2017/02/16

3歳馬出走(2017.2.19)

こんばんは。

引き続き、今週は、ノルマンディーでの出資馬が2頭出走となります。
ホウロクダマ(6戦目)とテオドルス(デビュー戦)が、2月19日(日)に出走となります。

ホウロクダマ
☆2/19(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m・混)荻野極騎手

16日(木)に坂路コースで4ハロン57.6-42.0-26.8-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「当初は来週の阪神開催での出走を本線にしていましたが、想定を見てメンバーが手薄だったことと、この中間も元気一杯のうえ、今日の加藤祥太騎手騎乗の追い切りの動きが上々で、喉を含めた体調面に何ら不安はないことから、今週の出走に踏み切りました。最近はゲートの中でうるさいので、昨日もゲート練習をやって万全を期しています。復帰戦から3戦連続で騎乗してくれている和田騎手が、フェブラリーS騎乗のため京都に不在のため乗り替わりとなりますが、騎乗技術が向上しメキメキと頭角を現し、今も最も勢いがあると言っても過言ではない3kg減の荻野騎手をタイミング良く確保できました。多少強行軍で来ているだけに、減量の恩恵を後押しに今回でキッチリ決めたいところですね」(中竹和也調教師)


テオドルス
☆2/19(日)東京・3歳新馬(芝1800m・混)藤田菜七子騎手

12日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-43.0-28.5-14.1を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にはWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、55.2-40.5-13.8を一杯に追い切りました。「先週の段階では18日(土)のダ1400m戦を考えていましたが、脚元の不安がなくなり、素軽いフットワークからも、どちらかと言うとスピードタイプではないかと判断し、芝のレースに投票しました。おそらく今週は除外されて、来週の芝2000m戦に回るのではないかと思っていましたが、優先出走権を持つ馬も除外されるなか、抽選を潜り抜け、よくこの狭き門を突破し、デビューすることになったと思います。毎週の追い切りは自厩舎所属の小野寺を乗せていましたが、普段の稽古では藤田菜七子騎手が何度も乗ってくれていますし、明日も乗ってもらう予定で、テオドルスの感触を掴んでくれているはずです。安心して本番を任せられますよ。減量の恩恵を最大限に生かして、積極的なレース運びをしてもらいましょう」(木村哲也調教師)


ホウロクダマ
中1週続きの4戦目と強行軍ですが、今回はかなりメンバーには恵まれましたね。和田騎手が乗れないのは残念ですが、3kg減量で今年4勝している荻野極騎手であれば、いいように思います。メンバーを見ますと、前走掲示板内に入っているお馬さんは、本馬を含めて3頭。ダート1200mの持ち時計については、シゲルドラネコと同タイムで、前走の時計が1番となっています。スタートを決めて、逃げ先行する競馬をすれば、かなりチャンスのように思います。今回は決めて欲しいですね。そして、放牧休養して欲しいと思っています(^-^)

テオドルス
いよいよデビューとなります。強運なことに抽選を突破し、東京開催でのデビューとなりました。ここまで追い切りを19本消化し、デビューまで持ってきてくれました。芝1800mについては、木村先生の仰る通り、血統配合から見ても適性が高いように思います。鞍上は藤田菜七子騎手になりました。普段の稽古から乗ってくれているんですね。3kg減量を活かし、積極的に騎乗して欲しいと思います。追い切り時計からは、正直期待よりも不安の方が大きいですが、ここまで徹底的に鍛えてくれた結果、どのようなデビュー戦になるのか、楽しみに観戦したいと思います(^-^)
2017/02/02

3歳馬出走(2017.2.5)

こんばんは。

続いては、ノルマンディーのホウロクダマ、5戦目の出走となります。

ホウロクダマ
☆2/5(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m)和田竜二騎手

1日(水)に坂路コースで4ハロン56.8-41.4-26.2-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日の想定で、優先出走権持ち馬の頭数が少ないうえにフルゲート割れの可能性があったため、中1週続きになりますが出走を決めました。先週の日曜日に15-15をおこない、今週でも来週でも使える算段にしてありましたし、昨日の坂路でラスト2Fから加速していく感じは、前走の最終追い切りよりも上のような気がします。メンバー的に今度は本命サイドになるでしょうから、期待を裏切らないようにしたいですね」(中竹和也調教師)


