050517.jpg

P1050524.jpg

P1050526.jpg

P1050527.jpg

P1050530.jpg

P1050533.jpg

シュネルスト
P1050534.jpg

P1050536.jpg

スターヴォヤージ
P1050539.jpg

P1050540.jpg

P1050542.jpg

P1050551.jpg

P1050554.jpg

3頭の結果は以下の通りとなります。

エレンボーゲン
中山5R メイクデビュー中山 芝1,800m 8着 馬体重:438kg
三浦皇成騎手は「スタートはゆっくりでしたが、その後はハミを取って走れていました。勝負所で外を回りましたが、最後まで頑張ってくれています」と話していました。


シュネルスト
★9/16(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m)菊沢一樹騎手 結果13着 馬体重:498kg

「体が絞れて札幌の時よりも馬の雰囲気は良かったと思います。スタートも決まり、ある程度のポジションで流れに乗りたかったのですが、砂を被ると自らブレーキをかけてしまって、ペースアップに対応できません。ブリンカーの効果もあると感じましたし、徐々に力を付けている段階で、この距離でもバテてはいないんですが、最後までジリジリとしか脚を使えませんでした」(菊沢一樹騎手)


スターヴォヤージ
中山6R 3歳未勝利 D1,200m 12着 馬体重:436kg
岩田康誠騎手は「途中までは大丈夫だったのですが、ペースが上がると追走に苦労してしまいました。この距離は短かったように思います」と話していました。


エレンボーゲン
パドックを見た印象は、キョロキョロしている感じ、耳も色々な方向に向く感じで、少しレースへ集中していないかなという感じに見えました。ただ、馬体は非力ではありますが、バランスいいですし、歩様も軽さのあるいい歩様をしているように見えました。返し馬の入りは問題ないように見えました。
スタートはよくありませんでしたね。後方から5頭目を追走する競馬。道中は折り合いは付いている感じ。前半1000m64.1秒の超スローペース。捲る競馬をしてもいいように見えましたが、全くそんな感じはありませんでしたね。やはり緩い感じで体力的にも今一歩な感じだったんでしょうか。直線入ってから4着馬に外から被される感じであるなか、それなりに脚を使い1.0秒差の8着となりました。
三浦騎手のコメントからも、取り敢えず無事にしっかり回ってきたという感じがします。スタートを普通に出てくれれば、掲示板くらいはあったかなとは思いますが、まだまだ非力ですし、これからといった感じなんだと思います。適性は、芝1800m~2000mくらいにあると思いますので、今後のレース選択は迷いなく進めることが出来ると思います。次走については、東京・新潟・福島の芝1800m~2200mを使って欲しいように思います。バランスが良く、軽いいい歩様をしていると思いますので、順調に使うことが出来れば、数戦の内に未勝利戦は勝ち抜けるチャンスが十分にあると思っています。
シュネルスト
エレンボーゲンの次のレースであったため、パドックを見ることは出来ませんでした。
返し馬を見た印象は、やはり前向きさに欠けるかなといった印象を持ちました。
スタートは普通に切ることが出来ましたね。中団から後ろを追走しますが、徐々に遅れ始め、ステッキを入れて追走します。直線入り、本馬なりに頑張りますが、3.3秒差13着となりました。
5戦のなかでは、一番いいレースをしたように思います。ただ、気性的に前向きさが足りず、トモが緩く、スピードに乗ることが出来ない感じ。中央競馬の未勝利戦では、厳しいレベルのお馬さんだったということだと思います。陣営は色々と努力して下さり、この結果も仕方なしと思っています。今週の臨時更新で厳しい結果が待っているように思いますが、覚悟して待ちたいと思います。
スターヴォヤージ
パドック・返し馬を見た印象は、本馬なりに成長している感じには見えました。気性的には、今日はカリカリしている感じがしました。短距離であれば、これくらいでもいいのかなと思いました。
スタートは良かったですね。ただ、1200m戦で先行出来るスピードはない感じでした。道中は中団やや後ろで追走。直線入ってからは、上手く進路を取る競馬をしてくれましたが、1.8秒差の12着となりました。
16番枠で岩田騎手。これでこの結果ですので、仕方がないと思っています。ダート1200m戦のなかで、上手く乗ってくれたと思います。ダートよりは芝向きであることはこの2戦で分かったと思います。芝1400m~1600mくらいに適性があったのかなとも思います。間隔を開けてしか使えず、デビューから4戦しか使うことが出来なかったことが、やはり厳しかったように思います。適性を見つける前に未勝利戦が終了してしまったと思います。本馬からは、2歳でデビューし順調に使うことが、如何に大切であるかを学んだように思っています。また、未勝利戦を勝ち抜けることの難しさ厳しさも感じることが出来たと思っています。NF天栄のスタッフさんが、未勝利戦さえ勝ち抜けることが出来れば・・・と仰っていたことを思い出します。素質はあったように思っています。とても残念に思っています。

3頭ともに、お疲れ様でした!
スポンサーサイト

コメント

No title

まささん お疲れさまでした

両馬とも、地方で、長く活躍できることを祈ります

No title

こんにちは!
昨日はパドックで遠目にお見かけしたのですがレース後にスタンド側に行ってから行方を見失ってしまい、声をかけられませんでした。
次の機会にお願いしますね!

