2017/11/19

11/18・19レース結果

こんにちは。

今週は、ノルマンディーで出資させて頂いているホウロクダマの12戦目、福島3歳以上500万下ダート1150m戦への出走、及び、サワヤカフェスタの10戦目、福島3歳以上500万下ダート2400m戦へ出走しました。

ホウロクダマ
★11/18(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m) 馬体重:526kg
富田暁騎手 結果11着(6人気)

「休み明けの分、動き切れなかったですね。ゴールが近付くにつれて、喉の音が大きくなってきて、最後は止まってしまいました。ただ、スタートは立ち遅れたものの、それをリカバリーできるニの脚はたいしたものですよ。先行力とスピードはこのクラスでも十分通用すると思います。今日はマイナス20kgでしたが、ここを叩いたことで体調も上向き、次は間違いなく良くなってくるでしょう」(富田暁騎手)


サワヤカフェスタ
★11/19(日)福島 3歳上500万下(ダ2400m・混) 馬体重:404kg
加藤祥太騎手 結果10着(9人気)

「バネがあって能力も相当あると感じました。ただ、砂のキックバックはそれほど気にならなかったものの、ダートはあまり合っていないかもしれませんね。折り合いに苦労しないので、距離もバテてたというほどではありません。芝の中距離なら切れる脚を使ってくれそうだけに、ここでなんとかしたかったのですが…結果を出せず申し訳ありません」(加藤祥太騎手)


ホウロクダマ
馬体重-20kg。今回、松風馬事センターから戻ってきた際、551kg⇒530kg台後半に馬体を減らしていました。そして、今回は栗東トレセンから福島競馬場へ輸送し、前走時と比較して-20kg(526kg)。この時点で厳しい結果が待っていると思ってしまいました。
レースではいい感じで追走していましたが、直線は完全に垂れてしまいました。1.7秒差の11着でした。このクラスでこんなに大きく負けるレベルのお馬さんではないと思います。今回は状態が良くないですので、直線では苦しくなって、喉鳴りもモロに出る感じになったと思います。次走については、しっかりとした状態で使って欲しいと思います。喉鳴りについては、なかなか厳しい状態ですが、そこはクラブの判断に委ねたいと思っています。
サワヤカフェスタ
パドックを見た印象からは、状態はいいように見えました。レースは、追走の段階からダートは合っていないように見えました。長距離適性もなかったようですね。3.8秒差の10着でした。全く適性のない条件でレースをしてしまった感じですので、今回の結果は仕方がないと思います。やはり、適性は芝マイル~中距離にあることがはっきりしたと思います。問題は、未勝利馬ですので、なかなか使うことができない点だと思います。12月中京開催の3歳500万下のレースにおいては、芝1600m~芝2200m戦が1鞍/日組まれています。その何れかに使えればと思っています。使うことさえ出来れば、勝ち負けできる能力はあると思っています。崖っぷちな状況ですが、何とか切り抜けて欲しいと願っております。
今回は2頭共に残念なレースになってしまいました。2頭共に、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
2017/11/18

3歳馬出走(2017.11.18・19)

こんばんは。

約2週間ぶりのブログ更新になります。出走馬が居なかったこと及び仕事が忙しいことから、更新をサボっていました(^-^;。今週は、久しぶりにノルマンディーでの出資馬2頭出走となります(^-^)
11月18日(土)はホウロクダマの12戦目、11月19日(日)はサワヤカフェスタの10戦目となります。

ホウロクダマ
☆11/18(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m)富田暁騎手

12日(日)に坂路コースで4ハロン60.2-42.9-27.5-13.6を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にも坂路コースで4ハロン55.0-40.1-25.8-13.0を単走で一杯に追い切りました。「この中間の調整過程はいつものパターンで。テンはゆっくり入り、終い2Fから仕掛けました。ストライドは本来のもので伸びも良好。先週より体調が回復し、コンディションは大幅に良化していますね。昨日の動きからも出走態勢にあると判断しました。当初の予定通り福島ダ1150m戦に向かいましょう。鞍上には3kgの減量を生かせる富田騎手を指名しました。引き続き喉のステージの進行との戦いもありますが、まずは目の前のレースに全力投球です」(中竹和也調教師)