中1週で前走と同条件、和田騎手を配しての出走となりました。調教の時計を見る限りは、馬なりでいい時計を出しておりますので、さらに調子が上向きかなと思います。中1週続きですが、休み明け3走目、上がり目があると信じております。メンバーレベルでは、前走よりは明らかに上ですね。ただ、当面の相手は、ファミーユボヌールパワフルヒロコですかね。前者は距離短縮で初距離ですし、後者は乗り替わりで且つテン乗りの若いジョッキーになりますね。十分付け入る隙はあるように思います。前走同様、スタートを決めて、逃げ先行する競馬をすれば、活路を見い出せるレースだと思います。中竹先生のコメントは強気ですね。今回は、ぜひ勝利を決めて欲しいと期待しております(^-^)
2017/01/27

3歳馬近況(2017.1.27)

こんばんは。

ノルマンディーの馬名投票、29日(日)までですね。まだ、投票を済ませていませんので、この週末しっかり考えて、投票させて頂きたいと思います(^-^)

ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2017年1月27日
在厩先:山岡トレセン
馬体重:524kg
「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本を17~18秒ペース(週二回程度は15秒ペース)で調整中です。ソエの方も全く気になりませんし、乗り込みが進むにつれて馬体も引き締まってきた印象で、ここまでは至って順調に推移しています。来週中頃に13秒ペースの時計消化を予定しており、帰厩に向けて更なるペースアップを図るつもりです」(担当者)


ソエも問題なく、至って順調なようですね。次走は芝を試すんでしょうか。2月最終週からの阪神開催を目標に進めると思いますので、次走の選択を楽しみに待ちたいと思います(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2017年1月27日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
☆2/1(水)川崎・アメジストフラワー賞(ダ1400m)内田博幸騎手

22日(日)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.3-39.7-26.2-12.9を一杯に追われ、27日(金)には北Cコースで5ハロンから併せ、69.3-53.6-39.8-13.0を強目に追い切りました。「本番を想定して今朝は北調教馬場Cコース(左回りダート)で追い切りましたが、この中間も変わらず動きはいいですよ。丸みを帯びた馬体でフックラとしており、体調面も良好に映ります。今週の東京・牝馬限定ダ1400m戦が権利持ちを除き、出走間隔6節で抽選となっており、目標としている来週の同じ条件への出走も微妙な状況です。そのため、クラブ側とも相談して選出された地方交流競走の2/1(水)川崎・アメジストフラワー賞(ダ1400m)に向かうことになりました。1400mという距離に加え、スタートから最初のコーナーまでの入り方など課題は多く残されていますが、中央よりは与し易いメンバーで12頭立ての競馬となるのはプラスに働くはずです。なにより、川崎のコースを熟知している鞍上が前走に引き続き乗れるのは大きな強みとなるでしょう。枠順が決まってからまた念入りに作戦を打ち合わせするつもりですが、出走させるからには結果の欲しい一戦ですね」(伊藤圭三調教師)


次走は地方川崎開催の交流戦アメジストフラワー賞への出走となりました。登録馬を見る限り、メンバーにもかなり恵まれそうですし、12頭立てと少頭数でのレースとなるため、臆病な気性である本馬にはかなりプラスに働くと思います。中央のダート1200m⇒地方のダート1400mに変わりますので、スタートさえまともであれば、スムーズに逃げ先行する競馬ができるとも思います。鞍上は本馬の主戦内田博幸騎手となります。これはチャンスですね。能力を十二分に発揮してもらい、ぜひ勝ち抜けて欲しいと強く願っております(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2017年1月27日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
「入厩後はゲート練習中心のメニューで調整しています。今日の段階では枠入りと駐立は問題ありませんが、スタートがいまひとつといったところなので、もう少し発馬練習を積んで、来週の試験を受ける予定です。環境に慣れたこともあり、調整のピッチのハードルが上がって肉体的にも精神的にも徐々にきつくなってきているのか、いなないたり馬っ気を出したりといった回数が減ってきていますよ。まだまだ成長途上といった感じで体型は幼く、動き自体はモサッとしているものの、フットワークは素軽いので、これからの追い切り次第ですが、芝のレースも視野に入れてみたいですね」(高木登調教師)