スターヴォヤージは残念でした。とはいえ、まささんとこうして悔しさや難しさを共有・共感することができたことが個人的には良い経験だったと感じています。(ヴェイズさんでは喜びの共有をさせてもらっていますし)
競馬ですし勝つことが良いことは間違いないのですが、勝つことだけでは得られないストーリーがあることも一口出資の愉しみだと改めて感じているところです。

引き続きお付き合いよろしくお願い致します。

Re: No title

moさん。
こんばんは。

残念な結果となりました。
2頭ともに引退となり、サラブレッドオークションを経由して、地方競馬へ行くこと予定となりました。
2015年産は、グローリーヴェイズの孤軍奮闘。反省の多い年産となりました。一番思うことは、2歳の間にデビューすることの大切さですね。数使えず、適性が分からない内に未勝利戦終了は厳しいです(>_<)

土曜日はツァイトライゼのスーパー未勝利戦とアナザートゥルースのリベンジ戦があります。現地観戦応援したいと思います!

Re: No title

ワイン初心者夫婦さん。
こんばんは。

昨日はお会いすることが出来ませんでした。
私はお見かけすることも出来ませんでした(^_^;)。
菊花賞、現地観戦応援する予定ですので、ぜひお会いしたいと思っています^ ^

スターヴォヤージとグローリーヴェイズ。対照的な結果となってしまいましたが、2頭ご一緒故に、喜び悔しさ難しさ等を共に味わうことが出来た部分はあったと私も思っています。
スターヴォヤージは未勝利戦を勝つことが出来ず、クラブとしては引退し、木曜日のサラブレッドオークションに行きます。これからまだ成長すると思いますので、地方競馬でいい成績を収め、どこかの牧場で繁殖に上がってくれれば嬉しいですね。いい血統していますからね^ ^

2頭が繋いでくれた縁ですからね。こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します^_^

まささん、こんばんは。

日曜日は大変お世話になりました。さらには変なことでお騒がせして申し訳ありませんでした。(苦笑)

さて、シュネルスト。
予想通りの展開となりましたね。
分かっていても切なくなりますね…。
望むべくは、良いオーナーさんに恵まれて、少しでも長く馬生を過ごしてもらうことですね。

あと、日曜日には17年度産の出資の話もさせてもらいましたが、何はどうであれ「一つ勝てる馬」を見分けることになるでしょうか。
それが一番難しいのは百も承知ですが、自分なりの明確な基準を持って臨むしかないかと思っております。

さて、今年のノルマンディーにはそれが何頭いるでしょうか…。(怖)

Re: タイトルなし

森のくまモンさん。
こんばんは。

日曜日は、こちらこそありがとうございました(^-^)
シュネルスト。
一口馬主初めて、この時期は2年目になりますが、やはり切ないですし、厳しい現実を突きつけられる感じがしますね。地方競馬で1つでも多く勝てるよう、末永く頑張って欲しいですね。
2015年産はグローリーヴェイズの孤軍奮闘。この結果を踏まえて、2017年産の出資は考えています。結果、シルク中心の出資になり、シルクのドラフトが最優先となった感じですね。
ノルマンディーは日曜日に話をしました通り、1頭入魂の予定。ただ、それもワラウカドのキズナ産駒と比較して決める感じです。キョウエイハツラツの17及びデアリングバードの17がどの厩舎に入るか。現状では、そこがポイントになると思っています。
未勝利戦を勝ち抜けることは本当に難しいですし、厳しい戦いですよね。2014年産・2015年産を振り返ると、ノルマンディー入会のきっかけとなったブラックジェイド。その後迷いなく出資したシュエットヌーベル・アナザートゥルース。シルク入会のきっかけとなったグローリーヴェイズ。この4頭が現状1000万下以上のクラスで活躍をしています。あまり難しく考えても仕方ないかなと思っています。割と自分の気持ち・好みで出資を決めるのが良いかと。森のくまモンさんとは違う感じかもしれませんが、私も自分の想いを大切にし、(出資頭数・金額は考慮しながら)出資していきたいと思っています(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まささん

Author:まささん
2014年産から、ノルマンディーOCで一口馬主を始めました。
また、2015年産から、シルクHC及びワラウカドへ入会致しました。
競馬歴については、シンボリルドルフが活躍していた頃(まだ小学生でしたが(^^;))から観ております。
競馬のこと、特に一口馬主のことを中心に、書いていきたいと思います。
宜しくお願い致します。

クラブ所属馬の情報・写真については、ノルマンディーオーナーズクラブ・シルクホースクラブ・ワラウカドより転載許可を頂いております。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター