2017/02/19

2/19レース結果(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているテオドルスのデビュー戦、東京3歳新馬芝1800m戦に出走しました。
口取り申し込みをすることができましたので、今年初めて出資馬の現地観戦をさせて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1030109.jpg

P1030111.jpg

P1030112.jpg

P1030117.jpg

P1030125.jpg

P1030126.jpg

P1030127.jpg

P1030128.jpg

P1030137.jpg

P1030140.jpg

結果は、3.0秒差の15着となりました。
以下は、藤田菜七子騎手のレース後コメントです。

テオドルス
★2/19(日)東京・3歳新馬(芝1800m・混) 馬体重:496kg
藤田菜七子騎手 結果15着(12人気)

「精神面がまだだいぶ幼いですね。中では落ち着きを見せていたものの、ゲートが開いてからはビービーと鳴きながら走っており、道中もステッキを入れて矯正しようとしても物見ばかりして走りに集中できていません。促し追っても上に上に力が抜けてしまう現状ですので、少し経験慣れが必要かもしれません」(藤田菜七子騎手)


デビュー戦、かなり厳しい結果となりました。
パドックを見た印象としては、馬格がありなかなかいい馬体をしているんですが、気性が幼いこと及びトモがかなり甘い印象を持ちました。あと、感覚的な意味合いなんですが、何かお馬さんがレースに向かっていないというか、覇気を全く感じませんでした。
レースでは、スタートが今一歩、そこからどんどん後退していき、菜七子騎手が一生懸命促し、時には叱咤の意味でムチを入れても、なかなか前に進まない感じの追走となりました。直線に入り、ダントツのビリを覚悟していましたが、何とか1頭だけ交わしゴールとなりました。菜七子騎手のコメントからも、気性が幼い・鳴きながら走っている・物見がひどい・上に上に力が抜けてしまうとのことで、全くレースになっていないという感じですね。菜七子騎手は、一生懸命に騎乗してくれたと思います。最後まで諦めずに叱咤しながら、追ってくれていましたし。
今日のレース内容からは、正直かなり厳しいとは思います。あとは、未勝利戦のある内に、競走馬として大きな変わり身を見せてくれるかの問題だと思います。母デオの産駒は、上2頭ともに走っていませんので、全く自信は持てませんが、出資させて頂いたお馬さんですので、最後まで信じて、変わり身を見せてくれると思い、応援させて頂きたいと思います(^-^)
2016/12/25

12/25レース結果(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているシュエットヌーベルの4戦目、中山2歳未勝利ダート1200m戦に出走しました。
口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1030084.jpg

P1030088.jpg

P1030099.jpg

P1030105.jpg

P1030108.jpg

結果は、2.5秒差の10着となりました。
以下は、内田博幸騎手及び伊藤圭三調教師のレース後コメントです。

シュエットヌーベル
★12/25(日)中山・2歳未勝利(ダ1200m・混) 452kg
内田博幸騎手 結果10着(4人気)

この後は馬体や脚元に異常がなければ、27日(火)に美浦近郊の松風馬事センターに移動する予定です。

「ゲートはポンと出たものの、直後に外へ逃げ出してしまい、テンに置かれてしまいました。腹をくくって砂を被らぬように外々を回して追走したのですが、臆病な性格で他馬を嫌がりなかなか推進していきません。それでも四角からムチを振るってビッシリと追い出すと、こちらがビックリするほどの脚を使ってくれました。テンに行けるようならハナを切ってスピードで押し切る競馬が理想でしょうが、現状の精神面の幼さからは、こういった極端に終いを生かす競馬で勝機を見出すのもありかもしれませんよ。着順は悪くても今日の走りで悲観はしないでください。僕はむしろこれからが楽しみになりましたよ」(内田博幸騎手)

伊藤圭三調教師
「メンバーを見渡しても、優先出走権は確保してほしかったですね…。前走時から一段深いブリンカーを着用してレースに臨んでいましたが、今日はかえってブリンカーが効き過ぎてしまった印象です。レース後に鞍上からも浅いブリンカーに戻した方が良さそうと進言を受けました。今日のように終いを生かす競馬を覚えていった方が、距離持ちするし成績も安定してくると思います。中山ダ1200m戦では忙しく、節的にも出走は困難に思えますので、近郊に短期で一旦出させてもらい、次走は1回東京開催(1/28~)の牝馬限定ダ1400m戦を狙っていきましょう」