順調ですね。来週ゲート試験を受けるようですね。デビュー戦は芝になるのかダートになるのか。何れにせよ、デビュー戦が楽しみでなりません(^-^)

ホウロクダマ
更新日:2017年1月27日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
★1/21(土)京都・3歳未勝利(ダ1200m)和田竜二騎手 結果2着

「叩き二走目で落ち着いていましたし、万全を期す意味で舌を縛ったのも効果的だったのかな。1番人気の馬を交わした時は、さずがに勝ったと思いましたよ。ゲート練習の甲斐もあってスタートも決まり、その後も流れに乗って、終いまでしっかりした末脚で、目処の立つ内容だったと思います。レース後から今日までは角馬場で調整していますが、大きなダメージや疲れは見られませんね。中1週で2/5(日)の京都・ダ1200mもしくは中2週で2/12(日)の同条件を考えています。来週は2場開催となり、メンバーが揃う傾向にあるので、本命は再来週です。大型馬なのでコーナーはゆったり回れた方が良いと思いますので、今のところ、小倉のダ1000m戦は考えていません」(中竹和也調教師)


次走は、中2週で京都3歳未勝利ダート1200m戦が本線になりますね。相手関係を見極めて出走させてくれると思います。同条件でのレースになりますので、次走も先行力を十二分に活かし、ぜひ勝ち抜けて欲しいと期待しております(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2017年1月27日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:466kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限17~18秒ペース。週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。左トモの飛節軟腫も含めて状態は総じて安定しており、この中間も気になるところは全くありません。尾形調教師からは再来週に入厩の予定と聞いていますので、送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)


順調ですね。再来週入厩、2月26日中山3歳500万下芝1200m戦への出走予定となりますね。まだまだ本格化は先だと思いますが、逃げ先行するスピードがありますからね。展開・メンバー次第では、いい競馬ができるのではと期待しております(^-^)

クレムフカ
更新日:2017年1月27日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:486kg
「現在は30分程度のウォーキングマシン運動のみ(1日2回)にとどめています。左トモの傷自体は徐々に回復していますが、打撲が思いのほか長引いているようで、傷の周辺に触診反応が出ていますし、歩様の方も来た当初に比べれば良化は窺えるものの、まだ患部を庇いながらという印象は否めません。毎週土曜日に回診に来る担当獣医に了承を取り、ウォーキングマシン運動を1日2回に増やして運動量を確保しています。『土曜日に跨った後の状態を見てみたい』と獣医からリクエストがありましたので、28日(土)に角馬場でのダクとハッキング運動をおこない、その後の診断で今後の方向性が決まることになるでしょう」(担当者)


時間が掛かりますね。仕方がありませんね。無理せず患部を治していくしかありませんね。3月の新馬戦には間に合って欲しいと思っております(^-^)

テオドルス
更新日:2017年1月27日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
22日(日)に坂路コースで4ハロン57.8-42.3-27.7-13.7を単走で馬ナリに追われ、26日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、56.0-41.3-27.4-13.6を強目に追い切りました。「昨日はテオドルスを真ん中に置いて、自厩舎の新馬3頭での併せ馬をおこなっています。体は出来上がっていますので、闘争心を刺激し走る気持ちを促し、メンタルの部分を養う段階です。ですので、デビュー戦に関しては、まだハッキリと決めていません。入厩から2ヶ月が経ってしまい、申し訳ありませんが、もう少しお待ちいただければと思います」(木村哲也調教師)


ほんとにじっくり乗り込んでくれていますね。小野寺騎手を背に、一つ一つ課題をクリアにしていっている感じですね。時間は掛かっていますが、ある意味デビュー戦が楽しみになってきました。次の中山開催でのデビューになるかもしれませんが、納得のいく状態でデビュー戦を迎えて欲しいと思っています(^-^)