サワヤカフェスタ
☆11/19(日)福島 3歳上500万下(ダ2400m・混)加藤祥太騎手

15日(水)にWコースで4ハロン55.4-41.2-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「狙っていた若手限定戦(芝1800m)への出走に最後までこだわりましたが、当日は福島競馬場で若手騎手が17名騎乗することになり、出走決定順の関係からフルゲート16頭枠には入りませんでした。そのためクラブ側とも相談し、今回は頭数割れしているダート戦に矛先を変えて投票しています。長丁場のダート戦が条件的に合うとは言い切れませんが、前走時よりデキ自体は上向いていますし、折り合いには注文のつかないタイプ。良績こそないものの、稽古の感じからは距離さえこなせばダートも苦にしない走りに映ります。今後また適鞍を使うためには、サワヤカ自身が道を切り開いていくしかありませんので、なんとかここでダートや距離にも対応できるところを見せてほしいですね」(堀井雅広調教師)


ホウロクダマ
今週の福島での出走となりました。11月4日に帰厩して追い切り3本での出走。仕上がり状態に不安を覚えますが、実は、小倉で未勝利戦を勝利した際も、8月4日帰厩し、8月20日に出走、追い切り2本での出走だったんですよね。ですので、そこそこには仕上がっているのかなと思っています。
前走(7着)のメンバーはなかなかなメンバーだったようですね。2着馬・6着馬・14着馬は既に勝ち上がり。勝ったメイショウブレナムは上の1000万下クラスで3着・5着しております。福島ダート1150m戦の適性は高そうに思いますし、今回のメンバーであれば勝ち負けまで意識できるように思っています。1枠1番に入りました。鞍上は3kg減の富田騎手です。スタートを決めて、前々で競馬をして欲しいですね。積極的な競馬をして欲しいように思います。
最低でも掲示板、優先出走権を確保して欲しいですし、勝ち負けまで意識してレースを見たいと思っています(^-^)
サワヤカフェスタ
福島ダート2400m戦への出走となりました。芝1800m戦を使えなかったことは本当に残念です。。。芝1800m戦のメンバーであれば、勝ち負けまで意識できるメンバーだったと思います。。。
タラレバを言っても仕方ありませんので、今回のレースに期待したいと思いますが、正直、ダート適性もダート長距離適性も全く分からないというように思っています(^-^;。未勝利戦でダート2戦使った際は、適性はありそうだが、非力である点と砂被りを嫌がる点が指摘されていました。現状、非力である点は大分良くなっているように思います。馬体重が400kg前後である割には、洋芝適性が高く、阪神重馬場のスーパー未勝利戦で2着。馬体重の割にあまり非力ではないように思っています。あとは砂被りがどうかですね。逃げるか後方から捲るか、極端な競馬をした方が良いように思います。砂を出来る限り被らない競馬をした方が良いように思います。あとは適性があることを祈るのみですね。ダート適性があれば、今後の選択肢が増えると思いますので、まずは掲示板を目指して、頑張って欲しいと思っています(^-^)


今日、シュエットヌーベルの転厩が発表されました。羽月厩舎への転厩となります。東京在住なので、現地応援がし難くなるのは残念ではありますが、500万下であれば、勝ち負けできるチャンスは十分にあると思いますので、羽月厩舎で心機一転頑張って欲しいと思っています(^-^)

2015年産については、現時点で出資馬9頭中2頭のみのデビューとなっております。内1頭シルクで出資しておりますグローリーヴェイズは、新馬勝ちをしており、しかも現地応援もすることができ、次走はいよいよこうやまき賞(中京2歳500万下 芝1600m)を使うことになっており、とてもワクワクさせてもらっておりますので、とても満足しています。大好きで応援していたメジロ牧場・メジロライアン・メジロラモーヌの血を引き継ぐ同馬、これからの活躍が楽しみで仕方がありません。ただ、他7頭については、年内デビューが厳しい状況になっており(スターヴォヤージがぎりぎり年内デビューできるかも)、特にノルマンディーの仕上がりの遅さは少し堪えています(^-^;。1月~2月にデビューラッシュになりそうな感じですので、もう少し辛抱したいとは思っています。何とか、順調に無事デビューを迎えて欲しいと願っています。
2017/11/04