パドックを見た印象としては、厩務員さんを頼って歩いている感じで、気性が幼いなあというものでした。前走の東京で見た時よりは、チャカつき具合はましかなといった印象でした。
スタートは普通に出たんですが、臆病な気性が災いしてか、そこから後ろへ下がってしまいました。内田騎手の判断で、中途半端なレースをしても厳しいとのことか、後方まで番手を下げ、捲るレースを試みました。しかし、捲って番手を上げていくことが出来ず、後方2番手でかなり離された状態で直線へ入ってきたところ、直線の約300mだけは、かなりいい脚で追い込んで来ての10着となりました。
内田騎手のコメントからは、直線の脚はビックリする程いい脚だと感じたようですね。内田騎手は、ダートの短距離で追い込み競馬をして勝利するシーンを結構見るジョッキーですので、このコメントは少し救われた思いがします。伊藤調教師のコメントからは、次走は東京ダート1400m戦を目標にし、追い込み競馬を試して見るような感じですね。出来れば、再度内田騎手に乗ってもらいたいと思います。本馬での追い込み競馬は、本馬の特徴を知っていることと騎手としての技量が必要だと思いますので。当面は、1月28日の東京3歳未勝利ダート1400m(牝馬限定)戦を目指すようですね。今年最後の出資馬の出走は、とても残念な結果に終わりましたが、本馬については、何とか未勝利戦を勝ち抜けて欲しいと願っております(^-^)

※有馬記念はサトノダイヤモンドの勝利でしたね。馬券は、一応馬連で取ることができました。ほぼ元返しといった感じですが(^^;)、当てることができたので良しとします。私としては、キタサンブラックに勝利してもらい、年度代表馬を取って欲しいと思っていましたので、残念に思いましたが、とても見応えのある好レースだったと思います。今日のところは、サトノダイヤモンドが強かったと思いますし、やはり里見オーナーの当たり年だったんだと思います。また、ルメール騎手はほんとに上手いジョッキーだと改めて感じました。ルメール騎手の乗るお馬さんは、直線入って、今日のサトノダイヤモンドのような位置にいると、かなりの高確率で伸びてきますからね。やはり、道中の持っていき方とコース取りが上手いんだと思います。とてもフェアで上手いジョッキーであり、ダービーで負けたとき及び今年のリーディングで負けたときに、川田騎手及び戸崎騎手を称える姿勢において、ほんとにいいジョッキーだなと感じております。私の出資馬にも、多く乗って頂きたいジョッキーだと思っています(^-^)
2016/12/05

12/4レース結果(中山競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、キャラメルフレンチの3戦目、中山2歳500万下ダート1200m戦に出走しました。口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、キャラメルフレンチの写真になります。

P1030055.jpg

P1030069.jpg

P1030079.jpg

P1030081.jpg

P1030083.jpg

パドックでは、かなり気持ちが入っている印象を受けました。少しチャカチャカしている感じがしました。馬体は、前走よりは良く見えましたが、あくまで感覚的なんですが、新馬戦のときが一番良く見えました。返し馬に入った印象では、ダートコースはいい走りするように見えました。
レース結果としては、残念ながら、2.6秒差の9着でした。
以下は、石川裕紀人騎手のレース後コメントです。

キャラメルフレンチ
★12/4(日)中山・2歳500万下(ダ1200m・混) 馬体重:454kg
石川裕紀人騎手 結果9着(5人気)

「スタートセンスがよく、ハナを主張するつもりでいましたが、内から二頭が絡んできて引く構えもなかったため三番手で競馬を進めました。砂を嫌がる素振りもなく走りからもダート自体は問題ないと思いますが、今日は前半3Fの流れが速過ぎた感じですね。いいスピードを持っており、このクラスでも全然やれる能力はあると思います」(石川裕紀人騎手)


今日のノルマンディー懇親会で、石川騎手・尾形調教師が来場されていたので、直接お聞きしました。
石川騎手は、「外枠からスタートも良かったので、ハナに行くつもりでした。しかし、内の2頭が全く引く感じがなかったので、3番手に控えました。結果、(前半3F34.1秒の)ハイペースに巻き込まれてしまったので、今日の敗戦は仕方がないと思います。ダートは全く問題がなく、芝でもダートでも行けるのではないかと思います。スタートセンスが良く、いいスピードを持っているので、とてもいい馬だと思います」とのことでした。
尾形先生は、「新馬戦の時計が遅く、メンバーにも恵まれた感じなので、500万下で勝負するには、もう少し時間が掛かるように思います。現状では、新馬戦のときのように、3kg減量騎手を乗せた方がいいのかなとも思います。調教でもレースでも、いいスピードは持っているんですよね。ダートの方がいいのかなと思い、今回出走させたが、芝ダートの適性は何とも言えないですね。今日は、スピードを活かしレースするよう石川騎手に指示を出した結果、ハイペースに巻き込まれてしまったので、結果は仕方ないと思います」とのことでした。