ビターレ
更新日:2017年1月27日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:463kg
現在は馬場2周と坂路1本を20~22秒ペースのメニューで調整中です。フラットコースでの走りを見る限り、いいスピードと能力を感じさせる一方、坂路では力んでがむしゃらに走ってしまう面があり、右トモが弱いのか流れてしまう分、コーナーをスムーズに曲がることができない現状。その辺が今後の課題になりそうで、しばらくはハミ受けと走法の矯正に重きを置いて調整していくことになるでしょう。


能力はあると思いますが、少し時間が掛かりそうですね。3月の新馬戦には間に合うように、調整して欲しいと思っています(^-^)

明日はサワヤカフェスタのデビュー戦となります。渡辺先生のコメントからは、仕上がり途上なのかなといった感じがします。専門誌の印も少ないですね。人気もあまりなさそうです。ただ、仕上がり早な感じがしますし、いい勝負根性があり、センスのいい走りをしているようですので、小崎騎手には1kg減量を活かし先行する競馬で活路を見出して欲しいと思っています。楽しみにレースを観たいと思っています(^-^)
2017/01/26

3歳馬出走(2017.1.28)

こんばんは。

ノルマンディーのサワヤカフェスタのデビュー戦になります。

サワヤカフェスタ
☆1/28(土)京都・3歳新馬(芝1600m・混)小崎綾也騎手

25日(水)に坂路コースで4ハロン55.8-41.2-26.5-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「先週の時点で出走態勢が整っていたため、レースに疲労を残さぬよう考慮して今週は軽めに追い切りを消化しました。自分で跨ってみて感触を確認しましたが、乗り込んでいる割には息遣いがいまひとつで、終い1ハロンは肩ムチを数発入れて促しても反応に鈍い。調教が進むにつれて飼い葉食いも細くなってきましたので、華奢で非力な面はまだ解消してきません。センスよくなかなかいい走りをする馬ですが、レースを使いつつ徐々に良くなってくる印象ですね。ゲートを五分に出られれば、前につけられるスピードは持っているはずですので、1kg減も味方にして初戦からどれだけやれるか期待しています。明日は軽めに坂路を1本登板予定ですが、小崎騎手に跨ってもらうよう依頼済みです」(渡辺薫彦調教師)


サワヤカフェスタのデビュー戦になります。渡辺先生のコメントからは、使いながら良くなっていく印象を持たれているようですね。そんななか、どんなデビュー戦になるのか、楽しみに観戦したいと思います。鞍上は小崎騎手ですね。1kg減量になりますね。先週復帰後初勝利を上げました。デビューの年に38勝を上げ、以降怪我に悩まされているようですが、なかなか乗れる若手ジョッキーだと思っています。馬体重の軽い本馬には、1kg減量が活きると思いますので、先行して勝負根性を活かすレースで活路を見出して欲しいと思います。なかなかいい勝負根性をしており、センスのいい走りをしているようですので、デビュー戦でどれだけ動けるのか、期待して見守りたいと思います(^-^)
2017/01/20

3歳馬近況(2017.1.16・1.19・1.20)

こんばんは。

引き続いては、ノルマンディーで出資させて頂いている3歳馬近況になります。

ブラックジェイド
更新日:2017年1月20日
在厩先:山岡トレセン
馬体重:526kg
「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本を17~18秒ペース(週二回程度は15秒ペース)で調整中です。ソエは患部をコンコン叩くと相変わらず嫌がる素振りを見せていますが、わざとやっているだけで痛みはほとんどありません。もう全く気にならないですね。順調にメニューを消化しており、不安なところは何もありません。帰厩に向けてこのまま乗り固めていくつもりです」(担当者)


ソエはほぼ完治したようですね。しかし、「ソエは患部をコンコン叩くと相変わらず嫌がる素振りを見せていますが、わざとやっているだけで痛みはほとんどありません」とのコメント、相変わらずで可愛らしいですね(^^;)この気性がレースでいい方に出ていると思いますので、次走にも期待したいと思います(^-^)

