2016/12/05

12/4レース結果(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、キャラメルフレンチの3戦目、中山2歳500万下ダート1200m戦に出走しました。口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、キャラメルフレンチの写真になります。

P1030055.jpg

P1030069.jpg

P1030079.jpg

P1030081.jpg

P1030083.jpg

パドックでは、かなり気持ちが入っている印象を受けました。少しチャカチャカしている感じがしました。馬体は、前走よりは良く見えましたが、あくまで感覚的なんですが、新馬戦のときが一番良く見えました。返し馬に入った印象では、ダートコースはいい走りするように見えました。
レース結果としては、残念ながら、2.6秒差の9着でした。
以下は、石川裕紀人騎手のレース後コメントです。

キャラメルフレンチ
★12/4(日)中山・2歳500万下(ダ1200m・混) 馬体重:454kg
石川裕紀人騎手 結果9着(5人気)

「スタートセンスがよく、ハナを主張するつもりでいましたが、内から二頭が絡んできて引く構えもなかったため三番手で競馬を進めました。砂を嫌がる素振りもなく走りからもダート自体は問題ないと思いますが、今日は前半3Fの流れが速過ぎた感じですね。いいスピードを持っており、このクラスでも全然やれる能力はあると思います」(石川裕紀人騎手)


今日のノルマンディー懇親会で、石川騎手・尾形調教師が来場されていたので、直接お聞きしました。
石川騎手は、「外枠からスタートも良かったので、ハナに行くつもりでした。しかし、内の2頭が全く引く感じがなかったので、3番手に控えました。結果、(前半3F34.1秒の)ハイペースに巻き込まれてしまったので、今日の敗戦は仕方がないと思います。ダートは全く問題がなく、芝でもダートでも行けるのではないかと思います。スタートセンスが良く、いいスピードを持っているので、とてもいい馬だと思います」とのことでした。
尾形先生は、「新馬戦の時計が遅く、メンバーにも恵まれた感じなので、500万下で勝負するには、もう少し時間が掛かるように思います。現状では、新馬戦のときのように、3kg減量騎手を乗せた方がいいのかなとも思います。調教でもレースでも、いいスピードは持っているんですよね。ダートの方がいいのかなと思い、今回出走させたが、芝ダートの適性は何とも言えないですね。今日は、スピードを活かしレースするよう石川騎手に指示を出した結果、ハイペースに巻き込まれてしまったので、結果は仕方ないと思います」とのことでした。

レースは、外枠からいいスタートを切り、逃げるレースをしようとしましたが、内の2頭が全く譲らず、3番手の外目からのレースとなりました。前半3F34.1秒のハイペース。前に居た2頭も惨敗していますので、今回の結果は私も仕方がないと思います。このスタートセンスの良さ、いいスピードがあれば、レース展開が向けば、何れはチャンスが十分にあると思います。尾形先生からのコメントを見ても、良くなるのは古馬になってからだと思いますので、本馬の成長に合わせ、芝ダート問わず短距離戦を使っていって欲しいと思っています。石川騎手と話をした印象からも、500万下では勝負できるお馬さんだと思いますので、長い目で見守っていきたいと思っています。メンバーに恵まれた新馬戦を使って頂いたおかげで、既に1勝していますからね。長い目で見守ることができます(^-^)

※本日はノルマンディー懇親会に参加させて頂きました。今回は、会場が昨年より広く参加者人数も増えていたことで、なかなか話を聞きたい方(調教師の先生等)に話を聞くのに苦労をしました。そのため、全体の会で話をされた内容についても、あまり聞いていなかった部分も多々ありますが、自分が聞いたことについては、明日以降ブログに記載させて頂きたいと思います(^-^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

懇親会ありがとうございました^^

昨年に引き続きたくさんの関係者が来てくれたおかげで、自分の馬のなどもいろいろ聞けて良い会でしたね。

なお、昨日話した結果を受けて2次出資馬悩み中です^^;

Re: No title

リヴェールさん。
こんばんは。

こちらこそ、懇親会ありがとうございました。
とても楽しい会でしたね。
2次募集で悩み中なんですね。出資が決まりましたら、ご報告頂ければと思います。
今後とも、宜しくお願い致します(^-^)