レースは、外枠からいいスタートを切り、逃げるレースをしようとしましたが、内の2頭が全く譲らず、3番手の外目からのレースとなりました。前半3F34.1秒のハイペース。前に居た2頭も惨敗していますので、今回の結果は私も仕方がないと思います。このスタートセンスの良さ、いいスピードがあれば、レース展開が向けば、何れはチャンスが十分にあると思います。尾形先生からのコメントを見ても、良くなるのは古馬になってからだと思いますので、本馬の成長に合わせ、芝ダート問わず短距離戦を使っていって欲しいと思っています。石川騎手と話をした印象からも、500万下では勝負できるお馬さんだと思いますので、長い目で見守っていきたいと思っています。メンバーに恵まれた新馬戦を使って頂いたおかげで、既に1勝していますからね。長い目で見守ることができます(^-^)

※本日はノルマンディー懇親会に参加させて頂きました。今回は、会場が昨年より広く参加者人数も増えていたことで、なかなか話を聞きたい方(調教師の先生等)に話を聞くのに苦労をしました。そのため、全体の会で話をされた内容についても、あまり聞いていなかった部分も多々ありますが、自分が聞いたことについては、明日以降ブログに記載させて頂きたいと思います(^-^)
2016/11/19

11/19レース結果(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているブラックジェイドの2戦目、京都2歳未勝利ダート1800m戦に出走、及び、キャラメルフレンチの2戦目、東京2歳500万下芝1400m戦に出走しました。
キャラメルフレンチについては、口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、キャラメルフレンチのパドックの写真になります。

P1030043.jpg

P1030045.jpg

P1030047.jpg

P1030049.jpg

パドックでは、外目を周回し、前向きな気性面を感じさせ、なかなかいいなと思いました。
馬体は、新馬戦のときよりは少し緩いかなとは思いましたが、いいトモいい馬体をしているなあと感じました。ほんと、短距離馬としては、いい馬体していると思いました。
レース結果としては、残念ながら、1.3秒差の12着となりました。
以下は、田辺裕信騎手のレース後コメントです。

キャラメルフレンチ
★11/19(土)東京・2歳500万下(芝1400m・混) 馬体重:454kg
田辺裕信騎手 結果12着(8人気)

「気が良過ぎてリキむ面がありましたし、コーナリングもスムーズではなく、右へ張ってしまうロスが大きかったですね。最後はガス欠でした。大人びた気性で、操縦性が高く、スタートでアドバンテージが取れるだけにもったいないですよね。現時点では右回りの短距離戦であれば結果は出せると思いますよ。非力なので芝ダートのいずれが合うのかわかりませんが、とにかく全体的なパワーアップが必要です。あとは脚を溜める競馬を覚えてくれれば、その後の幅も広がってくるのではないでしょうか」(田辺裕信騎手)


レースは、スタートが良く逃げようと思えば逃げられるくらいでしたが、今後のことも考え、敢えて抑えるレースをしたと思います。直線入るまでは手応えも良く、いいレースをしているなと思いましたが、直線入ってからはサッパリなレースとなりました(^^;)レースを見返すと、右に張る面があるためか、直線ずっと右ステッキを入れて矯正している感じでしたね。まともに追えていない感じでもありました。力んでレースをし、右に張ってしまうロスが大きく、最後はガス欠状態だったようですね。田辺騎手も最後は完全に流していましたね。スタートセンスの良さ、大人びた気性、操縦性の高さを田辺騎手も感じてくれているようですので、口向き・右へ張る面が解消できれば、以前尾形先生のコメントにもありました通り、短距離で上のクラスに行ける素質の持ち主ではないかと思います。現状では、右回りの短距離がベストのようですので、問題なければ、次走は、中山開催1週目の2歳500万下戦(ダート1200m)又は2週目の2歳500万下特別戦(黒松賞 芝1200m)に使って欲しいと思っています。この2戦のスタートセンス・スピードがらすると、田辺騎手のコメントにもある通り、右回り中山の1200mであればいい競馬ができるのではないかと思います(^-^)

また、ブラックジェイドは、0.4秒差の3着という結果でした。
以下は、太宰啓介騎手のレース後コメントです。

ブラックジェイド
★11/19(土)京都・2歳未勝利(ダ1800m) 馬体重:522kg
太宰啓介騎手 結果3着(3人気)

「プラス体重であっても太め感はなく気合いの入った良い状態で臨めたと思います。ゲートも速く、すっと前へ行けましたが2コーナーでハミを噛んでしまった分や外枠の分、最後は少しダラっとしてしまいましたね。ただ、内容自体は良かったですし、すぐにチャンスは回ってくるはずです。しかも、まだ息遣いが荒いにもかかわらずこれだけ走れるのですから、良くなる余地が大いにありますよ」(太宰啓介騎手)