シュエットヌーベル
更新日:2017年1月20日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
松風馬事センターで順調に調整され、14日(土)に帰厩しました。
「放牧先でも緩めず乗り込んでもらっていたため、帰厩後すぐに時計が出せました。追い切りの内容もじつに優秀で、先行したとはいえ楽な手応えで併走馬を圧倒する走り。秘めている能力は相当高いと思うんですよね。飼い葉食いが良好で、今朝計測した数字で460kgと馬体減りも見られませんし、もうあと1~2本速めを消化すればレースを使う態勢は整ってくるでしょう。必ずしも終い勝負と決めているわけではありませんが、ここ最近ゲートを出てからダッシュがつくまでに時間がかかるため、次走について少し延ばしたいと思います。次走は2/4(土)東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)を目標に、今週末に申込して選出されるようなら、2/1(水)川崎・アメジストフラワー賞(ダ1400m)への出走も検討していきます」(伊藤圭三調教師)


調教はいい走りしますね。やはり問題は臆病な気性面です。川崎に出走できればいいですね。能力はありますからね。気性面が克服し易いと思われる地方交流戦に出られればチャンスはありますね。選出結果を楽しみに待ちたいと思います(^-^)

アナザートゥルース
更新日:2017年1月20日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
ノルマンディーファーム小野町で調整され、昨日19日(木)に美浦・高木登厩舎に入厩しました。
「お待たせいたしました。早速ですが今日から馬場入りし、確認の意味でゲートをサッと通しておきました。サウンドトゥルー、ルールソヴァールの弟だなと思わせる雰囲気はありますよね。馬体的にはここに来て一回りも二回りも成長しているようです。ただ、馬っ気がすごいですね。まずは色々な施設をスクーリングしながら、トレセンという環境に慣れさせることが必要のようです。その後ゲート試験に向けた調整に入っていきましょう」(高木登調教師)


いよいよ入厩しました(*^^*)楽しみですね。順調に行って欲しいですね。2月の東京開催又は中山開催あたりでデビューして欲しいですね。馬っ気がすごくなかなか激しい気性をしているようですが、この母の産駒ですので、レースではいい方に出てくれると信じています(^-^)

キャラメルフレンチ
更新日:2017年1月20日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:466kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限15秒ペース)のメニューで調整中です。左トモの飛節軟腫もずっと安定していますし、相変わらず毛足が長い割には艶感もあり、気になるところは何もありません。状態はいい意味での平行線です。2/26(日)中山 3歳500万下(芝1200m・混)で復帰の予定と聞いていますので、このまま本数を積み重ねて送り出しに備えたいと思います」(担当者)


飛節軟腫も安定しており、順調ですね。次走も、2月中山開催初週の3歳500万下芝1200m戦を目標にするようですので、そこまでしっかり調整して欲しいと思います(^-^)

クレムフカ
更新日:2017年1月20日
在厩先:松風馬事センター
馬体重:488kg
「現在は40~50分程度のウォーキングマシン運動のみにとどめています。左トモの傷が深かったせいか痛みがまだ残っているようで、速歩になると患部を庇っているような感じの歩様になるのは相変わらず。緩やかに回復はしていますが、完治にはもう少し時間が掛かるかもしれません。ブレシン(解熱消炎鎮痛剤)を獣医師に処方してもらい、この中間から飼い葉に混ぜて与えています。引き続き対症療法を施しながら様子を見たうえで、今後の方針を決めることになるでしょう。まずはブレシンの投薬効果に期待したいですね」(担当者)


時間が掛かりそうですね。。。前走から馬体重も+10kg。やはり緩くなっていきますね。仕方ないですね。今は我慢のときと思い、見守りたいと思います(^-^)

テオドルス
更新日:2017年1月20日
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
15日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、57.5-42.3-27.6-13.7を一杯に追われ、18日(水)にも坂路コースで4ハロン59.4-43.4-28.2-13.9を単走で強目に追い切りました。「一進一退が続いており、申し訳ありません。ただ、動きそのものは追い切りごとに良くなってきていますよ。トモの筋肉が増してきて、全体的にパワーアップを図れているようです。1回東京開催の3~4週目にはデビューできるよう、引き続きしっかり調整していきます」(木村哲也調教師)