11/4レース結果

こんにちは。

本日は、ノルマンディーで出資させて頂いているサワヤカフェスタの9戦目、福島3歳500万下芝2000m戦(若手騎手限定)へ出走しました。

サワヤカフェスタ
★11/04(土)福島・3歳上500万下(芝2000m・若手) 馬体重:400kg
原田和真騎手 結果8着(11人気)

「流れは良かったと思います。今まで乗ってきた感覚からするともっと伸びていいはずなのですが…距離が長いとは感じませんし、久々の分が影響したのでしょう。状態自体はとても良く、北海道の時はソエが出たりしましたが、今は脚元含め安定しています。追い切りを何本も重ねるというよりは実戦で走らせてあげた方がいいタイプなので、今日の一戦でさらに上向いてくるはずです」(原田和真騎手)


サワヤカフェスタ
スタートが良く、スムーズに中団やや前目に付け、いい追走が出来ていたと思います。道中もリラックスして走っているように見えましたし、4角~直線入るところで先頭集団目掛けて追い出したときは、直線伸びると思って見ていました。しかし、直線で息が上がってしまったように思います。トレセンで2本の追い切り、さすがに久々の分の影響が出てしまったように思います。それでも、0.4秒差の8着ですので、レース内容も含め、500万下で十分戦える目途が立ったと思います。距離は、芝2000mよりは芝1800mの方がベストのように思います。原田騎手からは実戦使いながら仕上げていった方がいいとのコメントもありますし、中1週で福島土・日に組まれています芝1800m戦を使えればいいなあと思います。未勝利馬なので、なかなか使い難いとは思いますが、福島最終週の芝1800m戦は、土曜日が若手騎手限定の平場戦及び日曜日が牝馬限定の特別戦なので、何とか出走出来ればと思っています。今日は、お疲れ様でした(^-^)
2017/11/03

3歳馬出走(2017.11.4)及びサウンドトゥルーJBCクラシック優勝!

こんにちは。

今週はノルマンディーでの出資馬1頭が出走となります。
11月4日(土)、サワヤカフェスタの9戦目となります。

サワヤカフェスタ
☆11/04(土)福島・3歳上500万下(芝2000m・若手)原田和真騎手

1日(水)にWコースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、53.5-38.7-12.9を馬ナリに追い切りました。「入厩してから速めの時計消化は今回が2本目。体がやや淋しく映り、息遣いだけで判断すれば、もう少し乗り込んでからというのが理想ですが、追い切りの動きは抜群にいい。溜めれば終いは弾ける脚を使ってくれそうなタイプですね。未勝利だけにレースの目標が立てづらいですし、使える番組があれば積極的に投票していきましょう。乗り慣れた鞍上なので、あれやこれやと細かく指示は出さないつもり。このクラスに入って現状どれだけやれるのか、まずはメドの立つ競馬をしてもらいたいですね」(堀井雅広調教師)


サワヤカフェスタ
ノルマンディー募集馬検討会にて、渡辺先生にお話を伺った際、(未勝利戦を勝ち上がらせることができずすいませんと仰った後に)前走のスーパー未勝利戦のメンバーで2着出来る能力があり、これからまだまだ良くなる馬だと思うので、500万下でも十分に通用すると思いますと仰っていました。
今回、初の500万下戦になります。帰厩から2本しか追い切っていませんが、調教の動きはかなりいいようですね。東スポでも調教点数が7点付いております。ステイゴールドの仔ナカヤマフェスタ産駒、400kg前後の小柄なお馬さんですので、あまり追い切り本数が必要ないようにも思います。気で走るタイプにも思いますので、鉄砲も利くように思います。枠番は8番と丁度真ん中の枠番になりました。道中馬込みで脚を溜め、内目から差す競馬をして欲しいと思います。中団くらいで脚を溜めることが出来れば尚良いように思います。今の福島の馬場は、外から伸びる馬場ではないようですので、馬込みを気にせず内目から差せる本馬には向いているように思います。メンバーもそれ程強くないように思いますし、若手騎手限定戦にもなりますので、掲示板内・勝ち負けまで期待したいと思っています。とても楽しみにレースを見たいと思っています(^-^)