大外枠から促す競馬をしたためか、2コーナーでハミを噛んでしまったようですね。その分、最後が甘くなり、少し踏ん張りがきかなかったのかなと思います。しかし、雨馬場で1分52秒台の競馬に対応できたことは、現状では収穫かなとも思います。新馬戦から2戦とも、スタートセンスが良く、先行して粘り込む安定したレースが出来ていますので、太宰騎手のコメントにもあります通り、すぐにチャンスは回ってくると私も思っています。丈夫でタフそうなお馬さんですので、問題がなければ、もう1戦続戦して欲しいなあと思っています。スペシャルウィーク産駒の得意な中京ダート1800mを使って欲しいと思っています。中京1週目に2歳未勝利戦(ダート1800m)がありますので、中1週で使って欲しいと思っています。ほんとに良くなるのは、古馬になってからだと思いますので、早く未勝利を勝ち上がり、以降はゆっくりと成長を促す形でレースが使えればいいなと思っています(^-^)
2016/11/05

11/5レース結果(東京競馬場現地観戦)

こんばんは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているシュエットヌーベルの3戦目、東京2歳未勝利ダート1300m戦に出走しました。
口取り申し込みをし、現地観戦させて頂きました。
以下は、パドック~返し馬の写真になります。

P1020976.jpg

P1020992.jpg

P1030003.jpg

P1030007.jpg

結果は、3.6秒差の14着となりました(*_*;
以下は、山本聡哉騎手のレース後コメントです。

シュエットヌーベル
★11/5(土)東京・2歳未勝利(ダ1300m・混) 馬体重:454kg
山本聡哉騎手 結果14着(6人気)

「スタートを決めてハナにこだわるか、番手でも外から被されない位置で進めてほしいと指示を受けていました。スタートでやや出負けしてしまい、外に出しつつ途中からポジションを押し上げて行ったのですが、最終コーナーあたりではもう我慢が利かずに走るのをやめようやめようと抵抗を見せます。4頭横並びの一番外を回ったため、スタミナをロスさせて苦しくなってしまったことも敗因の一つと考えますが、スタートしてダッシュが付くまでには少々距離を要するタイプですので、現状では経験を積んでもっと揉まれ強くならないと成績が安定してこないかもしれません。せっかく声をかけていただいたのに、期待に応えられず申し訳ありませんでした」(山本聡哉騎手)


スタートも二の脚もいまいちでした。それでも、上手く外へ出して、3角くらいで先頭集団に取り付いたので、そこからどれだけ頑張るかと思っていたんですが。。。4角入ってからは、ズルズルと後退してしまいました。コメントにある通り、レースをやめてしまったんでしょうね。パドックを見た印象としては、ずっとチャカチャカしていて、気性が幼いなあと感じました。ほんと、まだまだこれからのお馬さんなんだろうとも感じました。う~~~ん。今の競馬の仕方ですと、4角先頭の競馬が出来ないと、気性的に厳しいように思います。外枠を引けば、無理してそのような競馬ができるとも思いますが、真ん中から内枠では、難しいでしょうね。逆に後方からレースをするようなことも試してみないといけないかもしれませんね。適性は、ダート短距離だと思うんですよね。それでも、能力はあると思っていますので、外枠を引く、レース展開が嵌る等、何れチャンスはあると信じたいと思います(^^;)

あと、今日のメインレースは京王杯2歳Sでした。
ディバインコードが出走しました。勿論、ノルマンディストの一員(^^;)として、現地観戦しました。
以下は、パドックの写真となります。

P1030016.jpg

P1030021.jpg

P1030027.jpg

以下は、柴田善臣騎手のレース後のコメントです。

ディバインコード
★11/5(土)東京・京王杯2歳ステークス(G2・芝1400m) 馬体重:480kg
柴田善臣騎手 結果3着(4人気)

「今日は奇数番の先入れだったけど、ゲートを落ち着いて待てるようになっているし、道中もしっかり納まって力まず走れていた。追い切りで跨った時にも感じたけど、精神面で凄く成長しているよ。体も立派になってきたし、いい方向に来ているんじゃないかな。これなら距離の融通が利きそうだし、この先が楽しみになってきたね。欲を言えば追い出してからまだトモが入ってこずに浮いてくるので、そのあたりがしっかりしてくれば」(柴田善臣騎手)


パドックで、初めて生でディバインコードを見ました。いいお馬さんですね。いい馬体・動きをしているなと感じました。これは、走りそうと思いました。レースは、前半力んで走っているように見えたんですが、善臣騎手のコメントでは、力まず走れていたとのことですね。走り方がそのように見えるということなんでしょうか。少し頭が高い走法だとは思います。善臣騎手がコメントでこれだけ褒めるということは、やはりいいものを持っているんでしょうね。今後は、ぜひ、朝日杯・NHKマイルCを目指して、頑張って欲しいと思います。オープンクラスで競馬できるお馬さんだと思いますし、重賞を取れる可能性も十分にあると思います。今後とも、応援させて頂きたいと思います(^-^)