我慢して頑張って仕上げてくれていますね。懇親会の際に仰っていた全然ダメという意味は、デビューまで時間が掛かる状態で、トレセンで相当乗り込む必要があるという意味だったんですね。ここまでトレセンに置いて、乗り込んでくれており、納得いく状態でデビューさせようとしてくれるとは、ほんとにある意味期待を裏切ってくれております(^^;)2月12日(日)の3歳新馬芝1600m戦又は19日(日)の3歳新馬芝1800m戦でデビューを目指す感じですかね。デビューを楽しみに見守りたいと思います(^-^)

ビターレ
更新日:2017年1月16日
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:494kg
現在は坂路3本(週2回は13秒ペースの追い切りを消化)のメニューで調整しています。屋根付き坂路の入り口付近で嫌気を見せるなど、まだ気性面においては課題を残していますが、13秒を切る速いペースの追い切りでも楽々と坂路を駆け上がっており、迫力のあるキャンターを披露しています。乗り手の指示に反抗する気難しい面は時折あるものの、状態自体は悪くない印象です。雪による道路状況の関係で輸送が延びていましたが、明日17日(火)には小野町へ移動する予定です。


更新日:1月20日
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:463kg
1/18(水)にノルマンディーファーム小野町へ移動しました。
現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。こちらも輸送熱などはなく到着後も順調で、元々気難しい面がある馬ですが、環境の変化に動じることなく落ち着いているのは何より。来週から馬場入りを再開する予定です。


やっと本州に来ましたね。気性面に課題があるようですが、実馬を見た印象、コメントを拝見する限りは、まず走るお馬さんだと思っています。気性面がレースでいい方に出れば、かなり楽しみだとも思っています。小野町への輸送でかなり馬体重も減らしていますが、それでも、夏にお馬さんを見たときよりは、かなりふっくらと仕上げてくれていますからね。このことも、本馬にとって、間違いなくプラスに働くと思っています。3月の新馬戦がある内にデビューして欲しいと思っています(^-^)

サワヤカフェスタ
更新日:2017年1月19日
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
1/22(日)中京・3歳新馬(芝1600m・混)荻野極騎手 除外(非当選)

15日(日)に坂路コースで4ハロン58.2-41.7-27.5-13.8を単走で馬ナリに追われ、18日(水)にも坂路コースで4ハロンから併せ、54.6-40.7-27.0-13.4を一杯に追い切りました。「先週末に降った雪の影響で、水曜日は坂路コースがまだ時計のかかる馬場状態でした。ラスト1ハロンで併走馬に遅れを取ってしまいましたが、本質的に力の要る馬場はあまり得意としないため悲観する材料ではありませんよ。仕上がりに不安なく、レースで動ける態勢は整ったと見ています。残念ながら今週は抽選で除外となってしまい、仕切り直して来週1/28(土)京都・3歳新馬(芝1600m・混)でデビューさせるつもりです。除外1の権利持ちでも安心できない出馬状況ですが、少しテンションが高くなってきていますし、その後は本馬に適鞍と思える番組が少ないため、なんとか来週こそはゲートインさせてやりたいですね」(渡辺薫彦調教師)


除外になってしまいました。残念ですね。しかし、中京芝コースよりは軽い京都芝コースの方が合っているように思います。また、良馬場の方がいいようにも思います。来週の京都3歳新馬芝1600m戦には出走したいですね。どのジョッキーを配してくれるのか、出走できるのか、楽しみに見守りたいと思います(^-^)

明日より、ノルマンディー2015年産の馬名投票が始まるようですね。まずは、自分が応募した馬名が選ばれているのか、とても気になります。1頭でも選ばれていれば嬉しく思います(^-^)そして、どのような馬名が候補となっており、どの馬名に投票するか、熟考したいと思います。今年からは、1次募集馬についても、完全に出資者のみの投票となりましたね。出資者のみの投票というのは私もいいと思いますが、出資していないお馬さんの馬名候補も会員においては見れるようにしてくれるといいなあとは思います。しかし、ノルマンディーの馬名投票制度は、ほんとにとてもいい制度だと改めて思う次第ですね(^-^)