サウンドトゥルー。JBCクラシックを勝利しました(馬券を取らせてもらいました(^-^))。G13勝目になりますね。ぜひ、チャンピオンズカップも勝利し、2年連続JRA最優秀ダートホースになってもらいたいと思っています。ルールソヴァールも日曜日にみやこSへ出走しますね。アナザートゥルースについても、11月25日(土)東京ダート1800m戦で復帰する予定になっています。兄弟初の新馬勝ち。現在、3戦2勝。奥手の血統であるなか、これだけ走っていますので、やはり大きいところを期待したくなりますね。復帰戦、とても楽しみに待ちたいと思っています(*^-^*)
2017/10/31

2016年産シルク募集馬出資馬(4頭目)決定!

こんばんは。

2016年産は既に7頭出資しており、あとは基本出資しない方針で行こうかと思っていましたが。。。
ここに来て、ダート馬が欲しくなり、特にヘニーヒューズ産駒が欲しいと強く思うようになりました。ゴールドアリュールが亡くなった今、これからはヘニーヒューズ産駒がダート界の中心になるのではないかと思うようになりました。それ位、日本のダート適性が高い種牡馬だと感じます。奇しくも、本日の北海道2歳優駿も、ヘニーヒューズ産駒のドンフォルティスが優勝しましたね。
そんななか、シルクで募集されているディフィカルトの16が気になるようになりました。シルクツアーに行った際は、正直それ程気になる存在ではありませんでした(一応写真は撮っていましたが(^-^;)。しかし、2歳戦が始まり、やはりヘニーヒューズ産駒は走るんですよね。しかも、ディフィカルトは繁殖牝馬として、なかなか優秀なんですよね。本馬の兄姉が8頭おり、未デビュー馬1頭を除き、全て勝ち上がっています。さらに、半兄にはフェブラリーS及びJDDを勝っているテスタマッタがいます。米のコテコテのダート種牡馬との相性も抜群に良く、ヘニーヒューズとの配合相性もかなりいいように思います。おそらく牡馬でしたら、あっという間に満口になっていると思います。牝馬のダート馬は嫌われる傾向にあるので、不人気なんだと思います。5月生まれで馬体が小さい点も不人気の理由かと思います。ただ、1口36,000円ですので1つ勝てばダート路線でコツコツと楽しめると思いますし、上手く嵌れば交流重賞路線も夢見れる血統配合だとも思います。預託厩舎の久保田厩舎もいいと思っています。そういうことで、2016年産8頭目、シルクで4頭目となります、ディフィカルトの16へ1口出資させて頂きました(^-^)ご一緒の皆様、宜しくお願い致します!

ディフィカルトの16
父ヘニーヒューズ 母ディフィカルト 母父Concern
牝馬 栗毛 2016年5月6日
生産:安平町 ノーザンファーム
所属:美浦・久保田貴士厩舎入厩予定
馬体重:425kg(2017年10月2日計測)

9月23日 シルク公式サイト写真
1031.jpg

7月28日 シルクツアーでの写真(私が撮りました)】
P1030908.jpg

2014年産が9頭出資、2015年産も9頭出資、2016年産は8頭目となりました。2016年産ももう1頭は出資してもいいのかなと思い始めてきました(^-^;ただ、取り敢えずは様子見しようかなと思っています。シルクの2次募集については、今のところは、あまり積極的に出資したいなあと思うお馬さんはおりません。敢えて言うのであれば、外国産のお馬さんが気になる感じです。ジャイアンツコーズウェイ3×2クロスは凄いですね。父を見ても母を見ても、日本のダート適性の高そうな血が多い点は注目しています。ただ、外国産馬は割高(関税の影響もあり)ですし、出走資格・出走手当の面でも待遇が良くないので、基本、あまり積極的に出資したいとは思わないんですよね。血統配合的にも良く分からない面が多いですし(^-^;基本は、様子見で行きたいと思っています。